以前からダフり、トップに悩んでいました。
そしてその原因のひとつにトップで右膝が伸びてしまっている
ことということがわかり直しました。

ただ、以前よりはましにはなったものの
打点は安定せずダフり、トップはたまにでてしまっていました。

なかなかはっきりとした原因がわりませんでしたが
今日その大きな原因がわかりました。
それはインパクトの直前に、左膝が伸びきってしまっていることでした。
それにより体の左側が上がり、右肩が下がりすぎた場合はダフり。
ダフらなかった場合はアッパー気味のスイングになっているのでトップ。
といった感じです。

そこで意識して膝の角度をキープして打つと
ダフり、トップはびっくりするくらいなくなりました。

ただ、慣れていないせいか両膝の角度を保つのは
結構きつく足が疲れてくると前の悪い癖がでてしまいます。

練習で修正していこうと思うのですが
インパクトの前に左膝が伸びてしまうのを
防ぐコツなどがあれば教えてください。

また、下半身を鍛えるにはスクワット以外に
何かおすすめのトレーニングはありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

簡単に述べますと



1.手打ちにならない(スイングは力を極力入れない)こと
2.腰の動きが地面に並行(体の軸に水平)であること
(この感覚は左腰のあった所に右腰を持ってくると考える)
3.インパクトでアドレスのグリップが再現できる事
(右手のグリップが必ず左手の「上」にあること)
4.クラブヘッドがボールの位置を過ぎるまで
ボールのある位置を見る形である事(ヘッドアップの防止)

で御質問の殆どが解消できると思います
両肩の上下も殆ど同時に解消すると思います

アドバイスまで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
>2.腰の動きが地面に並行(体の軸に水平)であること
が特にできていないと思います。
頑張ります。

お礼日時:2007/10/04 00:33

私も同じ経験から、左ひざでしっかり受け止めることを注意し続けています。


私の感覚では、”インパクト後まで左つま先に乗り続ける”です。
ちゃんとしたスイングってこんなに疲れるのかぁ・・・って感じたのを思い出しました。

やはり下半身の強化は、歩き・ランニングが基本のような気がします。精進しましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ちゃんとしたスイングってこんなに疲れるのかぁ
同感です!
これまでは振りやすいように振っていたんだと思います。
頑張ります。

お礼日時:2007/10/04 00:32

膝の動きは大切です。

でも多くの場合下半身は、体のバランスを保つために自動的に動くものです。膝が伸びて立っていられると言うことは、足首や腰の角度・・・つまり前傾も崩れているのです。

おそらくご質問の場合、原因は上半身と腰の動きにあるように思います。腰と肩が水平に回らず、いわゆるギッタンバッコンの動きになっているのではないでしょうか。こうなると逆体重になりやすく、ヘッド軌道がダウンブローにならず、インパクトゾーンが狭くなるため、わずかな誤差でダフったりトップしたりします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい、確かに膝が伸びたときは
前傾も崩れていました。
練習して克服します。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/04 00:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝裏腱の痛みについて

マラソンの練習をしていますが,走っている途中で疲労が極限に近づくと膝裏の2本ある太い腱のうち外側の腱が強く引き抜かれるような痛みが出てきます。痛みが出ると階段の上がり降りでも痛みます。原因と対処方法を教えてください。男性60歳,ハーフマラソン歴5年 これまで膝はじめ体のどこも手術等はしたことがありません。

Aベストアンサー

おはようございます。猫山と申します。
医師です。

実際にgontaronosukeさんを診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。
治療は診断ありきで決まるものです。
従いまして、「原因と対処方法を教えてください」というご質問にこの場で確答することは困難です。
診もせずして、わずかな文字情報から原因を言い当てて、対処法まで指示できる人がいたら、医者はみんな失業ですよね。

以下のサイトから、日本整形外科スポーツ医学会認定のスポーツ医を検索できますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科スポーツ医学会認定スポーツ医名簿】
https://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/sports.html(体のどの部位が専門なのかも表示されます)

