両漢の時代に中国文学は儒教からどんな影響を受けたのですか。
その時代の中国文学は儒教と或いはその時期に流行っていた哲学とはどんな関係があるのでしょうか。
どうかお助けください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

両漢というのは寡聞にして知らないのですが、前漢後漢(西漢東漢)のことでいいんでしょうか。


儒教が国教になり、また文といえば「史」であった時代ですから(漢史唐詩宋詞元曲)、「史記」「漢書」(および四書五経)を読んで儒教の影響を探してみることをお勧めします。
これだけではあんまりなのでちょっと追加すると、「史記」著者の司馬遷は孔子に心酔し、わざわざ「孔子世家」を立てて王族宰相に準ずる扱いをしているほどです。また、歴史上の人物に対する批評も儒教的観点からのもので、ある意味では断罪と言える面もあります。後世に到るまで、中国の史観はほとんど司馬遷を規範とし儒教的観点を踏襲しているといっても過言ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「史記」、「漢書」など一気に読むのが難しいですが、読みます。
助かりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/26 09:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代の女房文学の文学史的、社会的背景

平安時代の女房文学の隆盛について、文学史的、社会的背景は何ですか?
人名、作品名などの実例を示しながら、説明してくれませんか?

Aベストアンサー

お年が分からないのですが、高校生以上ですか? でしたら、高校の日本史の教科書の平安時代のページに社会的背景やら後の時代への影響やら代表的作品やら作家やらが簡潔に載っていると思いますので写すといいですよ。

Q漢(=おとこ)と読ませる文学

漢(=おとこ)と読ませる本の文体が気になります。

明治時代かサブカル系にありそうですが、
ご存知でしたらどういう本があるか教えてください。

Aベストアンサー

解説した本が知りたいのでしたら、私は知りません。

巨漢、大食漢などの漢から連想して「おとこ」と読ませるようになったのは想像がつきますが、いつから盛んになったのかまではわかりません。

明治時代からあったのなら私も知りたいです。

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Qアメリカ文学の二大研究者・両大橋先生のお弟子さんは・・・

戦後のアメリカ文学の二大研究者、両大橋先生のお弟子さんのうち、東大の健三郎先生のお弟子さんのお名前は調べがつきました。
 慶應の方の、吉之輔先生のお弟子さんとしては、どういう先生がいらっしゃいますか。情報おまちしております。

Aベストアンサー

濱野成生先生(元・日本女子大学)は大学を4年でおえたあと、高校教師をしながら勉強し、大学の教授になった方のようです。大橋先生との師弟関係はないです。

 遠竹護教授(元・東北学院大学)は、三年生の時に書いたレポートが大橋先生に高く評価され、教授への道が開かれたそうです。

 遠竹先生は、若い学生との交流に情熱的で、メールアドレスを公開しておられます。質問してみたらどうですか。

Q明治時代の文学の環境

今漱石の「それから」を読んでいるところです。読みながら思ったのですが、漱石は当時流行作家だったんでしょうか?「それから」や「三四郎」や「こころ」などは何部くらい売れたのでしょうか?
「それから」を読んでいると決して読みやすいわけではないし、結構哲学的な内容でもあるし、現代なら一般大衆に受ける(一部のインテリに受けるならともかく)という性格のものでもないように思うのです。それが沢山売れた、となると明治時代の人は今よりずっと文学にたいする造詣が深かった、ということになるのでしょうか?
現代で東野圭吾や宮部みゆきの本が沢山うれるのはそれなりにわかるのですが、夏目漱石の本がたくさん売れるのはなかなか想像しにくいのですが・・・・

Aベストアンサー

近松秋江の没年は昭和19年でした。従って「亡くなるまで漱石には否定的だった」に訂正。ちなみに、マイナーな作家とみられていた近松秋江は、近年再評価されて立派な全集もでています。まずは講談社文芸文庫「黒髪・別れたる妻に送る手紙」を一読されたし。好きになります。

さて漱石ですが、イギリス留学から帰国すると、ラフカディオ・ハーンの後任として東京帝国大学英文学講師の職を得、同時に第一高等学校の講師も勤めて、年俸あわせて千五百円。このように教職が本業、小説は余技。そのようにして「我輩は猫である」「坊ちゃん」などの作品が誕生しました。

そして数年後、不向きを感じていた教職をなげうって作家専業に。といっても、ただの物書きの道を選んだのではなく、「朝日新聞社員」という肩書きを得たうえでのことでした。採用された際の条件は、「月給200円。新聞に連載小説を書く。一年に一作、百回くらいの長編を」。

そうして「虞美人草」をはじめとして、未完の「明暗」にいたるまで作品がつぎつぎと連載されて、「それから」もそのようにして生まれた作品でした。とそのように考えてくると、下世話な話、たとえ本が売れなくても、漱石の暮らしの豊かさは保障されていたので、漱石の身なりと本の売れゆきは関係ないでしょう。そして「それから」のような一般受けのしない作品は、地味な売れ方をしたと想像してまちがいないでしょう。直接的な答えにはなっていませんが。

近松秋江の没年は昭和19年でした。従って「亡くなるまで漱石には否定的だった」に訂正。ちなみに、マイナーな作家とみられていた近松秋江は、近年再評価されて立派な全集もでています。まずは講談社文芸文庫「黒髪・別れたる妻に送る手紙」を一読されたし。好きになります。

さて漱石ですが、イギリス留学から帰国すると、ラフカディオ・ハーンの後任として東京帝国大学英文学講師の職を得、同時に第一高等学校の講師も勤めて、年俸あわせて千五百円。このように教職が本業、小説は余技。そのようにして「我...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報