No.32251の中の回答で
「過放電」「完全放電」
の二つの言葉が出ましたが、違いがよく分かりません。
過放電が悪くて、完全放電が良いと言われていますが、
違いが分からないので具体的にどうすれば良いのかも分かりません。
そこらへんを分かり易く教えてください。

A 回答 (3件)

蓄電池(2次電池)は、化学反応を利用して電気を蓄えていますが、


放電(充電も)の課程で、可逆な範囲と不可逆になってしまう範囲があります。

ある程度の放電であれば、外部から電気を与えるともとの充電状態に
戻りますが、電気が残っているからと言ってそれ以上に放電させてしまうと
本来の可逆な化学反応以外の反応による起電力も利用してしまうため、
それ以後、充電をしても正規の充電状態とはならなくなります。
これが過放電です。

通常、このときは反応内容が違うため、本来の起電力より低い電圧になります。
このため、ある程度の電圧(放電終止電圧、1.2Vのニッカドなら
0.9V~0.8V)
で放電をやめることで、過放電を防止することができます。

この回答への補足

新たに生まれた疑問を二つ三つ。
過放電の手前が完全放電ということになるのでしょうか?
完全放電しようと思ったら、電圧をこまめに測るしか方法がないのでしょうか?
本来の起電力より低くなるときは急に低くなるのでしょうか?
それとも、徐々に低くなってきて0.9Vくらいでやめれば良いのでしょうか?
すいませんが、教えを。

補足日時:2001/01/25 13:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
過放電については良く分かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/25 13:01

過放電の手前が完全放電です。



それから、完全放電の方法ですが、
こまめに測らなくても、その電圧で放電を止める様な回路をぶら下げることで
完全放電にできます。
1.2Vのニッカド4本なら
電池の+ --- ダイオード --- 放電抵抗 --- 電池の-
ここで、ダイオードには3.6vのツェナーを使用すれば
3.6V以下(4*0.9)では放電が止まります。
(ただしくはホンの少し流れます)

電圧変化ですが

はじめはどんどん下がって 定格電圧になり
しばらく安定
それからゆっくりと下がって完全放電
そこからさらに少し早く下がって過放電

こんな感じです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何度もご足労かけます。

なんか面倒くさいことをしないといけない様で・・・。
普通に使っていてもそれなりに持つわけで、
充電池の方は少しだけ気にしながら使っていこうかと思う今日この頃、といった感じですか。
まあ、当初の目的は果たしたということで。

みなさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/01/25 23:16

ひじょ~に簡単にいいますと、「完全放電」は電池の定格容量100%の放電で、この状態まで使いきって(これ以上は使ってはダメ)充電するという繰り返しの時に一番、電池の寿命がまっとうできます。


「過放電」は「完全放電」してもなお、使った場合で、たちまち電池があの世に逝きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お~お!なるほど。
やはり、過放電の手前が完全放電なのですね。
回答、ありがとうございました。

ところで、
定格容量100%の放電を見分ける方法がありましたら教えてください。

お礼日時:2001/01/25 13:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q充電器YZ114SPBでの放電について。

少し前にYZ114SPBという充電器を購入しました。

単3のニッケル水素電池(950mah)1本に対して1A放電、
放電終止電圧を1.0Vに設定し放電をしました。

そうしたところ、放電終了前の電圧表示を見ると確かに1.0Vでしたが、
放電終了後は1.2Vになっていました。

テスターで計測しても確かに1.2Vでした。

これで正常なものなのでしょうか?

ためしに0.1Aで放電した見たところ、1v近くまでしっかり放電されました。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

正常だと思います。電池は放電電流が大きいと電圧降下し、放電してある
電圧になっていても、無負荷で時間を置くとある程度回復してきます。

今回の件を解釈すれば、「1.0Vで終止」を指定したので、1A放電での電圧
降下も含め1.0Vに達した時点で充電器は放電を止めました。ここで放置する
と回復が起こり、1.2V程度になったのでしょう。
0.1A放電ではこれより電圧降下が起こらず、もっと容量を消費した時点で
1.0Vに達したので回復せず、そのままになったと思います。

4セルニッカドとかも、「1セル=0.9V」放電、即ち3.6V終止指定で1A
放電しても、放置すると4セルで5V近く復活することがあります。
「無負荷で計った電圧」では本当のところ容量を判定出来ないのもこう
いったところから来ています。また温度変化でも電圧は変わります。

Qリチウムイオン電池は、過放電はOKでしょうか。

リチウムイオン電池の取り扱い解説書読みました。

過充電、ショートは、厳禁ということが分かりました。
では、過放電はOKでしょうか。

手元に、ジャンク品のリチウムイオン電池(3.7v)とLEDアレイがあります。
LEDアレイは、ちょうど3.7v位で適当に光ります。

これで懐中電灯作った場合、電源オフ忘れると、過放電状態になります。
過放電で、リチウムイオン電池が劣化するということはあるんでしょうか。

例えば、ニッカド電池などは、過放電構わないみたいですね。

Aベストアンサー

リチウムイオン電池の放電終止電圧(容量が空になる電圧)は2.5Vが一般的です。
3.7Vくらいで適当に光るLEDアレイは2.5Vでは電流は200uA程度となって殆ど流れません。したがって、過放電状態にはよっぽど長期間(1か月程度以上)放置しないとならないでしょう。したがって何もしないでたまに充電する程度で問題ないと思われます。

Qニッケル水素電池のリフレッシュ放電について

ニッケル水素電池のリフレッシュ放電について質問なんですが、
リフレッシュ放電のやり方は 電池の電圧を0Vになるまで放電すればいいんでしょうか?
それとも放電終止電圧値(自分が使用している電池の放電終止電圧6V)まで放電すればいいんでしょうか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

0Vまで放電すると電池をいためますので、
放電終止電圧まで放電してください。

そもそも、ニッケル水素電池のメモリー効果はそれ程ありませんので
それ程気にするものでもありません。

Q過炭酸ナトリウムと過炭酸ソーダは同じ物ですか?

呼び方の違いだけで、同じ物なのでしょうか?

Aベストアンサー

そのとおりです。

一般的に試薬瓶のラベルは「ナトリウム」で書かれています。

ソーダは工業分野で使う事が多いと思います。

Q過放電?

No.32251の中の回答で
「過放電」「完全放電」
の二つの言葉が出ましたが、違いがよく分かりません。
過放電が悪くて、完全放電が良いと言われていますが、
違いが分からないので具体的にどうすれば良いのかも分かりません。
そこらへんを分かり易く教えてください。

Aベストアンサー

蓄電池(2次電池)は、化学反応を利用して電気を蓄えていますが、
放電(充電も)の課程で、可逆な範囲と不可逆になってしまう範囲があります。

ある程度の放電であれば、外部から電気を与えるともとの充電状態に
戻りますが、電気が残っているからと言ってそれ以上に放電させてしまうと
本来の可逆な化学反応以外の反応による起電力も利用してしまうため、
それ以後、充電をしても正規の充電状態とはならなくなります。
これが過放電です。

通常、このときは反応内容が違うため、本来の起電力より低い電圧になります。
このため、ある程度の電圧(放電終止電圧、1.2Vのニッカドなら
0.9V~0.8V)
で放電をやめることで、過放電を防止することができます。

Qろうそくの完全燃焼と不完全燃焼、炎の温度

小学生に理科を教えている者です。ちょっと欲張りで申し訳ないんですが、
ろうそくについていくつか質問させてください。

(1)ろうそくにおける完全燃焼と不完全燃焼
まず、完全燃焼と不完全燃焼の定義からになってしまうのですが、あるサイトを見たら、完全燃焼とは「可燃物の各成分がすべて完全な燃焼生成物になる燃焼」と書いてありました。

つまり、ろうそくにおいては、
炎心、内炎は燃焼しきっていない途中の段階なので「不完全燃焼(している)」、
外炎での燃焼を「完全燃焼(した)」と言ってしまってよいのでしょうか。

(2)ろうそくの外炎・内炎・炎心の温度
少し古い参考書では、それぞれ1400℃、1200℃、1000℃ぐらいと書いてありました。しかし、実際に測定された方のサイトなどを見ると、外炎はだいたい1400℃ぐらいで、内炎と炎心の温度はもうちょっと低いと書いてあります。どのデータを信用していいものでしょうか。

特に気になるのが、炎心の温度です。炎心では、まず気体になったろう(炭素や水素の化合物)が燃焼しますが、酸素と触れにくいので一酸化炭素などが発生したりすると聞きました。しかし、一酸化炭素の発火点を調べると、600℃ぐらいとありました。もし炎心が上に書いたように1000℃ぐらいだと、発生した一酸化炭素もそのまま燃焼して二酸化炭素になってしまう気がするのですが、この考え方は間違っているでしょうか。

一度に複数質問して申し訳ないのですが、皆様の知恵をお借りできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

小学生に理科を教えている者です。ちょっと欲張りで申し訳ないんですが、
ろうそくについていくつか質問させてください。

(1)ろうそくにおける完全燃焼と不完全燃焼
まず、完全燃焼と不完全燃焼の定義からになってしまうのですが、あるサイトを見たら、完全燃焼とは「可燃物の各成分がすべて完全な燃焼生成物になる燃焼」と書いてありました。

つまり、ろうそくにおいては、
炎心、内炎は燃焼しきっていない途中の段階なので「不完全燃焼(している)」、
外炎での燃焼を「完全燃焼(した)」と言ってしまってよいの...続きを読む

