ワラントってその会社の新株を○○円で買えますよっていう権利ですよね。
その権利をいくらかで買うのはわかるんですけど、そのワラント代って何を基準に決めるの?行使価格の何割くらいとか、そういう相場ってあるのでしょうか?(株価が上がればワラントの価値も上がるっていうことは、理解してるんです、あがる・さがるじゃなくて、発行時のワラント価格の決め方が知りたいんですけど・・・。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?



これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はないと思いますが。


>>これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

発行時の価格と上場して流通した後の価格は違ってくるということですね。
プレミアムというのはワラント価格にそもそも含まれているわけですから。

気にしておられるのは、社債とワラントの割合のようですが、
社債購入者にワラントが与えられるとすると、そのセットで魅力的
(つまり資金を出しても良いかどうか)かどうかが判断の基準になります。
ですからどう考えても社債部分100円でワラント部分50円というのは行き過ぎで
そのようなタイプのものは普通発行されないでしょう。(理論上も権利行使価格
を相当下げる、つまりインザマネーにする必要があり、ワラント債発行の意味が不明になってくるからです)
ですから常識的に考えてもワラント部分は社債の数%~10%、あるいは20%くらいに収まるのではないでしょうか?
理屈や法律の上からは、別にいくらで発行して良いとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、たびたびありがとうございました。

お礼日時:2001/02/13 16:42

そうですね。

一般には,発行時には社債と一体となって、きりの良い価格
になることが多いです。5円とか10円ですね。
ご指摘の通り、権利行使価格は現在の価格の少し上で決定されることが多
いようです。あまりかけ離れているとワラントとしての意味がなくなって
しまうからです。

その時の条件(株価や期間やボラティリティなど)から算出してその
発行価格になるとは限りませんが、大体その水準が意識されることになります。
ただ理論価格はボラティリティによってどうにでもなりますから
正直言って、発行時の価格はどうとでもなるわけです。


そもそも企業がなぜワラントを発行するかと言うと、
一つには、社債発行により、資金調達する時に、社債だけでなく、
ワラントというものをつけることによって、社債の円滑な消化が
望めるからです。
つまり社債だけでは魅力がなくてもワラントがついていれば
魅力が増したり、表面利回りが小さくても、可能だったりするわけです。
またその意味では実質より安い価格でワラントを発行し、
資金の出し手に(表現は適切でありませんが)実質上利益を供与する形になる
こともあるということです。

ただし発行されそれが流通されますと、あまりにも理論価格と乖離していた
ら何らかの形でその修正が入ることになります。


ワラントは社債とセットで発行されることが多く、ご指摘の通り
社債額面を100円としますと10円とか5円という形になることが多いようです。
ただこの割合が、証券取引法で決められていることはなかったとは思う
のですが・・・。(確信はありません。)

ワラントの実例としては
http://www.csweb.co.jp/TIS/siryo/96_kisai/96_wb. …

に、その中で伯東については
http://www.hakuto.co.jp/kaiji/kai110824a.htm
に詳細が掲載されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも、お答えありがとうございます。
お答え頂いた、5円とか10円というのは、一株あたりということでしょうか?
ワラント債の額面はほぼ100万円ですよね。
それで、一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?
ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?
これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

お礼日時:2001/01/29 15:47

(コール)オプションとワラントが、ほぼ同じ理論によるもの


というのはおわかりでしょうか。
ワラントには権利行使価格があって、例えば一株当たりその金額を
払い込むと、購入することができます。
今A銘柄の株価が800円とします。そして権利行使価格が900円で
期限が2年というワラントが発行されたとします。
つまり株価が900円を上回れば、このワラントは実際の価値(本質的価値)
を生んでくるわけですね。現在の株価は800円なので実際には価値はないわけです。
つまり800円の株を900円払い込んで購入しようとする人はいないでしょうから。
しかし、将来の期待度があり(この場合2年間)、オプションのリスクは限定されている
わけですから、現実にこのワラントは0円とはならずに、ある価値(プレミアム)を
生むことになります。
これは基本的な説明ですが、(コール)オプションとワラントが本質的に同じ
性質を持つものであることが、理解していただけると思います。

