ワラントってその会社の新株を○○円で買えますよっていう権利ですよね。
その権利をいくらかで買うのはわかるんですけど、そのワラント代って何を基準に決めるの?行使価格の何割くらいとか、そういう相場ってあるのでしょうか?(株価が上がればワラントの価値も上がるっていうことは、理解してるんです、あがる・さがるじゃなくて、発行時のワラント価格の決め方が知りたいんですけど・・・。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?



これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はないと思いますが。


>>これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

発行時の価格と上場して流通した後の価格は違ってくるということですね。
プレミアムというのはワラント価格にそもそも含まれているわけですから。

気にしておられるのは、社債とワラントの割合のようですが、
社債購入者にワラントが与えられるとすると、そのセットで魅力的
(つまり資金を出しても良いかどうか)かどうかが判断の基準になります。
ですからどう考えても社債部分100円でワラント部分50円というのは行き過ぎで
そのようなタイプのものは普通発行されないでしょう。(理論上も権利行使価格
を相当下げる、つまりインザマネーにする必要があり、ワラント債発行の意味が不明になってくるからです)
ですから常識的に考えてもワラント部分は社債の数%~10%、あるいは20%くらいに収まるのではないでしょうか?
理屈や法律の上からは、別にいくらで発行して良いとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、たびたびありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 16:42

そうですね。

一般には,発行時には社債と一体となって、きりの良い価格
になることが多いです。5円とか10円ですね。
ご指摘の通り、権利行使価格は現在の価格の少し上で決定されることが多
いようです。あまりかけ離れているとワラントとしての意味がなくなって
しまうからです。

その時の条件(株価や期間やボラティリティなど)から算出してその
発行価格になるとは限りませんが、大体その水準が意識されることになります。
ただ理論価格はボラティリティによってどうにでもなりますから
正直言って、発行時の価格はどうとでもなるわけです。


そもそも企業がなぜワラントを発行するかと言うと、
一つには、社債発行により、資金調達する時に、社債だけでなく、
ワラントというものをつけることによって、社債の円滑な消化が
望めるからです。
つまり社債だけでは魅力がなくてもワラントがついていれば
魅力が増したり、表面利回りが小さくても、可能だったりするわけです。
またその意味では実質より安い価格でワラントを発行し、
資金の出し手に(表現は適切でありませんが)実質上利益を供与する形になる
こともあるということです。

ただし発行されそれが流通されますと、あまりにも理論価格と乖離していた
ら何らかの形でその修正が入ることになります。


ワラントは社債とセットで発行されることが多く、ご指摘の通り
社債額面を100円としますと10円とか5円という形になることが多いようです。
ただこの割合が、証券取引法で決められていることはなかったとは思う
のですが・・・。(確信はありません。)

ワラントの実例としては
http://www.csweb.co.jp/TIS/siryo/96_kisai/96_wb. …

に、その中で伯東については
http://www.hakuto.co.jp/kaiji/kai110824a.htm
に詳細が掲載されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも、お答えありがとうございます。
お答え頂いた、5円とか10円というのは、一株あたりということでしょうか?
ワラント債の額面はほぼ100万円ですよね。
それで、一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?
ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?
これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

お礼日時:2001/01/29 15:47

(コール)オプションとワラントが、ほぼ同じ理論によるもの


というのはおわかりでしょうか。
ワラントには権利行使価格があって、例えば一株当たりその金額を
払い込むと、購入することができます。
今A銘柄の株価が800円とします。そして権利行使価格が900円で
期限が2年というワラントが発行されたとします。
つまり株価が900円を上回れば、このワラントは実際の価値(本質的価値)
を生んでくるわけですね。現在の株価は800円なので実際には価値はないわけです。
つまり800円の株を900円払い込んで購入しようとする人はいないでしょうから。
しかし、将来の期待度があり(この場合2年間)、オプションのリスクは限定されている
わけですから、現実にこのワラントは0円とはならずに、ある価値(プレミアム)を
生むことになります。
これは基本的な説明ですが、(コール)オプションとワラントが本質的に同じ
性質を持つものであることが、理解していただけると思います。