Aベストアンサー

(1)炎心、内炎は燃焼しきっていない途中の段階なので「不完全燃焼(している)」、
外炎での燃焼を「完全燃焼(した)」と言ってしまってよいのでしょうか

定義どおりなので、そう言ってもいいかとは思います。
しかし、ちょっと違和感があります。
不完全燃焼とは燃焼後の生成物が燃焼可能であることに対し、内炎の場合は燃焼過程で
あって、可燃性成分が残るのは当然だからです。もし、ここで完全燃焼するのであれば、
外炎がなくなり、内炎・外炎に分ける意味さえ無くなってしまいます。

(2)温度に関しては厳密な測定が非常に困難であることが予想され、はっきりとは
わかりません。数mmの距離で互いにたくさんの赤外線を発生し、ガスの移動も多い
のです。正確な温度測定は困難です。
ろうそくの可燃性成分はパラフィン CnH2n+2 です。
これがまず熱によって、CとHに分解されるのですが、Hの方が燃焼速度が速いので、
内炎はHとOが結合することによるエネルギーがほとんどです。CもOと結合する
反応が起こっているのですが、酸素濃度が薄く、反応速度が遅いので、内炎の位置では
多くはCOまでの反応や遊離状態のCになって、これが外炎の位置でCO2まで酸化されます。

(1)炎心、内炎は燃焼しきっていない途中の段階なので「不完全燃焼(している)」、
外炎での燃焼を「完全燃焼(した)」と言ってしまってよいのでしょうか

定義どおりなので、そう言ってもいいかとは思います。
しかし、ちょっと違和感があります。
不完全燃焼とは燃焼後の生成物が燃焼可能であることに対し、内炎の場合は燃焼過程で
あって、可燃性成分が残るのは当然だからです。もし、ここで完全燃焼するのであれば、
外炎がなくなり、内炎・外炎に分ける意味さえ無くなってしまいます。

(2)温度に関しては厳密な...続きを読む

Q水中放電

私は放電の勉強をしていて、水中で放電をつけたいと
思っています。いろいろと電極を変えてやってはいる
ものの、なかなか思うように放電がつきません。
そこで、水中でうまく放電をつける方法を教えてくださ
い。方法といってもいろいろあると思うので、放電がつきやすい電極の形などを教えてもらえたら幸いです。

Aベストアンサー

材質や形状より電位の問題では?
空中では静電気を集中させるために尖らせるとか…ありますが
水中では、純水でもない限りどうにも…
負極の電位を多くかせぐ方法を考えてみてください。
(あたしは水流を利用するしか思いつきませんでした)

Qメタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は? メタンガス ch4 1kgの完全燃焼

メタンガス ch4 1kgが完全燃焼する時の理論空気量は?

メタンガス ch4 1kgの完全燃焼
ch4 + 2O2 → CO2 + H2O
この場合酸素 2m3N 必要です。
どんな理論や計算方法から、
酸素が2m3Nが必要なんでしょうか?
素人にわかるように解説願います

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
1級ボイラー技士の平成21年度後期B、問4の問題は、メタン(CH4)1m3Nを完全燃焼する場合の理論空気量を求める問題です。
したがって、質問文のCH4 1kgとは条件が異なります。
CH4 1m3Nを完全燃焼させる酸素量は、CH4 1molに対して、酸素(O2)2molですから、気積はCH4の2倍となります。
したがって、酸素(O2)は2m3Nとなります。
理論空気量は、酸素濃度21%で算出するので、理論空気量=2/0.21≒9.5m3Nとなります。
もとの問題は、CH4の気積が与えられているので、反応式から、CH4に対して2倍の酸素が必要な事と、理論空気量に対する酸素の割合がわかれば、解くことが可能です。

Qアーク放電の基礎

アーク放電を勉強したいです。
アーク放電を発生させるためには、どのような事をすればいいのでしょうか?電気科のくせに全然理解しておりません。
またアーク放電って社会に役立ってるのですか?
例えば最先端のアーク放電どういうのがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

(蛍光灯は熱陰極グロー放電のような気が、、)

アーク放電させるには、
0. 出力電流の大きな(直流)電源に電極をつなぐ
1. 一旦高電圧をかけたり、電極を接触→引き外して放電を開始させる。
2. 放電開始の後、放電電流を増やす(か、勝手に増える)とアーク放電に移行
ただし、連続してアーク放電させるには、電極の冷却を考える必要があります。(冷却が悪いと、アーク溶接の溶接棒みたいに電極が消耗していくので)

Q放電化学反応式

鉛バッテリーとアルカリバッテリーとリチウムバッテリーの放電化学反応式を教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

鉛蓄電池
PbO2 + 2H2SO4 + Pb → PbSO4 + 2H2O + PbSO4

アルカリ乾電池
MnO2 + H2O + Zn → Mn(OH)2 + ZnO

リチウム電池
Mn(IV)O2 + Li → Mn(III)O2(Li+)

参考URL:http://www.baj.or.jp/knowledge/structure.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報