素人なので分かりやすく教えてください。

個人が所有する1株30,000円の株を個人の第三者へ0円で無償譲渡した場合には、税金等はかかりますか?
また、税金がかかるのはどちらになりますか?(譲った側or譲り受けた側)

さらに、税金が発生する場合は税金の種類はなんでしょうか?(贈与税or所得税etc.)

30,000円/株を0円/株にすることは可能ですか?
ちなみに会社自体は存続しており、売上、利益ともに少ないながらあります。
株式の時価を算定する計算式があるのでしょうか?

内容としては会社は非上場の小さな会社で、1人の株主が半分代表取締役社長に譲るということです。

簡単な説明で大変申し訳ございませんがご教授いただければ幸いです。

冒頭にも説明しましたが、全くの素人なので分かりやすい説明でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>第三者へ0円で無償譲渡した…



それは、贈与というのです。

>税金等はかかりますか…

個人の税金は 1/1~12/31 の 1年間がひとくくりであり、お書きの情報だけでは判断できません。

>税金がかかるのはどちらになりますか?(譲った側or譲り受けた側…

もらった側。
1年間のうちに他の人からもらった金品もすべて合計して、110万円以上になれば贈与税が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>株式の時価を算定する計算式があるのでしょうか…

贈与や相続の際の税法における算定基準。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4638.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル2007の無償ダウンロードとライセンスの件

・XPのOffice2003(プレインストール済)を購入し使用していましたが、
 1年前、大学が2007になりお知らせのエクセルの添付書類が2003では 開けなくなりました。
 そこで、エクセル2007で作成した添付書類をエクセル2003で見るために、
 マイクロソフト社の正規HPに無償ダウンロードがあると教えて貰い、開くことが 出来ました。
 ところが、最近、マイクロソフト社より、ライセンスの宣伝のような注意の
 ような案内が届きます。
 
 質問ですが、私が行った無償ダウンロードには、「期間」がありますか?
 また、このようなことは、ライセンス違反になりますか?

 よろしくお願いします。

  

Aベストアンサー

>そこで、エクセル2007で作成した添付書類をエクセル2003で見るために、
>マイクロソフト社の正規HPに無償ダウンロードがあると教えて貰い、
>開くことが出来ました。
>ところが、最近、マイクロソフト社より、ライセンスの宣伝のような注意の
>ような案内が届きます。

無償の何をダウンロードされましたか?
他の方も言われてますが、試用版のOffice 2007でしたら、これは機能を知るために一定期間使用できるものなので、正規の製品版を購入するよう案内がくるのではありませんか。

Office 2003でOffice 2007のファイルを開くには、Office 2007用互換機能パックというものが提供されていますので、これを利用するようにします。
互換機能パックは、Office 2000~Office 2003を使用している場合に、Office 2007のファイルを扱えるようにするための無償ソフトです。

現状、試用版のOfficeを入れてしまったのでしたら、入っているOfficeを、一旦すべてアンインストールしてから、Office 2003のCDを使ってOffice 2003を再インストールしてください。
その後、Office 2007用互換機能パックをダウンロードして、インストールしてください。
これで、Office 2003でもOffice 2007で作成されたファイルの読み込み、書き込みが可能になります。

PC とーく - 以前のバージョンの Office で Office 2007 のファイルが開けない
http://support.microsoft.com/kb/936011/ja
 

>そこで、エクセル2007で作成した添付書類をエクセル2003で見るために、
>マイクロソフト社の正規HPに無償ダウンロードがあると教えて貰い、
>開くことが出来ました。
>ところが、最近、マイクロソフト社より、ライセンスの宣伝のような注意の
>ような案内が届きます。

無償の何をダウンロードされましたか?
他の方も言われてますが、試用版のOffice 2007でしたら、これは機能を知るために一定期間使用できるものなので、正規の製品版を購入するよう案内がくるのではありませんか。

Office 2003でOffic...続きを読む

Q株式会社の株の譲渡について

株式会社で私は現在、取締役の役職にあります。

父が発行株の8割をもっており
私は2割をもっています。
個人経営なので株券は発行されていません。

父のもっている株券・8割分を私の所有に譲渡する方法を
教えて下さい。
また譲渡すると、贈与税がかかってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

不発行ですから、譲渡の契約書を作成して、それの両者が署名捺印をして、譲渡の証拠にします。
この場合はその対価が問題です。
基本的には税理士に株価を評価してもらってその価格で売買をします。
それよりも安価で売買するっと差額部分が贈与となります。評価額で譲渡すれば贈与税がかかりません。
贈与税を嫌う場合は免税点以内で少しづつ名義を変更することは可能ですが時間がかかります。

ただし、その場合の譲渡金額の相当する資産がお父さんに残りそれが相続財産になります。
またお父さんには株式の譲渡益が出る可能性があるので、これも税理士に相談ですね。
現実にはこのように贈与税、株式の譲渡益への課税、将来の相続税の負担等を考えて、有利な方法を考えます。
これ以上は税理士と相談されたほうが良いですよ。

Qウィンドウズ7~ウインドウズ10にバージョンアップするとエクセルの内容とかブログ内容も無くなります?

ウィンドウズ7~ウィンドウズ10に無償バージョンアップのメッセージが出てきます。
エクセルやワードの資料中身やブログやツイッターがリセット、無くなってしまう、といことになりますでしょうか?
大事なデータはUSBとかに保存すべきでしょうか?
素人なのもので、すみません、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ブログはネット上にありますので、何もしなくてもいいですが

データは消える場合がありますので(消えた例が既にあるので)USBメモリーや外付けHDDなどに保存しておくことをお勧めします。

Q非上場株式を個人間で譲渡する場合の時価

非上場株式の、個人間譲渡のときの時価の考え方について、教えていただきたいのです。
株主はみんな他人、前社長から現社長への譲渡です。
前社長は発行済株式の40パーセントほど保有していてその全てを現社長に譲渡しますが、この時の時価の考え方がわかりません。同族株主の判定は譲渡前の割合、譲渡後の割合のどちらでしょうか。
現社長は、譲渡前は殆ど株を持っていませんが譲渡後は40パーセント超保有することになり、同族株主になります。
もし譲渡後の割合で時価を把握するなら、原則的評価ということになりますが、譲渡前の割合ならば配当還元方式でよいことになると思います。
調べてみても、時価については個人から法人への譲渡のパターンについてのみ明確に書かれているため個人間ではどう判断すべきか不明です。
根拠となる条文についても教えて頂けますと助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

根拠となる条文等ありませんが・・・・

現社長は譲渡前で何%かの株式を保有しており、前社長の持分を
譲渡する事で40%超となる・・ということでしょうか?

譲渡前は中心的株主のグループに属さず、持分が5%未満であれば
配当還元方式での評価になると思われますが、今回の場合は現社長は
譲渡前で自社の株式を保有しており(株主)、また前社長も中心的な
株主であるという事から、二人は特殊な関係にある事、譲渡後は現
社長の持分が40%超となり中心的な株主となるという事から、時価
評価は原則的な評価方法によるものと思われます。

逆に配当還元方式で額面の1/2(配当が無ければ)で買受けて、
中心的な株主となり、自社株式の評価額が上がる・・(得をする)
というような取引を御上は許すでしょうか?
(そういう輩がいるので、みなし贈与という考えができたのでは?)
常識的に考えてそれは無いのではないでしょうか?

当方も実務上似たようなケースを取り扱った事があります。
私の場合は、額面での売買とし、買受けた側は贈与(時価との差額)
として贈与税を納税しております。
その中には、譲渡後でも株式割合が5%未満のものについては、
配当還元方式での評価となりますので、贈与はないものとして
申告しております。
従って、譲り受けた後に買入れた側の株式の価値が幾らとなるか?が
問題となると思われますので、株式の個人間売買の取引にかかる時価
評価は譲渡後の持分で判断すべきと思われます。

根拠となる条文等ありませんが・・・・

現社長は譲渡前で何%かの株式を保有しており、前社長の持分を
譲渡する事で40%超となる・・ということでしょうか?

譲渡前は中心的株主のグループに属さず、持分が5%未満であれば
配当還元方式での評価になると思われますが、今回の場合は現社長は
譲渡前で自社の株式を保有しており(株主)、また前社長も中心的な
株主であるという事から、二人は特殊な関係にある事、譲渡後は現
社長の持分が40%超となり中心的な株主となるという事から、時価
評価は...続きを読む

QGIFやJPGの画像ファイルをエクセルに渡すソフト

こんにちは。

イラストレーターでデザインして、GIFやJPGで保存したファイル(スポーツチームの英文
ロゴマークです)をエクセルファイルに変換出来るソフトを御存じでしょうか。
「エクセルファイルに変換出来る」とは、もっと詳しく申せば、例えば「A の文字をよく見ると
A の文字が細かいたくさんのセルで構成されている」ような変換形式です。

この件、ネットで検索すると、この逆 つまり「エクセルからJPGへ」のトピックは多いですね。

ソフトは無償ならありがたいですが、有償でも構いません。

当方、OSはWIN7 Homeです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えーっと
イラレで書いた画像をエクセルにドット絵のようにして書きたいってことですよね・・・
タブンツールとかは無いと思うんですが、以下のサイトが有効に使えるんではないでしょうか?
http://www.fumi2kick.com/rrtalk/archives/835
ただこのサイトだとBMPのファイルですのでBMPのファイルに変換できる事が前提です・・・

Q権利株譲渡制限と株券発行前譲渡制限

株式引受人の地位つまり権利株の譲渡は会社に対し対抗できないのに対し株券発行前の株式の譲渡においては会社との関係では無効である。前者は対抗できないのに対し後者は無効であると両者が違うのはなぜですか?

Aベストアンサー

#1・2の補足になりますが;

まず、おっしゃるような権利株の譲渡の「無効」とは、対会社間での効力を認めない「相対的」無効ということですよね。会社には効力を生じないということでも、取引自体に瑕疵が無ければ、当事者間では有効な権利売買になることもあるでしょう。また、「会社に対抗できない」というのとこの対会社間での相対的無効の違いとは、#1ご指摘のように会社が効力を認めることができるかの点にあるといえるでしょう。
現・会社法施行前の旧商法では、新株発行の効力が発生する前後いずれでも会社に対して相対的無効でした(旧商法190条、280条ノ14第1項、204条ノ2)。この規定の趣旨は株券発行・株主名義作成事務上の便宜(荒っぽく言えば、一部の株主の権利株譲渡を認めるがために事務を停滞させることで会社や株主全体が割を食うのはかなわんということ)とされていました。
しかし、このような趣旨なら対会社間での相対的無効でなくとも譲渡を会社に対抗できないとすればよいとする指摘がありました。
そこで、一部この見解を認め、権利株の状態であれば会社に対抗できないものと条文上も規定を改めたものの、株式発行の効力が発生した状態での株券発行前の株式については従来どおりの相対的無効としています。
私見ですが、株式発行の効力発生後に株券の譲渡を伴わない株式譲渡を認める余地を残せば、ひいては株式発行にあたり株券を発行するとした制度趣旨じたいが対会社間でも相対化されるため、「対抗できない」ではなく相対的無効(対会社間では有効としえない)としたのでしょう。実際、株券不発行の制度もできたわけですし、それでも株券を発行するとした会社ではその趣旨を貫徹させるようにするべきとでも考えたかと。

#1・2の補足になりますが;

まず、おっしゃるような権利株の譲渡の「無効」とは、対会社間での効力を認めない「相対的」無効ということですよね。会社には効力を生じないということでも、取引自体に瑕疵が無ければ、当事者間では有効な権利売買になることもあるでしょう。また、「会社に対抗できない」というのとこの対会社間での相対的無効の違いとは、#1ご指摘のように会社が効力を認めることができるかの点にあるといえるでしょう。
現・会社法施行前の旧商法では、新株発行の効力が発生する前後いずれでも...続きを読む

Qエクセルで日本地図

 エクセルで 罫線で日本地図を描いたファイルが
無償公開されているライブラリーをご存じありませんか。

 用途は各県のところにデータベース関数などを入れて
使うことです。

Aベストアンサー

こんにちは!

>罫線で日本地図
罫線で描いたものはさすがに見たことがありません!

>用途は各県のところにデータベース関数などを
>入れて使うことです。

標準でついている Microsoft MAP の日本(都道府県別)
の地図に数式結果をリンクさせるのでは不都合なので
しょうか?
(私もあまり使ったことがないので詳しくはしらないのですが・・・)

Q株式会社の株式譲渡について

もともとは有限会社として起業し、先日増資及び株式会社への商号変更を行いました。
出資比率は私個人の100%です。

そこで、株式会社に変更したのをきっかけに、長年共に働いてくれている幹部の何名かに、
株式を少量ではありますが譲渡したいと考えております。
譲渡後の持ち株比率は、私が95%、その他数名で合計5%といった感じです。

ただ、株式会社に商号変更の手続きを法的に済ませたとはいえ、株券などの発行は何も行っていない状態でして・・・
具体的にどうすれば株式の譲渡を完了したことになるのか、などが分からない有様です。

何か契約書を作成する必要などはあるのでしょうか?
それとも文房具屋に、白紙の株券などが売っておりますが、あそこに記入押印を済ませればそれが会社株券となるのでしょうか。
また、会社の株式というものは、発行済みのものを全て株券として用意して保管する必要があるのでしょうか。

お恥ずかしい話ですが、詳しい方などおられましたら、ご助言いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

株券は発行する必要がないので、譲渡契約書を作成するとよいでしょう。
また、株を譲渡するための議事録もお忘れなく!

Qエクセルファイルのバックアップ

大量のエクセルファイルをバックアップするソフトでよいものはありますか?
できれば、夜間に自動的にバックアップしてくれるものがいいです。
有償無償は問いません。

Aベストアンサー

詳しい状況が不明なので・・・。
コマンドプロンプトにあるRobocopyを使用してのBATファイル
Robocopy "C:\users\honya\documents" d:\back /s *.xls*
などのようにするか、
定番?のBunBackup を使わせてもらうとか
http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/index.htm

どちらもタスクスケジューラに登録すれば
スリープ状態からでも自動的に立ち上がって処理が進むハズ。

Q所有株式が株式交換した際の仕訳

ご教授下さい、よろしくお願いします。


旧株式 100株
旧株式単価 @10
新株式 50株
新株式単価 @25(株式交換日の時価)

有価証券(新)1,250/有価証券(旧)1,000
            /有価証券売却益 250

となるでしょうか?

有価証券売却益が適当でしょうか?
新株式の時価は上場されております、株式交換の日の時価が適当でしょうか?
そもそも時価評価するのでしょうか?
その他の配慮はあるでしょうか??


            

Aベストアンサー

株式交換により取得した株式交換完全親法人の株式は、その株式交換直前の帳簿価額により評価します。(法人税法61条の2第23項、同施行令119条1項8号)

つまり売買損益等は計上しないで、帳簿価額をそのまま引き継ぎます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報