プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

電子親和力の規則性について、同周期では右に行くほど増大し(例外もありますが)、同族では下に行くほど減少すると認識していました。
ところが、FとClではFの方が電子親和力が小さくなっています。
主量子数の大きい(軌道の広がりの大きい)Clの方が電子親和力は小さくなるイメージだったのですが、これはなぜなのでしょうか?


自分では、新しく付加される電子の感じる有効核電荷の効果が、Clの方が大きくなっちゃってるのかなぁ…などと考えています。
結局これも何故かはわからないのですが…。


よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

多分, 有効核電荷の関係でしょう. なぜ Cl の方が有効核電荷が大きいかは知りませんが.


ちなみに表をチェックしないといけないんですが, ほとんどの族で第2周期の元素より第3周期の同族元素の方が電子親和力は大きくなっていますね.

参考URL:http://www.kagakudojin.co.jp/special/qanda/index …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!