SYBR GreenI ,II についてお聞きしたいことがあります。
土壌中の藻類、バクテリアを見たく、染色について質問があります。
最近バクテリアを見るのに、SYBR Green主流になりつつあるとのことですが、発色具合、手間等教えて下さい。
またSEMも検討しているのですが、そのへんのことを教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトにFCMでの使用例の論文があります。


1.http://www.funakoshi.co.jp/news/221pdf/221_p25.pdf
2.http://bio.takara.co.jp/catalog/catalog_d.asp?C_ …
(SYBR Green I(TaKaRa Code F0512))

ご参考まで。

参考URL:http://www.sb-roscoff.fr/Phyto/Reprints/Marie_et …

この回答への補足

ありがとうございます。
説明不足で申し訳ないのですが、
アガロースゲル電気泳動を行って、発色させるのではなく、
バクテリア、藻類そのものを発色させたいのです。
しっていれば教えて下さい

補足日時:2001/01/31 19:59
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物 染色分体 染色体 相同染色体 二価染色体 ?

生物の細胞分裂のところで分からなくなっていて悩んでいます。

  あるテキストで

  「体細胞では相同染色体が2本ずつ含まれていて この状態の細胞を 核相は複相(2n) 
   
   生殖細胞では相同染色体が1本しか含まれていない よって核相は単相(n)」
 
  と書いているのですが、 相同染色体が1本とはどういう状態ですか?
 
  (n)ということは相同染色体はないということではないのですか?

  1本=1セット??(;゜゜)

 
  では減数分裂のときに対合した相同染色体(=二価染色体)ができるのはなぜですか?


  減数分裂が起きるのは生殖細胞だけですよね?

  
?ばかりで申し訳ないですが 教えてもらえると助かります!

Aベストアンサー

そうです、1セットの意味です。

ニ価染色体はよくわかりませんが二価染色体にならければ正しく(機械的に)配分できないと思います(二等分二等分して最終的に過不足ない1セットにします。つまり第一減数分裂で間違いを起こさないためです)。

Q肝臓組織の染色法について(HE染色・AM染色)

肝臓組織の染色方法について。

肝臓組織を委託で染色していただいたのですが、その際にHE染色とAM(おそらくアザン・マロリー)染色という2種類の方法で染色していただきました。調べたところ、HE染色は一般的な染色方法のようですが、AM染色がよくわかりませんでした。

基本的なことをお聞きして申し訳ないのですが、
HE染色、AM染色の特徴、また2つの染色の相違点、これら2つの染色法で行った意義などがわかれば、教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.yodosha.co.jp/gastroent/pathology/vol4.html

http://jsp.umin.ac.jp/corepictures2007/10/c05/index.html

HE染色は、組織切片を見やすくするため組織細胞の核と細胞質を染め分ける。

アザン染色は線維組織を染める。線維化の具合によって肝硬変の進み具合が分かる。

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

QX染色体とY染色体の起源は同じ?

前の質問と同じく性染色体についての質問です。
X染色体とY染色体の起源は同じと聞きましたが、そうなのでしょうか。
 ここで説明して頂くにはきっと複雑すぎるでしょうから、参考になるようなホームページがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

呼ばれて出てきました(笑)
suiranさんが紹介されてるとこのレビューを読んでみたりしたのですが、なかなか興味深い内容でした。レビューっていいですね。自分の勉強にもなりますし。本業がおろそかになってしまいますが・・・

さて。本題。

X染色体とY染色体は起源が同じらしいです。現在の爬虫類の生物でも見られるように、3~4億年前の哺乳類などの先祖は周囲の温度によって卵がオスとして発生するかメスとして発生するかが決まっていた可能性があります。ですが、鳥類や哺乳類のような恒温動物の出現によって、このメカニズムが不要になったのではないかと。

このころ、ある常染色体上にあった遺伝子に変異が生じて、オスを決定するような優勢の変異遺伝子(現在のものはSRYと名前がついている)になってしまいました。このとき以降、この変異遺伝子を持つ個体は必ずオスになります。つまり、この遺伝子が乗っている染色体は性染色体として働くようになりました。これが、性染色体の起源です。まだこの染色体のペアには顕著な形状や他の遺伝子の機能に差はありません。

おそらく上の変異の直後、染色体の再編成が起こったのでしょう。ゲノムの一部が180度向きが変わる逆位という変異が起こり、前駆X染色体と前駆Y染色体の一部の塩基配列が相同でなくなりました。相同でないと、生殖細胞を生じる減数分裂の過程で染色体の組換えがこの領域では起こらなくなります。この組み換えの起こらない領域に、いくつかの別の遺伝子とともに先のSRY遺伝子がありました。この染色体は、子孫の間でどんどん広まっていきました。

前駆Y染色体は、組み換えを起こさない領域にいろいろな遺伝子の変異を溜め込みます。組み換えを起こさないので、これらの新たな変異は前駆X染色体に移ることがありません。しかも、もともと前駆Xはこれらの正常なものを持っており機能を補っているので、オスの生存に問題はありません。こうして、前駆Yのこの領域の遺伝子はどんどん使い物にならなくなります。このような領域はあってもなくてもよい(生存にかかわらない)ので、前駆Yから少しずつ消えていきます。SRYは非常に重要なので、少しずつ変化することはあっても完全にはなくなりません。

前駆Yで、複数の遺伝子を含む染色体の逆位は何度か起こっているそうです。このことにより、組み換えの起こらない領域はどんどん大きくなり、また、染色体の消失も起こります。ヒトのY染色体はXに比べてすでにかなり小さいですが、モグラのように完全にY染色体を失ってしまった(メスはXX、オスはXOと表記します)生物もいます。ヒトでは、XとYの間の組み換えはほとんど起こりません。

XYの間で、もともとは同じものだったが別々の進化の過程をたどった遺伝子などはいくつか知られていて、発現の時期や場所が違ったりするそうです。一番最初にオス決定遺伝子SRYのもととなるような変異を起こした遺伝子も、X染色体のほうでは類似した別の遺伝子となってどっか別のところで働いてるそうです。

長くなりましたが、このような説があるということで(これでも)簡単にまとめてみました。至らない点もあるかと思いますが、参考になりますでしょうか。

ちなみにSRYは、Sex-determining Region of Y chromosomeの略です。

呼ばれて出てきました(笑)
suiranさんが紹介されてるとこのレビューを読んでみたりしたのですが、なかなか興味深い内容でした。レビューっていいですね。自分の勉強にもなりますし。本業がおろそかになってしまいますが・・・

さて。本題。

X染色体とY染色体は起源が同じらしいです。現在の爬虫類の生物でも見られるように、3~4億年前の哺乳類などの先祖は周囲の温度によって卵がオスとして発生するかメスとして発生するかが決まっていた可能性があります。ですが、鳥類や哺乳類のような恒温動物の出現に...続きを読む

Q細胞核を染色する染色液で家庭に

あって流用できる物はありませんか。絵の具.インキ、醤油、食紅、その他混合物で、専用の液より劣っても我慢します。

Aベストアンサー

「ヨードチンキ」では良く染まりませんでしたか。それなら科学の進歩と同じく「カーミン」でどうでしょう。

カーミンはサボテンにつきますカイガラムシのメス(エンジ虫)から取り出した色素です。高級な赤インク(昔の付けペン用インク)や食紅(コチニール色素の食紅で日本でしか売られていないものです)の原料です。

食紅でも食用色素102号はタール系色素の「ニューコクシン」でカーミンではありませんが良く染まるはずです。

○食用色素については下記を…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%80%E8%89%B2%E6%96%99


人気Q&Aランキング

おすすめ情報