3才の娘の学資保険は『郵便局』のものに入ってます。
知り合い(局員)の付き合いで入ったのですが、この保険元本割れしますよね。入院保障みたいのも掛け金によって額は違いますが含まれてます。
しかし
2人目が生まれて、この子が病気をもって生まれてきたのでどこの保険にも加入できないんです。そこで調べてたら『ソニー』の学資保険は医療保障などがついてないのがあって、わが子でも加入できるそうなんです!しかも元本割れしないっ!!

実際、小学校上がるまではほとんど医療費がかからないので医療保障はついてなくてもいいかなって思ってます。

そこで
2人共『ソニー』の学資保険に入ろうと思うのですが、郵便局の保険を解約しないとなんです。そこで疑問が・・・
1・3年間は解約しない方が・・・
  って聞いたのですがどういうことですか?(H16・6月から掛け  てます)
2・知り合いの付き合いで入ったため、解約すると何かその人に影響が
  あるのでしょうか?成績的な事とか、お給料が減るとか・・・

この2点に疑問があり、まだ何も動けないでいます。
どなたか詳しい方いましたら教えてください。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2~3の者です。


gootanmamaさんは保険が少し苦手とのことなので、まず保険と預貯金の違いについて簡単に説明いたしますね。
違いについて例えとしてよく言われるのが、「貯金は三角、保険は四角」という言葉です。
これは、
http://hokenkaisetsu.com/life/s03.html
上記のサイトを見てもらえればわかると思います。
つまり万が一のことが起こった場合に、預貯金はそれまで積み立てていたお金と利息のみが支払われるのに対し、
生命保険は加入後に亡くなった場合はいつでも満額の保険金が支払われる、ということです。
(※保険によっては加入後一定期間は削減されるものもあり)
そもそも学資「保険」という名前でありながら、お子様の保障が一切付加されていないというのはどうなのかな~というのが率直な私の意見です。
ただ今回のように、学資保険にも会社によって保証重視型のものや貯蓄重視型のものがあり、
一概にどちらが良いとは言えません。
それこそ貯蓄は預貯金を利用したり、自己責任で投資信託や株式・債券等を購入したり、
その一方で万が一に備えてお父様の定期保険等に加入なさるというのも一つの方法です。
それぞれのご家庭の事情によってニーズも違ってきますし、好みも違ってくるということです。

gootanmamaさんが受ける損っていうのは、解約なさった時にほぼ間違いなく元本が返ってくることはないっていうことです。
全く返ってこない訳ではないですよ。
単純に3年で36万円掛けてたとしたら、その半分とか何割かしか返ってこないと思われます。
これは預貯金との大きな違いで、保険は加入してすぐに大きな保障があるので、その保障分の保険料を掛けないといけないから、
途中解約しても元本は保証されずにかなり少ない金額しか返ってこないということなんですね。
これはソニー生命の学資保険も同じです。
http://www.sonylife.co.jp/insurance/educational/ …
また、郵便局の保険の解約については、
http://igaku.biz/yuubin-home/kani-kaiyaku.html
に詳しく載っています。
(加入した郵便局でしか解約できないと書いていますが、10月からはどこの郵便局でも解約できるようです。)
詳しい解約返戻金額をお知りになりたい時は、お近くの郵便局へ出向いて窓口で確認してみてください。
(ただし契約者からの委任状とgootanmamaさんの免許証等の証明書類が必要です。)
最後に学資保険・こども保険について考えるための非常にいいサイトを見つけましたんで、下記に載せておきますね。
よろしかったら参考になさって下さい。

参考URL:http://insurance.webunited4u.com/
    • good
    • 0

1.現時点での解約返戻金を確認してください。


2.それから、満期までこの先幾ら払って、幾ら受け取れるのか・・
 その差はいくらでしょうか?
入院補償が必要ないと考えるなら、1.と2.の金額を比べてみれば、おのずと答えが出ると思います。

知り合いの方の成績に関しては、考えなくてもいいと思いますよ。
その方のために我慢して続けていても、今後、人間関係に影響するかもしれませんから。
何かささいなトラブルでも、「あなたのためにと思って、保険を解約しないでいるのに」って思ってしまうことがあるかもしれませんから・・・

蛇足ですが、
学資保険にご加入される動機はなんでしょうか?
今は利率が低いので、受け取るときのメリットよりも、途中で解約するなどのリスクの方が高いのではないでしょうか?
ご主人に万が一の時、と考えるのでしたらご主人の死亡保険を増やしましょう。
    • good
    • 2

ご質問に答えていませんでしたので補足しますね。




>>1・3年間は解約しない方が・・・
  って聞いたのですがどういうことですか?(H16・6月から掛けてます)

おそらく短期での解約は返戻金がかなり少なく、かなりの損になってしまうということだとは思いますが、
3年経ったからといっていきなり返戻金が増えるというものでもありません。
なので、その3年という意味がはっきりとはわからないです。


>>2・知り合いの付き合いで入ったため、解約すると何かその人に影響が
  あるのでしょうか?成績的な事とか、お給料が減るとか・・・

これは郵便局員の場合も、保険に加入してもらったらその金額等に見合った手当が支給されています。
もちろんその人の当時の営業成績にもプラスされています。
郵便局員もノルマが厳しいようですしね(笑)
ただもう3年経過しているので、営業成績には特に影響もないですし、手当の返納も無いと思われます。
なのでもし解約なさっても、その人に悪影響は出ないでしょう。
でもgootanmamaさんがかなりの損を被ってしまうのは避けられませんが…。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。

損してまで学資保険をかけなくてもいいかなって思ってます。
だったら普通に貯金してあげてればいいのかなって。
主人とも相談して、解約にむけて動きたいと思いますね。

そこで
私の受ける損ってどういうことですか?
今まで掛けてきた分が一切返金されないってこと?
それともそれ以外に解約金みたいのを払うとか・・・
単純に月1万円掛けてて3年間なら36万円ですよね、これが戻ってくれさえすれば私はいいのですが・・・実際違います??

教えていただけると助かります!

補足日時:2007/11/04 22:09
    • good
    • 2

まず郵便局の学資保険とソニー生命の学資保険の大きな違いについてですが…


gootanmamaさんがおっしゃるように、最後まで掛け続けて元本割れするかしないかというのが一番の違いでしょう。
ではなぜこんな大きな違いがあるのかですが、それはお子様の保障があるか無いかの違いですね。
医療保障はもちろん一切ありませんし、お子様の死亡保障もありません。
(お子様が亡くなっても利息も付かずに掛けた金額しか返ってこない)
あえて保険らしい保障がある部分といえば、契約者(お父様?)が亡くなった時の払込免除制度ぐらいです。
(それも一時払だと免除がなく、掛けた保険料は戻ってこない)
ソニー生命自身が言っているように、この保険は貯蓄性のみに重点を置いた商品ですので、
「保険」と言えるのかどうか私からすればちょっと疑問です。
積立型の預金にお父様の死亡保障の定期保険(掛け捨て)が100万円か200万円分ぐらい付加されたもの、
みたいな感覚だと思います。
その上、万が一お子様が亡くなっても掛けた金額しか返ってこないので、その点では預金より分が悪いです。

以上のことを考慮の上で、保険の乗り換えも検討されてはいかがでしょうか。
もちろん小さいお子様が亡くなられるリスク、入院するリスクというのは極めて低いですから、
こういった預貯金のような保険に加入するのも一つの手だとは思います。
ただ個人的には、保険としての保障がほとんど無いのであまり好きではないのですが…。

