マンガでよめる痔のこと・薬のこと

以前、写真屋さんでアルバイトをしてました。

そのときに、現像液に素手で両手を突っ込んだところ
(先輩に大丈夫といわれ・・)、
両手がひどいケロイド(状の火傷?)になりました。
友達にも「あまりにも酷すぎて、どうしたのか聞けなかった」
と、言われるぐらいでした。。。

当時はどうしようもないだろう?と思って、
病院に行きませんでした。
ケロイドは治ったり、突然再発したりを4年ぐらい繰り返し、
現在は本当に完治したのか、綺麗になりました。

現像液は本当はどれぐらいの毒性があるのでしょう?
また、綺麗に治ったということは毒が体から抜けたということなんでしょうか?
わかるかた、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ハイドロキノンでしたか、名称が怪しげなのですが


還元剤が入っています。酸化・還元剤は大体がろくでもない挙動を示します。
これは、有機物で皮膚の脂肪に蓄積します。光で分解、VetEで戻る、ということを繰り返しています(記憶が曖昧)。

何が入っているかは、メーカーによって大きく異なるので正確なことは言えません。メーカーの特許を見て、入っている成分を推定するしか方法がありません。

増感剤、光があたると水からも光を発するぶしつ、が入っていると、光化学反応を示すぶしつですので、おおくは、ラジカル反応であり発ガン性があります。

>病院に行きませんでした。
立証が困難です。労災申請はほぼ不可能でしょう。
使われているぶしつは、
100人が100人とも同じ症状を示す。
かつ
その症状であったらば、唯一の原因としてそのぶしつであることが言える
時に限って、法規制されます。したがって、「法規制を受けていないから心配はない」という解釈は法規制の原則に立つと誤った解釈です。毒性が合っても「たの原因が考えられる」ので、違法性がないというのが、ソニーエバレティ(現ソニーエナジー)の労災判決の内容で、肝臓障害を起こすぶしつを取り扱っていた作業者の検死解剖で、「間増(病名忘却)を起こしているから、(ぶしつめい忘却)が原因である」とは言えないと検死した東北大教授が証言したために原告はいそが言い渡されました(判例臭のどこかに載っているので探してください。細かいところは忘却。固有名刺も間違っているかもしれません)。

かなり不利な立場にいらっしゃるようです。

皮膚代謝は、
細胞が作られる速度が、細胞を破壊する速度よりも速いと、「綺麗に治った」状態になりますが、何かの理由で細胞が作る速度が遅くなると、「突然再発したり」します。これが老齢による皮膚代謝の減少であったりします。
たしか、還元剤は、電子伝達系のどこかの代謝を阻害するので皮膚がおかしくなるので、肝臓に移動しているかどうか、移動していたら、かん機能使用外が考えられます。ただし、肝臓は90%が機能停止にならないと関係指標が変化しません。ですから、かなり注意が必要な雑木です。

公開特許広報等で使われているぶしつめいをしらべて
http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
そのぶしつの毒性を米国医学図書館で調べてください。そうすると、はっきりしたことがわかるでしょう
http://www3.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは、丁寧な回答ありがとうございます。

労災は気にしてなかったのですが(すでに年月が経過しておりますので)、
私の知りたかった情報を教えていただき助かりました。

>皮膚代謝は、
細胞が作られる速度が、細胞を破壊する速度よりも速いと、「綺麗に治った」状態になりますが、何かの理由で細胞が作る速度が遅くなると、「突然再発したり」します。これが老齢による皮膚代謝の減少であったりします。

私の手が再発を繰り返してたのはこれのせいだったのかも?しれませんよね。季節によって再発してたような気がします。

とりあえず現像液で使われている成分を
調べてみたいと思います。

お礼日時:2007/11/08 20:11

こんなページがありますよ。


http://www.fujifilm.co.jp/msds/no4/msds_select.h …

昔の現像液などには劇物指定の物質も含有されていましたが、現在は無いようです。
しかしアレルギー反応と毒性の有無は必ずしも一致しないのは言うまでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいページありがとうございます!
参考に調べてみたいと思います。

現在はそれほど心配はいらないのですね。
確かに、アレルギーを起こしたのかもしれませんよね。。。

お礼日時:2007/11/08 20:14

現像液は フイルム現像機の1番薬品にわずかに硫酸が入ってます0.1%ていどなのでですが あとはものによって酢酸がはいっています。


種別は一応 劇物に該当しますが、ぎりぎり劇物になってるレベルで
ほとんど普通物に近い劇物です。

私も写真現像所に勤めていた経験があり
そのとき成分の勉強もしました。素手でジャブジャブ手を突っ込んでいましたがちょっと痒くなる程度です。ケガをしていた手をつっこんだこともあります。

皮膚や肌の強さは個人差がありますのでなんともいえませんが、かぶれやすいとかデリケートな肌の人だとちょっとかかっただけでかぶれたりします。
かぶれやすい体質なら劇物でなくてもお酢や醤油でもかぶれることもあります。

誰がふれてもケロイド状になるような危険なものなら、公的機関の指導などがあるはずです。

体調や体質・ストレスなど精神的なものも影響がありますから

水銀などのように蓄積するような強い毒性はありません。
質問者さんご心配なきように^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

調べるサイトによって安全、または危険とあったので
混乱してしましました。。。

肌はおそらく人よりデリケートです;
そのせいもあったかもしれません。

蓄積するような毒性はないのですね。
安心しました。
ありがとうざいます!

お礼日時:2007/11/08 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現像液の成分を教えてください。

カラーリバーサルの現像を一度やったのですが、成分がまったくわからないまま言われたとおりにやったため、なんだか知りたくなりました。
第一現像液、発色現像液、漂白定着液、それと安定液とドライウェルの成分も合わせて教えていただけるとたすかります。
いったい何でできているのでしょうか。
ちなみに私が使ったのは「テテナールE6」というものです。
ついでに、フィルム現像液と印画紙現像液の違いなどももしわかりましたら教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

>それぞれの現像液は成分が1種類しか入っていないんですね。

モノクロフィルム用現像液を処方したことがあります。
通常は、主成分+複数の微小成分です。

ご紹介したURLには主成分は記載されていますが、微小成分は記載されていません。

この微小成分が各社の企業秘密だったりします。

コダックのE6処理ならば、各成分と処理法が公開されている可能性が高いと思います。

コダックのE6処理は、リバーサルフィルム処理の基準のような存在です。

日本コダックに資料を請求すれば、教えてくれるかもしれません。

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Q写真現像液の廃液処分について

家で白黒写真の現像などをしています。そこで出る廃液の処分に困っています。
皆さんどうされているのでしょうか?引き取ってくれる業者さんがいると聞いたことがありますが、どこを探しても見つかりません。捨てられずに困っています。どうか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
 参考URLに産廃情報ネットのURLを貼っておきます。ここの、処理業者許可情報検索システムから場所、条件などで検索が可能です。
 ただ、↑はいずれも事業者を対象にしているところでしょうから、多分処理の分量に関する条件はドラム缶単位かもしれません。もっと処理が難しい物ならば量に応じて決まるかもしれません。しかし割合良くある酸やアルカリだと、20リットルポリタンクでも200リットルドラム缶でも料金が変わらない 、こんなことが起こる可能性も有ります。
  私のところは仕事で金属の切削屑を出しますが、料金は軽トラックならとにかく1台分で5000円、というようになっています(積めるだけ積んでも同じこと)。

やはり、先ずはbasilさんが言う様に現像材料の購入店で尋ねてみるのが良いのではないでしょうか。

参考URL:http://www.sanpainet.or.jp/

Qモノクロ現像液の危険性について

モノクロ用の現像液はどの程度危険性があるのでしょうか?
物によって違うとは思いますが、D-76などはハイドロキノン等を含んでおり、かなり危険なはずだと思うのですが、いろいろな個人サイトを見てもそれほど取り扱いに注意を促していませんよね?
実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

やはり結構な量を飲んだりしない限り大丈夫だと思いますよ。
4×5フィルムを深タンクで手現像なんていうことも昔結構やりましたが特に問題を感じたことはありませんでした。
ただ肌が敏感な方は用心のため手袋等を使用するのがいいかもしれないですね。
換気についてもそれほど気を使ったことはないです。

オウムの事件以前は大きな写真用品扱うお店で普通に単薬も購入できましたのでD-76を処方する構成では問題ないと思われます。

参考URL:http://www.anahueru.com/beauty/hydroquinone/

Q強アルカリ性の液体を肌につけるとどうなる?

弱酸性は肌に優しいですが、強アルカリ性のものを、肌に長い時間つけていると肌はどんな状態になるのでしょうか?

教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

仕事柄 強アルカリ(KOH等)を大量に使います。
基本的に完全防衣で作業しますが、液ハネは起こりうる事です。
皮膚に付着して すぐならば 水洗 洗浄でほぼ無傷ですが、
長時間付着した場合 皮膚の蛋白質が冒されて 皮膚の内部まで
アルカリが浸透します。 最悪の場合皮膚移植も有ります。
毛穴に入ると除去しにくく 皮膚が黒変します。
人間の皮膚は、アルカリに弱いのですぐに冒されます。

私も皮膚の表面は アルカリで何度も溶かしてますけどね。
指の指紋が薄くなってます。 
 

Qピンホールカメラの現像について教えてください(初心者です)

子どもの夏休みの自由研究として、モノクロ印画紙を使った「ピンホールカメラ」をいっしょにつくりたいと思います。

基本的な作り方などは、いくつかのHPで読んだのですが、不明なこともあり質問させていただきました。

(1)現像するときには、やはり、現像液などが必要になると思うのですが、何が必要でしょうか?あるHPには、現像液・停止液・定着液の3種類が必要のようでしたが。どうでしょうか?

(2)・(1)のような液や、モノクロ印画紙は、どこで売っているでしょうか?カメラ屋でなくともホームセンターなどでも売っているでしょうか?
また、値段は安いものだといくらくらいでしょうか?

(3)現像液は、20度くらいにしないといけないのでしょうか?また、何分くらいつけておかないといけないのでしょうか?

何分、写真やカメラには素人なのもので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30407237
という書籍もありますので、載せておきます。
印画紙は、ヨドバシカメラなどで販売されています。ホームセンターでは難しいでしょう。そんなに高いものではありません。
現像液は、それほど、温度にこだわらなくてもよいです(ピンホール写真ですから)。1~2分で現像は終わります。
停止は30秒ほどです。水でも代用できます。
定着液は必要です。7~10分程度、他の作業をしている間、入れたままにしておけば、いいです。
そのあと、水で洗います。5分程度でしょうか。
現像液や定着液は説明書にしたがって水にときます。
で、これらの作業はすべて「暗室」もしくは、真っ暗なところで行います。
現像液は、いま、Yhooオークションを覗いたら、百円で、出ていました。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k44001706

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qパトローネからネガを取り出したいのですが・・・

モノクロ36ミリのフィルムを使っていて、普段ベロだしでネガを出しているのですが、なんの拍子か、パトローネがへこんでしまい、ベロだしでネガがでてこなくなってしまいました。
こじ開ける方法があるとも聞いたことがありますが、具体的にどのようなモノを使ってどのように取り出せばいいのかがわかりません。
大変恐縮ですが、どなたかご教授お願いできませんでしょうか。
何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

パトローネをこわしてもよいなら、暗室で、ペンチでこじ開けることができます。無理やりでもなんでも、フイルムに気遣いながら行います。メーカーにもよりますが、コダックは、かしめてありますので、一度はずすと、二度と元には戻りません。富士やコニカは、凸部分を強く押すと、反対側にぽこりと抜けます。道具は要りません。が、繰り返し行うと隙間ができて、光が入ります。
くれぐれも、まだ現像していない状態ですから(ネガにはなっていない状態)光には当てないよう、完全に光の届かないところで行うのはいうまでもありません。

Q現像に失敗しました。フィルムは再生できるでしょうか?

はじめまして。
昨日久しぶりに現像をしたら失敗してしましました。
多分、薬品が劣化していたためと思われますが・・・

モノクロフィルムの現像でしたが、フィルムについている乳剤(って言うんですかね?)がきちんと洗い流されないまま、要するに白っぽく濁って定着されている状態に仕上がってしましました。

ライブのスタッフとして記録用で撮った画像だったために、どうにかして再生(クリアな画像にしたい)をしたいのですが・・・

多分、焼付けは出来る程度には現像されているのでしょうが、焼き付けても真っ白になってしまうと思います。

どうにか、再生したい。
何か、いい手はありませんか?

また、こういったネガの再生をやってくれるお店情報をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

モノクロのネガフィルムですね。
多分この症状は次が考えられます。
現像(この場合の現像は「現像-定着-水洗」の一過程の意味です)はされているようですか。
つまり本来は黒くなる所は黒くなっていて、全体的に白く濁っている状態でしょうか。
そうであれば定着不足です。
硬膜処理まではしてしまいましたか。
硬膜処理がまだでしたら、再度定着作業をして下さい。
多分定着液の劣化が一番怪しいので、定着の新液を使って、規定とおりの定着を行って下さい。
もし硬膜処理が済んでいるようならば、定着時間を延長させて見て下さい。
なお、現像液の劣化も考えられますので、これにより濁りがとれても、濃度不足になってしまっているかもしれません。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング