ある哲学科の学生が就職の面接で人事の人に言われたことです。
「君は哲学を学んでいるようだけどなぜ哲学なんかを学ぶの?
そんな世の中の役に立たない学問を勉強するより、経済学や商学を勉 強するほうがよっぽど有益じゃないの?」
「哲学を勉強した人はライブドアの堀江みたいな人間になりそうな印象が強いから不安なんだよね。」
「社会にでたら哲学的な考えはまったく必要ないわけで、カントやデカルトにくわしい人より、簿記ができる人間がほしいわけなんだよ」
などなど延々と哲学批判されたらしいです。
圧迫面接できつめに言ったのかもしれませんが哲学を学んでいる人間を全否定しているわけですよね。どう言い返すのが賢いのでしょうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

確かに全否定ですね…。


でも、否定されても「哲学を学びたい」という意思が強いなら反論ができると思います。
もしかしたら、あちらはそういう答えを望んでいたのかもしれませんよ。
    • good
    • 0

それはその人がなにを持って哲学を学んでいるかによると思います。


なんとなく哲学を学んでいるのではなくて、それなりに理由があって哲学をやってる人なら簡単に言い返せると思いますが、、
自分は哲学は全ての学問の基礎だと思ってます。
その面接は圧迫面接か本当に面接官がそう思っての面接かわかりませんが、、もし後者だったら行かなくて正解です。
    • good
    • 0

むきになって反論するのは論外。


冷静に反論するのも論外。
相手の発言中に遮るのも論外。

自分の意見と違うことを言われたら、
まずは相手の言った内容をそのまま復唱します。
このとき、自分の考えを差し挟みたくなるでしょうがグッと抑え、
単純にオウム返しにするのが重要です。

次に、自分と違う意見を述べてくれたことに感謝の意を表します。
違う意見に接することで自らの勉強にもなるわけですから。
「勉強になって有り難い」くらいのことは言っていいです。

そして、自分と相手の意見の共通点を見つけます。
「意見が違うようですが、○○が××という部分は共通していますね」
のような感じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマトリックスのテーマの「信仰と哲学」

マトリックスのテーマの「信仰と哲学」というのがよく分からないのですが
つまりどういうことですか?

Aベストアンサー

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)生きていけない。
 また、マシンも、どんなに人間を嫌っても、人がいなければ電源供給が絶たれ、マシンも停止するしかない。
 人とマシンが互いに、互いを必要としているように、ネオにとってのスミスも、いやおうなく、融合することが唯一の解決策であることに気づかされる。
 これらの背景にあるのは、人が「自由意志」だと思って行動していたことが、実は「必然的な選択」ではなかったのかという「自由意志への懐疑」。
 デカルトからカントに受け継がれた知覚主義、意識と懐疑、“選択する”ということの意味への考察、原因と結果の因果関係論などの思想。
 そのほか、哲学者ボードリヤール、ショーペンハウアーの考え方、ニーチェの超人哲学、仏教、密教なども随所にマトリックスの中に取り入れられている。
 マシンは、ネオとの合意形成によって、マトリックスの全システムがリセットされ、無事に再起動をはたす。ラストシーンで、日の出を作り出し、「預言者」と一緒に見る少女が、ネオに続く次の救世主となったことが示される。
 このように哲学以外にも、人の脳神経には、重力も、物理的な制限もいっさいないため、日の出を作り出したり、現在の人類には信じられないようなスピードで早送りしたり、検索したり、データマッピングさえできる可能性なども示されている。

参考URL:http://www.fujigoko.tv/rev/prof/doc6/index.html

 ネオの死亡とともに、スミスも、そのコピーもすべて光となり、砕け散り、起源(ソース)に戻る。これは、ソース=マシンの内面が「光」であったことを意味する。
 人間にとって悪の権化と思われたマシンの内面は、実は「光」=「もっともピュアな存在」であった。
 人は逆に不完全で、欲望と怠惰を内包した存在。マシンには感情も欲望も怠惰もなく、もっとも純粋な、無駄のない存在。
 人がどんなにマシンを嫌っても、唯一の居住区「ザイオン」も、マシンなしには(飲料水の浄化システム、エアシステムなど)...続きを読む

Q「役に立つ学問」「役に立たない学問」とは?

学問の存立する根拠は、「役に立つこと」のみに存しないのはいまさら言うまでもないと思います。しかし一方で「役に立つこと」が学問の契機になることもあります。古代エジプト人は、東方起源の学問を発達させながら、それを例えば測量術や建築術のような実用と決して離さなかったといわれます。しかし古代ギリシア人は、幾何学や哲学、その他の諸学を日常の実用から切り離して、日暮し天空を眺めてすごすような、純粋な精神的境地を開き、そうした境地が人生にとって「役に立つ」つまり意義深いと考えていたようです。
僕は大学で建築を学んでおり、大学院では建築論という建築の哲学みたいなことを研究します。なぜ建築するのか?などについてアリストテレスやウィトルウィウスの本を読み研究しています。こんな役に立たない学問を研究して意味があるのか?と言われるときがあります。大学は役に立たないといわれている学問を研究する場ではないのかと自分では思っています。学問の在り方について教えていただけませんか?

Aベストアンサー

役に立つということは「お金を儲ける手段」や
「直接生活と直結している」としての学問か否か
ということですか?
それ以外に意味のあることが世の中たくさんあると
思うのですがどうでしょう?

それになぜ建築するのかがわかっていないと建築に
関する法律や公共性などについて方向性が曖昧になる
と思うのですが、役に立つの?と言う人の
考えがわかりませんが、素人意見ですみません。

私は長い間美術に関する学問を学んでいましたが
建築よりずっと役に立たないと言われ続けていました。
若い頃には色々考え悩みましたが今では同じことを
人からいわれても「そうだね役に立たないね
だからほっといてくれよ。」と言おうと思っています。

役に立つの?と言った人に役に立たなかったとしても
自分に意味があればいいのじゃないかな?
その意味を他人にわかってもらうもよし放っておくもよし
学問に対する姿勢はひとそれぞれですよ。

Q哲学の研究テーマ

バカボンのパパは、バカ田大学の社会学部哲学科を首席で卒業しました。専攻もしくは研究テーマは何だつたのですか。


[1] 「これでいいのだ」に代表される、言語による世界の肯定
[2] 太陽は東からのぼるといふ事例での、帰納法の制約
[3] 天才とバカは紙一重であることの証明

Aベストアンサー

バガボンに付いては漫画の主人公らしいと言う事と、これでいいのだ、と言うフレーズを知っているだけですが、そのパパはバカ田大学の社会学部哲学科を首席で卒業した、と言うのであればこれはもう「井戸端会議の地域社会に於ける有用性に付いて」が研究テーマであった筈です。

Q「哲学は人を救わない。」ではなく、 「二流の哲学は役に立たない。」と言う事ではないかと思うのですが、

「哲学は人を救わない。」ではなく、
「二流の哲学は役に立たない。」と言う事ではないかと思うのですが、如何でしょうか?

Aベストアンサー

二流というか、自分なりのポリシーに類する哲学は
多様でいい範囲内の他の人の生きざまにとっては
役に立たないということは言えると思います。

広く人を救うことにつながる普遍性を持った哲学
世の中の構成員である自分を救うことになるポリシー的な哲学
両方あっていいのではないでしょうか。

Q厚生経済学 政治哲学について(卒論テーマ?)

カテ違いでしたらすみません。

今度大学の授業で発表があり、そのための資料を作らなくてはなりません。
内容は特に指定はありませんが、できれば将来卒論で扱いたいテーマに関するものを…とのことです。
卒論を書くまではまだまだ時間があるので、これで確定というわけでは全くないのですが、どうせなら自分の興味あるものを少しでも深く勉強したいと考えています。

個人的には厚生経済学や政治哲学などに興味があり、ミルかロールズについて勉強していきたいです。
どちらかといえば、その人の思想についてを研究のテーマとするよりは、何らかの社会的な問題や事象と結び付けて考えてきたいと思うのですが・・・。
ただ、これらの人の思想と具体的な事象をどう結び付けていけばいいのか分かりません。
そういう方向に興味はあるけど、具体的にどんなテーマを扱いたいかが自分でもよく分からないのです・・・。

厚生経済学若しくは政治哲学の分野で、テーマを決める糸口のようなものを与えてくれる文献等ありましたら教えて頂きたいです。
また、「最低限これくらいは読んでおくべき」といった本も教えていただければと思います。

本来であれば先に自分が調べたいテーマを持っておくべきだと思うのですが・・・。
自分が何をすべきなのかが分からず、行き詰っています。
どなたか知恵を貸してください。よろしくお願いします・・・。

カテ違いでしたらすみません。

今度大学の授業で発表があり、そのための資料を作らなくてはなりません。
内容は特に指定はありませんが、できれば将来卒論で扱いたいテーマに関するものを…とのことです。
卒論を書くまではまだまだ時間があるので、これで確定というわけでは全くないのですが、どうせなら自分の興味あるものを少しでも深く勉強したいと考えています。

個人的には厚生経済学や政治哲学などに興味があり、ミルかロールズについて勉強していきたいです。
どちらかといえば、その人の思想につ...続きを読む

Aベストアンサー

アマルティア・センの著作は目を通しておくのがいいと思う。
ミル、ロールズに関心が高ければ、勁草書房Webサイトでダウンロード配布している『現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド』も役に立つだろう。
また、日本の海外支援活動のなかで、その地の安定した生活に大きく寄与した例がいくつかあるから、そういうのも切り口のヒントになるだろう。たとえば、次の二人。
ブータンの農業の父西岡京二
アフガニスタンに用水路を通して緑化した中村哲医師

Q【学問って以外に数は少ないですが】慧学(えいがく)?とはどういう学問なのですか? 智慧の慧学。

【学問って以外に数は少ないですが】慧学(えいがく)?とはどういう学問なのですか?

智慧の慧学。

慧学とは智慧。

ちえ。

智慧と知恵の違いって何ですか?

ちえの学問ってピンと来ません。

Aベストアンサー

仏教を修行するに際して必ず学ぶべき最も基本の修行法の事です。
学問では無く修行です。

慧学は戒学(かいがく),定学(じようがく),慧学(えがく)の3つ。

戒は戒律のことで、「戒禁」(かいごん)ともいい、身口意(しんくい)の三悪(さんまく)を止め善を修すること。
定は心の動きを静め,精神を統一すること,
慧は理性により道理をありのままに悟ること。


身口意(しんくい)の三悪
○身における3つの行為
・殺生(せっしょう):人間や生物の生命を奪うこと
・偸盗(ちゅうとう):盗むこと
・邪淫(じゃいん)--:邪悪な性行為
○口における4つの行為
・妄語(もうご)----:ウソをつくこと
・綺語(きご)------:不当に飾りたてたことばを用いること
・悪口(あっく)----:悪口を言うこと
・両舌(りょうぜつ):二枚舌を使うこと
○意における3つの行為
・貪欲(とんよく)--:むさぼり欲しがること
・瞋恚(しんに)----:怒り憤ること
・愚癡(ぐち)------:真理に暗くおろかであること

Q哲学の事で

まだ高校3年なので、国語能力がないですし、専門用語も全くわからないので質問も幼稚になってしまうのは大目にみてください。質問が多すぎるので暇などある時に回答してくると幸いです。

1.あやふやなんですが、哲学は考えや思想とは違って、決めたテーマの根本的な理由の事だとどこかの本で読んだような気がしたんですけど、哲学は考えないと哲学になりませんよね?なので哲学が考えと違うといのはありえないと思うんですがどうでしょうか??

2.ある人が言った言葉なんですが、水をテーマにして、「乾いた時代だったり乾いたシーンが多いけれど、そうゆうことではなくて、もっと潤った気持ちで人を愛したり、人に愛されたりする時代に、僕達は入らなければいけない」という事を言っていたんですが、これは哲学ですか?

3.哲学は理系と文系どっちに入るのでしょうか?

4.哲学はどこからが哲学なんでしょうか?例えば、神はいるのか?をテーマにして、「自分が見たことがないのでいない」というのも哲学なるんでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

1. 私もそう思いますよ。考えることですね。
2.それも考えた末のことでしょうから哲学ですね。
3.全部を含んでますね。どこから入っても哲学。
4.どこから入っても哲学。思考と気づきは無限だけど同時にどこにも結論はあるからね。誰にでもわかるのも哲学、より深遠さを求めるのも哲学。

Q哲学とは?また、どんな役に立つのでしょうか?

世の中にはいろいろな学問がありますが、こと哲学に関しては、これこれが哲学という学問ですと答えられません。また、経済学、政治学、物理学等々と違い、これを学ぶとどのようなメリットがあるか知りたいのです。学校教育ではソクラテスとかプラトンとかヘーゲルなど人名は覚えていますが、彼らの思考により社会はよい方向になったのでしょうか?
 あまりに、初歩的な質問で申し訳ありませんが、わかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

 哲学というと近寄りがたいですが、ようは物の見方や考え方を体系だてたものです。
 例えば「人を見たら泥棒と思え」も「渡る世間に鬼はなし」も、『物の見方・考え方』ですが、体系だっていないので『哲学』と言うより、処世術と呼ばれます。

 さまざまな哲学者が自分の考えを体系だてたことで後世の人々が物事を考えるヒントを得て、民主主義社会に必須の「多様な考えを持った個性的な個人」を生むことに貢献しました。

 ソクラテスは無知を自覚することを呼びかけ、詭弁ではない真理の存在を認め、『知る』ための努力を促しました。政治とは『いかに他人をだますかの技術だ』という堕落した時代に、『真理はある』『無知の知』を宣言したソクラテスがいなければ、奴隷制社会がいまだに続いていたかもしれません。
 ヘーゲルの弁証法は、この世のあらゆるものは常に生成・発展・消滅を繰り返す=固定的なものに見方を戒めることを説きました。ヘーゲルに影響を受けて、今の社会の現実はいずれ発展とともに消滅すると元気付けられ社会を変える運動に飛び込んだ多くの学生たちの中から、当時のドイツ=プロイセンの独裁政権を倒す集団が育っていきました。(マルクスもその一人です。)

 きちんと体系だっていて、物事を考えるときにぶれることの無い「骨太の哲学」を身につければ、生きていく上で迷うことが少なくなるし、自信を持って前に進めます。
 お気楽な処世術ではない『哲学』を身に着けることをお勧めします。

 哲学というと近寄りがたいですが、ようは物の見方や考え方を体系だてたものです。
 例えば「人を見たら泥棒と思え」も「渡る世間に鬼はなし」も、『物の見方・考え方』ですが、体系だっていないので『哲学』と言うより、処世術と呼ばれます。

 さまざまな哲学者が自分の考えを体系だてたことで後世の人々が物事を考えるヒントを得て、民主主義社会に必須の「多様な考えを持った個性的な個人」を生むことに貢献しました。

 ソクラテスは無知を自覚することを呼びかけ、詭弁ではない真理の存在を認め、...続きを読む

Q医師が哲学博士号を持っていることが多いのはなぜ?

1)医師がM.D.の他にPh.D.の称号を持っていることを
よく見かけますが、M.D.がとるPh.D.の博士論文の
テーマはどんなものがあるのでしょうか?
また、論文をネット上で読むことができるのでしょうか?

2)医師がPh.D.の称号を取る理由は人の命を扱い、
死に対しての哲学的な考えをもっている必要があるという事でしょうか?

3)大学生用の哲学の教科書を半分ほど読んでみましたが、
古代の哲学・神学・自然科学など、分野がばらばらで
なかなか理解できません。教科書には「哲学は進歩しない
学問である」「時代によって哲学のテーマが変わる」と
書いてありますが、まずはこの教科書「哲学の概論」と
「哲学の展開」を読み通してからもう一度考えるべきでしょうか?
4)「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。
正直言って哲学の教科書は読み通すのがつらいのですが、
もう少し砕けた哲学についての本があったらご紹介ください。

Aベストアンサー

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文表記するときは Ph.D. (medical Science) のように括弧書きを加えることもあります。

U.S. では、医学教育は、日本と違い、4 年生大学を終了後 Medical School に入り、修業年限も長いため、日本でいう大学院 (博士課程) 相当になり、医師となるものが多いために、M.D. が Title になります。この制度上の違いもあり、日本人で日本の医師免許を有しているものは、U.S. での M.D. に相当するものと (認められてか、勝手にか、は知りませんが) して、医学博士ではなくとも M.D. を称号にしているケースがあります。ここまでは、経験者としての回答です。以下は、経験者としてのアドバイスです。

>「私が人生に付いて悩んでいる」という相談を知り合いをD.D.S.にしたところ、哲学を学べと勧められました。

哲学とは、自分の生き方、価値観です。一貫した自分の価値観を築き上げるためには、まず自らで考えることが必須です。そのときの方法論、他人の考え、自分が考えたことの妥当性の評価、などのために、先人の考えを学ぶことは必要でしょう。決して、過去の哲学者の所見を、受験勉強のように覚えることではありません。助言された方も、多分その意味で言われていると思います。まず自分で考えることから始めるべきで、その上で読めば、どんな哲学者の本も、そう難しいものではありません。

具体的な番号が思い出せませんが、同じ意味の質問がありました。それとは別に、Ph.D. と哲学博士は同じものではありません。

Ph.D. Doctor of Philosophy は、直訳すれば確かに哲学博士になりますが、意味が違い、理系・文系を問わず、学位一般に使われます。日本語で言う、医学博士、理学博士、文学博士、全てが、英語にすると Ph.D. になります。この辺りの経緯が、以前の質問の回答にあったように記憶しています。

基礎医学の研究論文で医学部から学位を授与されると、日本では 「医学博士」、これを英文...続きを読む

Q僕の考えた哲学は 何かの役に立つでしょうか?

僕の考えた哲学は 何かの役に立つでしょうか?

人間は存在する為に生きている 存在肯定です 存在しないものは 無いのですから

人間は精神 精神は性質で出来ている 人間は存在性を駆使して生きる

実は人間の正体は存在性の塊 存在の為の存続 存続を目指して未来に存在する 永遠への存在を目指す

唯物論と唯心論の合体 危険な急速な進化を避けてゆっくり進化しよう

存在とは「個性ある性質を持ったエネルギー」として捉え 人間の精神はその性質と同じ質である・・・

等など

Aベストアンサー

存在の肯定=マクロな意味での種の保存、継承
というふうに読み替えれば、一般的な人生哲学として役に立つものになるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報