ルソーが言った一般意思っていうのはなんですか?
全体意思との違いなども簡単に教えていただけるとうれしいです。
ウィキペディアなどで見たのですが、どうも私には難しすぎてさっぱりわかりませんでした。
なんか高校の政経の授業で一般意思は代表しない、とか
なんかそんなようなことを先生が言っていたような言わなかったような、、、でもうろ覚えなので意味はわかっていません。
素人なのですがわかりやすくおしえていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

なるべく簡単に書きます。


簡単すぎて、不十分な点はあると思いますので、ここらへんをもっとくわしく知りたい、という問題意識がおありでしたら、補足要求してください。

国家というものはどうつくられるべきか、ということをルソーは考えます。
単独で、孤立した個人が集まって作る国家はどういうものが望ましいか。
それは、ひとりひとりが自己の利益を脇に置いて、共同体全体の利益を考えるような、そういう意識をよりどころに結びついたような共同体である。

ひとりひとりの利益を追求するのが「特殊意志」
「特殊意志」を単純に加算していったのが「全体意志」
「一般意志」というのは、社会契約のもとに集まった、共同体の意志です。

そこでは、各個人の意志は「一般意志」にすっぽりと呑みこまれていきます。
ルソーは『社会契約論』でこう言っています。(引用は.「社会契約論」 『世界の名著 36 ルソー』所収)

-----
この社会契約のあらゆる条項は、よく理解されるならば、ただ一つの条項に帰着する。すなわち、各構成員は、自己をそのあらゆる権利とともに共同体全体に譲り渡すということである。それはなぜかというと、まず第一に各人はいっさいを譲り渡すので、万人にとって条件は平等となるからであり、条件が万人に平等であるなら、だれも他人の条件の負担を重くすることに関心をいだかないからである。
-----

重要なのは、「自己をそのあらゆる権利とともに共同体全体に譲り渡す」という点。
個人は社会契約を結ぶ時点で「特殊意志」を捨て、「一般意志」に委ねるのです。

つまり、個人は個人の自由を手放し、共同体の一員となることによって初めて真に自由になれる、とルソーは考えたんです。「特殊意志」を捨てて「一般意志」のもとにみずからを従属させることで。そうすることで、人間は自己のもつ最高の可能性が発揮され、最高の自由を手に入れることができる、と。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ほんとうにありがとうございます。困っていました。

お礼日時:2007/07/15 11:59

>全体意思との違いなども簡単に教えていただけるとうれしいです。



全体意思とは個人の特殊意思の加算の結果(国民全員による投票結果など)

>なんか高校の政経の授業で一般意思は代表しない、とか
投票結果が全体意思であるため、代表が一般意思であるとは限らない

各個人が具体的に表明する意思にはそれぞれの立場などが反映してしまっているので、それを集計して「全体意思」にしても人民全体の利害を正しく実現できるとは限らない。全体意思と一般意思のあいだには「時にはかなり相違があるものである」

1億二千万人の投票結果はもっとも多かった特殊意思に過ぎない。
だからある程度の人数にたいしてその結果は利にならない。
しかし一般意思とは全員において利である。
全員にとって利って難しいですねえ。
そしてルソーさんはこうも言ってます。
たとえ全国民に反対されたとしても、一般意思を理解(発見)できるものならば、独裁者であってもそれで良い。
なぜなら個人は自分の利をいつも正確に理解(発見)できるとは限らないから。

つまり一般意思(全国民の共通に利害)を見極めることができる人間が納めるなら、国民の意見を一切聞かない独裁者でも良い国になるってことですね。
私も全くもってそうやと思いますが、それと同時にそんな人間がいるとは思えないし、いたとしても一般意思が理解できず特殊意思を優先したいエゴイストにクーデターかまされそうです。一般意思であるならばそのエゴイストにとっても利であるはずなんですけどね。本人にとって良いことを本人が良いと感じるかどうかは別問題。親と子の関係に似てますね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語教師歴30年と英語圏在住歴10年、どちらが英語力が高いですか(一般論)?

このQ&Aコミュニティーを読んでいて素朴な疑問が起こりました。英語教師歴30年の人と英国または米国在住歴10年の人とではどちらが英語が身についていますか?ときどきどちらの傾向の方も自信ありで回答されているので、意見が分かれる時どちらの意見を信じていいのか分からないことが多々あります。双方のどちらも欠かす事ができないのは言うまでもありませんが、それはそれで言いとして、一般論としてどちらが英語力があると言われているのでしょうか?

一般論でアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

英語教師歴30年の人も英語圏在住歴10年の人も何人も知っていますが、完全に人によりますし、また、何をもって「英語力」とするかにもよりますよね。

まず、在住といっても、「通じる英語」が使えれば済むわけなので、文法がでたらめでネイティヴがしない類いの間違いをする人は多いし、母国の人に囲まれて暮らしていれば英語なんて一言も覚えない人なんてざらにいます。

また、教壇に立った年数が長くても、ネイティヴに自分の意思を伝える機会が少なかったり、限られた人としか付き合っていなければ、「生きた英語」を知らない人は多いし、発音にいたっては、かなり怪しい人も結構います。

ですが、どちらも日頃から技術を磨いてアンテナを張っていれば、ネイティヴ並みに英語を操るのは容易にできます。ご回答は今のところ「在住派」が優位(笑)なようですが、ミッション・スクールの教師などは、それなりに英語がきちんとしているものですよ。

ただ、下のほうでご指摘の通り、「教師は文法にこだわり、在住はアンチ文法」という傾向は確かにありますよね。そもそも、英語圏で暮らすのに、品詞の日本語訳なんて不要なんだし。

まあ、私(ちなみに教職歴はありません)もこのカテで回答していて意見が分かれることがたびたびありますが、自分の意見も含めて「ネットの情報は話半分で聞いてね」としか言いようがありません。あくまでも回答を「参考に」ご自分で詳しく調べていただくのが一番だと思っています。一方で、参考にすべき複数の回答に触れる「チャンス」を得られるのがネットの良さだとも思っているので、意見の相違に気づいたときには遠慮なく投稿して、選択肢の幅を広げるのに貢献させていただいているつもりです。でも、文法は得意でもないけど、否定もしませんよ~。

英語教師歴30年の人も英語圏在住歴10年の人も何人も知っていますが、完全に人によりますし、また、何をもって「英語力」とするかにもよりますよね。

まず、在住といっても、「通じる英語」が使えれば済むわけなので、文法がでたらめでネイティヴがしない類いの間違いをする人は多いし、母国の人に囲まれて暮らしていれば英語なんて一言も覚えない人なんてざらにいます。

また、教壇に立った年数が長くても、ネイティヴに自分の意思を伝える機会が少なかったり、限られた人としか付き合っていなければ、...続きを読む

Qルソーの一般意思の生成方法

ルソーの言う一般意思の生成方法を知りたいです。
個人の意見が特殊意思、それの集まりが全体意思
みんなにとって善いものが一般意思

この一般意思を法律にするのが善いとする立場がルソーや
民主主義の立場だと思いますが。

この一般意思はどうやって生成すればいいのでしょうか。

ルソーの社会契約論の中にこの言葉がありました。

「人民が「十分な情報」を持って「議論を尽くし」、互いに前もって「根回ししていなければ」、わずかな意見の「違い」が多く集まって、そこに一般意思が生まれるのであり、その決議はつねに善いものだろう。」

これは、どうやって生成するのでしょうか?

みんなが客観的統計的に十分な量的、質的な情報を持っており
それを持って議論した時に、人と人の間に差異が生まれ
その差異の総和が一般意思で善いものになるという事でしょか?

Aベストアンサー

 良く勉強されているようですね。今時ルソーをやる方がいて嬉しいです。
 ご承知のことをしたり顔で答えるのは止めときましょう。現代のようにネットが普及してくると、大きな案件毎に問題を周知し、それの是非を国民投票にかけることも不可能ではなくなりました。
 理論上は可能なことであっても、この「周知」が難しいですよね。例えばこの裁判員制度は、主権の蹂躙に当たります。ルソーは、「執行権は、立法権や主権のように人民一般には属しえない」としています。もし無理に一般意志に裁判を行わせようとすれば、国民投票以外の形を取ることはできません。全国民が、その犯罪について、逐一詳細に情報を得、それを判断しなければならなくなります。そんなことをしなくて済むように、行政府に委嘱しているはずですよね。全く、おかしな制度です。
 私は思想史の研究者ではありません。正直、ルソーを他人様に講義する柄ではない。ただ、自己の思想の源泉として、常に座右にあるだけです。

 質問者さんがどのようなお方か存じませんが、仮に学生だとして、幾つか注意していただきたいことを述べます。
 『社会契約論』には、矛盾も多いです。明らかに権力者に阿って筆を曲げたと思われる箇所もあります。第三章第五篇には、私は異論があります。
 そもそも肝腎の「自然的状態」の定義にしてからが、当時流行の思考実験の域を出ていない。ところが、『エミール』の中では、ルソーの言葉ではないが、個人的自然状態の上に普遍的な自然状態があるように想起しているように思われます。「自然状態」という概念一つ取っても、彼の中でずいぶん進化しているように私は理解しています。ルソーの生涯全体の中から、彼の思想を理解して下さい。

 また、当時の社会状況をよく吟味して理解して下さい。ヨーロッパの絶対王政の末期前夜という状況の中で考えないと、過大評価したり、過小評価したりするところも出てきます。

 何より肝腎なのは、没後230年以上経っているという事実です。彼の時代にはまだ、ナポレオンもヒットラーもスターリンもいなかった。「社会契約」というものに無邪気に希望と信頼を抱きえた世界なわけです。
 まあ、彼も色々と前提を切ってはいるのですが。例えば、全員一致で是としない限り、多数決でさえ機能してはならないという当然の前提さえ、現在では等閑視されていますよね。

 古典に学んでそれに盲従するのではなく、あなたが「現代のルソーになって、新しい『社会契約論』を作ってやるんだ」という意気込みを抱いてやっていただきたいと思います。

 日本の自由民権運動への影響、文学への影響、辛亥革命に果たした役割など、ルソーの影響は量り知れません。一生使っても余りある宝ですので、どうかよく自分の物にされますように。

 良く勉強されているようですね。今時ルソーをやる方がいて嬉しいです。
 ご承知のことをしたり顔で答えるのは止めときましょう。現代のようにネットが普及してくると、大きな案件毎に問題を周知し、それの是非を国民投票にかけることも不可能ではなくなりました。
 理論上は可能なことであっても、この「周知」が難しいですよね。例えばこの裁判員制度は、主権の蹂躙に当たります。ルソーは、「執行権は、立法権や主権のように人民一般には属しえない」としています。もし無理に一般意志に裁判を行わせよう...続きを読む

Q一般的英語力

世間一般的な英語力を知りたいです。

社会人になってからも、中学生英語くらいなら使えますか?

それとも、中学生英語すら忘れてますか?

例えば、現在完了や関係代名詞、比較など。

たくさんの回答お願いします。

Aベストアンサー

社会人で中学英語が使える人はかなり少ないと思います。
完了、関係詞、比較、すべて忘れているでしょう。
関係詞、who, which とかあったなあ、とか、比較taller thanとかあったよな、程度です。最上級にtheが付く事とかも忘れています。
接続詞の使い方も怪しいので、「疲れているのなら、早く寝なさい」とかも言えません。

Qルソーの一般意志について

ルソーの一般意志がよくわかりません。「一般」なのに個人の意志なのですか?
つまり「公共心」っていう解釈でいいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ルソー、一般意志、社会契約論」などで検索すると、色々なサイトがヒットします。

「一般意志」は、ルソーが、「社会契約論」の中で、自分の思想を表現するために用いた概念です。このような哲学用語を、日常語と同じように扱おうとすると、誤解が生ずる場合があります。その思想家の著書に沿って、その概念が意味することを理解しようとすることが大切です。

 「一般意志」…みなの利益に繋がろうとする意志
 「特殊意志」…私利私欲ための意志

参考URL:http://lp.jiyu.net/roussau.htm

Q大学受験英語と一般的な英語とでは違うものですか?

最近ドラゴン桜を思い出して気になったんですが
東大入試の英語は簡単だと作品中で語っていましたが
本当にそうなんでしょうか?
実際大学の赤本などを持ってるわけではないので良く分からないんですが
NHKで英語講座がありますがあれで
どの講座が理解できるレベルなら問題を解けますか?
それとも受験英語と一般的な英語とはまた違ったものなんですか?
回答お願いします

Aベストアンサー

私も詳しいことは分かりませんが、受験英語は口語的な表現を一切排除していることです。例えば He isは
普通に 「He's」というふうに短縮形になりますが、
受験英語では認められていないはずです。また 関係代名詞としての whoとwhomの使い分けも、一般的に正しいとされている用法さえも間違いにします。

それと、これはご質問の趣旨から大きく逸れて恐縮ですが、例えば 外人に 「Do you speak English?」と尋ねて その外人が英語が話せなければ、その英語の質問自体理解できない可能性が高いので、話せなくても
「No, I don't.」とは答えてくれない可能性が高いと考えられます。何とロサンゼルスのど真ん中で こういう質問をしたら「Aqui no parlan ingles.(ここでは英語は通用しません。)」とスペイン語で返事が返ってくることも珍しくないそうです。
日本人だって外国で中国人に間違えられて
「ニーシュオハンユーマ?(中国語は話しますか?)」
と聞かれても 呆気に取られるのではないでしょうか?
日本が古くからあれだけ中国の影響を受け、中国の文字である漢字を使いこなしているのに、こんな簡単な中国語も知らないのは ある意味奇妙に思われるかもしれませんね。

私も詳しいことは分かりませんが、受験英語は口語的な表現を一切排除していることです。例えば He isは
普通に 「He's」というふうに短縮形になりますが、
受験英語では認められていないはずです。また 関係代名詞としての whoとwhomの使い分けも、一般的に正しいとされている用法さえも間違いにします。

それと、これはご質問の趣旨から大きく逸れて恐縮ですが、例えば 外人に 「Do you speak English?」と尋ねて その外人が英語が話せなければ、その英語の質問自体理解できない可能性が高いので、話せなく...続きを読む

Qルソーって二人いるのですか?

憲法の本でよく出てくる
ジャン・ジャック・ルソー
というひとがいます。きっとこれがあの有名なルソーかとおもっていました(中江兆民は東洋のルソーですよね。
ところがネットサーフィン中に
http://www.tabiken.com/history/doc/I/I069L100.HTM
ケネー・ディドロ・ルソー
社会契約論を示したとかいています。
別人なのでしょうか?
ルソーは二人もいるのでしょうか?
素朴な疑問ですみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>ケネー・ディドロ・ルソー

ケネー、ディドロ、ルソーは3人の別の人です。

最後のルソーはジャン・ジャック・ルソーのことです。
よく読むと解ると思います。

Q一般に「英語」というときの言葉の概念の範囲について

一般に「英語」というときの言葉の概念の範囲について

日常生活において、「英語」というとき
いわゆる「英語」の他に
慣用的にフランス語やドイツ語などの外国語(特にヨーロッパ圏の言語)のことも含めて
「英語」と呼び慣わす場合があるような気がするのですが。。。

自分の思い過ごしでしょうか?

Aベストアンサー

・・・というよりは、白人が外国語を話していたら、「英語」ときめつけてしまう
風潮がある、ということでしょう。本当はフランス語やドイツ語かもしらないのに。
あるいは、白人が道にまよっていて親切心がある人がつい「英語」で話しかけて
しまうかもしれません。本当は英語は片言で、スペイン語やイタリア語が
自分のことばかもしれないのに。

Q政治思想(ロックやモンテスキュー、ルソーなど)についてです

政治思想についてです。

大学で「17世紀~19世紀にかけての自由主義・民主主義の思想的展開について説明せよ。」という課題が出されました。
ロック→モンテスキュー→ルソー→コンスタン→トクヴィル→JSミルの

流れで書いていけばいいと言われたのですが、なかなかうまくまとめられません;;
どのように書けばいいか、どのようにまとめればいいかなどアドバイスをください。また、これだけは触れといたほうがよいという事柄ありましたら、教えてください。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

大学の課題ということなので、私が上記の課題を出されたら行うであろうアプローチの仕方を参考までに述べてみます。

まずは、字数制限を意識して、それぞれの重要度も考慮に入れながら、文字数を割り振っていきます。
例えば、字数制限2000字だったとしたら、ロックは重要だから600文字、コンスタンはさらっと流せばいいので300文字位にしようと個々人それぞれに字数制限を設けます。

次に、彼らが何を言いたかったのかを端的に箇条書きにしてみます。
例えば、ジョン・ロックであれば
・王権神授説の否定
・公権力よりも個人の自由が優先される
・人は平等に生命、財産所有、(公権力からの)自由を有する
,,,etc

などなど。
これらの情報は、ネットでも良いのですが、間違っている情報なども多く、素人には判断できませんので、なるべく使わないようにします。
私が一番参考にしたのは、高校の「倫理」や「世界史」の教科書・参考書・用語集なんかですね。
これらの本は、最低限の情報は載っていますので、これをまとめるだけでも、単位がもらえる可能性があります。
但し、先生によっては高校教科書に批判的であったり、自分が授業で教えた説でないといけないなんて先生もいますので、そこら辺はチェックしておきましょう。

次に、参考書などを遣って箇条書きしたモノと授業中のノートを使ってってある程度方向性を決めていきます。
方向性が出来たら、後は一気に書いてみます。
そして、最初に決めた字数前後10文字文くらいになるように推敲していきます。
この作業をモンテスキューやルソーなどについても個々別々に行います。
そして、それぞれの関係性や歴史的背景などを意識しながら、文章をつなげていきます。
最後に字数制限や無駄な文章を削減していきながら調整し仕上げます。
文章は「短い文書を長くする」よりも「長い文章を短くする」方が楽ですので、個々それぞれの時は字数制限を少し超す位の意識で書く方が良いと思います。

とまぁ、まずは個々人の思想についてまとめ、次にそれを上手くつなげていくというアプローチをよく使っています。

ではでは、参考になれば幸いです。

大学の課題ということなので、私が上記の課題を出されたら行うであろうアプローチの仕方を参考までに述べてみます。

まずは、字数制限を意識して、それぞれの重要度も考慮に入れながら、文字数を割り振っていきます。
例えば、字数制限2000字だったとしたら、ロックは重要だから600文字、コンスタンはさらっと流せばいいので300文字位にしようと個々人それぞれに字数制限を設けます。

次に、彼らが何を言いたかったのかを端的に箇条書きにしてみます。
例えば、ジョン・ロックであれば
・王権神授説の否...続きを読む

Q一般入試に英語が必修ではない大学

大半の大学が一般入試の受験科目に英語が必須になっていますが
受験科目に英語が必須ではない大学を探しています。
私が見つけたのは下記2校です。

慶應義塾大学SFC
帝京大学

上記2つ以外に英語が必須ではない大学はありますでしょうか?
どなたかご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大学入試センターのウェブサイトに、受験科目や学部学科等、複数の条件を掛け合わせて大学を絞り込んで知れるページがあります。URLを提示しておきますので、一度そちらで探してみてください。

なお、推薦入試やAO入試の場合、英語を必要としない大学は、非常に多いです。

参考URL:http://www.heart.dnc.ac.jp/

Q仏教と他教(キリスト教など)との布教の違い

私は仏教徒の家に育ちましたが、
仏教が本当に最高の教えなのか疑問を持ち、
自分の意志で自分に最もふさわしい信仰を選び取りたいと考えています。

さまざまな信仰者、また宗教にお詳しい方のお話を伺いたいです。

一つ、問題提起をさせていただきたい。

私は仏教の特徴として、
イスラム教やキリスト教などの他宗に比べて、
仏法は「比較的」平和裏に布教されたと教えられました。

それは歴史的に見て、事実なのでしょうか。

仏教の布教のあり方が比較的平和裏だとの論拠としての具体例、
もしくは反証としての具体例をうかがいたいです。

ここで言う平和裏とは、武力、権力、経済力などの
ハードパワーをさし、
対極としての平和裏とは対話、改宗者の精神的自発性を
さすものとします。

仏教徒以外の方からのご意見も大歓迎。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は家は仏教でしたが、就学前からキリスト教の環境で育ちました。
中学で洗礼を受け、聖書研究部に属していましたが次第に疑問を持ち、自分ながらの信仰を見つけようとしています。
仏教に関しては特に習ったわけではありませんが、数少ない勉強の中で「カースト制度に疑問を持った事から始まった」と習いました。
仏教はたまたま世界進出に躍起だった国の宗教でなかったことから歴史的にもあまり好戦的でない思想に止まっているだけだと思います。
インド周辺ではどうだったか判りません。
でも、日本に渡ってからは神道派との確執、一向一揆など政治と絡んだ争いは無いわけではありません。

でもその宗教でも、そんな「宗教を利用した政治」を考えていたら、その宗教の真の主旨を知る事は出来ません。あくまでも真の主旨を考えてから、それを利しようとする考え方を否定するべきだと考えています。
そして、真の教えを研究すれば、どの宗教も行き着くところは一つだとも思っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報