以上、ご参考になれば幸いです。

Qトップとダフりについて

初心者♀です。
練習ではアイアンとUTがダフってばっかでした。
FWは苦手なため使ってません(涙
先日コースをまわった所ダフったのは2回で後はトップばかりでスコアも散々でした。
ヘッドアップやスウェーなど指摘されましたがどういう様に意識をすればヘッドアップやスウェーが防げるでしょうか…?
いまいちイメージがつかみにくいです

使用クラブはキャロウェイの初心者ハーフセット。シャフトはLです
7アイアンの飛距離は95~105位
6番のUT(30度)で130位です

Aベストアンサー

ダフリ:スイングの最下点が右にくる
トップ:スイングの最下点を過ぎてボールに当たる
    あるいは、ダウンスイングの途中でリーディング
    エッジがボールをヒットする

と言う事です

原因を一つ一つ挙げていくといとまがありませんので
基本的な考え方を理解してみましょう

普通、アドレスで真っ直ぐな姿勢で構えます
テークバックをして、ダウンスイングになったところで
体の軸が右に傾くと(右肩が下がるのも含みます)
クラブのスイングの最下点は右に寄ってしまいます
これがダフリとなるのです

体が真っ直ぐに保たれていても
腰の動きと手の動きがバラバラになったときに
スイングの遅れが生じ
腰や肩がインパクトの位置に来ているのに
(最下点がインパクトの位置に、地面に付く所に
来ているのに)
腕がインパクトの位置より後ろにあることで生じる
事もあるわけです

このほかにも、右足の膝の高さが変化して
アドレス位置よりもスイングの最下点が低くなる
場合もあるわけです

体の前傾が大きくなっても両肩の位置が
アドレスより下がりますので同じことになります

グリップの緩みもダフリを引き起こす原因になります
ヘッドの重さと遠心力の発生でクラブ軌道が下がります

他にも色々とありますが
トップの方はダフリの原因が理解できると
御自身で気が付かれるだろうと思います

初心者と言う事なので
http://homepage1.nifty.com/cobax
も参照下さい
ゴルフの周りが見えてくる思います

参考まで 

ダフリ:スイングの最下点が右にくる
トップ:スイングの最下点を過ぎてボールに当たる
    あるいは、ダウンスイングの途中でリーディング
    エッジがボールをヒットする

と言う事です

原因を一つ一つ挙げていくといとまがありませんので
基本的な考え方を理解してみましょう

普通、アドレスで真っ直ぐな姿勢で構えます
テークバックをして、ダウンスイングになったところで
体の軸が右に傾くと(右肩が下がるのも含みます)
クラブのスイングの最下点は右に寄ってしまいます
これがダフリとなるの...続きを読む

Q膝裏の痛み

年齢は25歳。

私は、ここ2週間ほど前から膝の裏が筋だと思うのですが、
しゃがんだ時など、痛いです。
特に、運動をしたわけでもなく、突然です。
仕事は立ち仕事なんですが、最初の頃は、膝の裏だけだったのですが、
最近では、膝の上、太ももまでも痛くなりました。
歩くと膝上太ももが痛いです。

以前から、腰は痛いのですが、腰からきているのでしょうか?
よく坐骨神経痛になります。
神経内科のが、いいのか。整形外科のがいいのか、
迷っています。

膝の痛みは、腰と関係あるのでしょうか?

何かアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私も、現在27歳(女性)ですが
昨年あたりから膝あたりの痛みがあり、
階段とかも上るのがきつかったので
整骨院に行った経験があります。
結果、何の異常もなく、先生からは「オバサン」みたいな症状かも・・・
と言われてしまいました。
いわゆる、神経痛です。
また、運動不足も原因だということで
少しストレッチなどの運動をしてみたところ
その翌日などはとても足に痛みなどなく、快適にいられました。

