中小企業の働き方改革をサポート>>

資産運用におけるリスク低減の方法について、代表的なものを3つ挙げ、その内容を簡潔に説明しなければいけません!!

でも、まったくわかりません!!
詳しく教えていただける方いませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ひとつ挙げるなら分散投資によるリスクヘッジでしょうか。


・リスクの無い商品とリスクのある商品に分散投資する
・リスクのある商品の中でも、さらに分散投資する
・運用会社を分散させる

リスクの無い商品というのは、定期預金などです。
しかし、金融機関がコケたら1000万円を超える預金は保証されませんから、厳密に言うと定期預金もリスクがあるかもしれません。なので1000万円単位で分散預金する、という考えもあります(これもリスクヘッジです)。
リスクのある商品というのは、株や債権などです。株式、債券、為替など異なった資産運用に分割することで、どれかが暴落しても全滅することがないようにします。
また、それぞれの中でもさらにリスクヘッジできます。
株式なら、関連性が薄い銘柄に分けるとか、為替の場合だと、米ドル、ユーロ、香港ドル等々への分散投資することで、どれかが暴落しても全滅を免れるといった感じです。
同じ株式でも、運用会社を分けるという考えも、同じようなものです。どこかの会社Aがポカをやってコケても、会社Bに預けた方は目減りしにくいです。
    • good
    • 0

3つ挙げるのでしたら、この3つで如何でしょうか。


1.長期投資
 投資期間が長くなるほど、年換算の収益率のブレ(最大値~最小値)は小さくなっていく、とされています。
2.時間分散
 ある資産を買うとき、一度に全資金を投入するのではなく、何度かに分けて資金を投入することにより、高値掴みを避けられる、とされています。
3.資産分散
 値動きの異なる資産A,Bを組み合わせることにより、どちらか一方のみに投資する場合と比較して、標準偏差(リスク)を小さくすることができる、とされています。
    • good
    • 1

ここでいうリスクというのは、お金が減る、危険だという意味でなくて、収支のブレを言っていると思います。


3つ上げるなら
1.ブレの大きいものと小さいものを組み合わせる。
 株式と債券
2.同じ資産同士では銘柄を分散する。
 株式なら、電力株とハイテク株を組み合わせる。
3.通貨を分散する。
 言うまでもなく、円資産だけでなくドルやユーロに投資すること。

説明は良いですが、突っ込まれて回答できますか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング