限界費用と平均費用の違いがイマイチわかりません!!

限界費用→生産量を1つ増やした時にかかる費用の増加分
平均費用→生産量1つ当たりの総費用(TC)

・・・という事は分かっているのですが理解できず(>_<)

この2つがわからないので、この2つのグラフの関係(平均費用と限界費用のグラフは交わる)も全然分かりません(T_T)

どなたか教えてください!切実です!!!

お願いします!!!!!!!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

費用」に関するQ&A: 結婚式の費用負担

A 回答 (3件)

他のかたがたが詳細なご回答をされているので、ごく直観的にコメントいたします。



たとえば既出のお話しのように、固定費がある場合には限界費用は一定であってもつねに平均費用を下回ります。

このように数量をひとつ追加することによって生じる費用(すなわち限界費用)がひとつ当たりの費用(平均費用)と異なる、というのが一見矛盾するように思えるのだと思います。

しかしこれは数量の追加が平均費用自体を押し上げたり押し下げたり(下の例では減少)してしまう点に気がつけば,自然に納得できるのではないでしょうか。

似たような問題は環境や道路混雑の問題に見られます。(この場合は限界費用が平均費用を上回ることに問題の本質があります。)
    • good
    • 20

費用関数がC=2X+5だとすると


1つ作るのに2+5=7
2つ作るのに4+5=9
3つ作るのに6+5=11
4つ作るのに8+5=13
5つ作るのに10+5=15
コストがかかります。

X=5の時の、
平均費用(AC)は、コストは5つ作るのに15かかるので、15/5=3です。
限界費用(MC)は、4つ作るのに13かかり5つ作るのに15かかるので、15-13=2です。

数式にすると
AC=C/X
MC=C`(Cの微分した値)
となります。

ちなみにこの限界という概念はミクロ経済学では非常によく出てくるのでイメージをしっかり掴んでおいた方がいいです。(限界の発見によってミクロ経済学が生まれたようなものです)
    • good
    • 13

いまある財を100単位生産しているとしましょう。


このとき総費用が10000円であるとすると、
平均費用は10000円÷100単位=100円になります。
つまり生産量1単位当たり100円のコストがかかっているということです。
そして、この生産量100単位からもう1単位生産したとき、
すなわち、101単位目を生産したとき総費用が10000円から10200円
に増えたとします。このとき総費用は200円増えています。
これが限界費用で、生産量を1つ増やした時にかかる費用の増加分です。
ちなみに、生産量101単位における平均費用は10200円÷101単位=100.99009円になります。
このことから限界費用が平均費用を上回ると平均費用が上昇するというのがわかると思います。
逆に、限界費用が平均費用を下回ると平均費用が低下します。
そして、平均費用が上昇も低下もしないのは、限界費用=平均費用となるときで、
このことから平均費用と限界費用のグラフは1点で交わるということになります。
    • good
    • 27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「3枚平均」とか「平均枚数」とかを英語にすると?

表題について、お伺いします。

この表現を見かけないので、
論文添削する人に質問したら、以下のように
お答えいただきました。

「3枚平均画像」 = 3-picture averaging image
(つまり、pictureが枚で、imageが画像)

「平均枚数」   = averaging number

というふうに論文で使っております。

なお、当方は画像処理を専門としているので、
画像云々については良いのですが、
「平均する」とか「何個を平均した数」とか
そういった英語の表現には全く疎いものでして・・。

学術的な回答ではなく、英語として
どんな表現があるか、おしえてください。
日常的な会話でも結構です。

Aベストアンサー

(1) たぶん the average image of 3-picture はまずいと思います. 3-picture とくるとそのあとに何か続きそうな感じがする (つまり形容詞的に解釈される) ので, 使うなら #2 にあるように 3-picture average image とした方がよいでしょう.

「英語の専門の方」を知っているわけではないですが, (2) はちょっと危険な気がします. あらかじめ言っておけばいいだけではありますが.

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

Q他の教科は平均以下なのに英語だけ90点以上とってる人がたまにいますがあれはなぜなのでしょうか?

他の教科は平均以下なのに英語だけ90点以上とってる人がたまにいますがあれはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

英語が得意である。英語の試験の山が当たった。英語の平均点が98点であった。偶然。不正行為を行った。
などが考えられます。

Q自然独占の平均費用と限界費用

経済学を独学で勉強し始めたところの者です。

自然独占の場合、平均費用が限界費用を常に上回るのはなぜなのでしょうか?
わからなくて困っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自然独占というのは、限界費用が逓減している、限界費用曲線が右下がりになるということですよね。

この場合、生産量xのときの平均費用は、生産量0~xまでの限界費用(したがって限界費用はxのときより大きい)を平均したものに、1単位当たり固定費用を加えたものですから、当然に生産量xのときの限界費用より大きくなります。

Q【英語】平均値のMODはモッドではなくモードって言うんですか?!

【英語】平均値のMODはモッドではなくモードって言うんですか?!

Aベストアンサー

いくつか誤解がありそうです。

ます、統計における平均値は、AVERAGE です。
おそらく仰っている、「MOD」は、MODE の誤りで、さらにこれは、平均値
ではなく、「最頻値」のことです。
それなら、モードです。

また、「MOD」ということですと、プログラミング等の際に使われる、
「割り算の余り」を指します。
エクセルの関数でも、MOD関数と言うのがあります。
MOD(5,2) ならば、「5を2で割った余り」を意味しますから、MOD(5,2)=1 となります。
これなら、モッドでしょうが、本来は、Moduloの略のようです。

Q限界費用関数と平均費用関数の関係について。

専門外で勉強していて、詰まってしまっています。
基本の基本かもしれませんが、答えていただけると助かります。

完全独占市場についての問題を解いてます。
MC=3x2(さんエックス2乗)-18x+37
と2次関数になった時点でわからなくなりました。

限界費用関数から平均費用関数を求めるにはどうしたらよいのでしょうか?
そもそも、”微分する”という言葉が出るたびに躓きます。
MCとpが与えられており、
MR・クールノー点・独占度・需要の価格弾力性までは
参考書を何冊も見ながら、自力で解きました。

ここで、やはり微分の計算の仕方を覚えないと解けないのでしょうか?
数学はまったくの苦手で、理論というより
なにか分かりやすい公式、あるいは数字を入れ替えた場合に
簡単に答えを導ける方式がありましたら教えてください。

的外れな質問でしたらすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経済学部出身者です。
限界費用関数から平均費用関数を求めるには、積分が必要です。
限界費用関数を積分して、それを数量:xで割ると、平均費用関数が
算出されます。
ただし、限界費用関数を積分しても、最後の定数項:cが確定しないと
正確な平均費用関数は求められないと思います。

本当は学校の宿題には手を貸さないことにしていますが、専門外と言うことで
特別に答を教えましょう。でも、私も積分なんて10年くらいやってないので
間違ってるかもしれません。

MC=3x2(さんエックス2乗)-18x+37
MCの積分(つまり費用関数)
 =x3(エックス3乗)-9x2(きゅうエックス2乗)+37x+c(定数項)
AC=費用関数/x=x2-9x+37+c/x
になると思います。一応チェックしてみてください。

Q「平均15.6週目に」の英語表記

英語で、「平均15.6週目に」と表記するとき、
at 15.6th week on averageという表現は可能でしょうか?
それとももっと他に適切な表現があるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たとえば「平均15.6週目にxxxxが起こる」という文章を作るとすると、

On average, xxxx happens every 15.6th week.(番号の後にthがあり、weekの後にsがない)
On average, xxxx happens every 15.6 weeks.(番号の後にthがなく、weekの後にsがある)

となります。

いずれも「on average」は文章の最後に使用することが可能です。

なお、on average と on the averageの違いは:
on average: 平均で
on the average:平均的に言うと

という感じでしょうかねぇ。

私の英語はイギリス英語ですが、on the averageのみで使用するのはあまり見たことがありませんね。

Q限界収入と限界費用の違い?

限界収入と限界費用って、ミクロ経済ではどういう意味の違いがあるのでしょうか?全然分かっていなくてすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 限界とは微分の概念からきているのですが、経済学の分野ではたいてい一単位として扱います。
 例えば、製品を生産している時、10000個つくるのに50000円、10001個つくるのに50005円かかるしたら5円が限界費用になります。つまり、この場合、新たに製品を一単位追加するときにかかる費用を限界費用といいます。さらにもう一単位つくるとき計50009円かかるとしたら4円が限界費用になります。
 収入の場合も同様に考えます。今度は一単位売ったときの収入が限界収入となります。

 ちなみに限界費用はMC、限界収入はMRとしてあらわします。いずれもミクロ経済学を理解するうえでは必須の概念です。ここらへんをしっかりしないとミクロ経済学のその後の説明がほとんどわかりません。

 限界費用と限界収入、私の説明でわかってもらえたでしょうか……

Q英語の平均評定が3.8以上ってどれくらいの成績をとればいいのですか? またその計算のやり方を教えてく

英語の平均評定が3.8以上ってどれくらいの成績をとればいいのですか?
またその計算のやり方を教えてください。

Aベストアンサー

どのくらいの点数をとればよいかは、テスト次第なので、なんとも言えないですね。
計算の仕方ですが、進学、就職などの評定平均値は、一年の一学期から三年の一学期までで計算します。
「評定平均値」とは、
高1~高3の1学期までの五段階評定をすべてたして、7(高校一年で三回、2年で三回、三年で一回)で割った数です。小数点第2位を四捨五入してください。

Q概念はこの説明でよいでしょうか?固定費用 可変費用 限界費用

総費用・固定費用・可変費用・限界費用について説明したいのですが・・

自分で調べた結果、これら4つの概念はこんな感じでよいのでしょうか?(簡素すぎて問題だと思うのですが。。)

企業のコストが生産量の変化とともにどうなっていくのか考えると
(今の私の頭にある知識は以下です)

固定費用は、生産量と関係なく発生する費用で、従業員の給料などを指す。可変費用は、生産に応じて増えていく費用のことで、材料費などのことをいいます。総費用は、固定価格と可変価格を足したもので、限界費用は、生産をあと1こ増やした時に増える費用のことをいいます。

まとめるとこんな感じになりましたが・・言葉足らずの部分や、この視点が足りないという点があったら教えてください。
1つ気になるのは、総費用以外は、グラフや座標をみて理解したので
そのことを言葉で説明しなくていいのか?という点です。
あと、固定価格 可変価格 限界費用のグラフには必ず平均○○が記載されていたことです。。

Aベストアンサー

それで十分でしょう。
なかなかスマートにまとめていると思います。
ただ総費用は『生産に必要となる費用の総額』という言葉を足した方が良いと思います。可変+固定という中身の内訳だけではなく、総費用がどういう意味を持つのかを記しておいた方がいいのではないかと思うわけです。

ちなみにおなじみのY=aX+bという数式で表すことも出来ます。
総費用=Y
可変費用=aX
固定費用=b
限界費用=△Y/△X=a
(X=生産量)
です。

ただグラフとか持ち出すと限がないので、特に指示がない限り、質問者さんの回答で問題ないと思います。
ただし、行数を大量に求められているなら、グラフ化したり利潤にまで追及すればよいでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報