なので、最近もやはり自宅などでできるストレッチは
DVDなどを見ながら定期的に行うようにしています。

ちなみに私は「コア」のトレーニングをやっています。
コアは、体の内部にある普段使わない筋肉を使うことで、体脂肪を燃やし、内臓肥満を効果的に解消したり、人体のバランスを整えるので、アメリカなどではリハビリ治療などに使われている運動だそうです。

私はハンウンジョンさんの「CORE DIET」というDVDを持っていますが、骨盤矯正や脊椎の柔軟、ひざの痛み、坐骨神経痛、猫背矯正などのエクササイズが22~37も紹介されています。(http://www.amazon.co.jp/?ハン・ウンジョン-コア・ダイエット/dp/B000M06Q6A/ref=sr_1_1/250-8546914-2736224?ie=UTF8&s=dvd&qid=1182938071&sr=1-1)
リハビリ治療に使われているプログラムなだけあって、無理をせずマイペースでできる内容だと思いますのでおすすめです。

ただ、膝の痛みが気になるようであれば、1度病院に行ってみるのも良いと思います。整形外科や整骨院などが良いのではと思いますよ。

私も、現在27歳(女性)ですが
昨年あたりから膝あたりの痛みがあり、
階段とかも上るのがきつかったので
整骨院に行った経験があります。
結果、何の異常もなく、先生からは「オバサン」みたいな症状かも・・・
と言われてしまいました。
いわゆる、神経痛です。
また、運動不足も原因だということで
少しストレッチなどの運動をしてみたところ
その翌日などはとても足に痛みなどなく、快適にいられました。

なので、最近もやはり自宅などでできるストレッチは
DVDなどを見ながら定期的に行うように...続きを読む

Qインパクト時の左甲の意識

ゴルフスイングのインパクト時について質問です。
ゴルフ歴は長いのですが、今だ方向性が安定しません。
以前何度かレッスンを受けたことはありますが、軌道は問題ないそうです。
自分では、インパクトの瞬間のフェースの向きに問題があるのではと考えています。
そこで質問なのですが、インパクト時、安定したフェースの向きをキープするにはどこに注意されて
スイングしていますか?またインパクト時左手甲の向きは意識されてスイングされていますでしょうか?
お教え下さい。

Aベストアンサー

私にゴルフを教えてくれた方は
グリップのお話の時に
ボールは左手の「甲」で打つ気持ちで
また、アプローチでは
右「掌」でボールを運ぶ気持ちでと
教えてくれました

最初は意識していましたが
そのうちに、自然と意識から離れました

力むと、左手甲の向きが変わるようです
クラブヘッドを投げ出すようにすると
(クラブヘッドの重さで振りぬくと)
安定すると思います

参考まで

Q膝裏の痛みについて

膝裏の痛みについて
29歳女性です。
一週間くらい前から、右膝の裏にピキッという痛みが走るようになり困っています。
膝裏のちょうど真ん中あたりです。
椅子に座って普通にしている時にいきなりなるので、びっくりしてしまいます。
三回くらい続けてなることもあるのですが、その後はなんでもなく普通にしていられます。
体が硬いからかな?と思い、寝転んでタオルを足の裏にあてて上に伸ばすストレッチをしたら、右だけ痛くて伸ばすことが出来ませんでした。
それ以外では、歩いているときにほんとうにたまにピキッときます。
整形外科に先日行ったところ、レントゲンをとったのですが骨に異常は無く、ボルタレンゲルを処方され、痛みが引かないようならMRIをとると言われました。
原因が分からず不安です。
アドバイス頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>アドバイス頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

病院と同じで様子を見る以外、治療に関してのアドバイスは出来ません。MRIの結果によっては何らかのアドバイスが出来るかもしれません。

Qインパクトのときに腰が左にスライドしてしまう

右打ちです。
インパクトのときに腰が左に出て、反ったような格好になっているのですが問題ありますか?頭は右に残っているのですが、腰がスライドしすぎているような気がします。

打球はプッシュアウトが多いです。

Aベストアンサー

腰がスライドしすぎ(体重移動過多)の判断は
左膝を基準にして、腰の左端が出来ればその内側
悪くても、腰の中心が膝より内側にあることです

力学的に見ても、力線が左膝と結んだ時に
左足の幅より外に出ることは、力が逃げている事になります

感覚的に、左肩、左腰を結んだ線が左膝より出ない
と認識しておけばほぼ間違いないと思います

私の場合は、左踵(地面に付いているのですが)を
踏みしめるとほぼ同時に腰を切り始める感覚で
体重移動が十分な形になっています

他の御質問でも申しましたが、体重移動の意識が
間違っている方が居ります
上記の判断基準を参考にされることをお勧めします

アドバイスまで

Q膝の裏の痛み~診察はどこで受けれるべきですか?

昔から慢性的に右膝の裏の痛みがありましたが、
何日かすると、痛みもなくなっていたので、放置をしてきたのですが、
ここ一週間の間に、痛みが増しており、この2日間で膝を伸ばして(踵が着くと激痛で)歩くことができず、引きずるようになっています。
同様にしゃがむのもかなりの痛みで困難になっています。

膝間接そのものが痛いというのであれば、整形外科だと思うのですが、
膝間接が痛むのではなく、筋が痛いような感じです。(はっきりここが痛いとはいえませんがも間接でないのは確かです)

このような場合も整形外科でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

この場合でも整形外科がよいと思います。
診察して自分の守備範囲を超えたと思えば、麻酔科に紹介して痛みをとる治療を受けたり、内科に紹介して体の内部の異常がないか検査をしたり、鍼灸に紹介したりしますから、とりあえずは整形で良いはずです。

Q振りかぶり過ぎる。インパクト時に左つま先が浮く

いつも御世話になります。
ゴルフ初めて4年。

最近自分のスイングやティーショットを動画や
写真にとってくれるひとがいて、
自分で自分のショットみながらを分析しています。

さて、自分のショットについて質問ですが、
振りかぶりすぎで、振りかぶった頂点で頭とかたがつられて
あがってしまいます。
また、インパクト近くでは、左足がうきあがってしまいます。
つんのめっているはずなのになぜか、
ボールの結果はダフり、左へ引っ張られたようにとんで行きます。

この振りかぶり過ぎ、左足が浮き上がる。
この二点をなんとか治したいと思います。

何かいい練習方法はないでしょうか。
後から始めたひとにも追い越され
個人的には深刻な状態です。

どなたか、助けてください。

Aベストアンサー

オーバースイングでトップで体重が右から左に流れて、逆に
ダウンスイングでカウンター気味に右に乗りっ放しでダフる傾向なのかな?

ダフりもトップもスイングの軌道が安定していないのが最大の原因だと思います。
振り被り過ぎていると自覚されているようでしたら、やっぱり練習に
ハーフウスイングなどを取り入れてまずコンパクトなスイングで
軌道を整えるのが先決かと思います。
大きなスイングアークの方が助走距離が長くヘッドスピードが
上るというのが本来の考え方かもしれませんが、正しい軌道を
通ってこそHSが上るもので、寄り道軌道であればインパクトも
安定しないばかりでなくHSも上らないので、であれば
自分が管理できる範囲で軌道を整えた方が後々HSも上ってきて
今のイメージで3/4くらいの振り幅が将来的にはフルショットに
なっていると思いますよ!

動画を取るとクラブの動きや腕・上半身にばかり目が行きがちですが
意外と下半身の使い方の悪さを見落として手先だけでスイングをイジって
しまうなんてこともありますので、動画チェックの際には広い視野で
自分のスイングをご覧になってください。
体重移動は"積極的に行う"という理論と、"おのずと出来ている物だ"というような
相反する考え方があると思いますが、この場合のハーフスイング練習には
安定した土台が必要になってくると思いますので、あまり意識的に
右に乗ろう!左に乗ろう!などと思わずフラつかないように
バランスよく立つことだけ心掛ければ良いと思います。

左足が浮くのはポーラクリーマーなどプロの中にもそういう癖のある
選手もいるのでなんとも言えませんが、ドライバーのフルショットでは
良くてもアイアンのコントロールショットの場合は正確性に欠けるかもしれませんね!
さきほどのハーフスイングの練習と合わせて左足カカトの下にタオルや
ヘッドカバーなど置いてスイング中ずっと踏み続け足の裏が上らないように
意識付けする方法もあります。

この2つを組み合わせて尚且つ練習場では高くティーアップしたボールを
8番か9番アイアンで打って100Yのターゲットを狙ってください。
練習場のマットでは多少のダフりがナイスショットになってしまう
場合がありますが、高くティーアップすることでゴムティーの部分を
打つと明らかにダフっていることが手に伝わります。
当然高くティーアップしてる分ボールが体に近い場所にありますので
グリップを短く持ってください。
結果的にハーフトップくらいの球が出る分にはOKです。
普段100yのターゲットを例えばPWで狙うなら8番、AWなら9番
というように2番手くらい長いクラブで練習してください。
飛ばす距離を落とすのが明確な方が自然と振り幅がコンパクトになります。
できればカカトにある物を踏んだまま胸の前にクラブを納めてフィニッシュで
3秒くらい静止できるようになれば言うことありません!
是非お試しあれ♪

オーバースイングでトップで体重が右から左に流れて、逆に
ダウンスイングでカウンター気味に右に乗りっ放しでダフる傾向なのかな?

ダフりもトップもスイングの軌道が安定していないのが最大の原因だと思います。
振り被り過ぎていると自覚されているようでしたら、やっぱり練習に
ハーフウスイングなどを取り入れてまずコンパクトなスイングで
軌道を整えるのが先決かと思います。
大きなスイングアークの方が助走距離が長くヘッドスピードが
上るというのが本来の考え方かもしれませんが、正しい軌道...続きを読む

Q膝の裏の痛みからむくんでゆく

どうぞよろしくお願いします。膝の裏がダルく重苦しいかんじで痛くなってその後ふくらはぎがむくみで痛くなってきます。何か滞っている感じがし痺れ感が少しあります。あまり痛い時は寝苦しいです。膝の裏のマッサージとストレッチを沢山すると良くなってくるのですが、3時間位で痛くなってきます。膝を曲げるとすぐに痛くなってきます。半年前に気がついたのですが、前はむくみで全身がダルく痛みがあり重かったのですがアキレス腱のばしの体操を定期的にしたら膝から上が嘘のように楽になり膝下が痛い事に気がつきました。何年か前に足首が痛くなり歩くのが嫌な感じでしばらくすると軽くなったのですが膝が痛くなってまたしばらくすると痛みが無くなりました。一年半前仕事で急性腰痛症ヘルニアになってしまったのですか足首や膝が影響するなどということはありますでしょうか。腰痛で医者に行った時に聞いたのですがマッサージやストレッチをするようにとの事であまり具体的に言って貰えませんでした。膝が曲がっているのでしょうか。

Aベストアンサー

しびれ感があって、寝ていてもいたいのですね。
これはおそらく坐骨神経痛だと思います。坐骨神経とは腰から足先まで伸
びている太い神経ですが、腰になんらかの異常があればその走行上に痛み
や痺れなど出ます。お尻、ふともも、膝裏、ふくらはぎ、足裏などです。
すべて出る人もいれば、膝裏だけとか、腿だけとか言う人もいます。原因
疾患はヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、すべり症などですが、特
別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性は
あります。腰疾患の診断にはレントゲンやMRIが必要ですので、整形外科で
調べてもらってください。

しかし、膝の異常を合併している人も少なくありません。ですから膝も整
形で見てもらいましょう。


整体、カイロプラクティックは無資格の素人さんです。病気・病名によっ
ては、注意が必要だと思います。看板に、鍼、灸、整骨、按摩、指圧、
マッサージと揚げているところは国家資格者です。(スタッフに無資格者
がいる場合も・・・)

整(接)骨院で治療できるものは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などの
いわゆるケガです。ですから今回は対象外のケースになります。保険の偽
装請求の問題もありますので行く時は注意が必要です。
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html