さて理論算出式ですが、代表例はブラックショールズ式となります。
ワラント価格=株価×N(d1) - 権利行使価格×eの(-金利×期間)乗×N(d2)
d1=Ln(株価/権利行使価格)+(金利+1/2×ボラティリティの2乗)×期間/(ボラティリティ×期間の平方根)
d2=Ln(株価/権利行使価格)+(金利-1/2×ボラティリティの2乗)×期間/(ボラティリティ×期間の平方根)
Nは累積式分布関数です。

これはオプションの理論書にはまず載っているものです。
難しいでしょう。(笑)
この難しさは、数式自体の複雑さもありますが、一番の難点はなぜ、このような複雑怪奇
な数式になるかということの説明が難しいことによります。
つまり公式は公開されてますので、誰にでも使えますが、本質的な意味
使い方を間違えると、意味をなさないか場合によっては害を及ぼすことになるのです。



これら本格的な話の展開はここではできませんが、(またそんなことは
望んでないでしょう)簡単なイメージを説明しておきます。

現在の権利行使価格が現在の株価より高く設定されていれば高く設定されているほど
(アウトオブザマネー)ワラントの価値は高くなります。
またそのワラントを権利行使できる期限が長ければ長いほど
ワラントの価値は高くなります。
そしてその株価の動きが激しい(変動率=ボラティルティが大きい)ほど
ワラントの価値は高くなります。

この3つが大体の大きなイメージです。
なぜそうなるかというのはイメージできると思います。

あと(市場)金利が高いほどワラントの価値は高くなります。
現在は市場金利も低いし、この金利の影響はあまりありません。


しかしこれらのイメージだけでなく具体的に理論価格が知りたいならば
上式などの数式モデルに数値を代入して、価格を求めることになります。
ただ注意していただきたいのは・・・(おそらく、ここからまたややこしくなります)
ボラティリティ(株価変動率)は所与のものでないのです。
この式で言う、ボラティリティ(株価変動率)は将来に予想されるもの
(つまりわからなくて当然)ですから、これを設定するかによって
理論価格など、どうにでもなってしまうわけです。(そう言ってはみもふた
もありませんが)
オプションの売買はボラティリティの売買といわれる所以です。

と、説明し始めるとおそらく、一冊の本になってしまいます。
なので一度、ここで止めときます。わからないことがあれば
また聞いて下さい。(わかりにくいとは思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、お答えありがとうございます。理論算出式は確かに難しいですね(笑)。正直言ってこの式に具体的な数値をあてはめて価格を算出するのは私には無理でしょう(笑)。お答えを私なりに整理してみますと・・・
つまり、ワラント債のワラント部分の価格は一概に「行使価格の○×割」というように決められるものではないということでよろしいでしょうか?ワラント債発行時の時価と権利行使価格の差額が大きい場合、それだけ成長が期待できるということなので、ワラントの価値も上がる。また、行使期間が長い場合も同様の理由でワラント部の価値が上がる、という感じかな?でも、そうなると行使価格の決め方も疑問になってきますよね。だいたい発行時の時価よりも若干高いくらいに設定するのが普通ということで認識しているのですが・・・、その若干が困りものですよね(笑)。発行会社で任意に決めていいものなのでしょうか?まあ、成長が期待できる業界・企業であれば、当然ワラント権を買いたい人が多いわけですから、一般的なものより高く設定しても売れるんでしょうけど・・・。うーん、またわからなくなってきた!
何か、実際の銘柄で例を教えていただけないでしょうか?
○×年にABC社が発行したワラント債の値段は○×とか・・・、お願いします!