参考までにソニー生命の宣伝ページがありましたので付け加えておきますね。

参考URL:http://baby.goo.ne.jp/member/special/04/sony/son …
    • good
    • 0

1の解答、三年以内で解約すると、解約返戻金が殆ど戻らず、ある意味掛け捨てをしていた状態になるからだとおもいます。


2の解答、二年以内の解約の場合、一般の生命保険会社の保険のおばさんは社員ではなく個人契約社員になるため、給料の殆どが歩合制になりますから、ペナルティーでマイナスされますが、郵便局は歩合制ではないのでお給料が減るような事はありません。評価はアウトプットされますので、問題があれば下がりますが、三年たっていますから大丈夫でしょう。
それよりも、何故いまどき学資保険に入ろうと思うのですか?昔は子供が生まれたら学資保険と、郵政局がふれまわったおかげで猫も杓子も入る時代がありましたが、今や何のメリットもありませんが・・・
あるとすれば、世帯主のご主人が亡くなられて保険を払わなくても、契約満了時迄免除される位で、学資保険と言うのは、名前に騙されますが
、そこにはお父さんとお子さんの死亡時のリスクもきちんと計算されているのですよ。あくまでも保険ですから。でしたら、学資保険に入るお金があるならもっと利回りの良い所にお金を子供名義で預けた方がよっぽど今の時代お徳です。もしくは、両親どちらかの名義で医療特約やリビングニーズや生存返戻金など一切何も無い、ただの10~15年満期の生命保険に入っては如何ですか?これなら多少利息率が悪くても、万が一死亡の場合、学資保険と同じ働きをしますよね、しかも掛けられている人間が一人なので学資保険より、同じ受け取り金額でも安いです。
お子さんの医療費などは県民共済でまかなうのが一番安く、審査も軽くお金がおります。生協の保険もいいですよ。物壊しただけでお金下りますから。
とにかく勘違いしてはいけません。保険はあくまでも保険です。貯蓄とは違います。保険は一回始めると辞められない確実に貯まる貯蓄と言う人も居ますが・・

この回答への補足

色々とアドバイスありがとうございます。
私自身、『保険』て難しくて苦手なんです・・・。生命保険も知人が働いてるとこにお付き合いで入ってる状態ですから。

教えてください、解約返戻金がほとんど戻ってこない
これって、例えば2年間払ってて解約したら2年分の払ってたお金すら戻ってこないって事ですか???

今時学資保険・・・というよりも、長女の郵便局の学資保険も付き合いで仕方なく入ったって感じだったのですが、当時も『元本割れするなら貯金すれば』って思ってたのでそろそろ解約しても平気かな?って思ったのが始まりです。
ソニーのは確かに貯金って感じで、保障はついてませんしね。でも満期時にいくらかプラスされるって言われたので、銀行に貯金するよりはいいかなって思ったんです。
でも実際どうなんでしょうか?

補足日時:2007/11/04 21:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q郵便局の学資保険、2口入っている方。

1歳の子供の学資保険に入ろうと思っています。
プランを迷っていると義母が、
「最初は2500円くらいのでたてておいて、
子供が小学校を卒業したくらいから、もう1口入ればいい」と言われました。
子供がそれくらい大きくなったら夫の収入も増えてるだろうし、言われてみれば納得。
でも実際にそうしている方っていますか?
どのようなプランで入っていますか?

あと学資保険で1つ分からないことがあります。
中学入学前などに一時金?が下りますよね?
それって、今まで払っていた中からって事でしょうか?
そうすると、これからまた払っていく時は…損をしたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

学資保険って満期にいくらもらえる設定ですよね。
だから一時金は満期金からひかれるから損することはないと?思うんですが・・・
うちはけっこう無理して学資保険かけたので2人目が
生まれた時に減額しました。

Q学資保険と積立定期、どのように比較したら良いのでしょうか?

まもなく1歳になる男の子の父親(40代)です。
子供の将来の教育資金のために学資保険加入を検討しています。
あくまでもメインの目的は貯金で、医療保険等が含まれているものは考えていません。
いろいろな情報を調べて、ソニー生命の学資保険が良いのではないかと思っています。

しかし、「今は低金利時代だから、積立定期の方がお得」という意見も聞きます。
ただ学資保険は、「18年間で返戻率○○○%」という表記で、積立定期は「年利○%」と
いう表記が一般的かと思います。どちらが得かという観点で、これをどのように比較したら、
良いのでしょうか?(保険というより、数学の問題のような気がしますが。)
また金利以外でも、比較するポイントがあれば教えてください。

ちなみに、ソニー生命のHPで我が家が希望するプランを入力してみたら、
17歳満期で返戻率106.7%となりました。

Aベストアンサー

単純に数学の問題として計算してみました。

年利1%で17年間複利で計算すると、元本に対して108.4%の戻り。
年利0.5%なら元本に対して104.1%の戻り。
返戻率が106.7%なら、0.7%前後の利率だと思います。

ただし実際には積立定期には利息に対して20%が課税されて複利で運用されます。一方、学資保険では生命保険控除があるし、逆に受け取り金額によっては一時所得として所得税もかかるかもしれません。
また積立定期にした場合、今後17年間今の低金利が続くとは思えません。今後、いつになるかは分かりませんが定期の金利は17年間のうちには必ず上がるはずです。

それらのことを考えると単純には比較できませんので、結局は父親がなくなったときの保障をどう考えるかで学資保険に加入するかどうかを判断するしかないのでは?

Q郵便局の学資保険と養老保険

私は1972年生まれの女性、未入籍の夫は1984年生まれで、現在大学へ通っています。昨年9月に長女が誕生したので、将来の学資を貯めようと思い、夫を契約者として簡保の学資保険(18歳満期金150万円)を始めようとしたところ、郵便局員の方に「契約者とお子さんの苗字が違っていると支障がある」と言われ、かわりに養老保険の18歳満期を勧められました。
(1)養老保険にすべきでしょうか。それとも私が契約者となり学資保険にすべきでしょうか。それぞれのメリット・デメリットは?(2)事実婚でお子さんのいらっしゃる方、保険はどうされていますか?
生命保険としては、別に全労済のこくみん共済に入ろうと考えています。

Aベストアンサー

ご参考になればと思います。
学資保険と養老保険についてですが、今回のご質問は保障ではなく貯蓄としてのお考えがメインのようなので、その点を重視してお答えさせて頂ければと思います。

まず極論から言いますと18歳時に150万円を貰う事だけ考えれば私は【養老保険】を勧めます! まぜ?か・・養老保険も多分会社によってマチマチですが、150万円貰う為に大体の方が特約として入院保障などを付けて契約していますが、150万円以上保険料を払う事になるんです。 それを学資保険と比較すると形や保険種類によっても変わりますが、養老保険の方が“差額”は低く済むでしょう! そして、学資保険の場合各年度に給付金が出るタイプに大体加入しますので、例ですが【12歳で15万円】【15歳で15万円】【18歳で120万円】になったりしますので、養老保険のように150万円が18歳に出てくる方が利に適っているのでは?!と思います。

※ご質問についてお答えさせて頂いた訳ですが、上記の様な保険が決して悪い訳ではありませんが、色々視点を変えてみるともっと色々な保険が見えて来るかもしれませんよ。 年齢の制限によって入れる商品の枠は狭いですが、各社には色々あるものです。 入ってから見直すよりも入る前に十分な情報を入れ吟味してはと思いますよ! 民間の生命保険会社や保険代理店に問い合わせるのも手間無く情報を収集できる1つの方法です! 

ご参考になればさいわいです。

ご参考になればと思います。
学資保険と養老保険についてですが、今回のご質問は保障ではなく貯蓄としてのお考えがメインのようなので、その点を重視してお答えさせて頂ければと思います。

まず極論から言いますと18歳時に150万円を貰う事だけ考えれば私は【養老保険】を勧めます! まぜ?か・・養老保険も多分会社によってマチマチですが、150万円貰う為に大体の方が特約として入院保障などを付けて契約していますが、150万円以上保険料を払う事になるんです。 それを学資保険と比較すると形や...続きを読む

Q学資保険の比較に追加すべきものはないでしょうか?

1才4ヶ月の息子に大学入学時、300万もらえる学資保険考えてます。
・郵便局の簡保
 疾病入院特約つけて一括払いにして
 元本割れをなくし最終4万ほどの利益。

・ソニー学資保険
 300万のゴールで年払い 最終35万の利益、
 でも保険がないので県民共済を月2000円(実質は返還あるので
月1300として)×17年で27万になり±で8万の利益。

主人の生命保険に子供特約も考えたけれど5年後に見直しする予定で
解約の可能性もあるのでこの話はやめになりました。

この比較に何か付加えや忘れはないでしょうか?
このままでは後者になりそうですが簡保のいい部分もわかってないのかもしれません。
アドバイスありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