治療院を選ぶ目安は、ケガ(急性)なら整骨院です。肩コリ、腰痛など
(急・慢性)は鍼灸、マッサージ院です。

とりあえず、痛い所にシップを貼って下さい。マッサージ、ストレッチ、
アルコール、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので控えましょう。


レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。

しびれ感があって、寝ていてもいたいのですね。
これはおそらく坐骨神経痛だと思います。坐骨神経とは腰から足先まで伸
びている太い神経ですが、腰になんらかの異常があればその走行上に痛み
や痺れなど出ます。お尻、ふともも、膝裏、ふくらはぎ、足裏などです。
すべて出る人もいれば、膝裏だけとか、腿だけとか言う人もいます。原因
疾患はヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、すべり症などですが、特
別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性は
あります。腰疾患の診断...続きを読む

Qインパクトの時左腰が開く癖を直したい

 ゴルフを始めて2年足らず。HSは41です。毎朝ジョギングの時はクラブを持参し素振りをしています。練習場にも週2回は通っています。好調時は1Wで220Y位、7Iで150Y位ですが、好不調が激しく全く安定感がありません。

 現在スクールに通っており、コーチから「きちんと左股関節に体重移動が出来ていない。左腰が開いている。上半身でのスイングはいいが、そのためにヘッドが元の位置に戻らず、当たっても曲がる」と言われ、最初から左足に体重を乗せておき、ハーフスイングで打って、左股関節に体重が乗っている感覚を身につけよと指導を受けています。

 この癖はゴルフをはじめた頃「トップからの切り返しは、左腰を切ることから開始する」というあるレッスン書の内容を誤解し、本来ならインパクトの後左股関節に体重が移動し、フォロースルーで前に振り出されたクラブを追いかけるように右腰が前に移動しなければならないところを、右腰が前に移動するのではなくて、逆に左の尻が後ろに引けてしまう状態になってしまいました。そういえば上手い人は打ち終わった後右つま先立ちになっていますが、私の場合はつま先立ちではなく、指が折れている状態です。フォローでもクラブは前方ではなく、背中側に回り込むことが多いです。これらはきちんと体重移動が出来ていないせいだと思います。

 コーチの指導もあり、大分直ってきてはいるそうですが、まだ右足に少し体重が残っていると言われます。何とかこの悪い癖を直したいです。自宅でも出来るドリルなどがあれば是非ご教示ください。

 ゴルフを始めて2年足らず。HSは41です。毎朝ジョギングの時はクラブを持参し素振りをしています。練習場にも週2回は通っています。好調時は1Wで220Y位、7Iで150Y位ですが、好不調が激しく全く安定感がありません。

 現在スクールに通っており、コーチから「きちんと左股関節に体重移動が出来ていない。左腰が開いている。上半身でのスイングはいいが、そのためにヘッドが元の位置に戻らず、当たっても曲がる」と言われ、最初から左足に体重を乗せておき、ハーフスイングで打って、左股関節...続きを読む

Aベストアンサー

>左肩
左膝ではありません

クラブのスイングは肩を中心(支点)にして
円を描く形になりますね
この円の中心が動いてしまうと
ヘッドスピードが相殺されてしまい
折角の動作が無に帰します(スピードが減る)

出来る事なら肩を固定したいのですが
いかんせん左肩が回る事でヘッドスピードが
出せるのです(チョット矛盾しているように思えます)

「左肩を止める」というのは意識の問題なのです
左腰が開くのは左肩が引っ張っていくからで
この開きの程度をベストな位置に改善する
と言う事になります

実際に良い球が出る時には
左肩が一瞬止まった感じがします
実際には動く途中なのですが
別の言い方では「肩を閉じる」と言うこともあります
つまり開き過ぎないようにと言う意味です

肩を開きすぎないということは
肩を閉じた位置でインパクトを迎えることが出来れば
いいわけで、そのために、テークバックで左肩を
あごの下まで十分に入れろと言う事になります

頑張って下さいね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング