素人なので分かりやすく教えてください。

個人が所有する1株30,000円の株を個人の第三者へ0円で無償譲渡した場合には、税金等はかかりますか?
また、税金がかかるのはどちらになりますか?(譲った側or譲り受けた側)

さらに、税金が発生する場合は税金の種類はなんでしょうか?(贈与税or所得税etc.)

30,000円/株を0円/株にすることは可能ですか?
ちなみに会社自体は存続しており、売上、利益ともに少ないながらあります。
株式の時価を算定する計算式があるのでしょうか?

内容としては会社は非上場の小さな会社で、1人の株主が半分代表取締役社長に譲るということです。

簡単な説明で大変申し訳ございませんがご教授いただければ幸いです。

冒頭にも説明しましたが、全くの素人なので分かりやすい説明でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>第三者へ0円で無償譲渡した…



それは、贈与というのです。

>税金等はかかりますか…

個人の税金は 1/1~12/31 の 1年間がひとくくりであり、お書きの情報だけでは判断できません。

>税金がかかるのはどちらになりますか?(譲った側or譲り受けた側…

もらった側。
1年間のうちに他の人からもらった金品もすべて合計して、110万円以上になれば贈与税が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>株式の時価を算定する計算式があるのでしょうか…

贈与や相続の際の税法における算定基準。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4638.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職金の税金住民税が0円だった場合で質問です

退職金が20万ほどで8年ほどの勤続年数だと
所得税・住民税が0円なるそうです。
退職所得の需給に関する申告書を会社側に提出してもらわないと
一律20%が源泉徴収されていしまい
余分な税金を払わないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

申告書といっても、たいしたものではありません。
会社に言って、書いて提出してください。名前と金額を程度です。
仮に、提出しないで20%源泉されても、確定申告すれば、全額戻ってきます。それは面倒なので、会社に言って、書いてください。

Q未公開株を売る際について 1株5万円の元値を高く売ることは出来るか?

現在、株数200株で1株5万円、資本金1000万円の会社を運営しております。

お陰様で色々なところから、株を売ってくれ、という話があるので、そろそろ資本金強化のためにも、いくつか株を売ってみようかな、と思っております。ただ、この際に、全く知識とアイデアがありません。

そこでいくつか教えて頂きたく思います。
※どれかだけをお答え頂いても構いません。

1.未公開株を売る場合、現在持っている200株の中のどれかを売ることになるのですか?それとも200株を例えばもう100株増やした300株の状態にして100株を売ってしまうほうが良いのでしょうか?

2.現在、私が100%株主ですが、この場合は現在の200株を好きな分だけ分割しても問題ないのでしょうか?例えば200株を20000株に変更、などなど。

3.例えば200株を増やさずに50株売った場合、その収入はあくまで私個人が売ったことになるため、私の収入になるものと思います。この際には会社の株主比率を変更する作業だけで問題ないのでしょうか?

以上、曖昧な質問ばかりで申し訳ございませんが、教えてください。よろしくお願い致します。

現在、株数200株で1株5万円、資本金1000万円の会社を運営しております。

お陰様で色々なところから、株を売ってくれ、という話があるので、そろそろ資本金強化のためにも、いくつか株を売ってみようかな、と思っております。ただ、この際に、全く知識とアイデアがありません。

そこでいくつか教えて頂きたく思います。
※どれかだけをお答え頂いても構いません。

1.未公開株を売る場合、現在持っている200株の中のどれかを売ることになるのですか?それとも200株を例えばもう100株増...続きを読む

Aベストアンサー

>未公開株を売る場合、現在持っている200株の中のどれかを売ることになるのですか?
これでは、株を売ったおカネは貴方のふところに入り会社には入りませんので、資本金強化
の目的であればこれは駄目です。もし資本を増強したいのであれば、新たに増資をして誰か
に引き受けてもらう必要があります。
増資をする際には、会社の授権株数(発行可能株式数:定款か商業謄本で確認)に余裕が
あるかどうかを確認してください。
>200株を好きな分だけ分割しても問題ないのでしょうか?
理論上は可能ですが、分割しても資本金が増える訳でもないですし意味がないのではないでしょうか?
>収入はあくまで私個人が売ったことになるため、私の収入になるものと思います。
その通りです。売却益に対して20%の源泉分離課税がされますのでお忘れなく。
>会社の株主比率を変更する作業だけで問題ないのでしょうか?
その通りですが、先の方の回答にもあります通り、株式のシェアに応じて株主にはさまざまな権利が発生
します。最悪、経営権が相手方に移る可能性もあります。
株式公開に向けた増資などの資本政策上、思わぬ障害になるかもしれません。
少なくとも現段階では、貴方が単独で2/3以上は保持しておくべきでしょう。

一旦だれかに株式を渡してしまうと、相手が了解しない限り取り戻すことができません。借入金と違い
返済をする必要は原則ありませんが、逆に縁を切ることも難しいのが株式であるということをよく理解
した上での対応をしてください。
失礼ながら、ご質問の感からすると、非常に危うさを感じます。
書籍等でしっかりと勉強をされることをお勧めします。

>未公開株を売る場合、現在持っている200株の中のどれかを売ることになるのですか?
これでは、株を売ったおカネは貴方のふところに入り会社には入りませんので、資本金強化
の目的であればこれは駄目です。もし資本を増強したいのであれば、新たに増資をして誰か
に引き受けてもらう必要があります。
増資をする際には、会社の授権株数(発行可能株式数:定款か商業謄本で確認)に余裕が
あるかどうかを確認してください。
>200株を好きな分だけ分割しても問題ないのでしょうか?
理論上は可能で...続きを読む

Q建物を譲渡した場合、譲受者は定期建物賃貸借契約書と事前説明書はもう一度行うべきか?

B社と定期建物賃貸借契約を締結しています(30年)。事前説明書も行いました。しかし建物をC社へ譲渡を予定してます。この場合、C社はB社へもう一度事前説明を行って書面を交付しなくてはならないのでしょうか。また定期建物賃貸借契約書も、もう一度新たに作成しなくてはならないのでしょうか。ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

質問者さん(Aさんとします)からC社に建物を譲渡後、
C社とB社の間の契約等が、AさんとB社の時と同じ内容で、
特に変更点が無いようであれば譲渡した事のお知らせと簡易説明、
書面の交付については所持者が変わるので、その点についてを更新した方が良いかと思います。

Q法人での(上場)株取引 税金について、

法人で(上場)株の取引をして損益が出た場合、
全て法人税の総合課税になり、他の営業損益と通算してマイナスなら法人税はかかりませんし、プラスなら株式譲渡益も含めて利益分に法人税が課税されると聞いておりますが、

利益を役員の報酬として支給した場合は、個人で株取引をした場合と比べて節税効果があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 成功報酬という意味の役員報酬でしたら、益金処分ですので法人税は課税されます。役員報酬に所得税も課税されるので個人で株取引をして収益を上げた場合のほうが税金は少ないと思いますよ。
 ただし、損が出た場合はご質問のとおり法人の他の所得と合算して課税所得を計算しますので損をするのを前提としてそれでもやむを得ず株取引をしなくてはいけないのであれば法人でやった方が税金は少なくなります。(もともと赤字法人ということなら別ですが・・・)

Q繰延税金資産の取り崩しの説明について

決算報告にあたり会社の上層部にどのように説明すれば良いか悩んでいます。
今期は税引前利益までは黒字だったのですが、清算する子会社に積み立てていた繰延税金資産を取り崩したことにより
税引後の当期純利益は赤字となりました。
この部分を経理の素人である上層部へどのように説明すればわかってくれるでしょうか?

次のような説明を考えましたがしっくりきません。

「PLでは費用となっているが税金計算においては費用とは認められないものは、税金計算上
所得の加算となり、支払う税金は増えます。
ただしPLではその増えた税金は法人税調整額として法人税の額を減額すると同時に将来の税金の前払いとして資産計上(繰延税金資産)します。これを繰延税金資産の積み立てと言います。

通常、繰延税金資産は、当期に認められなかった費用が、実際に費用となった年度に過去に減額した税金を増やします。
これを繰延税金資産の取崩しと言います。

今回は会社が清算するにあたって、過去に積み立てた繰延税金資産を取崩さなければならないので、その分利益の減額となりました。」


最後の部分を素人にどうやって説明すればよいでしょうか。

回収可能性とかいう言葉を使ってもよくわからないと思うんですよね。

お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。

決算報告にあたり会社の上層部にどのように説明すれば良いか悩んでいます。
今期は税引前利益までは黒字だったのですが、清算する子会社に積み立てていた繰延税金資産を取り崩したことにより
税引後の当期純利益は赤字となりました。
この部分を経理の素人である上層部へどのように説明すればわかってくれるでしょうか?

次のような説明を考えましたがしっくりきません。

「PLでは費用となっているが税金計算においては費用とは認められないものは、税金計算上
所得の加算となり、支払う税金は増えます。
ただ...続きを読む

Aベストアンサー

最後の部分をいうのは、最後の一文を、いうことね?

ほいだら、わしならその直前に、決算書は会社が来期以降も営業を続けていくことを前提にしてつくられる。清算するとなるとその前提が崩れるので、続けていくことを前提にして溜めておいたものが一気に色々と噴き出してくる。そないな趣旨の説明を挟むわ。

ただ、最後の部分に留まらず、全体がむつかしい説明になっとるのも確かで、それはあなたも何となく感じてはるのと違う?どゆ表現をするのかは、上層部さんらの会計の知識量とかにもよるやろな。

もしも上層部が経営陣なら、理論的にも用語としても正しい説明よか、大所高所から話をしたほが喜ぶで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報