イギリス小説を読んでいたところ、方言らしきものを喋る人物が出てきました。
どういう方言なのか(地域方言・階級方言)調べたいのですが、語彙の特徴からどこの方言なのかを調べられる書籍をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。
18世紀の小説を読んでいるため、できれば、少々古い調査結果(18~19世紀の方言辞典など)が反映されているもののほうが好ましいです。

ちなみに、出てきた方言の特徴は、
comed (< came)
he don't (<doesn't)
というものでした。状況から考えて、おそらくコックニー(ロンドンの身分の低い人が使う方言)ではないかと推測しているのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

方言に関する本は多く出ており、Amazon などで English dialect をキーワードで調べると出てきます。

自分もペーパーバックの「English Dialect」という本を持っていて便利だったのですが(現在行方不明)、検索しても見つからないので廃刊なのかもしれません。

ただ、この場合は#1で言及されているように文法的誤りによって無教養を表していると見た方いいでしょう。不規則変化を知らない(heered<heard)、口語的発音しか知らないのでもとのつづりを知らない(workus<workhouse、 tickerlarly<particularly)、このような例はよく見られます。

方言の場合は、標準語に見られない単語を使ったり、発音・つづりが変わっていたり(wuther<weather)、方言を反映させるために思い切ってつづりを変えたり(oi<I、paper<pyper)などが行われます。
    • good
    • 0

方言ではなく、教養が全くないことを


示しているだけでしょう。
コックニーは、エイをアイと発音しますが、
こんな間違いまではしません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報