『ファースト・マン』と併せて見たい宇宙飛行士映画5選! >>

企業で販促企画の立案、実施をしています。

先日、新商品のプロモーションWebサイト制作において、
某大手代理店より、プレゼンテーションを受けた際に
営業担当は「クロスメディア=Webに集約させるものであり、
Web上でShare、Searchをさせるもの」だと断言しました。

また、その言い方がかなりむかつく言い方であり、私の認識と
大きく乖離しているもので、大人げなくブチ切れてしまいました。

言葉の意味だけなら、wikiなどを参照すれば良いのでしょうが、
特にマーケティングの世界では、その人ごとに使っている言葉の
定義にずれがあったりして、ストレスを感じる事も多々あり、
実際に、この「クロスメディア」の通念を知りたいと思った所存です。

当方、セールスプロモーション、マーケティングの仕事をして
6年になりますが、ちゃんとした指導を受けたわけでもなく、
ふと疑問に思い、教えてください!

====================
私の感覚では・・・

 ○メディアミックス=多種媒体に統一のビジュアル・メッセージで広告出稿を行う
 ○クロスメディア=多種媒体に広告の出稿を行い、(特にWebに限定せず)特定媒体に消費者を誘導し、特定媒体上で詳細説明や、より深い販促、ブランディングを行う 
(「続きはwebで!」はもちろん「明日の朝刊をお読みください!」も含まれる)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

○ メディアミックス


広告情報の到達を最大化するための戦略
広告で伝える内容が、映像でなければ伝えられないモノ、読み込んでもらわないと伝えられないモノと複合的にあるので、必然的にメディアも複合的になる。それぞれの映像での情報と紙面・誌面での情報を連動させ理解を強化させるために統一ビジュアルなどを活用する。
個別のメディアでも基本的には個別に広告情報として完結することも前提にしている。

○ クロスメディア
複数のメディアをクロス(通過)することを前提にメディアミックスする。
個別のメディアで広告情報が不十分であることも辞さない。
個別のメディア接触で広告情報が十分に伝わっていないという事実と、ウェッブの持つ、インタラクティブ性・常時接触可能性という機能認識とが合体してできてきた広告手法。

といったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の認識と一緒で安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/21 10:15

某メーカーで宣伝・販促に関わっている者です。


それ以前は、広告代理店に勤めていました。

私が認識している範囲ですと、

メディアミックス/映画や漫画、小説やゲームと言ったコンテンツを
メイン媒体(例:漫画なら漫画雑誌)以外の他媒体でも手広く展開し、
相乗効果による話題性の喚起を狙うこと。
漫画を映画やゲームにしたり、ゲームを漫画に落とし込むなどの手法を指す。

クロスメディア/各種マス媒体からSP媒体に至るまでの
ターゲットを包囲する多種媒体にくまなく広告展開することで、
相乗効果による話題性の喚起を狙い、ターゲットとの接触機会を増やすことで
広告メッセージの確実な刷り込みを行い、情報を定着させること。

よく「360°マーケティング」などと言われることが多いのですが、
ターゲットの導線上にある各媒体に対し、効率的にアプローチをかけていくことで
確実なリーチを狙う、というマーケティング上の「目的」に対する手段の一つが
クロスメディアである、と個人的には思っています。

ご質問にある
>多種媒体に統一のビジュアル・メッセージで広告出稿を行う
これだと単なる表現の連動ということで、
メディア戦略というよりはクリエイティブ戦略に
近い話になるのかと思います。

クロスメディアについては、ネットでぱぱっと調べた感触では
やはり「多種媒体のセンターにWebが存在すること」がどうやら前提になっているようです。
消費者は、もはやマスメディアからもたらされるメッセージの全てには興味を示さず、
自分に用事のある情報のみを選択して入手するようになっています。
そのための効率的な媒体がやはりWebである、ということから
「TVや新聞、アウトドアメディアなどで注意を引きつけ、Webで深い情報を与える」
という流れがいわゆる「クロスメディア」ということになっているようです。

そういう意味では
>「クロスメディア=Webに集約させるものであり、
Web上でShare、Searchをさせるもの」
という理論は別に間違いでもないかと。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

>これだと単なる表現の連動ということで、
>メディア戦略というよりはクリエイティブ戦略に
>近い話になるのかと思います。

確かにその通りですね。考えをあらためます。
ただ、まだ今ひとつひっかかるのが、

>クロスメディア/各種マス媒体からSP媒体に至るまでの
>ターゲットを包囲する多種媒体にくまなく広告展開することで、
>相乗効果による話題性の喚起を狙い、ターゲットとの接触機会を増やすことで
>広告メッセージの確実な刷り込みを行い、情報を定着させること。

という、sunsowlさんのお考えが

>「TVや新聞、アウトドアメディアなどで注意を引きつけ、Webで深い情報を与える」
>という流れがいわゆる「クロスメディア」ということになっているようです。

というのが、若干ニュアンスが異なるのでは?
ということです。。。
決して揚げ足を取っている訳ではないのですが、自分の中で
すっきりしていない分、気になってしまい。。。

せっかくご回答いただいたのに、お気を悪くさせてしまったらすみません。

お礼日時:2007/09/07 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

・文中に入れる
「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。

Q電子メールのメリット・デメリット

電子メールのメリット、デメリットってこれらの他に、どのようなものがあるのでしょうか。
メリット
・手紙と違い、素早く送信することができる
・時間にとらわれないコミュニケーションができる
・文書なので、情報が正確に伝わりやすい
・文字だけでなく、画像や動画などのファイルも送ることができる
・同じ内容のメールを複数の相手に一斉に送信することができる
・世界中どこにでも送信できる
・文章をそのまま引用できる

デメリット
・受信するときは、サーバーまで取りに行かないといけない
・スパムメール、フィッシングなど、悪用されることがある
・相手がメールを読んだか確認できない

Aベストアンサー

デメリットとしては
 配達保証は無いので、中継される経路やサーバーの不具合で、メールが消失する可能性もある。
 即時通信ではないので、中継される経路やサーバーの処理によって、配達には遅延が生じる場合がある。
 サーバーの容量制限によって、サイズの大きいメールは受信拒否される場合がある。
 サーバーの保存期間制限によって、一定期間内にPCに取り込まないと、サーバーから削除される場合がある。
 開封確認機能は、対応したメールソフトを使用していないと機能しないし、セキュリティ上の理由で、相手が返信を拒否している場合が多い。
 送受信時や経路上で暗号化されてない状態で通信している場合、盗み見可能。
 電子署名等を使用していない場合、改ざん可能
 携帯からの絵文字等は基本的にPCでは正しく表示できない場合が多い。
 送信者は偽装可能(なくても送信出来る)ので、送信相手を特定できない。
 間違って送信したメールは取り消す事が出来ない。
 最近はスパムメールフィルタ機能で、正常なメールも誤認識されてしまう場合がある。
 HTML形式のメールは、ウイルスコードを埋め込み出来る。
 HTML形式のメールは、使用しているメールソフトによっては正しく常時されない場合がある。
 HTML形式のメールは、セキュリティ上の理由で受信拒否しているユーザーも多いので、意図したレイアウトで表示されていない場合がある。

等・・・・ 

デメリットとしては
 配達保証は無いので、中継される経路やサーバーの不具合で、メールが消失する可能性もある。
 即時通信ではないので、中継される経路やサーバーの処理によって、配達には遅延が生じる場合がある。
 サーバーの容量制限によって、サイズの大きいメールは受信拒否される場合がある。
 サーバーの保存期間制限によって、一定期間内にPCに取り込まないと、サーバーから削除される場合がある。
 開封確認機能は、対応したメールソフトを使用していないと機能しないし、セキュリティ上...続きを読む

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「ともすれば」について

「ともすれば」の意味がわからず、辞書で調べてみたんですが、「ともすると」と同じと書いてあり、「ともすると」を調べると「ややもすると」、「どうかすると」となっていて、具体的にどういう意味なのかよくわかりません。
意味の分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

この「ともすれば」は、その前に何か説明を補うところであっても、その後に続く言葉と重複するので、その前を省略して使われる言葉です。

たとえば「ともすれば私たちは、うっかり忘れがちである」という用い方をしますが、これは

「うっかり忘れてしまうときは、私たちは、うっかり忘れがちである」

という文章と同じことだと思います。

また、「ともすれば」とは「ケースバイケースで」ということと同じときにも使われています。
やはり、その後に続くことを「ケースバイケースでありうる」ということを言っています。

こんな説明でいいでしょうか?

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報