お礼日時:2001/01/26 10:52

ちょっと記憶が不確かなのですが、取り急ぎお答えいたしますと、


ワラントは一種のオプションでありますから、基本的にオプション
の価格算出方法によって行われるはずです。
つまり現在の株価、権利行使価格、期限、金利・配当、ボラティリティ
という要素ですね。オプションモデルはブラックショールズが有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、ご回答ありがとうございます。
わからないことばかりなので、続けてお聞きしたいのです。
ワラント価格はさまざまな要素から算出されるということは
よくわかりました。しかし、この価格を算出するメカニズムが
よくわかりません。なにか、算出式のようなものがあるのでしょうか?
もし、そうでなければおおよその値段(現在の株価?円、権利行使価格?円等の際)というような一例を教えて頂けると嬉しいです。
よろしく、お願い致します。

お礼日時:2001/01/25 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「新株引受権付社債」と「新株予約権付社債」について

新株引受権付社債(ワラント債)の「非分離型」は「新株予約権付社債」という名称になったようですが、「分離型」の名称はどうなったのでしょうか?

また、この名称変更に伴い、「ワラント債(新株引受権付社債の別名)」は、
「新株予約権付社債」の別名になったのでしょうか?

Aベストアンサー

>「分離型」の名称はどうなったのでしょうか?
 
 新会社法では、分離型が認められなくなったのでなくなった。

分離型を発行する場合は、社債と新株予約権を別々に発行するしかない。
 新株引受権付社債(非分離型)は、新株予約権付社債に移行したんですね。

Q新株予約権(権利行使期限)の意味

 こんな葉書がきました。あるA株を200持っていて、現在1800円くらいです。

 そこでこの葉書が突然きました。新株予約のお知らせで、特定対象で200ー1株。と記載されてます

 お預かりの新株予約権を売却」するかしないかを必要と・・

 新株450円で9万のプラスとなっていますが意味がわかりません。すいませんわかりやすく

 説明お願いします

Aベストアンサー

おそらく新株予約権の中でも最近話題のライツオファリングではないでしょうか。最近では日医工などの銘柄がライツオファリングを行ってます。
ライツオファリングが通常の新株予約権と異なる点は、割り当てられた新株予約権が証券取引所に上場し、株主は割り当てられた新株予約権を市場を通して自由に売買できる点です。そのため上場新株予約権を割り当てられた株主は、(1)行使価額を払い込み新株を受け取る、(2)新株予約権を売却する、という二つの選択肢を選ぶことができます。
通常、新株予約権が発行されると、その新株予約権を行使しない株主は権利落ち分だけ損をすることになってしまうのですが、上場新株予約権では市場で売却するという選択肢があるため、権利行使をしない株主利益も保護されます。
権利行使をして新株を受け取るもよし、もし権利行使しないなら証券会社に連絡して売却するという選択肢を検討するといいかもです。

Q新株予約権と第三者割当増資

たしか古い会社法には新株予約権はなかったはずです。今回のニッポン放送株争奪戦で一躍脚光を浴びましたが、実は3年ほど前、西友がウォルマートに対して発行したと記憶しています。私が会社法を学んでいた頃は、転換社債(CB)と新株引受権付社債(ワラント債)の二本立てでした。そこで質問なのですが、

(1)新株予約権はCBとワラント債が合体してできたものなのでしょうか?また仮にそうだとしたら、それはどういう理由と経緯でそうなったのでしょうか?

(2)新株予約権の行使はあくまでもオプションであり、行使してもいいし、しなくてもいい、それはあくまで新株予約権を持っている者の自由だと考えているのですが、この認識は正しいでしょうか?ですから、フジテレビが新株予約権を持っていても、それを行使しないこともあり得る(現実問題は抜きにして)と思うのですが…。

(3)通常の新株の第三者割当による増資と新株予約権の発行とは異なるのでしょうか?仮に(2)の前提が正しいとすれば、前者は有無を言わさず増資分の新株を引受け、払込をしなければならないのに対し、後者はオプションの付与ということになるのでしょうか?それともこれは誤った認識なのでしょうか?もし誤っているとしたら、その違いはどこにあるのでしょうか?

たしか古い会社法には新株予約権はなかったはずです。今回のニッポン放送株争奪戦で一躍脚光を浴びましたが、実は3年ほど前、西友がウォルマートに対して発行したと記憶しています。私が会社法を学んでいた頃は、転換社債(CB)と新株引受権付社債(ワラント債)の二本立てでした。そこで質問なのですが、

(1)新株予約権はCBとワラント債が合体してできたものなのでしょうか?また仮にそうだとしたら、それはどういう理由と経緯でそうなったのでしょうか?

(2)新株予約権の行使はあくまでもオプションであり、行...続きを読む

Aベストアンサー

2002年4月に商法が改正され、転換社債(CB)と新株引受権付社債(WB、ワラント債)がなくなり、新株予約権付社債となり、新株予約権が単独で発行できるようになりました。

(1)ですが、
私は法律の専門家ではないので実務上の平易な表現になりますが、
CBとWBの違いは、権利部分が分離できるかどうか、という点だけでした。権利を分離する必要がない場合にはCBを発行し、分離する必要がある場合にはWBを発行していました。
細かい話になりますが、未上場企業の資本政策において、以前はWBを多用しておりました。オーナー(兼社長)の持株比率維持を目的として予め大量の株式を保有してもらいたいが、当座の資金がなく払い込みができない場合に、新株を安い価格で購入できる権利のみを付与しておいて、後で資金の都合がついたときに払い込んでもらう、というやり方を多くの企業にVC(ベンチャーキャピタル)が提案しました。
このとき、旧商法下では新株予約権のみの発行ができなかったため、一旦新株引受権付社債を発行し、権利と社債を分離して権利だけをオーナーに譲渡する(残った社債は即時償還していました)、というやり方を行っていたのです。

この手法は従業員個々に配るには面倒くさく、新たに制度ができたストックオプションも制度がややこしく、またCBとWBの実質的な違いが見られず実態に即した制度になっていないことがあったのではないかと考えられます。


(2)はお考えのとおりです。
行使するかしないかは権利を保有しているものが自由に決めることができます。
先のご回答にありましたように、ライブドアの持株数次第で権利を行使する株数が変わりますので、第三者割当増資にするよりも都合が良かったということです。

(3)は、発行会社の決議プロセスは同じです。
引受側にとってはご認識のとおり、払込額が確定するか、柔軟に変動可能かという違いがあります。また既存株主にとっても、1株の価値が薄まる度合いが第三者割当よりも少なくて済む可能性があります。


余談ですが、「権利」を買うという話なので、権利自体にも価格は存在しており、一般的には有償です。この価格はブラック=ショールズ・モデルと呼ばれる計算式で算出されます。
ただし、ストックオプションとして発行する場合にのみ無償で発行することが認められています。

2002年4月に商法が改正され、転換社債(CB)と新株引受権付社債(WB、ワラント債)がなくなり、新株予約権付社債となり、新株予約権が単独で発行できるようになりました。

(1)ですが、
私は法律の専門家ではないので実務上の平易な表現になりますが、
CBとWBの違いは、権利部分が分離できるかどうか、という点だけでした。権利を分離する必要がない場合にはCBを発行し、分離する必要がある場合にはWBを発行していました。
細かい話になりますが、未上場企業の資本政策において、以前はWBを多用しておりまし...続きを読む

Q新株予約権の行使価格について

4755楽天の株主です。このたび定時株主総会の招集通知が送られてきました。議案のなかに新株予約権発行の件が上がっています。
しかし、2015年6月、一株当たり1905円の第三者割当をしておきながら、今年の株主総会で新株予約権を行使価格一株当たり1円で発行するとの提案が行われています。
これは株主を馬鹿にしているのではないでしょうか?
これは私の理解不足でしょうか。何かの間違いかなぁ。仕組みに詳しい方、解説して頂ければ助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

楽天が何を目的にしているかは分かりませんが、一般的に行使価格が1円だと資金調達が目的では無く、買収に対する防衛策だったり、役員に対する退職慰労金の代わりだったりします。
これは株主平等の原則に反しますし、株数が増えてしまい1株当たりの利益も下がってしまいます。
馬鹿にされていると感じるのは当然だと思います。株主を大事にしている企業とは思えません。

Qワラント価格?