さて理論算出式ですが、代表例はブラックショールズ式となります。
ワラント価格=株価×N(d1) - 権利行使価格×eの(-金利×期間)乗×N(d2)
d1=Ln(株価/権利行使価格)+(金利+1/2×ボラティリティの2乗)×期間/(ボラティリティ×期間の平方根)
d2=Ln(株価/権利行使価格)+(金利-1/2×ボラティリティの2乗)×期間/(ボラティリティ×期間の平方根)
Nは累積式分布関数です。

これはオプションの理論書にはまず載っているものです。
難しいでしょう。(笑)
この難しさは、数式自体の複雑さもありますが、一番の難点はなぜ、このような複雑怪奇
な数式になるかということの説明が難しいことによります。
つまり公式は公開されてますので、誰にでも使えますが、本質的な意味
使い方を間違えると、意味をなさないか場合によっては害を及ぼすことになるのです。



これら本格的な話の展開はここではできませんが、(またそんなことは
望んでないでしょう)簡単なイメージを説明しておきます。

現在の権利行使価格が現在の株価より高く設定されていれば高く設定されているほど
(アウトオブザマネー)ワラントの価値は高くなります。
またそのワラントを権利行使できる期限が長ければ長いほど
ワラントの価値は高くなります。
そしてその株価の動きが激しい(変動率=ボラティルティが大きい)ほど
ワラントの価値は高くなります。

この3つが大体の大きなイメージです。
なぜそうなるかというのはイメージできると思います。

あと(市場)金利が高いほどワラントの価値は高くなります。
現在は市場金利も低いし、この金利の影響はあまりありません。


しかしこれらのイメージだけでなく具体的に理論価格が知りたいならば
上式などの数式モデルに数値を代入して、価格を求めることになります。
ただ注意していただきたいのは・・・(おそらく、ここからまたややこしくなります)
ボラティリティ(株価変動率)は所与のものでないのです。
この式で言う、ボラティリティ(株価変動率)は将来に予想されるもの
(つまりわからなくて当然)ですから、これを設定するかによって
理論価格など、どうにでもなってしまうわけです。(そう言ってはみもふた
もありませんが)
オプションの売買はボラティリティの売買といわれる所以です。

と、説明し始めるとおそらく、一冊の本になってしまいます。
なので一度、ここで止めときます。わからないことがあれば
また聞いて下さい。(わかりにくいとは思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、お答えありがとうございます。理論算出式は確かに難しいですね(笑)。正直言ってこの式に具体的な数値をあてはめて価格を算出するのは私には無理でしょう(笑)。お答えを私なりに整理してみますと・・・
つまり、ワラント債のワラント部分の価格は一概に「行使価格の○×割」というように決められるものではないということでよろしいでしょうか?ワラント債発行時の時価と権利行使価格の差額が大きい場合、それだけ成長が期待できるということなので、ワラントの価値も上がる。また、行使期間が長い場合も同様の理由でワラント部の価値が上がる、という感じかな?でも、そうなると行使価格の決め方も疑問になってきますよね。だいたい発行時の時価よりも若干高いくらいに設定するのが普通ということで認識しているのですが・・・、その若干が困りものですよね(笑)。発行会社で任意に決めていいものなのでしょうか?まあ、成長が期待できる業界・企業であれば、当然ワラント権を買いたい人が多いわけですから、一般的なものより高く設定しても売れるんでしょうけど・・・。うーん、またわからなくなってきた!
何か、実際の銘柄で例を教えていただけないでしょうか?
○×年にABC社が発行したワラント債の値段は○×とか・・・、お願いします!

お礼日時:2001/01/26 10:52

ちょっと記憶が不確かなのですが、取り急ぎお答えいたしますと、


ワラントは一種のオプションでありますから、基本的にオプション
の価格算出方法によって行われるはずです。
つまり現在の株価、権利行使価格、期限、金利・配当、ボラティリティ
という要素ですね。オプションモデルはブラックショールズが有名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rinchiさん、ご回答ありがとうございます。
わからないことばかりなので、続けてお聞きしたいのです。
ワラント価格はさまざまな要素から算出されるということは
よくわかりました。しかし、この価格を算出するメカニズムが
よくわかりません。なにか、算出式のようなものがあるのでしょうか?
もし、そうでなければおおよその値段(現在の株価?円、権利行使価格?円等の際)というような一例を教えて頂けると嬉しいです。
よろしく、お願い致します。

お礼日時:2001/01/25 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「新株引受権付社債」と「新株予約権付社債」について

新株引受権付社債(ワラント債)の「非分離型」は「新株予約権付社債」という名称になったようですが、「分離型」の名称はどうなったのでしょうか?

