哲学のところでする質問かわからないのですが・・。
科学と宗教を同等のものと見る見方がありますが、納得いきません。
科学信仰なんていう言葉があることさえ理解できません。
科学は宗教と違って、全ての人にとって客観的に、事実として存在するものです。
熱心なキリスト教信者も「イエスは存在します。」と、疑いなく言うでしょうが、それとこれとは違うでしょう?イエスは、そのキリスト教信者の心の中には確かにいると思いますが・・・。
“僕は~教を信じていません。だから僕の中には神はいません。”と言うことは論理的ですが、“~教徒は科学を信じていません。だから彼の中には科学は存在しません。”とは言えません。もしそう言えるならば、彼の乗った飛行機は墜落してしまうでしょう。
(宗教がデタラメだと言う気は全くありません。)
どなたか助言をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

科学が「事実として存在すること」と、「その考えかたを信じる」ことは、別の事象です。


~教徒の乗った飛行機は(めったに)落ちません。それが事実です。その理由を説明するとき、「エンジンの推進力により翼が揚力を生み出して飛ぶ」と説明するか、「~の神がお助けくださるからちゃんと飛ぶ」と説明するかの違いでしかありません。fummmさんの心には科学が存在しているので(わたしも同じだし、これは正しい立場だと「信じて」いますが)前者の説明のほうが納得できるのでしょうが、それが宗教に置き換わってもすべての事実を明解に説明することができるなら、論理的には「どちらが正しい」とは言えない……かもしれません。
もっとも、一般に「科学信仰」という言葉は、近代科学とそれが生み出した技術を絶対的に信じ込む人々を指して、やや揶揄的に使われます。「君たちはよく分かっていない科学を絶対に正しいと言い張り他人にもむやみに勧めるが、それは宗教の信者と同じじゃないのかね?」と。

哲学の立場からいえば、科学とは「飛行機が飛ぶと信じ込むこと」ではなく、「何が正しいかを常に疑い、調べる姿勢」です。それでも論理学や定理といった最低限のことは信じてかからないと、科学そのものが成立しなくなります。その意味では、神を信じる宗教と、本質的な差はないのかもしれません。このように、常に自らの姿勢を疑ってかかる、そういう考え方が科学には重要なのだということは覚えておいてください。

この回答への補足

飛行機が飛ぶことを説明する方法が、科学と宗教だというのはわかったんですが、
その事実を導いたのは科学ですよね。
科学がなければ、鉄の塊は空を飛ばないですよね。
(nobor3さんの回答を見て思ったので付け足させてもらいました。)
堂堂巡りになりそうなので、この辺で止めておきます。
とにかく、ありがとうございました。

補足日時:2001/01/24 22:27
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!大変よくわかりました。
科学を、事実を説明する方法ととらえれば、全て納得いきますね。
科学という方法を信じるか、宗教という方法を信じるか、それだけの違いなんですね。どちらを信じようと、事実は変わらないんだから。
わだかまりが解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 22:12

レスありがとうございます。

fummm様ご自身としては、一応の結論が得られたとのことですから、私としてはその結論に対する感想、という形にさせていただこうと思います。

 本題にはいる前に、まず使われている言葉についての確認をしておきたいのです。
というのは、宗教、科学という言葉が指す分野に対して、fummm様と私では差がございます。ご存知のように言葉には多義性があります。相手がどの事象を指してそうした言葉を使っているのかを理解することなく議論を重ねたところで、得られるものは少なくなると考えます。
 ここでは私の感想という文の趣旨から、私的言葉の使い方についての説明をさせていただきます。言葉について意味合いが違っていると感じられるところは、適宜読み替えていただければ幸いです。

 さて、まず『科学』です。
私的に科学を考えるとき、科学的精神と科学的手法が見落とすことができないポイントとなります。
科学的精神とは、未知なるものを探求・追求するに際して、観測した「事実」をもとに仮説をたてる。この際に「事実」に正直であること。忠実であること。また単なる好奇心を満たす目的で探求することは好ましくないと考えています。
科学的手法とは、事象の原因と結果の因果関係を究明する可能な限りの努力を行うことです。これは私の定義ですから、汎用性はありません(笑い)。
尚、私は唯物論的立場をとりません。宗教的信条の如何は問いませんが世界を構成し、運動させている要素として、精神的要素があるという立場を肯定する立場をとります。

 次に『宗教』です。
一口に宗教といっても、その対象とするところは広く、それらすべてを同列で話すことはできません。ですからまず、宗教の簡単な分類からはじめましょう。

【原始宗教】 アニミズムなどの自然崇拝などに顕著な宗教形体。呪術を含み、人間の通常感覚を超える感覚特性を得ることと目的とすることが多い。
【民族宗教】 各民族の歴史の根拠となる伝承を中心とした宗教形体。民族神話と重なるところが大きい。日本における日本書紀、古事記にみられる神代の世界観、北欧神話、エジプト神話、ユダヤ教など。民族移動や、侵略などによって、文化が混交する際に、複数の民族宗教が融合され理解されるようになることも多い。勿論、絶滅してしまうものもある。
【世界宗教(高等宗教)】 現代にあって、世界的にメジャーとなり得た宗教。仏教、キリスト教、イスラム教など。独自の世界観で世の中のしくみを説明することができ、人間の行動の指針や価値観を明確に提示することができる内容を持つ。現文明の価値の根幹、核にはこうした価値が流れていることが多い。
【派生宗教】 世界宗教や民族宗教をその根に持つが、新たに独自の解釈を加えた宗教形体。仏教における諸宗派は本来これにあたるが、時間を経るに従い実績を持つと独立したものとして認知されることとなる。
【その他の宗教】 独自の世界観を持ち、その世界観を共有することによってつくられるコミュニティがある。分野は多岐に亘るため、分類が難しいのでその他とした。

それぞれの分類に定見を求めることは難しいかもしれませんが、ここでは目安として理解いただければよいと思います。宗教学での分類とは違うかもしれませんが、参考意見として解釈ください。尚、以後に特に断りなく「宗教」という言葉を使う場合、上記分類の【世界宗教(高等宗教)】を示しているとご理解ください。


 最後に『信仰』という言葉についてです。
信じるという行為は、知るということと比較してあいまいなところがどうしてもあります。というのは、人間の認知困難な領域に対しての話ですから、これが絶対に正しいことだ、ということは原理的に困難なわけです。理由は人間の認識能力が完全ではないことによります。
ただそうはいっても私たちは常に何かを「信じて」いますから(すべてを事実として認識しているという人はいないでしょう。もしいるならばその人はスーパーマンであるか、自分を知らない人であると思います)その分類について以下に示します。
信仰:一般に宗教において使われる。信仰の対象に対しては尊崇の思いがある。
   価値観の多様性を理解できない人、グローバルに物事を解釈できない人になりますと、自分の信仰対象のみが正しくて、あとは間違いであると断定することがあります。思い込みが激しい人、他人の言葉を理解できない人、理解しようとしない人が真実に到達することは、とても難しいことです。
帰依:自らの拠り所とすること。自分の思考判断の根拠とすること。本来、ある宗教の信者といわれるためには、信仰の対象に帰依するのが本道です。
   但し、あくまでも自己責任の範囲での精神行為です。自分の判断根拠、思考能力を放棄するようなものは、帰依ではなく、盲信と呼ぶのが適切です。他力依存症の人には注意が必要。
信頼:これは宗教対象ではなく、対人間の場合の感情。(但し、仏陀、預言者はここでいう人間の範疇ではない)仕事における人間関係や、友人関係などでの概念。
信じている:上記以外の意味合いで使われる場合、信じているという言葉は、暗に「積極的に否定はしていませんよ」「反対はしていません」という意味合いで使われることがある。シンパではないが、あえて肯定もしない、否定もしない、という意味。このあたり、日本語のあいまいさの上手い(ずるい)使い方もあったりします。


長い前置きになりました。私的な宗教と科学についての考察です。

宗教と科学の目的と使命について

 宗教や科学とよばれる分野が担っている使命とは何でしょうか。
それは私たちが日常にあって感じるところの「不思議」を説明してくれることではないでしょうか。
幼い頃ならだれでも、地平線の彼方には何があるのだろうか、人間はどのくらい昔から地上で生活をするようになったのだろうか、あるいは、人間が死んだらどうなるのだろうか、そうした素朴な、しかしてある意味哲学的な疑問というものを持つものではないでしょうか。
そして年齢を重ね経験を経、多くを学ぶことによって、その時代、その文化,文明における世界観というものをだんだんに習得してゆくようになります。それはその時代、地域によって特徴に大きく影響されます。生まれた国が異なり、生まれた時代が異なれば、「もし自分がそこに生まれ育ったとしても異なる考え方、価値観を持っただろう」と予想することは難しくありません。つまり私たちの知識というものは、それが「真実」であると感じていても、自ずから何らかの前提の上に成立しているものであったり、限界があったりするものではないでしょうか。
畢竟、宗教や科学は、時代の限界という小さな籠のなかにいる私たちに、世界観、宇宙観を提示してくれているのだということができるでしょう。つまり、私たちの「不思議」に対する説明を与えてくれているわけです。
世界観とは世(仏教で言われるところの時間の観念。過去世や来世という使い方をします)と界(世に対して空間的概念。如来界、菩薩界、などという使い方をします。レイヤ(層)といった方が理解しやすいかもしれません)についての概念です。言葉を変えれば時空間論です。(参考までに、宇宙の宇と宙も同様の分け方ができます)
事象が展開する時間と空間(場の概念)についての提示、そしてそこに存在するものの意味と説明というものが宗教や科学の目的であると考えます。

 では、宗教と科学の役割の違い、特性の違いはどこにあるのでしょうか。
 宗教(ここでは高等宗教 前述参照)は、こうした世界観を仏神との関連において説明をするものです。曰く、「あなたたちが住んでいる世界は、このような成り立ちによってできあがっている。そのなかで人間はこのように生きることが正しい生き方である」ということになるでしょうか。
 つまり、宗教的世界観は表現、伝承等の違いはあれ、必ず「創造論的世界観」を持っているといえます。世界を創造した超越者、創造者、仏、神、こうした存在(世界を作ったとされる存在ですね)があり、彼らが人間に対して「かくの如きにせよ」と語る、という方法論であり世界観です。宗教によってその介在者が仏陀(仏教的)であったり、預言者(キリスト教、イスラム教的)であったりはしますが、基本的構造に違いはないと思います。

 一方、科学とは、私たちが存在する世界を人間サイドから観測、観察し、そこに法則性、規則性を見出し、世界の説明をつけるための手法であり、そこから派生するところの知識および技術の体系であるといえるでしょうか。
現代科学においては、世界を説明するときに必ずしも創造者の存在を必要としません。それはアプローチの方向が、あくまでも人間が理解し人間が観測した事実に基づいて行われているからですね。
歴史上の科学者に信仰者は沢山いましたが、彼らの構築した知識の体系、技術の体系は、彼らの思想,信条とは切り離されても有効かつ有用に使われているわけです。(同時に、思想,信条から切り離された技術が暴走する恐ろしさは知っておくべきでしょう。)


 ここまできて、fummm様が提示されていた暫定的結論に対するCentrisの感想が結論付けられたと思います。
つまり、
>科学は事実を導いて利用することが目的であるが、
>一方、宗教は正しい事実を導くことが目的ではなく、事実を主観的に理解して教訓を得ることだ。
>目的が違うのだから2つを比べることは意味がない。

という考え方については、
(高度な)科学、(高度な)宗教ともその目的にあるのは世界観の提示にある。
科学は事実から導き出される「(科学的)原理や法則」を確立し、その応用によって人々を啓蒙し、技術を向上させることが目的であり、
宗教は世界を創造した仏神の提示した世界観を提示し、そこに生きる(存在する)人間の思考と行動の形式に一定の方向を示し、各人の主体性の助けとすることが目的である。
究極的目的は同一の根を持つが、表現の方向が異なる、としたいと思います。

>科学も宗教も、ある事柄にアプローチするための単なる手法である。
>どちらの手法を用いるかは個々の好みであり、どちらも間違いではない。
>その点で、科学と宗教は同等のものだ。

「単なる手法」というよりも「有用な手法」だと感じますが、結論として出されている部分は、前述の内容に包括されるかと思います。

長くなりましたが、以上参考意見として回答いたします。
おそらくfummm様が求められている内容とはかなりの差があると思われますが、ご本人的には一応の結論がでているとのことでしたので、私見に徹しました。
また、誤解がないようにとの考えから、文が長くなってしまい、ご迷惑になったことをお詫びいたします。
最後に、当質問に回答を寄せられたマスター諸氏の回答内容など、その都度お名前は付記いたしませんでしたが参考にさせていただきましたことお礼申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん勉強になりました。ありがとうございます。
科学や宗教が、「不思議」を扱うというのは納得できます。
戦争や飢餓に対する「理不尽さ」や「不思議」を論理的に説明する技術がなかった大昔には、宗教が非常に有用だったのだと思います。

私の乏しい語彙と表現力を補っていただき、ありがとうございます。
自分の意見をより理解できました。(^^;

お礼日時:2001/01/27 18:59

いや~なかなか面白いですね。

みなさんの意見、考え方読ませていただきました。

最初のいくつかのお礼で述べられていた「飛行機の考え方」についてはおそらく納得されているでしょうから、触れません。

直前の「お礼」コメントに対して。

> ---科学は事実を導いて利用することが目的であるが、一方、宗教は正しい事
> 実を導くことが目的ではなく、事実を主観的に理解して教訓を得ることだ。目的
> が違うのだから2つを比べることは意味がない。

「科学」とは実験ないし観測事実に基づく(あるいはそれらからの推論、仮説に基づく)合理的、論理的な思考方法のことであり、その目的は「何か自分の知りたいことの答え、法則や、やりたいことの方法、手段を知ること」であって、「事実を導いて利用することが目的」だけではないと思います。「利用」が目的なのは「科学技術」であって、大きな「科学」の枠組みの中の一分野にしかすぎません。実際、たとえば私が素粒子物理を研究していたのは、「利用することが目的」だったわけではなく、「単に私自身の知的好奇心を満足させることのみが目的」だったわけです。
また、「宗教は正しい事実を導くことが目的ではなく、事実を主観的に理解して教訓を得ることだ。」と書かれていることから、fummmさんが「宗教でいわれていることは『正しくない』」と考えられていることが推察されますが、そうだとすれば、その考え方には「落とし穴」があります。
そもそも「事実」とは「実験や観測の結果」のことであり、すでに「客観的に正しいこと」であって、改めて導くことではありません。
宗教が言うことは「正しくない」という考え方は、すでに下で述べられているような「科学信仰」に他なりません。
真に科学的な思考とは上述のようにあくまで合理的、論理的でなくてはなりません。すなわち「いかなる主張であれ、合理的かつ論理的な反論ができない限り、『真実である可能性』が常にある」という、合理的かつ論理的なポリシーをもてるかどうか、発揮できるかどうかです。このポリシーに依れば、たとえば「神は存在する」という主張は「間違い」と断定することはできません。逆にたとえば大槻教授の「科学がすべて」というような考え方は「似非科学」であり、盲目的な「科学信仰」の表れです。

#「神は存在する」という命題を証明するためには、そもそも「神」の定義が必要
#です。また、もしも証明する手段自体が存在しない命題であれば、これを「科
#学」で証明しようとすること自体おかしな話で、議論の意味がありません。全く
#扱っている領域が違うと言えるでしょう。しかし、宗教における主張のすべてが
#こういった畑違いのものとは限らない、という可能性も考えておいて損はないと
#思います。

> それから、科学も宗教も、ある事柄にアプローチするための単なる手法である。
> どちらの手法を用いるかは個々の好みであり、どちらも間違いではない。その点
> で、科学と宗教は同等のものだ。---

「個々の好み」だから「どちらも間違いではない。」というのは、私は納得できません。
私は「どちらも間違いではない」という一般的結論には同感ですが、その理由は上述のように「宗教の問題提起(あるいは考え方)に対して科学が証明、もしくは反論できていないため、どちらか一方が正しいとは言えない現状がある」からです。
これは「どちらも(考え方として)正しい」というのとはわけが違います。
名探偵コナンではありませんが(知りませんか?)、私は「真実はいつもひとつ」と考えています。

#「真実」という言葉の意味を定義する必要がありますが、ここで私が書いた「真
#実」とは「科学的思考により導かれた推論、ないしは仮定で、覆ることがないと
#証明されたもの」という意味です。(ですから、現状「真実」と呼べるものは、
#ほぼ「事実」とイコールです。)「主観的に『そうである』と思うこと」という
#意味は含みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素粒子物理を研究されていたそうで、細かいご指摘ですね。(^^;
科学の目的については、私も全く同感です。
私も、大学受験の時には医学部や工学部は避け、あえて理学部を受験しました。
「宗教の言うことが間違いである、とは言えない。それを論理的、合理的に否定できないかぎりそれが真実である可能性があるから。」というのにも、異論はありません。
ただし、宗教の言うことが正しくない、とは私は言っていません。
私が言いたいのは、正しさを立証することを目的としない、ということです。
atsuotaさんのご意見と私の意見は、おそらく矛盾しません。間違っていたのは私の言葉遣いでしょう。お気に召さないのなら、
> 科学は事実を証明して自然を理解すること、もしくはその結果を利用することが目的であるが、一方、宗教は事実
>を証明してその正しさを主張することが目的ではなく、現実を主観的に理解して教訓を得ることだ。
と、訂正しましょう。私の言いたいことは変りません。(日本語は難しいですね。)
「どちらも間違いではないのは、宗教の考え方を科学的に立証できず、どちらか一方が正しいとは言えないから。」という意見は、私の意見を誤解されているようです。
例えば、イブはアダムのあばら骨から生れた、ということに対して、科学は完璧に否定できますが、その信仰を、間違っていると言うことは、誰にもできません。
ある事柄が間違いであると、科学的に証明されようがされまいが、反論できようができまいが、さらにそれが(atsuotaさんの言うところの)真実であろうとなかろうと、“何を信じるか”はまさに「個々の好み」だ。と言いたかったのです。

お礼日時:2001/01/27 18:25

はじめまして。


科学と宗教についてのお話、fummm様、回答者の皆様の質疑と応答を興味深く拝見させていただきました。とても奥の深いテーマですね。
私も回答させていただいたいと思い、内容をまとめていたのですが、一つ確認をしておきたいことがありましたのでよろしくお願いします。

>科学と宗教を同等のものと見る見方がありますが、納得いきません。
とのことです。一般論としてこうした意見があることは理解できるのですが、fummm様は何か具体的な「科学と宗教を同等のものと見る見方」を念頭におかれて質問をされている訳ですよね? その辺りを不都合のない範囲でかまいませんから明示していただけるとありがたく思います。
もし「一般論として」ということでしたらばそのように理解して回答させていただきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例えば、「科学者にとってある諸定理が事実であるのと同様に、ある宗教の信者にとって神が存在するのは事実だ。要は、何を信じるか、であり、その点で科学と宗教はそう変わりのないものだ。」という意見に対して疑問に思い、質問しました。
皆さんの回答で大方は納得いきました。
---科学は事実を導いて利用することが目的であるが、一方、宗教は正しい事実を導くことが目的ではなく、事実を主観的に理解して教訓を得ることだ。目的が違うのだから2つを比べることは意味がない。
それから、科学も宗教も、ある事柄にアプローチするための単なる手法である。どちらの手法を用いるかは個々の好みであり、どちらも間違いではない。その点で、科学と宗教は同等のものだ。---
というのが私の得た一応の結論です。
centrisさんのご意見もぜひお聞きしたいです。回答お待ちしています。

お礼日時:2001/01/26 17:34

またまたNobor3です。

もうちょっと発言させてください。
飛行機が飛ぶ事に関しては、たしかにベルヌーイの定理でわかりやすく説明されてますね。ベルヌイは偉大です。
ベルヌーイの定理に関しては、ほとんど確立されていて、天道説のようにひっくり返るって事はなさそうですが、同じようにすべての理論がそうかって言えば全く違うと思うのです。
それを、「有名な科学者がそう言ったから」とか「教科書に書いてあるから」といって信じ込んでしまうのが科学信仰だといいたいのです。
それとは別に、「科学ですべての謎が解明できるはずだ」と言うのもまた科学信仰だと思います。このような考え方は傲慢な思い上がりだと私は思っています。人間の力にはおのずと限界があるのです。宗教が万能では無いのと同じ様に科学も万能では無いと言う事です。
だからといって、謎を科学で解明(説明か)しようと努力するのが無駄だと言っているわけではありません。謙虚に努力すべきだと言いたいのです。
100mを4秒で走る事は不可能かもしれませんが、8秒台になら到達できるんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「科学信仰」の意味はとても良くわかりました。
前回の回答で私が誤解していたことも良くわかりました。
>それとは別に、「科学ですべての謎が解明できるはずだ」と言うのもまた科学信>仰だと思います。このような考え方は傲慢な思い上がりだと私は思っています。
私も全く同意見です。ハイゼンベルクの不確定性原理がその良い例ですね。
もっともらしく説明することしかできない事実も、沢山ありますよね。

お礼日時:2001/01/26 17:01

あんまり堂々巡りになるのもあれですが、簡単に。


まず、前回言い忘れていましたが、「科学」と「技術」は区別して考えてください。飛行機の設計やバイオテクノロジーなどの場合は表裏一体のものですが。宗教が物理現象を説明することは(部分的に)できますが、それを応用してなにかを作る「技術」は、宗教と科学の対立とは別の次元にあるのです。
次に。科学技術は飛行機を作るために(と言うと語弊がありますが)発展してきました。宗教は、飛行機を飛ばすといった技術を目的とせず、人間を救うために発展してきました。目的が違うのですから、「宗教で飛行機は作れない」という主張は、「箸でスープをすくえない(から箸は役に立たない)」と言っているようなものです。
翼に対して揚力が発生するのは物理現象です。これは人間が何を考えていようと、どんな技術を用いていようと、絶対に発生するものです。最初の質問に戻って例を引けば、宗教を信じ科学への信仰を持たない人が飛行機に乗っていても、揚力という物理現象を否定することはできないし、そんなことはしないでしょう。だから、その飛行機が落ちることは(たぶん)ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りですね。nutsさんの意見はとてもわかりやすくてためになります。
事実(を証明すること)に重きを置く癖がついてしまっていたために、考え方に偏りが生じていたようです。

お礼日時:2001/01/26 16:50

僕はいわゆる”キリスト教信者”です。


さて、”神を信じている”とまじめにいうと、

大多数の人が、”ありもしないものを信じる”であったり、”心の中で信じ込んでいる”であったり・・・。
それぞれ、要するに実在しないものを信じ込むといった答えが多い事と思います。

>科学信仰なんていう言葉があることさえ理解できません。
>科学は宗教と違って、全ての人にとって客観的に、事実として存在するものです。
”宗教は科学ではない”これは、宗教の意味の取り方によって答えが違うので、
避けておきます。


>“~教徒は科学を信じていません。だから彼の中には科学は存在しません。”
の意味がいまいちわからなかった(←僕の読解力が不足でしょうが)のですが、
意味合い的には神を信じるという事は科学とは関係ないということでしょうか??
もしそうでしたら間違いです。

まず、神がいないという根拠には、進化論が一般的に支持しているといえます。
ここでは、進化論を否定する事は致しませんが、

創造論というものも知っていただきたい。
創造論は、神が存在しているという事を前提とした、立派な学問です。根拠があります。

僕は、創造論のホームページを制作していないので、僕が時々訪れるHPを
紹介いたします。
”創造論再評価のホームページ”http://members.xoom.com/norih/earth.htm
”創造学校”http://www01.u-page.so-net.ne.jp/qd5/itoyk/

少なくとも、僕もあなたと同じように、”神などいない”と考えていました。
これは布教でもなく、伝道でもありません。ただ、あなたに根拠を知っていただきたい。

そう思って書かせていただきました。
少なくとも、あなたのいっている事は、信じる前の僕なら、間違いなく共感していますから。

参考URL:http://www.f2.dion.ne.jp/~yukio-n/akasi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おすすめのHPを拝見させてもらいました。
しかし、内容といえば残念ながら私の心を打つものではありませんでした。
あなたの信仰心を侵害する気はありませんので、これ以上のコメントは控えさせてもらいます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/26 16:42

科学信仰とは、例えば



「幽霊なんて、そんな非科学的な・・・」

という台詞に象徴されるように、科学という手法を信仰しているのでは
なく、コンピューターや人工衛星のような科学技術の成果の、しかもそ
の成果物を信仰する人を指します。科学とは物事を捉えるための手法
(プロセス?)ですから、信仰の対象とする事は出来ません。その辺り
の皮肉も込めて私は「科学信仰」という言葉を使っています。ですので、
科学信仰という言葉の“科学”とは、科学そのものは指していません。


> “僕は~教を信じていません。だから僕の中には神はいません。”と言うこと
> は論理的ですが、“~教徒は科学を信じていません。だから彼の中には科学は
> 存在しません。”とは言えません。もしそう言えるならば、彼の乗った飛行機
> は墜落してしまうでしょう。

恐らくこれは言葉のあやとは思うのですが、ここで言っている科学こそ
が科学信仰の科学とイコールです。空力を科学的手法で応用せずとも、
鳥は飛んでいます。飛んでいる秘密を知ろうとする手法の一つが科学で
あって、トンビが飛んでいる事は物理現象と捕らえる事は出来ても飛ん
でいるという現象そのものは科学ではありません。

この回答への補足

科学で証明されたことが全て正しい、と思い込むことが「科学信仰」なんですね。「科学信仰」という言葉の意味、勉強になりました。ありがとうございました。

補足日時:2001/01/24 20:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

間違えました。
補足じゃないです。お礼です。失礼しました。

お礼日時:2001/01/24 20:18

ルネサンス期にいたるまで、西欧社会において、キリスト教が、現在の科学と似た働きをしていました。

さまざまな事象の説明を宗教的なものによってしていたのです。その意味では、ほかの文化圏もそれほど大きな差はありません。すなわち「神父様がこういったから、これこれはああなんだ」というように納得するのです。現在それが「事実」に基づく「科学」が、そういった宗教の「不合理」な説明に取って代わったかの感があります。ですが、実際、私たちが多くの科学によって「証明された」事象に対してどれだけの見識を持っているでしょうか?むしろ科学者のいうことを「盲信」しているだけだと思うのです。わざわざパソコンの動く仕組みを知るのに半導体の動き一つ一つに至るまでその仕組みを調べたりしませんね?それは私たちが科学者という、科学教の「神父」のいうことを信じているからです。
科学という概念は「未知の領域の探索と解明」によって支えられていると思います。それによって、古い認識はその正当性を否定され、より新しいものが真実となっています。ですが科学の妥当性は私たちの日常的な認識能力を遥か超えてしまっています。例えば重力の説明を「空間の歪みである」とする現代物理と「物体は重いものほど下に位置する性質を持っている」とするアリストテレスの説明ではどちらがより日常的な感覚に近いでしょうか?私はアリストテレスの説明のほうがより、納得はいくのです(正しいといってるのではありません)。とするなら、納得できない説明が多くを占めている科学に私たちは「盲信」するしかなく、それは宗教性を多分に秘めていると思うのですが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
科学者=科学教の神父というのには大変納得できます。
科学に盲信することと宗教を信じることが相似であることも納得できます。
ただ、私達のような知識のない人が信じようが信じまいが、科学が導いた事実は科学者だけでなく、全ての人に影響できるのに対し、宗教における事実は信者にしか影響せず、また、その事実を証明できるのは神父や神だけです。
そこが問題だと思います。

お礼日時:2001/01/24 20:42

 科学と宗教はもちろん別のものです。

おっしゃるように、科学は実験と追試、理論提唱と検証など、万人が確認できる手法によってのみ構築されるものですが、宗教はそのような手続きを必要としません。物語や象徴によって情緒に道筋を与えられる経験が宗教を構成しているのであり、主観的納得さえあれば成立するのですから。科学が物理的事実を扱うのだとすれば、宗教は心理的体験を扱うものだといえるかも知れません。
 ただ、人は物理的事実すら心理的体験として受け止めるのだ、という事は重要です。nobor3さんも大槻教授の例を出しておられますが、科学という体系を信奉しそれに反する意見に対して激しい感情的敵対意識を持つケースは、その人にとって科学が客観的事実であるという以上に心が固執するものである事を示していますね。これを譬喩表現として「科学信仰」と呼ぶことは私には納得がいきます。
 逆に宗教的事柄を科学的に証明したとの主張や、宗教の教えと科学的知見との不可思議な一致をことさらに強調したりするのは、一部の新宗教やニューエイジムーブメントによく見られます。これは科学技術の現実的かつ圧倒的な力によって支えられている近現代社会に生きる私たちにとって、その力が宗教的なものに転換して意識され得るためではないかと思います。
 科学と宗教の関係については、下記アドレスの2000年6月17日、18日、20日、24日、28日辺りで思う所を詳しく述べています。ご参照下さい。

参考URL:http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000034633
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このオンライン説法はfukuyoriさんが書かれているんですか?お坊さんでらっしゃるんですか?貴重なご意見ありがとうございます。
宗教にとって重要なのは客観ではなく、主観だということですね。
物理的事実と心理的体験、どちらが人を幸せにするか、と言われれば、迷わず後者でしょう。
しかし、客観的な事実が知りたい、という煩悩は捨てきれません。
私も、典型的な科学信仰者のようです。

お礼日時:2001/01/24 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉱物科学と結晶化学

地球科学科の鉱物科学の研究室から化学科の結晶化学などの大学院に進学することはよくあることでしょうか?

また鉱物科学と結晶化学の決定的な違いはなんでしょうか


よろしくお願いします

Aベストアンサー

化学はあくまでも「物質の変化の学問」ですので「反応性」が主になるはずです。
地球科学の中の鉱物科学は時間のスケールが最小でも千年、長ければ億年。
その辺りに一番の違いが有るように思われます。
その間に物性物理が挟まる様な気がするのですが。

Q聖書と科学の矛盾をキリスト教信者の方はどう捉えているのでしょうか

宗教というカテゴリーがなかったので、こちらにに質問させて頂きます。新年に神社でお参りし、教会で結婚式を挙げ、死んだら寺の墓に入る無宗教の日本人の素朴な疑問なのですが、キリスト教を信仰してるであろう国の科学者達は(科学者だけではないかもしれません)、聖書の中に書かれている内容と、人類学や科学などで考えられたり証明されたりしている事実との矛盾を、どうとらえているのでしょうか。
例えば、人間は猿から進化したものとされていますが、キリスト教では神が創ったとされています。(正確にいえば人間ではなくアダムですが)学問と宗教で真実が異なるわけですが、宗教を信仰している科学者は科学と相反する教えをどのように捉えているのか、無宗教の私にはずっと疑問であり謎でした。どなたかこの疑問にお答えいただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者さんがお書きの
>学問と宗教で真実が異なる
事を多くの人は理解しており、社会生活を営んでいます。
それは聖職者であっても科学者であっても同じ事です。
むしろ科学者のような高度な教育を施された人の方が、割り切り度合いは大きいでしょう。

『神のものは神に、カエサルのものはカエサルに』とは聖書の言葉ですが、
「人が何を信じどう生きるか」と「人がどんな栄養素を採れば生きられるのか」
は別の問題だと、認識しているので矛盾しないのです。
『人はパンのみに生きるに非ず』という聖書の名文句を聞いて
「人には肉体的な満足感だけでなく精神的な満足感が必要だ」という意味で引用する人はいても
「人にはパン以外に野菜や肉も食べないと栄養が偏るよ」という意味で栄養学の教科書に引用する人はいないのです。

以下余談
#5さんがご指摘のようにキリスト教にもイスラム教にも原理主義者はいます。
彼らは「学問と宗教で真実が異なる」事を同じ土俵で解決しようとしているから矛盾するのです。
そして、現実を捻じ曲げて解釈しています。(キリスト教原理主義者たちが『汝の敵を愛し』ているとは到底思えませんがね)
こう考えると、宗教を迷信として無視する科学万能主義者と原理主義者は精神構造が近いのかも知れませんね。
世の中の全ての事はたった一種類の法則で説明可能である、というのは理想でしかないからです。
その法則をE=mc2(二乗)とするか聖書に(あるいはコーランに)求めるのかだけの差という意味で。

では我々日本人は?臆病な科学信奉者とでも言えますでしょうか。多くの日本人が「バチが当たる」という言葉を
忘れて久しいですが、それでも多くの人は結婚式に仏滅の日を選ぶ勇気はないのです。
以上余談。

よって、聖書などに書かれているのは神の言葉であって科学法則ではない、から矛盾しないのです。
もう少し哲学風に言えば、形而上の話と形而下の話を一緒にすれば矛盾するのは当然であるから、です。
お釈迦さんが生まれた時甘茶の雨が降ったとか、産まれた直後に「天上天下唯我独尊」と言ったとかをマジメに研究して甘茶の雨は降る事ができない!とか産まれた直後に直立して自然言語を操る新生児はいない!と否定する日本人はいませんよね?それと同じ事ですよ。

質問者さんがお書きの
>学問と宗教で真実が異なる
事を多くの人は理解しており、社会生活を営んでいます。
それは聖職者であっても科学者であっても同じ事です。
むしろ科学者のような高度な教育を施された人の方が、割り切り度合いは大きいでしょう。

『神のものは神に、カエサルのものはカエサルに』とは聖書の言葉ですが、
「人が何を信じどう生きるか」と「人がどんな栄養素を採れば生きられるのか」
は別の問題だと、認識しているので矛盾しないのです。
『人はパンのみに生きるに非ず』という聖書...続きを読む

Q「科学」と「化学」

自然の「カガク」は、「科学」
実験の「カガク」は、「化学」

「科学」と「化学」はどう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

科学
《 science 》一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。また、その成果としての体系的知識。研究対象または研究方法のうえで、自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。一般に、哲学・宗教・芸術などと区別して用いられ、広義には学・学問と同じ意味に、狭義では自然科学だけをさすことがある。サイエンス。

化学
《 chemistry 》物質を構成する原子・分子に着目し、その構造や性質、その構成の変化すなわち化学反応などを取り扱う自然科学の一部門。対象や研究方向により、無機化学・有機化学・物理化学・生化学・地球化学・核化学などに分けられる。

単に、ネット辞書を引いただけで、すぐに解るでしょ?
特に、化学(発音するときは「バケガク」とも)の「物質を構成する原子・分子に着目し、その構造や性質、その構成の変化すなわち化学反応などを取り扱う」を抑えておけば良いんじゃない?
「自然科学の一部門」より、化学は科学の一分野。よって、

   化学 ∈ 科学

となる。

Qイエス抜きのキリスト教神学(?)は存在しますか?

当方、20代前半の会社員です。趣味として宗教を勉強したいです。汎神論(?)的な神道や、無我を強調する仏教よりも、一神教的な神と個人との関係性がどのように考えられてきたかに関心があり、キリスト教の枠内で勉強したいと考えています。ところが、これまで生きてきた中で得た実感として、新約聖書で語られるエピソードやイエスの復活等のいわゆる「物語」の信仰抜きにしてキリスト教の枠内で思索することは不可能では?とのイメージを持っているのですが、どうしても「物語」を信仰レベルで読み、考えることは、これまでも、これからも出来そうにありません。だからといってユダヤ教やイスラム教を勉強したいという気もありません。
 そうなると、逆に無神論や不可知論の範囲になってしまうのでしょうか?ニーチェのようにキリスト教を否定せずに、イエスを介さず神と個人との関係に言及した西洋の学者、及び著書はありますか?あるいは、この種の問題の概説書等で参考になるものがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シモーヌ・ヴェイユの「神を待ち望む」("Attente de Dieu" 1942)はどうでしょうね。
存在の根底から神と個人の関係を問いかける誠実な哲学者だと思います。
キリスト教の風土から逸脱せずにとくに信仰と関わりなく読み深められると思います。
神学というスタンスで書かれてはいません。

イエス抜きのキリスト教神学となると、近いのは神秘神学の範疇になってしまいそうですね。
エックハルトの流れを汲むドイツ神秘主義は、観照を重視するものであり傑物を多く産んでいます。

興味の向かうベクトルがどのようなものなのかわかりませんが、
キリスト教は、古代エジプトのヘルメス思想とイスラム科学を後継することで正当性を蓄えたのです。
これらはギリシャ哲学にもキリスト教の母胎であるユダヤ教にも影響を与えました。一神教はその過程の中で定着したのです。あとはユダヤ教からどのようにキリスト教が乖離するかという問題になってくるのですが、「物語」を信じるのでなければ、ユダヤ教にせよキリスト教にせよ学びを限定する意味はないかと思われます。近代の精神を理解し洞察するにはキリスト教との関わりが不可欠ですが、唯一神の概念と人間の心を知るためであれば、キリスト教にこだわらずに歴史と地理を横断するのもよいのではないかと思います。

シモーヌ・ヴェイユの「神を待ち望む」("Attente de Dieu" 1942)はどうでしょうね。
存在の根底から神と個人の関係を問いかける誠実な哲学者だと思います。
キリスト教の風土から逸脱せずにとくに信仰と関わりなく読み深められると思います。
神学というスタンスで書かれてはいません。

イエス抜きのキリスト教神学となると、近いのは神秘神学の範疇になってしまいそうですね。
エックハルトの流れを汲むドイツ神秘主義は、観照を重視するものであり傑物を多く産んでいます。

興味の向かうベクトルがどのような...続きを読む

Q「物理化学(科学?)」とは?

友人が博士課程で化学を専攻してます。先日、「物理化学(科学?)をまともに勉強して来なかったので辛い」と反省し猛勉強していまた。この「物理化学(科学?)」とはどのような学問ですか?分かりやすく教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

極簡単(若干の言葉足らずはご容赦を)にですが,無機化学や有機化学は物質そのものの性質を調べたり合成したりが主で,物理化学は原子・分子の構造や,エネルギー状態など理論部分を主にしていると思います。
もちろん,化学をやる上ではそれぞれの分野も深くなればなるほどお互いが相関してくるものです。

ご参考まで。

Qキリスト教、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教・・・などなど、さまざまな宗教の考え方や特徴を知りたいです。

最近、宗教について興味を持つようになりました。たとえばイスラム教では女性の地位が低かったりヒンドゥ教にはカーストがあったりと、宗教によってさまざまな考え方の違い、特徴があると思います。そんな宗教の違いなどについて分かりやすく解説していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うようです。
 もうひとつには 輪廻転生かつ因果応報の説があります。梵我一如を身に現わしたとされる司祭(ブラフマナ)は 過去世で善い因を積んだ結果そう成ったというわけです。
 そしてこの場合 低い身分の人びとは 過去世で悪い因を積んだ結果だというのですが それだけではなく いま現在善い因を積めば そして生まれ変わり続けていつの世にかは よき身分に生まれると説きます。

 ブディズムは このブラフマニズムを批判し否定して起こりました。
 ただ その内容は必ずしも明確ではありません。
 低い身分のまま生まれ続けるという六道輪廻は 目覚めた状態(ブッダ)に成れば断ち切ることができると言いますが 輪廻転生が全体として否定されたわけではありません。
 ひとは仮りにモノが集まってその存在となって生まれて来たものだから 《わたし》が確固とした存在だとは見るものではないようです。(諸法無我)。何ものにも依存しないブラフマンと一体でありうるというアートマンであるとは見ない。ただし 誰もがブッダの状態に成ることができるというその《仏性》を身に宿すとも もう一方では説くようになります。
 ですから一般には 《梵我一如》をブディズムのおしえだと捉えているのではないでしょうか。

 イスラームは 単純です。《神(アッラーフ)》が直接にムハンマドの口を借りて ひとの思いやおこないをすべて〔と言っていいほど〕おしえの中に示しているということです。きわめて具体的な内容を示すかたちで表現されていますから。 

 ▲ (クルアーン=コーラン)~~~~~~~~~~~~~~~~
 まことにわれら(* アッラーフ=神 の自称・複数形での語り)が 汝(ムハンマド)に啓示したのは ノアとそれ以後の預言者たちに啓示したのと同様である。われらは アブラハム イシマエル イサク ヤコブの各支族に また イエス ヨブ ヨナ アロン そしてソロモンに啓示した。また ダヴィデに詩篇を与えた。(4:163)