ワラントってその会社の新株を○○円で買えますよっていう権利ですよね。
その権利をいくらかで買うのはわかるんですけど、そのワラント代って何を基準に決めるの?行使価格の何割くらいとか、そういう相場ってあるのでしょうか?(株価が上がればワラントの価値も上がるっていうことは、理解してるんです、あがる・さがるじゃなくて、発行時のワラント価格の決め方が知りたいんですけど・・・。)

Aベストアンサー

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?

これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はないと思いますが。


>>これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

発行時の価格と上場して流通した後の価格は違ってくるということですね。
プレミアムというのはワラント価格にそもそも含まれているわけですから。

気にしておられるのは、社債とワラントの割合のようですが、
社債購入者にワラントが与えられるとすると、そのセットで魅力的
(つまり資金を出しても良いかどうか)かどうかが判断の基準になります。
ですからどう考えても社債部分100円でワラント部分50円というのは行き過ぎで
そのようなタイプのものは普通発行されないでしょう。(理論上も権利行使価格
を相当下げる、つまりインザマネーにする必要があり、ワラント債発行の意味が不明になってくるからです)
ですから常識的に考えてもワラント部分は社債の数%~10%、あるいは20%くらいに収まるのではないでしょうか?
理屈や法律の上からは、別にいくらで発行して良いとは思いますが。

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?

これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はな...続きを読む

Qeワラント:低価格のeワラントとは?

お世話になります。

GSサイト注意事項に、
「低価格のeワラントは、値動きが極端に小さくなる場合があるので注意が必要。」
このように、書かれている、低価格のeワラントとは、
何を指している金額なんでしょうか?


以上、お解かりの方は、教えてください。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

eワラント価格が低いのは、権利行使価格が原資産値と極端に乖離しているものです。
ですから、eワラント価格自体よりeワラントの権利行使価格と原資産値との乖離で考えるべきだと思います。
実効ギアリングで判断してはいかがでしょうか。
実効ギアリングが高ければハイリスク、低ければローリスク、ゼロなら価値なしです。

Q質問:株式投資とワラント債

株式投資よりもワラント債のほうがハイリスク・ハイリターンって本当?
ワラントって株式よりも少ない資金で購入できて利益は大きいので、ハイリターンなのはわかるんですけど、株価が安くなった時は、ワラントを行使しないで、放棄しちゃえば、損失はワラントの代金だけだから、株式投資よりもリスクが少ないと思いません?これじゃ、ローリスク・ハイリターンですよね。
でも、そんなうまい話があるわけないし・・・。だいたい、ワラントの値段って株価の何割くらいなのかな?

Aベストアンサー

 ワラント債は、社債部分とワラント部分を分離して売買できないものを非分離型、売買できるものを分離型といいます。日本でも1985年から分離型が見とめられるようになりました。現在では、ほとんどが分離型になっています。株価が権利行使価格を上回れば、ワラントの価値が上昇し、大きな収益が得られる反面、株価が権利行使価格を下回ったまま行使期間が過ぎてしまえば、ワラントは「紙くず」となってしまいます。

QEB債が発行されてると、権利行使価格以上に株価はなりにくいのですか?

EB債が発行されてると、権利行使価格以上に株価はなりにくいのですか?

Aベストアンサー

一般論としての質問だと思いますので、理屈通りの事が起きると仮定して、ご説明します。
まず、EBの本質は、「投資家から債券発行体へのプットオプション」の売りです。(参考URL)

つまり、発行体は、株価が下がれば、予め決められた行使価格とオプション行使時の時価との差額が利益になり、下がらなければ、通常より高い支払金利が損失となります。
このような「下がったら儲かる、下がらなかったら損をする」というポジションをヘッジする為に、発行体は、債券の条件決定時に、対象株式を買います。因みに、行使価格=条件決定時の株の時価だったとすると、発行額の約半分の買いになります。例えば、総額100億円の発行であれば、50億円分株の買いポジション、という事になります。

で、オプション行使日(=現金で償還されるか、株で償還されるかが決まる日)までの間、発行体は、株価が下がれば買い増し、株価が上がれば、少し売ってヘッジポジションを減らします。(こうして、株価の上下動から、売買益を少しずつ貯めて、最終的に、高い金利を払ってもおつりがくるようにしようとしている訳です。)

オプション行使日になると、株価が行使価格を下回れば、発行体は株で償還するので、投資家に渡す為に、既にヘッジの為に持っている株数では足りない分を買わなければなりません。一方、株が行使価格を上回れば、現金で償還するので、ヘッジの為の株はもう不用になりますから、全て売却しなければなりません。

以上からわかるように、EBは、行使日前でも、下がったら買い、上がったら売り、というヘッジ行動を伴うので、株価の変動を小さくする方に働きます。ただ、よほど株価が大きく動かない限り、少しずつ買い増しor少しずつ売りをするので、それ程目立たないでしょう。

そしてオプション行使日には、株価が行使価格を上回っていれば、ヘッジポジションの売り、下回っていれば、買い増し、という売買が起こるので、ここでは、株価を行使価格近辺に収斂する力が働きます。ただし、その量については、行使価格と株価の関係によるので、ケースバイケースです。株価が行使価格を充分に上回っていれば、ヘッジポジションは少ししか残っていませんから、売りが出てきても大したことはありません。行使価格より少し株価が上なら、ヘッジポジションはたくさん残っていますから、かなりの量の売り物がでてきます。

というわけで、行使価格と株価との関係や、オプション行使日かどうかによって、「その程度」は大きく影響を受けますが、「EBが発行されている場合は、権利行使価格に株価を収斂させる力が働く」とは言えます。オプションのプライシングモデルをご存知であれば説明は簡単なのですが、それなしでは、どうしても長くなってしまいます。すみません。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0298.htm

一般論としての質問だと思いますので、理屈通りの事が起きると仮定して、ご説明します。
まず、EBの本質は、「投資家から債券発行体へのプットオプション」の売りです。(参考URL)

つまり、発行体は、株価が下がれば、予め決められた行使価格とオプション行使時の時価との差額が利益になり、下がらなければ、通常より高い支払金利が損失となります。
このような「下がったら儲かる、下がらなかったら損をする」というポジションをヘッジする為に、発行体は、債券の条件決定時に、対象株式を買います。因みに...続きを読む

Qカバードワラントと株券オプション取引の違いについて

2つの質問があります。皆さんよろしくお願いします。

◆カバードワラントと株券オプション取引の違いはなんでしょうか?

お互いに株を売買する権利取引(オプション取引)だと思うんですけど。

単にカバードのほうは色々売買する権利(商品)があるけど、株券オプションのほうは株のみ対象(商品)ってことなんでしょうか?


◆あと、カバードワラントの中にある?eワラントの意味もわかりません。

カバードワラントと一緒じゃないんでしょうか?単にゴールドマンサックスが提供してるデリバティブ商品ってだけで、内容は一緒じゃないんでしょうか?
ポケ株の意味はeワラントのポケット版と思うんですけど。

カバードワラントとeワラントの違いが全然わかりません。。。

皆さんどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去のご質問に関連したものがあります・・・http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=462006

またポケット株とeワラントですが、このあたりをあわせ読むと
http://www.gs.com/japan/ewarrant/pocketkabu/pocket/index.html
http://www.gs.com/japan/ewarrant/communi/8.html
「eワラント」が、GSのカバードワラントの商標で、
「ポケット株」はその1商品、ということが見えてくるかと思います・・・

Q日経新聞株式欄の注釈・新株落ちと、そのたの権利落ちとは?

11月4日東京株式・三菱自動車の下段に□に斜線のあるマークが有り、注釈欄にそのたの権利落ちとありましたが、意味を教えてください。ついでに新株落ちも

Aベストアンサー

たしか(じゃないけど)、三菱自動車は、トラック・バス部門の再編成に関して、11月中に臨時株主総会を開く予定だったと思います。多分、その株主総会に出席する権利が、前日までに株を買った(約定した)人にはあるけど、この日に株を買った人にはないという意味だと思います。(逆に言えば、前の日に売った人には権利がないけど、この日に売った人には権利がある)

新株落ちは、株式分割等があるときに、新株をもらったり、買ったりする権利が、前日までに株を買った人にはあるけど、この日に株を買った人にはないという意味です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報