また、この名称変更に伴い、「ワラント債(新株引受権付社債の別名)」は、
「新株予約権付社債」の別名になったのでしょうか?

Aベストアンサー

>「分離型」の名称はどうなったのでしょうか?
 
 新会社法では、分離型が認められなくなったのでなくなった。

分離型を発行する場合は、社債と新株予約権を別々に発行するしかない。
 新株引受権付社債(非分離型)は、新株予約権付社債に移行したんですね。

Qeワラント:低価格のeワラントとは?

お世話になります。

GSサイト注意事項に、
「低価格のeワラントは、値動きが極端に小さくなる場合があるので注意が必要。」
このように、書かれている、低価格のeワラントとは、
何を指している金額なんでしょうか?


以上、お解かりの方は、教えてください。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

eワラント価格が低いのは、権利行使価格が原資産値と極端に乖離しているものです。
ですから、eワラント価格自体よりeワラントの権利行使価格と原資産値との乖離で考えるべきだと思います。
実効ギアリングで判断してはいかがでしょうか。
実効ギアリングが高ければハイリスク、低ければローリスク、ゼロなら価値なしです。

Qワラントの単位について。

ワラントについて、勉強中です。
ご教示いただければ幸いです。

ゴールドマンサックス証券で取り扱っているeワラント(外国為替)は、1ワラントは1ドルと換算して考えてよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原資産は、ワラント数×5が原則です。(一部の通貨を除く)よって、ドル円の1千ワラントの原資産は5千ドルです。

参考URL:http://www.forex-traders.net/ewarrant03.html

Q日経新聞株式欄の注釈・新株落ちと、そのたの権利落ちとは?

11月4日東京株式・三菱自動車の下段に□に斜線のあるマークが有り、注釈欄にそのたの権利落ちとありましたが、意味を教えてください。ついでに新株落ちも

Aベストアンサー

たしか(じゃないけど)、三菱自動車は、トラック・バス部門の再編成に関して、11月中に臨時株主総会を開く予定だったと思います。多分、その株主総会に出席する権利が、前日までに株を買った(約定した)人にはあるけど、この日に株を買った人にはないという意味だと思います。(逆に言えば、前の日に売った人には権利がないけど、この日に売った人には権利がある)

新株落ちは、株式分割等があるときに、新株をもらったり、買ったりする権利が、前日までに株を買った人にはあるけど、この日に株を買った人にはないという意味です。

Q価格COMのサイトより現実に安い商品はあるの!?

価格COMのサイトより現実に安い商品はあるの!?
市販の電気店で電気製品を買う時いくら値切ってもさすがに価格COMの最低金額はとんでもなく値切る事の出来ない市販の電気店!価格COM本当に最低金額?価格COMでの店にあるその気に入った商品を買うのは底値の底値で本当に正解ですか?

Aベストアンサー

一般的に実店舗の店が、人件費や店舗代等のコストカット出来ているネット通販に価格で勝てる事は殆どありません。
例外的に特価品などでネット通販より安く販売している場合もありますが・・・

交渉すれば価格.comの値段まで下げられる、なんてのは、余程でなければ出来ませんから。

ただ、価格.comの底値に関しては、店によっては客寄せ用で、実際に買おうとすると、到着までに時間がかかって、周りの平均額がその値段まで下がった頃にようやく発送、なんて所もありますので十分に注意が必要です。

とは言え、カメラだと、価格.comの最安値よりカメラのキタムラの実店舗の方が安い場合もありますけどね。
目当ての商品があるなら、価格.comでその商品のクチコミみてると、最安値より安く売ってた、なんて情報も稀に入ってきます。

後、価格.comの最安値と実店舗比べる場合は、送料込みの価格で比較しないと駄目ですよ。
送料考えたら実店舗と変わらなかった、なんて場合もある訳ですから。

まぁ、概ね価格.comの最安値が安いって事で良いのでは?