 おまえたち(* ムハンマドを含めた信徒たちのこと。むろんアッラーがムハンマドの口を借りて語っている)は言うがよい。
   《われわれは神を信じ そしてわれわれに啓示されたものを アブラ
   ハムとイシマエルとヤコブともろもろの支族に啓示されたものを モ
   ーセとイエスに与えられたものを 信じる。
   また もろもろの預言者が主から与えられたものを信ずる。われわれ
   は これらのあいだでだれかれの差別はしない。
   われわれは神に帰依する。》
    (2:136)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ちなみに セム語は三個の語根子音から成るのが 一般です。
 《S-L-M》は ヘブル語でも シャローム( SaLooM )と言って挨拶に用いる語です。アラビア語では 定冠詞(アル→アッ)を付けて 《アッサラーム(al-SaLaaM = 平安を!)》です。
 同じ S-L-Mから派生する語として イスラーム iSLaaM は 《降伏・服従》の意をも伴なう《身をゆだねる》つまり《帰依》のことです。
 その帰依した信徒を表わすムスリムは 《〔わたしはそこで自らが健全・安寧(S-L-M)であると知覚し認識し これを受け容れて わたしは〕 すこやかならしめられた》と言っています。〔  S-L-M > muSLiM。(初めの m- は いわゆる過去分詞の接頭辞)というわけのようです〕。
 つまりは ブラフマニズムやブディズムで目指された《安寧としてのさとり》の状態は ムスリムとしては その名前じたいの中に堂々と名乗っているというわけです。《われ やわらがしめられたり》と言っています。
 ひとこと悪口を言えば つねにいつもいつも《われはアッラーを信じる。アッラーに帰依する》と言っていなければならないのかと思ったりします。そんなことぢゃ 信じていないのではないか。弱いのではないかと思ったりします。
 
 さて ムハンマドに乗り移って語ったアッラーフの言葉の中に アブラハムやモーセのほかに イエスも出て来ています。そこで クリスチアニズムについてです。
 これは ひとことで言えば 人がついていけないほど すっ飛んでいます。なにしろ ヨセフとマリアという夫婦から生まれた人間であるイエスは この世のものではないなぞの霊としての存在である神の独り子であり みづからも神である。こういう出で立ちです。

 いくらかは分かるようなところを示してみますと。
 ひとは誰でも《仏性》を宿すと言ったりしますが クリスチアニズムもひとには神の霊が宿ると言います。
 ブラフマンとわたし(アートマン)とが 一体となるという説に対しては 神〔の霊〕がわたしをおおい包む。そこでわたしは 無条件に只で(無料で=恩恵として)癒されやわらがしめられたと告白する。
 ただし これはすべて ひとりの人の主観の内において起こる出来事であり その主観内面におさまるものであると知っています。ですから 神が人間の言葉でそのまま語るということは まぼろしとして――文学表現において――触れたりすることもあるにはあるようですが 基本的にはないと思っています。
 神をひとは見ることが出来ない。それは 非思考であると捉えます。言いかえると その信仰の内容を 言葉にして伝えることはあるにはあっても その人の主観の問題であると捉えています。言いかえると 二人以上でこの信仰内容をおしえとして具体的な表現において共有するということは すでにもはや非思考の信仰ではなくなると見ています。すなわち 教義と組織を伴なった宗教は 信仰の自殺行為であると見ます。そういう信仰です。
 (教会組織は わたしに言わせれば 犯罪行為です)。

 さらに言いかえると もし人と人のかかわりやつながり あるいはきづな これらのことを《愛》と言うとすれば そのような愛は 非思考つまりなぞにおいて神のほうがなんとかしてくれると思っているという意味です。人もその一端をになうと言ってもいいでしょうが――そして人間の為し得る努力という努力はすべておこないますが―― 基本は 絶対他力です。隣りびとを愛せとは 自分と同じくらいは――もしくは自分を思う前に一秒くらいは相手を先に思うかたちで――愛しなさいということです。

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うよ...続きを読む

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Q創価学会,幸福の科学,エホバの証人←これらの宗教の信者は相手の宗教につ

創価学会,幸福の科学,エホバの証人←これらの宗教の信者は相手の宗教についてどのように考えているのでしょうか?

この間幸福の科学の信者である友人にエホバの話をしたら,輸血の話を持ち出して「エホバは非常に危ない宗教だ.かかわらない方が良い」と言われました.自分はエホバの信者ではないのですが,エホバ信者の方とは親しくさせていただいていて,非常に良い人ばかりなので視野が狭いのではないかと思いました.

また,最近付き合いだした彼女が創価学会の信者でした.今のところ本人は隠しているつもりですが,家に行った時に聖教新聞や仏壇などがありすぐにわかりました.

これらの彼女や友人達をお互いに会わせて宗教について話をした場合,どのようなことが起こり得ると考えられるでしょうか?やはり喧嘩になったり議論が噛み合わなかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも私見ですけれど

創価学会  
他教他宗は邪教と見ているようなふしがあります
「他から攻撃されるのは本物だから」 と言ってました 修道者にしては変な言い分です
宗教と言うより政治団体と言った方が相応しいかも知れません
全てでは無いでしょうが「修道」 は無き如くで 「ご利益信仰」 のみ強い気がします
初めの頃は良く解らないでしょうけれど 何時までも「ご利益信仰」ではいけない事に気付けない方が多いのでは無いでしょうか?
一部の方は攻撃的です 日蓮自身がそんな所がありましたからでしょうか?

エホバの証人 
何人かと何度か お話した事あります 知り合いではありません
他宗は邪教とまでは言わないようですが自分達だけが聖書を正しく解釈しているが如くです
聖書の一部について他所と違う事を指摘したところ自分たちのは意訳であると言ってました
意訳は解り易くなる代わりに間違いが起こる恐れがあるのですが

知り合いの小学校女教師から聞いた事です
子供の親は教えに反する?とかで学校のある行事に参加させたくないとか
あれこれ注文付けるのでやり難いとか言ってました でもキリスト教の中では聖書に忠実と感じております 
輸血の話は以前 大きなニュースになりましたのでこの事についてだけ ご存知の方は多いでしょう
でも直接 お話をした事のある方は殆ど居ないでしょう

幸福の科学 
本屋で立ち読みした事があり 我が家にも1度来た時 少しばかり お話した事があります
本で知る限り教祖は霊能者です 霊能者にもピンからキリまでありますが
釈迦の生まれ変りとなっております 本当かどうかは兎も角 霊能で得た情報なのです
何も解らない方には何かの病気に見えるでしょう
この事で以前マスコミを賑わした事がありますが病気ではありません

伝統宗教の開祖 例えば キリスト 釈迦 は霊能者です
現代社会では受け入れがたいのか宗教上は強調してませんが明らかな霊能者です
この お二人に限りません 現代近代の新興宗教でも開祖は大抵霊能者です

宗教は兎角 他所を排斥しがちな部分がありますが指導に何か間違いがあるからと考えます
何事も広く解釈すれば争い事は無くなると思うのです

ある新興宗教の開祖の一人(故人)は言ってます
「宗教やっていて物の見方が狭くなるようでは本物では無い」 

心が広くなって行かなければならないのです 心を狭くしていくような宗教では宗教では無いでしょう
中身(心のあり方)より 形(戒律とか)に囚われる為に 争い事が起こるのだと思います

これら3つは それぞれ目的とする所が違うように思いますので噛み合わないでしょう
言語が違うと言ったら良いでしょうか?

あくまでも私見ですけれど

創価学会  
他教他宗は邪教と見ているようなふしがあります
「他から攻撃されるのは本物だから」 と言ってました 修道者にしては変な言い分です
宗教と言うより政治団体と言った方が相応しいかも知れません
全てでは無いでしょうが「修道」 は無き如くで 「ご利益信仰」 のみ強い気がします
初めの頃は良く解らないでしょうけれど 何時までも「ご利益信仰」ではいけない事に気付けない方が多いのでは無いでしょうか?
一部の方は攻撃的です 日蓮自身がそんな所がありましたから...続きを読む

Q科学と化学は何がちがうのでしょうか?

あまり深い意味ではないのですが、科学と化学は何が違うのでしょうか?というより科学の方がいまいちピンと来ないのですが、科学とはどういう意味になるのでしょうか。

Aベストアンサー

中学の理科の授業を思い出してください。
(1) 電流や磁石に関すること、熱に関すること
(2) 水溶液に関すること、物の燃焼など
(3) 植物や動物に関すること
(4) 地震・天体・天気関すること
などが挙げられます。(2)が化学で、(1)~(4)をまとめて科学と言います。

ただし「動物」という言葉がゾウリムシや人間を含む場合があったり含まない場合があったりするように
「科学」という言葉にも広い意味と狭い意味があります。
上に書いたのは「科学」の狭い意味です。「自然科学」とも言います。

「実験や観察によって理論を組み立てる」ような手法を科学的手法といいます。
科学的手法によって、人間や社会のことを理解しようというのが
人文科学(文学、語学など)や社会科学(経済学、歴史など)ですが、
自然科学・人文科学・社会科学をまとめて「科学」と言う時もあります。これが広い意味での「科学」です。

「教えて!goo」での「科学」は狭い意味での科学と言えると思います。

Qイエスのユダヤ教観とユダヤ教徒のイエス観は?

1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E5%8F%97%E5%AE%B9 
ここに
>>イエスは自身をユダヤ教徒であると認識しており、真正のユダヤ教徒として当時の保守化・教条化したユダヤ教を批判していたのであって新たな宗教を起こす意図はなかったとされている。<<
との記述があります。素人の直感とよく合いますが、「保守化・教条化したユダヤ教」を具体的に幾つか例示することができますか。

2
また、
>>神の子を自称したとされ、最高法院の裁判にかけられた後、ローマ帝国側に引き渡されて、反逆者として磔刑に処せられた<<
との記述もあります。
ユダヤ教徒の立場で見るとき、イエスの罪状は「神の子の自称」だけでしたか、他にもありましたか。

3
「最高法院」の構成員は分かっていますか。ユダヤ教徒に議決権があったのですか。

よろしくお願いします。

1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E5%8F%97%E5%AE%B9 
ここに
>>イエスは自身をユダヤ教徒であると認識しており、真正のユダヤ教徒として当時の保守化・教条化したユダヤ教を批判していたのであって新たな宗教を起こす意図はなかったとされている。<<
との記述があります。素人の直感とよく合いますが、「保守化・教条化したユダヤ教」を具体的に幾つか例示することができますか。

2
ま...続きを読む

Aベストアンサー

>>1
ユダヤ律法は、公正、忠実、憐れみ、神に対する愛といった原則の下に制定されていますが、当時の独善的なユダヤの宗教指導者(以下、宗教指導者)たちはそうした原則を忘れ、律法の内容を細分化し、膨大な数の規則で民を縛る事で、その価値を損なっていました。

例えば、宗教指導者たちは「清さ」に関わる律法を拡大解釈し、食事の前に手を肘まで洗う事を義務付けていました。それを守らない者は違反者であり、汚れた者だと主張したのです。
言うまでも無く、律法にはそのような項目はありません。
(マタイ15章1-2節;マルコ7章1-5節)

安息日とは、神への崇拝をささげるために取り分けられた日であり、安息日に仕事をする事を律法は非としています。
ある安息日に、イエスの弟子が歩きながら穀物の穂をむしって食べるのを見た宗教指導者は、その行為が収穫の業、つまり仕事に相当するとして、イエスと弟子たちを非難しました。
(ルカ6章1-2節;マタイ2章1-2節)

宗教指導者は立場の低い人々を蔑む一方で、そうした人々に救いと慰めを差し伸べるイエスを、目の上のたんこぶのように思っていました。それゆえ、彼らはあらゆる手段を講じてイエスを攻撃したのです。

>>2
厳密に言うならば、イエスの罪状は「神の子を自称する事で、神を冒涜した」というものです。旧約聖書の約束のメシアに関する預言の中には、イエスと合致するものが数多くありますが、宗教指導者たちは最後までそれを認めませんでした。
しかし、自分たちがイエスを殺せば、イエスを尊敬する大勢のユダヤ人の反感を買う事になると考え、「ローマ帝国の政治的理由による処刑」という形をとる事によって、自分たちの責任を逃れようと考えたのです。それゆえローマ帝国側には、
[1]ユダヤ国民を撹乱し
[2]ローマに税を払う事を禁じ
[3]自分は王キリストだと主張した
という濡れ衣を着せて告訴したのです。

>>3
ユダヤ教最高法廷は「サンヘドリン」と呼ばれています。サンヘドリンは71名の成員から構成されており、パリサイ派、サドカイ派という二つの派閥に分かれていました。成員すべての名前は聖書には記されていませんが、カヤファ、アンナス、後にはアナニアといった著名な人物の名前は記されています。
当時ユダヤ地方はローマ帝国の属州であり、本国から派遣された総督が監督の任に就いていました。サンヘドリンには、当時の総督であるポンテオ・ピラトの管理下の下で一定の自治権を認められていましたが、飽くまでローマ帝国の支配下における限定的なものでした。
ちなみに、イエスに直接死刑宣告を下したのはポンテオ・ピラトですが、彼自身はイエスを無実だと考えていたようです。しかし、宗教指導者に扇動された大勢の群集が、イエスを殺せといきり立っていたため、恐れのあまり、彼はイエスを死に処しました。

>>1
ユダヤ律法は、公正、忠実、憐れみ、神に対する愛といった原則の下に制定されていますが、当時の独善的なユダヤの宗教指導者(以下、宗教指導者)たちはそうした原則を忘れ、律法の内容を細分化し、膨大な数の規則で民を縛る事で、その価値を損なっていました。

例えば、宗教指導者たちは「清さ」に関わる律法を拡大解釈し、食事の前に手を肘まで洗う事を義務付けていました。それを守らない者は違反者であり、汚れた者だと主張したのです。
言うまでも無く、律法にはそのような項目はありません。
(マ...続きを読む


人気Q&Aランキング