追加です。
>一括にしないと元本割れしそうで。税金の事が分らない分、そうしてしまいそうです。
 蛇足ながら、保険契約者が万一の時、掛けた保険料が戻ってくるのが一括払い(通称:前期全納払)で、戻ってこないのが一時払いです。前者より後者の方が掛け金は高くなります。
 ちなみに小生が子ども保険に入ったのは、バブルの終末期なので、とても高い金利(予定利率)でした。
 今は、とても低金利なので、そう言う意味からは、何かしらお気の毒です。
 本題ですが、リスク分散の意味での3分割です。と言うのは、掛け金を払い込み中にほかにお金が入用の時、3口加入だと1口だけ解約したり出来ますね。大口契約は、保険会社やセールスには喜ばれるでしょうが、あくまで自分の保険です。おそらく、家の次に高い買い物ですから、慎重に。契約に当たって疑問な点は、しつこいくらい聞きましょうね。
 なお、配当金などは保険金額に比例するので、小口だから配当金が少ないということはないはずです。
 それと、保険金(満期保険金や配当も含む)の受取額(保険会社からは支払額)が100万円以上だと、支払調書が税務署に提出されます。簡保の場合は、必ず出されます。まぁ、今の金利なら税金は掛かりませんが、痛くもないマネーのことを官憲に知られるのは心地よいことではないです(と、小生は考えます)。
 御参考になれば。

追加です。
>一括にしないと元本割れしそうで。税金の事が分らない分、そうしてしまいそうです。
 蛇足ながら、保険契約者が万一の時、掛けた保険料が戻ってくるのが一括払い(通称:前期全納払)で、戻ってこないのが一時払いです。前者より後者の方が掛け金は高くなります。
 ちなみに小生が子ども保険に入ったのは、バブルの終末期なので、とても高い金利(予定利率)でした。
 今は、とても低金利なので、そう言う意味からは、何かしらお気の毒です。
 本題ですが、リスク分散の意味での3分割です...続きを読む

Q郵便局の学資保険

3年前に郵便局の学資保険(18歳満期 200万円)を契約しました。

払込総額が約220万円で戻りが200万円なので元本割れのものです。
損するので解約を考えようと郵便局で今、解約するといくら戻ってくるのか聞いたところ、主人が契約者なので妻の私では教えられないとの事。

主人が窓口まで行かないと返戻金の額がわかりません。
主人は仕事をしているので平日の4時ぐらいまでに郵便局の窓口に行くのは不可能なので困っています。

今、解約してしまうと損をしてしまうのでしょうか?
今わかっているのは貸付金額が約20万円だということ、これよりは若干多く戻ってくるようなのですが、そうすると、月10000円の保険料を3年分=36万円なのでかなり損ですよね・・・。

それならばもう少し解約しないでかけ続けたほうが良いのか・・・。
アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

学資保険は、両親などが死んだときに学資を保証するためのものなので、
払込金の一部は、その時点で受給資格のある他人の学資に回されます。
ですので、払込金>受取総額となるのはある意味「アタリマエ」な
金融商品なのですが、その点はわかって契約されてますよね?

ですので、得か得でないかは、あなたが「万一の時の学資補充のために
その分(年間数万円)を支払う意思があるか」にかかります。

支払う意思がないなら即時解約すべきですし(今後も一定額払い続ける
ため)、支払う意思があるなら継続すべきです。

ちなみにこの手の「満期返戻金のある保険」は、中途解約した場合でも
その時点の責任準備金(満期のために別枠で積み立てている金額)は
ちゃんと帰ってきますから、損得はないことになります。一見「損」に
見える部分は「親などが死亡した他人の学資」に回っているのですから。

Q学資保険の予定利率について

学資保険を検討しています。
学資保険・貯金・住宅ローンの繰上げ返済等を比較する中で、
学資保険の利率の計算方法を教えてください。

例えば、年払額120,000円、18歳満期時2,400,000円の
学資保険がある場合、利率をA(1%ならA=1.01)とすると、

1年目 120,000×A 
2年目 (120,000×A+120,000)×A
3年目 (120,000×A2乗+120,000×A+120,000)×A
・・・という感じで18年目までエクセル等で計算していって、
18年目の結果=2,400,000円となるようなAの値を
探せばよいのですか?

さらに、貯金の場合は源泉税率が20%とすれば、
上記で求めたA÷0.8をしてあげれば、
貯金とも実質比較できると思います。
いかがですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
積立利率の計算方法は関数を使えば簡単です。

積立期間18年
毎年の積立額12万円
18年後の受け取り額240万円

積立利率=RATE(18,-120000,,2400000,1) です。
*税金を考慮していません。
 学資保険でしたら満期金は一時所得の対象です。
 一時所得は50万円の控除があるので、この場合は非課税です。

貯金の場合は毎年の利息に対して20%の税金がかかるので、
上記の結果を0.8で割った結果が積立利率です。


注意点
殆どの学資保険は、契約者(親)が死亡した場合、
保険料払い込み免除となります。つまり親の死亡保障がついています。この分の保険料が含まれていることを忘れないでください。

Q郵便局の学資保険

今年1月娘が生まれ、すぐに郵便局の学資保険に加入しようと主人の健康申告の書類などを出しましたが、3月にその娘が亡くなりその2日後に郵便局から連絡があり、主人は喘息があるため加入できなかったと連絡がありました。
最初は小さな村なのですぐに亡くなった噂が広がって、郵便局員さんの耳に入り加入できなかったのかな・・・など考えてしまいました。さすがにそんな事はないだろうと思い直しましたが。

子供の学資保険はどこでも加入者に喘息があると加入できないのでしょうか。実は来年5月に出産する予定があり、また主人の喘息で加入できないとなると困ると思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

簡保生命の学資保険は、契約者に万が一のことがあった場合、保険料を収めなくても満期保険金が受け取れます。
要するに契約者であるご主人にも保険がかかっているので契約者と被保険者の健康状態の告知が必要です。
加入申し込みはできますが、健康状態の告知でありのままを書いて提出すればおそらく、審査の段階でで拒否をされると思います。
ほかの金融商品を考えられたらいかがでしょうか。たとえば積立貯金みたいなもの。

Q学資保険のメリット

3歳児の親なのですが、学資保険に加入するか迷っています。
学資保険は貯蓄と万が一の保険という認識でいます。
保険の役割はいらないとなると、わざわざ学資保険に加入せずとも、利率の良い銀行に貯金すればよいのではないかと思っています。

私の会社の財形貯蓄はわりと利率がよいので、毎月定額を貯金しています。

学資保険に加入することのメリットはどういったものでしょうか?
皆様はどういった考えで学資保険を選択していますか?

Aベストアンサー

学資保険のメリット
(1) 利率の良い学資保険を選べば、銀行利率よりも良い。
(2) 銀行預金の利息には20%の税金がかかるが、
学資保険は50万円までの利息は非課税。
(財形貯蓄も、学資目的の引き出しには、課税される)
(3) 普通は、保険料払込免除特約を付けるので、
死亡保険金=満期保険金となるので、マネープランを立てやすい。

学資保険は、保険料払込免除特約を付けた学資保険は、
死亡保険である。
なぜなら、死亡時以降の保険料を払うことなく、満期時に満期保険金を
受け取れるからである。
普通の死亡保険と違うのは、保険金を受け取るのが、
死亡時ではなく、満期時であること。

問題点
戻り率の良い保険を選ばないと、元本割れなどのデメリットが
大きくなる。
中途解約のデメリットがある(これも、保険によって、バラバラ)

Q郵便局の学資保険について

今、離婚協議中です。子供16歳(高2)。18歳満期500万の学資保険に入っています。中3の年に、一時金50万を受け取りました。
来年の5月に満期が来るのですが、多分その前に離婚することになると思います。
迷っていることは、1.契約者は夫、受取人も夫になっているのを、変更したほうがよいのか?(親権はもちろん私です。)2、その場合、受け取った満期金は一時所得となり、課税対象になると税金をたくさん納めなくてはならなくなるのか?3.満期まで1年足らずなので、このまま最後まで納めたほうが得なのか、それとも「払い済み変更」をして、満期を待った方がよいのか?
決めなくてはならないことがたくさんあり、保険に関しては、わからないことがたくさんあるので、保険に詳しい方、どうかお力を貸してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.変更したほうがよろしいでしょうね。ただ、同意が必要だと思います。
2.受け取った額-払い込んだ額 が一時所得です。しかし、その中から基礎控除が50万あり、残りの額の2分の1が課税対象になります。
3.学資保険の場合生命保険と違い利率が良いと思うので満期をむかえた方が得ではないかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報