Qカバードワラントの価格?

カバードワラントをやってみようと思い、勉強しているのですが、どうしてもわからないことがあるので教えてください。
販売価格と買取価格というのがありますが、これはどのように決められているのでしょうか?

たとえば対象原資産が日経平均で、権利行使価格は13000円でプット型、そして現在の日経平均は13200円だとします。現在の販売価格が仮に1ワラント3.0円だとして、それを買い、その後日経平均が14000円まで上がったときに1ワラントあたりの買取価格は何円になるかということです。どのような計算で算出できるのですか?よくわからない質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

13200円で3円なので直感的には下がる余地はないのでしょうが、権利行使価格を下回っているということは時間価値しかないわけで、主に残存期間とボラティリティによって価格が左右されます。

メーカーのGSがシミュレーターを提供していますので試してみては?
http://www.goldmansachs.com/japan/ewarrant/simulate/index.html

QCDプレーヤーの価格の違いは音質にも影響あるのでしょうか?

オーディオ初心者です。お尋ねしたい事があるのですが、CDプレーヤーの価格の高低は直接、音質に大きな違いが出るのでしょうか?私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?
同じアンプ・スピーカーに価格差のあるCDプレーヤーを繋いで聞き分けた場合、音質に大きな差はでますか?
私が所有するアンプはマランツA級有りでスピーカーはDENON。共に単品では8万クラスの物です。
宜しければ、簡単でいいので回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?

合ってると思いますよ。


大雑把で感覚的な話ですが、仮に「単品100万のSP・アンプ・CDP・ケーブルの音質をそれぞれ100点とした場合」に、単品10万円の各機器の音質(の点数)はどれくらいになるかというと・・・

SP:20~40点
アンプ:50~70点
CDP:80~90点
ケーブル:90~100点

みたいな感じになるはずです。
つまり(上記が正しいとすれば)、SPに+90万つぎ込めば音質は60~80点分も向上するが、CDPに+90万つぎ込んでも僅か10~20点分しか向上しない・・・

だから「CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が投資効率が良い」し「同じアンプ・スピーカーに価格差のあるCDプレーヤーを繋いで聞き分けた場合、価格差の割には音質に大きな差は出にくい」はずだ、と思います。


しかし、そんな理屈は実はどうでも良くて、とにかく「貴方がそう感じる」のであれば、それが「貴方にとって」は正しいことなのです。
(他人に決めてもらうことではないと思います)

> 私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?

合ってると思いますよ。


大雑把で感覚的な話ですが、仮に「単品100万のSP・アンプ・CDP・ケーブルの音質をそれぞれ100点とした場合」に、単品10万円の各機器の音質(の点数)はどれくらいになるかというと・・・

SP:20~40点
アンプ:50~70点
CDP:80~90点
ケーブル:90~100点

みたいな感じになるはずです。
つまり(上記が正しいとすれば)、SPに+90万つぎ込めば音...続きを読む

Q新株予約権(権利行使期限)の意味

 こんな葉書がきました。あるA株を200持っていて、現在1800円くらいです。

 そこでこの葉書が突然きました。新株予約のお知らせで、特定対象で200ー1株。と記載されてます

 お預かりの新株予約権を売却」するかしないかを必要と・・

 新株450円で9万のプラスとなっていますが意味がわかりません。すいませんわかりやすく

 説明お願いします

Aベストアンサー

おそらく新株予約権の中でも最近話題のライツオファリングではないでしょうか。最近では日医工などの銘柄がライツオファリングを行ってます。
ライツオファリングが通常の新株予約権と異なる点は、割り当てられた新株予約権が証券取引所に上場し、株主は割り当てられた新株予約権を市場を通して自由に売買できる点です。そのため上場新株予約権を割り当てられた株主は、(1)行使価額を払い込み新株を受け取る、(2)新株予約権を売却する、という二つの選択肢を選ぶことができます。
通常、新株予約権が発行されると、その新株予約権を行使しない株主は権利落ち分だけ損をすることになってしまうのですが、上場新株予約権では市場で売却するという選択肢があるため、権利行使をしない株主利益も保護されます。
権利行使をして新株を受け取るもよし、もし権利行使しないなら証券会社に連絡して売却するという選択肢を検討するといいかもです。

Qワラント価格?

