余命が短い母名義の定期預金を、贈与税がかからないようにするには、
どのようにしたらよいのでしょうか?
生前中に自分名義(または父名義)に変更することって出来るのでしょうか?
それともやはり一端解約した方がよいのでしょうか?
本人以外の途中解約手続きって容易に出来るのでしょうか?
また他に良い方法があれば教えてください。
よろしくお願い致します。

A 回答 (4件)

母の財産を配偶者である父親が相続する場合、1億6000万までは非課税になります。


つまり何もしなくていいことになります。
下手に生前にお金をやり取りすると、それこそ贈与税の対象になります。
預金を引き出して他の人の口座に入金すれば、まさしく贈与です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

1億6千万だとすれば、まったく問題ないです。(1千万以下だと思うので)。

親戚などが、「生前中に手続きしたほうがいい」などといろいろ言われたので皆さんの力をお借りしました。
「生前中に」というのは、恐らく亡くなった場合すぐに引き出しが出来なくなるので、困らないようにという意味も含まれてると思います。

ご回答していただきありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 23:06

まず最初の段階として


「本人があなたに贈与する意思があるかどうか」
あるのならば
委任状を書くか本人が窓口に行くか です。

次に金額によりますが
贈与の範囲内の額かどうか というのと
贈与税より相続税が安いので今しない方がいい ということです。

既に回答いただいてますが
1年間110万円いないであるか
相続時精算課税制度を利用するか などありますが
まずは本人の意思がどうであるか が問題となります。

簡単に考えますと
>贈与税がかからないようにするには、
どのようにしたらよいのでしょうか?

の、回答としては「贈与しなければいいので今、名義変更などやめたほうがよい」ということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

本人には確認してませんが、勿論父または私に贈与する意思は間違いなくあります。
しかし、委任状等必要ということと税金もかかるようなのでやはり相続という形に致します。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 22:54

>贈与税がかからないようにするには…



どのくらいの定期預金でしようか。
1年間に 110万円以下なら贈与税の基礎控除範囲です。

>生前中に自分名義(または父名義)に変更することって…

あげるほうともらうほう、双方に贈与の意志があるならできます。

>それともやはり一端解約した方がよいのでしょうか…

名義変更にしろ解約にしろ同じです。
本人が銀行に出向くか、銀行の指定する委任状が必要です。

>また他に良い方法があれば教えてください…

何千万もあるなら、そのまま相続まで待つことです。
いま贈与扱いをすれば、110万円を超える部分にきわめて高い税率が適用されます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

一方、相続税は、
5,000万円 + 1,000万×相続人数
までが免税です。
これ以上の額があるにしても、相続税の税率は贈与税に比べたら微々たるものです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4152.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

委任状が必要なようなので、やはり変更、解約は見送ります。
相続税の方が税率が低いこともわかりましたし、預金も数百万程度だと思いますので焦らず今のままでいることにします。
いろいろ情報とアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 22:51

>本人以外の途中解約手続きって容易に出来るのでしょうか



本人でないと解約手続はできない(委任状による代理人請求は可)

>贈与税がかからないようにするには

一部払出で贈与税の範囲内で。

>生前中に自分名義(または父名義)に変更することって出来るのでしょうか

変更は難しいと思います。解約。
定期の解約もATMで可能な場合もありますが、暗証番号などを登録していない定期ですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

委任状がやはり必要のようですね。
暗証番号も登録してない定期ですし変更、解約はやめます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父の土地の相続は所有権移転か名義人変更か?

亡き父の土地の相続をするのですが
所有権の登記移転と名義人表示変更とどちらが正しいのでしょうか?


父名義の土地は2種類あり、
千葉の自宅と秋田の土地です。
前者については今までも今後も親子で住むつもりであり、
母が相続します。
後者については今後も使う予定はないため、売却するつもりであり、
私と弟が相続します。
(すでに遺産分割協議書は作成済で、相続税納税済です。)

登記のしなおしについて、千葉に関しては自分達で、
秋田に関しては遠いので現地の司法書士に頼むことにしましたが
千葉の法務局の方は「名義人表示変更」をすればいい
ということで書類の揃え方も教えてくれました。
秋田の司法書士は「所有権移転」をする、と連絡してきました。

素人の悲しさでどちらが正しいのか(どちらとも正しいのか)分かりません。
分からないながらもWebで検索したら
「名義人表示変更」であれば基本報酬3610~4680円+手続報酬2400円
「所有権移転」であれば基本報酬13060~(土地の規模次第)円+手続報酬4900円
で、金額に差があります。
どちらでもいいのであれば当然安いほうがいいのですが、
「所有権移転」にする必要があるのはどういう場合でしょうか?

亡き父の土地の相続をするのですが
所有権の登記移転と名義人表示変更とどちらが正しいのでしょうか?


父名義の土地は2種類あり、
千葉の自宅と秋田の土地です。
前者については今までも今後も親子で住むつもりであり、
母が相続します。
後者については今後も使う予定はないため、売却するつもりであり、
私と弟が相続します。
(すでに遺産分割協議書は作成済で、相続税納税済です。)

登記のしなおしについて、千葉に関しては自分達で、
秋田に関しては遠いので現地の司法書士に頼むことにし...続きを読む

Aベストアンサー

相続などで所有者が代わった場合は、「所有権移転登記」が必要になります。
「名義人表示変更登記」は、所有者が元のままで、所有者の住所が変わった場合などにおこなうものです。
登記所の係官がなにか勘違いしていると思われます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~wata/fudosan.htm

Qぱるるの定期預金の通帳を紛失しました。 明日定期預金解約の為、会社の遅

ぱるるの定期預金の通帳を紛失しました。 明日定期預金解約の為、会社の遅刻届け出したのに・・・ 解約の為役所で必要書類ありますか? あれば教えてください!寄ってから郵便局に向かいます。お願いします

Aベストアンサー

カードや通帳等の紛失・盗難

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tetuzuki/funsitu/kj_tzk_fst_index.html

参考URL:http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tetuzuki/funsitu/kj_tzk_fst_index.html

Q父名義の土地半分に始期付所有権移転仮登記しました(かなり初心者です…)

私の父の土地の事で質問です。
父には私を含め8人の子供がいます。母は他界しております。
父は80歳になり、少ない土地ですが名義を父の名前にしておくのはかなり不安です、以前手続きした事や分からない事があり質問させていただきます。

私の父名義の土地(1/2)に、私と主人名義の家を建てました(平成10年)
その際、父の土地(1/2)に私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をしました。
もちろん専門の方にお願いしましたが、なぜ始期付所有権移転仮登記をしたのかは知識がなく不明です。評価額を調べてのちのち本登記したらいいのでは、ということでした。税金がかかるから?とか?

質問1.本登記する事によってたくさん税金がかかるのでしょうか?始期付所有権移転仮登記をした事でよかったのでしょうか?

質問2.もう1つは残りの土地(1/2)を父名義から私の妹(父の子供)の名義にしたいのですが、それも始期付所有権移転仮登記の方がいいのでしょうか?2500万円以下の土地なので、相続時精算課税制度を使用していけばいいのでしょうか?

質問3.今は土地の名義が父になっている状態で、妹の名義にした場合、私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をした事はどうなってしまうのか?1/2だけと言う事はできるのでしょうか?

質問4.相続時精算課税制度、2500万までの控除額とは、まずは贈与税を支払って、相続時に戻ってくるということでしょうか?それとも2500万までは支払わなくていいということでしょうか?