ワラントってその会社の新株を○○円で買えますよっていう権利ですよね。
その権利をいくらかで買うのはわかるんですけど、そのワラント代って何を基準に決めるの?行使価格の何割くらいとか、そういう相場ってあるのでしょうか?(株価が上がればワラントの価値も上がるっていうことは、理解してるんです、あがる・さがるじゃなくて、発行時のワラント価格の決め方が知りたいんですけど・・・。)

Aベストアンサー

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?

これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はないと思いますが。


>>これは、基本的な価格、もしくは最低水準の価格で、実際に市場で取引される場合はこれにプレミアが上乗せされて、もっと高くなる・・・。
というのが、私の認識なんですけど、これで、あってます?

発行時の価格と上場して流通した後の価格は違ってくるということですね。
プレミアムというのはワラント価格にそもそも含まれているわけですから。

気にしておられるのは、社債とワラントの割合のようですが、
社債購入者にワラントが与えられるとすると、そのセットで魅力的
(つまり資金を出しても良いかどうか)かどうかが判断の基準になります。
ですからどう考えても社債部分100円でワラント部分50円というのは行き過ぎで
そのようなタイプのものは普通発行されないでしょう。(理論上も権利行使価格
を相当下げる、つまりインザマネーにする必要があり、ワラント債発行の意味が不明になってくるからです)
ですから常識的に考えてもワラント部分は社債の数%~10%、あるいは20%くらいに収まるのではないでしょうか?
理屈や法律の上からは、別にいくらで発行して良いとは思いますが。

>>一般的な社債部とワラント部の割合は8:2くらいでしょうか?

これは一概にそうとは言えないですね。ワラント部分が小さく1%
くらいのもありますからね。

>>ということは、社債80万、ワラント20万円で、付与率は100%ですから、
20万円で買ったワラントで100万円分の株式が買える、わけですよね。
例えば、行使価格が1000円だった場合、(100万円÷1000円)で1000株買えますよね。ということは、一株あたりのワラントの値段は20万円÷1000で、200円で、良いのかな?

特に問題はな...続きを読む

Q株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が-----数年後は1000円などになるか

株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が 大手でも多く見られますが
現在4000円で購入して 数年後は1000円などになる事はあるのですか。
 サイトなどでは、割安などと書いていますが、何か不安になりますね。
どのように、考えたらよいか 教えてください。

Aベストアンサー

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方向に向かうものを買えば儲かるという考え方があります。バフェットなんかの投資手法の基本原則もそこにあります。

ただ、この考え方には盲点が1つあって、そもそも適切な価格というものはあくまでその時点での特定の手法によって計算された”恣意的な”値にすぎないのだから、本当に適切かどうかが分からないということです。そして、適切な価格というのは現在+事業の将来性をも含む価格形成の事を指すから、仮に皆が将来性が高いと思えばそれは適切な価格以上の値段に容易に跳ね上がる幻想を生み出す根拠にもなります。古典的な違法な株取引として、例えば大量に特定の株の買い注文を出すとそれにつられて株価が上がります。上がった所で先にだした大量の買い注文を売り切ってしまえば最初に売った人は儲ける事だって出来ます。こうした株価の変動というのは適切な価格とは無関係であることはすぐに分かりますが、市場参加社が常に売買している中で何らかのモーメンタムが生じると動く事があり、ドコが適切かを適切に判断するのは言うほど単純な話ではありません。つまりあくまで、過去のデータや同業者や同程度の水準の企業と比べて割高か割安かという指標を様々な統計的なデータから評価してるにすぎませんから、今後も同様に使えるか(その可能性は安定してる企業であればあるほど高いが)、確実ではありません。

結局の所、明日[天気予報が80%晴れるって天気予報で言ってた]とA君が言った場合に、その天気予報が当たるかどうか、そしてそれは明日も正しいのかという要素の他に、しばし嘘をつくA君の言葉がドコまで信用できるのかという自己矛盾が為替市場や株取引には常に存在するのです。

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方...続きを読む


人気Q&Aランキング