初心者未満の質問で申し訳ございませんが教えていただけますとありがたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

私の父の土地の事で質問です。
父には私を含め8人の子供がいます。母は他界しております。
父は80歳になり、少ない土地ですが名義を父の名前にしておくのはかなり不安です、以前手続きした事や分からない事があり質問させていただきます。

私の父名義の土地(1/2)に、私と主人名義の家を建てました(平成10年)
その際、父の土地(1/2)に私と主人の名前で始期付所有権移転仮登記をしました。
もちろん専門の方にお願いしましたが、なぜ始期付所有権移転仮登記をしたのかは知識がなく不明です。評価額を調べ...続きを読む

Aベストアンサー

>もちろん専門の方にお願いしましたが

初心者という事をアピールするのも良いのですが、専門の方にも関与して貰っているみたいなので、全体的にはその専門家にきちんと確認すべき事項だと思います。下記はあくまで参考に。詳細は専門家に聞きましょう。

1.仮登記というのは(無料ではありませんが)あくまでも仮ですから、本登記すれば所有権移転ということで登録免許税がかかります。「たくさん」というのは感覚の問題なので答えられませんし、評価額と登記原因がわかれば税額は出てきます。
又、始期付の始期というのは父が亡くなったとき、ではありませんか?
つまり贈与税が発生しないように、そして遺贈を担保する為に死因贈与という形を取り、仮登記しているということでは?

2.根本の話になりますが、土地の1/2というのは何筆かある中の半分に該当する土地なのか、何筆若しくは一体の土地の「持分1/2」なのか、その点が不明です。
このあたりは個別に専門家に聞いてください。尚、死因贈与で始期付所有権移転仮登記をするのも結構ですが、他の相続(予定)人の遺留分という観点も忘れないでください。

3.2で書いた根本の部分が不明ということと、妹さんの名義に変えるという点が意味不明です。そもそも仮登記というのは仮ですから名義を変えたことにはなりません。

4.基本的な考え方としては、控除額を引いた残額によっては贈与税を支払う必要もないというケースもあるということと、金額によっては一旦贈与税を支払って相続時に手続をすれば還付されるケースもあるということです。贈与と相続を一体とするような考え方をするということです。
しかし、今回の仮登記が死因贈与という話とすると、そもそも相続時精算課税制度とは関係ありませんね。死因贈与ということは税の取扱い上は相続税であり、贈与税ではありませんので。
妹さんの件はこれからの話で、また別ではありますが、これも専門家に相談してください。

その専門家に今回行った仮登記の主旨や、将来の税金面含めたアドバイスを受けた方が良いと思います。
回答したくても前提条件で不明な点が多すぎますし、恐らく質問者ご自身も理解していないと思われます。

>もちろん専門の方にお願いしましたが

初心者という事をアピールするのも良いのですが、専門の方にも関与して貰っているみたいなので、全体的にはその専門家にきちんと確認すべき事項だと思います。下記はあくまで参考に。詳細は専門家に聞きましょう。

1.仮登記というのは(無料ではありませんが)あくまでも仮ですから、本登記すれば所有権移転ということで登録免許税がかかります。「たくさん」というのは感覚の問題なので答えられませんし、評価額と登記原因がわかれば税額は出てきます。
又、始期付...続きを読む

Q定期預金って毎月預けていないと預けていたお金が減るんですか?また、定期預金を解約する時にお金がかかり

定期預金って毎月預けていないと預けていたお金が減るんですか?また、定期預金を解約する時にお金がかかりますか?去年の5月以来ずっと預けていなかったのですがやばいですか?延滞金があるとか><

Aベストアンサー

あなたの言われる「定期預金」が、総合口座の定期預金だとしたら、普通預金の残高が0円以下になった場合、定期預金の残高の90%(最大貸出金額は銀行により異なる)までは、引き出すことが出来ますが、この場合貸し出された金額に対し、定期預金の金利に0.5%程の金利を加えた金利で借りている今年なります。
もし、この状態であれば普通預金の残高がプラスになるまで、普通預金に預け入れをしてください。
貸出金利で、余計な出費が知らないうちに増えてゆきますよ。

Q所有権移転で真正なる名義人の回復の理由は何と書けば?

所有権移転を登記するのに、原因を「真正なる名義人の回復」としたいのですが、登記原因証明情報の理由の所に何と書けばよいでしょうか?サンプルとなる文言をご教授下さい。

Aベストアンサー

(1)年月日Aは、本不動産を所有していた。(2)年月日Aは、B・C(持分2分の1ずつ)に対し、本件不動産を売った。(3)Aは、B・Cに対し、上記(2)に基づく所有権移転登記をすべきが、誤ってBに対して所有権移転登記がなされた。(4)Cのため、AとBは、所有権更正登記をすべきところ、抵当権者D銀行の承諾が得られない。(5)よって、Bは、Cに対し、真正な登記名義の回復を原因として、所有権一部(2分の1)移転の登記をする。
というような趣旨でよいと思いますが、登記所・専門家にご確認を。

Q私の名義の定期預金を解約したいのですが…

私の名義の定期預金を解約したいのですが…
通帳印鑑書類がない場合解約は可能ですか?
解答お願いします。

Aベストアンサー

ひょっとすると、家族の誰かが質問者さんの名前で作った定期預金を、家族に内緒で解約したいということですか?
もしそうなら、後々面倒なことになるかも知れないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

銀行は、再発行して解約した後、「真の預金者」が本物の通帳や印鑑を持って解約にきたら拒否することは出来ず、二重払いする可能性があります。
その場合は、銀行が誤って支払いした人、つまり質問者さんに対して返還請求を求めてきます。最悪の場合は裁判になります。

銀行はそういったリスクも知っているので、通帳・印鑑両方を紛失したというケースでは、念入りなチェックを行なうのが一般的です。

もしもこういう事情なら、十分覚悟した上で銀行に行ってください。

Q所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。

所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。


いつもお世話になります。現在この分野を勉強中の身ですが、実際にいま必要に迫られているのでお助け下さいませ。

父が生前に契約し、買主から代金をもらっている状況で登記移転せぬまま無くなりました。

相続は完了し、配偶者の母が土地の名義人になりました。(=所有権移転済み)

この場合、母の名義のもとに書類を作成していけると思いますが、申請書に添付する証明書になる売買契約書は当然「売主:父」の状態で作成されています。

この状態で申請は可能でしょうか。

売買契約書を書きなおす…のはおかしいし…新たに作り直す…?

実務となると、こまごまとしたことがまだまだ分からず、どうぞ皆様のお知恵をお貸しいただけると幸いです。お願いたします。

Aベストアンサー

所有権の移転登記は、登記原因証明情報を作成添付すれば足りますので売買契約書などは添付しません。
自己申請ですか?
通常、決済時には売主が父から母へ死亡相続により変更になった旨の書類を、買主との間で取り交わします。法的にはその様な事をしなくとも問題ありませんが、契約書と領収書の発行人が違いますと、後々の税務申告などで、買主さんも登記事項証明など添付しなければならなくなるため、覚書などを作成したほうが親切でわかりやすいでしょう。
尚、契約書の売主の変更は稀ですが、買主などは契約書に「買主または、買主が指定した第三者へ所有権移転の・・・・」となっているケースが多いのです。
これは、転売目的などの中間省略にも用いられますが、一般的なご主人さんが単名で契約したが、後に奥さんも名義人にしたい場合などでも、この条文があれば売主の承諾なく対応可能です。
ご参考まで。

Q定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違い??

銀行に預けているお金が少し増えて来たので金利を利用してお金を増やそうと考えています。現在はすべて普通預金です。
そこでいろいろと銀行のHPを調べたのですが定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違いがいまいちよく分かりません。
ある銀行に当分使うことのないお金(つまり預けっぱなしのお金)が50万円ほどあり、
それとは別にバイトの給料振込み用の銀行があり、1ヶ月の給料を全て使うわけではないのでその銀行には毎月5~6ずつ貯まっていく感じです。

普通預金から金利の良い預金方法に変えたいのですが定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違いと効率の良い預金方法がどれか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

あなたがおっしやる、「効率の良い預金方法」とは、たとえば、「少しでも有利に預金を運用したい」のか、それとも、「毎月、少しずつ預金をつみたてていきたい」のか、で答は変わります。

最近では、「普通預金」にほうっておいても、残高によっては、「1年ものの定期預金」なみのお利息がつく商品もあります。
「One's Plus」(三井住友銀行)や「スーパー普通預金」(三菱東京UFJ銀行・旧東京三菱店)…など。
ただし、それぞれ一定の条件がありますので、詳細はあなたが利用される、もしくはご利用予定の銀行などに、お問い合わせください。

●「定期預金」
1ヶ月ものから10年ものまで、銀行によっては5年ものまで、いろいろあります。
また、「期日指定定期預金」(1年据え置き、最長3年)、「6ヵ月据え置き定期預金」(最長5年)、
「変動金利型定期預金」(6ヵ月ごとに金利を見直し)などもあります。
(一部の商品は、銀行によってお取り扱いをしていない場合があります。)

●「自動つみたて定期預金」
毎月、一定額ずつ「定期預金」(銀行によっては、「期日指定定期預金」)で、普通預金から自動振り替えで積み立てていくもので、1本1本の定期預金を使いたいときに、払い戻したり、まとめて払い戻すこともできます。
口座振替だけでなく、窓口やATMで随時のお預け入れもできます。(口座振替を行なわないこともできます。)

●「貯蓄預金」
普通預金と同じように、キャッシュカードが発行され、ATMで出し入れ自由の預金です。一定の残高以上は、普通預金より有利なお利息です。
ただし、決済機能がありませんので、配当金・お給料のお受け取りや、公共料金の自動支払などには、お使いいただけません。
(一部の銀行などでは、「貯蓄預金」のお取り扱いを、行なっていないところも、あります。)

以上、ご参考までに。くわしくは、お取り扱い銀行のHPをご覧ください。

あなたがおっしやる、「効率の良い預金方法」とは、たとえば、「少しでも有利に預金を運用したい」のか、それとも、「毎月、少しずつ預金をつみたてていきたい」のか、で答は変わります。

最近では、「普通預金」にほうっておいても、残高によっては、「1年ものの定期預金」なみのお利息がつく商品もあります。
「One's Plus」(三井住友銀行)や「スーパー普通預金」(三菱東京UFJ銀行・旧東京三菱店)…など。
ただし、それぞれ一定の条件がありますので、詳細はあなたが利用される、もしくはご利用予定...続きを読む

Q登記名義人の住所が亡くなったときのものと違っていた場合、相続の所有権移転の手続きの際に、どうすればいいのでしょうか

母が亡くなって、母名義の土地を相続することになり、所有権移転の登記申請をしようと思っているのですが、現登記名義人である母の住所が、以前住んでいた住所になっています。
亡くなる十数年前より、私たち家族と同居していたのですが、3年前に
家を立替て、元のこの家に家族で戻ることになったのです。
その際に、ここの土地の種目変更をしたのですが、その時に登記名義人の住所変更もしているようです。
住所変更したその日付が、今の家に引っ越して来た日なのに、どうしてわざわざ前の家の住所に住所変更しているのか、わからないのですが、
すみません、長くなりまして。つまり、教えて頂きたいのは、この度、
母から私に所有権移転の登記をする際、先に、登録名義人(母)の住所変更をしなくてはならないのですか?(前の家から今の家の)
登録免許税もそれぞれの登記に必要なのでしょうか?
わかりにくい文章ですが、どなたかご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

お母さんが亡くなった時の住民票に以前の住所として登記上の住所が載っていませんか。
たぶんそれで大丈夫だと思います。
もしも、そこにも載っていない時には場合によっては上申書を添付するようになります。

Q定期預金の解約:どれを解約?

前回、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4733158.htmlで質問して
自分で金利の低い物を選んでの解約はできないようですが、
できる場合で
(1)金利が低いが満期が一年以内のもの
(2)金利は(1)より高いが満期は一年以上先のもの

解約する場合どちらを先に解約した方がお得なのでしょうか?
ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

元金と利息が解らなければ比較できません。

一年物定期の利率計算方法
元金×金利×預けた日数÷365日

(1)は数式そのまま。
(2)は (元金×金利=1年分の金利)+(元金×金利×1年を超える預けた日数÷365日)

厳密には中途解約利息が適用されるので違いますが目安にはなるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング