『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。

ミュート奏法を練習しているのですが(ミュート奏法自体は以前からやっていました。方法は、左手で押弦した指よりブリッジ側の指を軽く弦に触れてやり、倍音を減らす方法と、右手側面をブリッジ側に置いて親指(ひとさし指も混ぜる)で弾く方法。上下移動が少ないときは、右手小指をブリッジ付近において2フィンガーをする。という方法でやってきました)、

「左手を押弦し、音を出した直後に指を浮かせ、ミュートさせる。」

という方法が雑誌に載っていました。弾かない弦の共振を抑えるためにやる、ということではありません。おそらく、ロッコ・プレスティアがやっている方法だと思うのですが、何回やっても倍音が抑えられず、フレットに当たって弦がビビるか、ハーモニクスが出てしまします。

この奏法が出来る方、ご教授願います。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No1の方の補足になりますが。



例えば小指で弦を押さえて音を出したとしたら、浮かせてミュートで弾く時は
小指だけでミュートするのではなく、残りの指も軽く触れて弦の振動を押さえます。
人差し指で弾いた場合もミュートは他の指も一緒に触れてます。
弦を押さえる指とミュートする指が一緒に動くイメージで、弦を押さえた時と離した時の動きが大きくならないように練習するといいと思います。
まあ、ロッコのあの弾き方です^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ヘッド側に指を触れさせて、ミュートさせるという発想はありませんでした。
練習してみましたが、なかなか難しいですね。あまり指を浮かせすぎてしまうと完全に音が切れてしまいますね。

ロッコのように、小気味よいプツプツ・プクプク感が出るのは相当先のようです^ ^;

お礼は、こちらにまとめて書かせていただきました。

お礼日時:2007/11/09 16:41

1 左手人差し指で普通に抑える


2 その他余っている指で軽く弦をかぶせる

これで簡単に出来ますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

せっかく回答していただいて申し訳ないのですが、質問文にも書いてあるとおり、回答者様の回答はすでにやっているのです。
今回の質問は、ミュート奏法自体のやり方ではなく、特定のミュート奏法のやり方を聞いているので、そちらについてご存知でしたら、回答お待ちしております。

お礼日時:2007/11/12 22:24

「左手を押弦し、音を出した直後に指を浮かせ、ミュートさせる。



というのは、

押さえた指を弦から離さずに、ただ力を抜けば、弦が指盤から浮いた
状態で指が弦にあたったままなのでミュートされる。

ということだと思うんですが、どうして、

「倍音が抑えられず、フレットに当たって弦がビビるか、ハーモニクスが出てしまう」

になっちゃうんでしょう?なにか方法を勘違いされているような?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今回の質問は、スタッカートをするためのミュートではなく、音程感のあるミュート音を出すための質問なのです。よくジャコやロッコがやる16分音符をプツプツ・プクプクを連続して弾いているものです。(参照した雑誌は、ベースマガジン2007年5月号です)

右手を使えば簡単にできるのですが、16分の連続などの速いものや、輪郭をはっきりさせたいときに親指弾きでは対応出来ないときがあるのです。

また、ミュートの浮かせ具合によって、甘いと弦が振動している状態でフレットにあたり音がビビリ、ポイントによっては浮かせた状態で弦に触れている(完全倍音の状態)と、ハーモニクスが出てしまう。という失敗があるからなのです。

ベース本体のセッティングによるところも大きいかもしれませんが、奏法についての質問なので、やり方が分かるとうれしいです。

というわけで、解決策があればご教授お願いします。

お礼日時:2007/11/09 16:57

押弦した位置よりも左側(ヘッド側)にも指を置いておき、振動を抑えます。


ハーモニクスは触れた点の両側が振動していないと出にくくなります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Q【ベース】指弾きの人の右手でのミュートの方法

ベース初心者の高校生です。

左手でのミュートの仕方は分かるんですけど、
右手でのミュートの仕方がいまいち分かりません。

一応教則本には「右手の小指側の側面で弦に当てる」とありますが、
その説明はピック弾きの場合なんです。
自分は指弾きなのでしづらいのです。

何か他に右手でのミュートの仕方があれば教えて下さい。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

指弾きならそのまま指で触ればミュートになります.
全弦ミュートするときは,ピック弾きと同じ.
あとは,私は親指も使います.ピックアップに指をかけて弾くスタイルの人は難しいでしょうけど.
でも,だいたいは左手側でミュートしてますけどね.
特殊な場合だと,すべての音をミュートしたいときに,右手の小指側のサイドをブリッジ近くに当ててミュートしつつ,親指だけで弦をはじくとか,そういうこともやりますけど.

Qベースの運指?と何を練習すればいいのか?

ベースの運指についてです。
指版を見たときに俺は2弦の3フレット2弦の5フレット2弦の7フレット
3弦の3フレット3弦の5フレット3弦の7フレット4弦の4フレット4弦の5フレット
でCDEFGABCとやっていました…
まぁベース始めたのは昨日から何ですけどね…
初めての弦楽器で戸惑ってます(;一_一)
そのあとあインターネットで運指?をみると俺がやっていた
CDEFGABCがないんです…
なので運指?がは?なわけです…
たぶん俺の質問が一番
は?
な気がします…
とにかくCDEFGABCがどうなっているのか…
それと運指とはなんなのか?
今後どうすればいいのか?
次に…
何を練習したらいいのか?です。
さすがに届いてから2日たってもなにからすればいいのやら…
演奏などやろうとおもいましたが…
運指やオクターブなどの強敵が…
なので何から何をどうゆうふうに練習すればいいのか?
をおしえてほしいです。
4月9日からは高校に入学します。
次の日にはけいおん部に体験入学するつもりです。
先輩などにあまり迷惑をかけたくもないし、
なにより早くうまくなりたいです!!
勝手ながらいろいろ書きましたが…
教えてくれるとうれしいです♪
よろしくお願いします^^

ベースの運指についてです。
指版を見たときに俺は2弦の3フレット2弦の5フレット2弦の7フレット
3弦の3フレット3弦の5フレット3弦の7フレット4弦の4フレット4弦の5フレット
でCDEFGABCとやっていました…
まぁベース始めたのは昨日から何ですけどね…
初めての弦楽器で戸惑ってます(;一_一)
そのあとあインターネットで運指?をみると俺がやっていた
CDEFGABCがないんです…
なので運指?がは?なわけです…
たぶん俺の質問が一番
は?
な気がします…
とにかくCDEFGABCがどうなっているのか…
それと運指とはなんなの...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
私の経験を踏まえて、回答してみたいと思います。

運指の話の前に「弦の番号(順番)」を勘違いされているようです。
ベースも、ギターも「一番細い弦が1弦」です。
ですから、ベースを構えた時、一番上の一番太い弦が「4弦」になります。
貴方が記載している、
--------------------------------------------------------------------
>2弦の3フレット  2弦の5フレット  2弦の7フレット
>3弦の3フレット  3弦の5フレット  3弦の7フレット
>4弦の4フレット  4弦の5フレット  でCDEFGABCとやっていました
--------------------------------------------------------------------

・・・は誤りで、以下が正解です。
3弦の3フレット(C)  3弦の5フレット(D)  3弦の7フレット(E)
2弦の3フレット(F)  2弦の5フレット(G)  2弦の7フレット(A)
1弦の4フレット(B)  1弦の5フレット(C)  でCDEFGABCとやっていました

つまり、1~4弦の位置関係を逆に理解されていると言うことですね。

では、運指の話です。
まず、「運指」とは何か? 文字通り、指の運び(方)です。
もう少し具体的に言うと、左手の親指を除く4本指の使い方のことです。
人差し指を「1」、中指を「2」、薬指を「3」、小指を「4」と表します。

ギターもベースもレベルが上がってくると、ロック、ジャズをはじめ、
色々なジャンルで細かくて早い指使い(運指)が求められます。
上級者やプロレベルの人の多くは4本の指に余計な力が入っていなくて、
綺麗に使える人が多いですね。これが運指の良し悪しなんです。

ギターやベースを始めた頃は「小指(4)」が使えない方が多く、人差し指
(1)~薬指(3)の3本で弾いている方を良く見かけますが、初級から中級レベル
ではそれで良しとしても、小指が使えないと、必ず「壁」に当たります。
あるレベル以上の運指ができないと弾けない場合(曲)が出てきてきます。
運指が上手く(綺麗に)使えると、弾けるフレーズや早さが飛躍的にアップする
ので、弾ける曲も雲泥の差で広がります。

次に、運指の練習です。
運指の種類(練習)は、簡単に言えば「無数」にあります。(と思います。)
簡単な練習パターンを2つ書いてみます。

<パターン1>
1弦 |---|---|-1-|-2-|-3-|-4-|---|---|---|
2弦 |---|---|-1-|-2-|-3-|-4-|---|---|---|
3弦 |---|---|-1-|-2-|-3-|-4-|---|---|---|
4弦 |---|---|-1-|-2-|-3-|-4-|---|---|---|

同じ弦で1234の組み合わせを変えて、
1243,1324,1342,1423,1432,2134,2143,2314,2341・・・とやって行きます。
そして、4弦(一番太い弦)から1弦(一番細い弦)まで、弦を一本ずつ移動
させながらやったら、逆に1弦から4弦までやります。
慣れてきたら、フレットも1つずつ高い方へ移動させて練習します。

左腕の前腕部(手首~肘まで)の筋肉がパンパンになりますが、必ず後で
役に立つます。
メトロノーム(あるはリズムマシン)でリズムを感じながらやるのがミソで、
かつ、人差し指(1)から小指(4)へ展開する時は、弦を押さえたままでやるのも
ポイントです。
テンポやスピードをかえたり、2分音符でやったり、4分音符でやったり、8分
音符でやったり、シャッフル(あるいは3連符)でやったりします。

<パータン2>
1弦 |---|---|---|---|---|-4-|-4-|-4-|---|
2弦 |---|---|---|---|-3-|-3-|-3-|---|---|
3弦 |---|---|---|-2-|-2-|-2-|---|---|---|
4弦 |---|---|-1-|-1-|-1-|---|---|---|---|

隣合う4つのフレットを1弦ずつずらして、斜めに弾きます。
最初は、「1234」のパターンでフレットを1つずつ高い方へ移動させて、最終的には
小指(4)が最終フレットになるまで上がっていきます。
逆に小指(4)の最終フレットから人差し指(1)が1フレットになるまで下がる練習もあります。
また、慣れてきたら、パターン1と同じ様に1234,1243,1324,1342,1423,1432と組み合わせを
変えて運指しても良いですね。

「運指」の概要と基礎的な練習方法を書きましたが、ハッキリ言って楽しいものでは
ありません。正直言うと辛いです。
でも、この辛さを乗り越えないと、絶対に上手くなりません。これは断言します。
基本(基礎)練習をしなかった分、後になってイヤな思いをすることは必至です。

最後に「何を練習すれば良いか?」を書いてみたいと思います。

1.基本(基礎)練習をきちんとやる。
 運指やスケールなどの基本・基礎練習をやる。基本(基礎)は力なり。
2.毎日少しずつやる。
 一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。
3.色々な曲をコピーしてみる。
 色々な曲を耳コピーして弾いてみる。経験は力なり。
4.音楽理論を勉強する
 スケールやコード、和声などの音楽理論を勉強する。必ず後で役に立ちます。
 理論は「理屈とルール」です。 サッカーも野球も理屈やルールを知らずに
 やったら、ただのボール遊びになるのと同じです。

 音階(ドレミファソラシド)やスケール(ペンタトニックやブルース等)の練習も
「運指」の1つですが、基本的な運指ができないと、スケールも正しく弾けません。

 何事も基本が大事。 大変ですが、上手くなりたいと言う気持ちがあれば大丈夫。
 がんばってください。

 お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
 楽しいBass Lifeを!

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
私の経験を踏まえて、回答してみたいと思います。

運指の話の前に「弦の番号(順番)」を勘違いされているようです。
ベースも、ギターも「一番細い弦が1弦」です。
ですから、ベースを構えた時、一番上の一番太い弦が「4弦」になります。
貴方が記載している、
--------------------------------------------------------------------
>2弦の3フレット  2弦の5フレット  2弦の7フレット
>3弦の3フレット  3弦の5フレット  3弦の7フレット
>4弦の...続きを読む

Qスラップ演奏でのミュートについて

こんにちは、僕は1年ほど前からベースを弾いてます。4ヶ月ほど前からすラップの練習をしています。「ビーン」という音が何とか出せるようになってきたのですが、左手(ネック側)の指の押さえ方が間違っているのか、ミュートが上手くできず、たまに違う弦の音がなってしまいます。
スラップ演奏においてのミュートのやり方でのコツなどがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本来スラップ奏法は荒々しさが持ち味ですし、ゴーストノートをフレーズに盛り込むことで、結果的にミュート自体の必要性が減る場合がかなりあります。
サムピングすることで、直接は叩いていない弦が、叩いた弦と共鳴してしまうのはある程度は仕方がないので、上記ゴーストノートの利用で、共鳴が気にならなくて済むようなフレージングを考えてみましょう。
最も単純な例として、実音とゴーストノートを16部音符で交互に繰り出す、と言うのがあります。E弦をサムピングしたら、左手の状態は通常通りのまま、左手の人差し指から小指までの4本全部で、全ての弦を叩きます。これを繰り返せば実音(サムピング)とゴーストノートを交互にプレイできます。E弦上のどこかのフレットを左手人差し指で押さえる場合は、残る3本指で残った弦をまとめて叩きます。このゴーストノートが実音と同程度の音量でしっかり出るように練習してください。そして、実音とスムーズに交互に出来るように、タパタパと叩く練習をします。
このゴーストノートが、結果的に強制的なミュート(そもそも余計な音を鳴らさないようにするのではなく、鳴ってしまった音を強制的に停める)になるので、特にどの弦でも、開放弦を使うことで余計な弦も共鳴してしまった際に、このゴーストノートでミュートすることで、ミュート自体をフレーズに取り込んでしまう、と言うことになります。

他方、バラード系の曲で、そういったゴーストノートを使いたくないし、余計な弦をそもそも共鳴させたくない、と言う場合もあるでしょう。
この場合は、左手のフォームを考えてみてください。例えば、人差し指ないし中指でE弦の3フレットを押さえて、E弦をサムピングする場合、薬指ないし小指はネックの下から指版上に出ているので、結果的に残り3本の弦は薬指と小指で自然にミュート出来てるはずですよね? すると、A弦より高い弦をサムピングするときに、E弦などの低音弦が共鳴する問題さえクリアできれば、なんとかなりますよね? この方法を考えてみましょう。

4弦ベースの場合、特にE弦のミュートのためには左手親指でネックを握り込むようにして対応する、と言うのが、ラリー・グラハムなどにも見られる、恐らくは「正統派」の対処法です。ただ、多弦ベースはネックの幅が広いので物理的にこの方法は適用しづらいですし、本来左手親指はネックの裏におくものですから、このミュート法の習得はかなり大変です(当方には出来ません)。

そこで、当方が個人的に行っている方法(一般に使われているかどうかは分かりません(^_^;)をご紹介しておきます。

それは、右手親指の付け根を最初から低音弦、特に多弦ベースの場合はB弦に接触させておいた状態で、E弦をサムピングする、と言うものです。A弦をサムピングしたい場合は、B弦とE弦に、右手親指付け根を接触させておくことになります。

よって、高音弦のミュートは左手で、低音弦のミュートは右手親指で、それぞれ行うことになります。

ただし、右手親指でサムビングする際の右手角度によっては、右手親指の付け根を使った低音弦のミュートがしづらい場合もあるかと思います。特に、親指を弦に対して立てた状態でサムピングしている場合は、この方法は合わないかもしれません。この場合は、低音弦のミュートも左手でなんとかすることになるでしょう。

人によって違うかも知れませんが、オクターブ・フォームは、恐らく左手人差し指でルートを、小指でオクターブを押さえる場合が多いかと思われます。この場合、中指で低音弦をミュートするのが効率的かと思われます。ただし、これも多弦ベースの場合は限界があります。E弦上のどこかのフレットをルートとして、上記フォームで抑えた場合は、中指でB弦のミュートが可能ですが、A現状にルートがある場合は、E弦はミュートできてもB弦はできませんよね?

ご自分がお使いのベースと、ご自分が採用しているフォームの状況に合わせて、色々工夫してみて頂ければ(^_^; とりあえず、ご参考まで。

本来スラップ奏法は荒々しさが持ち味ですし、ゴーストノートをフレーズに盛り込むことで、結果的にミュート自体の必要性が減る場合がかなりあります。
サムピングすることで、直接は叩いていない弦が、叩いた弦と共鳴してしまうのはある程度は仕方がないので、上記ゴーストノートの利用で、共鳴が気にならなくて済むようなフレージングを考えてみましょう。
最も単純な例として、実音とゴーストノートを16部音符で交互に繰り出す、と言うのがあります。E弦をサムピングしたら、左手の状態は通常通りのまま、左手...続きを読む

Qベースが上手くなる方法教えてください

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんです

やっぱり基礎が本当に出来てなくて
というよりも基礎力をつけたいけどどうしたら良いかわからないんです。
基礎が出来た上に応用力を付けて、それから「本当にうまい人」と言われるように
なりたいんです。

リズム感や音程、知識などは
小学校からピアノ・金管・吹奏楽で身に付けたので自信はあります
だけどベースのことがよくわからなくて・・・
教本はやっています。
だけど本当にこれでいいのかなって感じです。
詳しくしっかり教えてくれる人はいないし
ベース教室行きたいですけど忙しいしお金ないし・・・
もうベース初めて一年経ちます。
後輩入ってくるので焦ります(; ;)

元々好きなことには負けず嫌いで
同じ学年の女子のベースには絶対負けたくないです
できればその一番上の辺りの男子たちも抜かしたいとか思っています(笑);
その人たちはもうスラップとか出来ちゃってますが
基礎力ちゃんと付けてない気がします。
あとベースがめちゃくちゃ上手い先輩にも少し見て欲しいので・・・


理想高いです、ごめんなさい

どういう練習をしたら少しでもプロレベルに近づけますか??
こういう練習したら上手くなったとか
またベースをやっている人、練習方法を教えていただきたいです。

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんで...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感・タイム感)が正確であること。そして、音程が正確である(音を
外さない)ことです。
その意味では、きちんとコピーもできて間違わずに弾く技量があるようですので、
基本的にOKです。自信を持ってください。


<上手いベースとは…?>
次に、「上手いベース」と言う解釈です。
いろいろな意見があると思いますが、大きく二つに分かれると思われます。
一つは「テクニックが凄い」と言う意味、そして、「ベースとしての役割を完璧に
遂行できる(果せる)」と言う意味です。

楽器をはじめて一定のレベルになると、どうしても「テクニック」に走ります。
ベースギターの場合だと、スラップ、タッピング(ライトハンド奏法)、スリー
フィンガー、ピック弾きのネックアップ奏法、などなどたくさんありますね。
それはそれで良いことだし、頑張る価値もありますが、あまりテクニックの有る無し、
高い低いに捕らわれると、ベースとしての基本的な役割をおろそかにしてしましますので、
注意が必要です。

<ベースの役割>
一方、後者の「ベースとしての役割を完璧に遂行できる」ですが、これは、ギターや
ドラム担当から「おまえのベースだと、いっしょに演奏していて気持ちイイ!」とか、
「やっぱりおまえのベースが一番!」とか、「曲が安定する」とかの評価をもらうこと
であり、これらの評価は「ベースの役割を果たしている」と言うことを意味します。

では、「ベースの役割とは何か?」…、考えたことはありますか?
これも色々な意見があると思いますが、共通して言えるのは、ベースと言う言葉の通り、
「楽曲全体を基礎から支える」ことがベースの役割でしょう。

では、その具体的な内容・意味は?

(1)リズム感・タイム感
  リズム感やタイム感は、一見ドラムが出しているように思いますが、実はベースなのです。
  ベースが走ればドラムも走る。ベースがもたつけばドラムももたつく。
  ドラム担当に「バンドでドラムを叩く時、何の楽器を聴いているか?」を訊いてみて
  ください。
  ドラムがなくてもバンドは成り立ちますが、ドラムがいてもベースがいないバンドは
  スカスカで全くどっちらけのサウンドになり、バンドとして成り立ちません。

(2)グルーブ感
  グルーブとは色々な解釈がありますが、いわゆる「ノリ」とか「うねり感」とかですネ。
  これは、1年程度バンドをやっていれば、だいたいお分かりかと思います。
  細かいことを言うと「前ノリ」や「後ノリ」等を自由に操れるのもベースの特許です。

(3)バンド全体のコードの響き(ボイシング)
  ベースが何の音を弾くかによって、コード(進行上)の聞こえ方が変わります。
  例えば、「C Am7 C Am7」という進行があったとき、C(ド)をずっと弾いていると
  バンド全体としては、ずっとCのコードが続いているように聞こえます。

  あるいは、C(ド) Am7(ラ) C(ド) Am7(ラ)と弾くと バンド全体がC Am C Amと
  弾いているように聞こえるし、ドとラの間にシを入れれば、ド-シ-ラ-シ-ド-シ-ラ
  と言うようにコード全体が流れているように聞こえます。
  つまり、ベースはバンド全体のボイシング(webで調べてネ!)も司ることができるのです。
  
  曲の時間の流れ・刻みを「横軸」、その瞬間瞬間の音の重なり(コード・和音)を縦軸と
 した時、このようにベースは横軸と縦軸の両方に大きな影響を持っているのです。
  ドラムは、横軸(時間の刻み)のみ、ギターやキーボードは縦軸(音の重なり:コード・
 和音)を担当することが主たる役割ですが、ベースは両方に大きな役割があるのです。

  ですから「上手いベース」と言うのは、横軸と縦軸の両方に長けており、前述の通り、
 「正確であること」が求められるのです。


<練習方法>
 では、横軸と縦軸の両方を習得するためにどうするか? 練習方法等をいくつか紹介します。
(偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ修行中です。 m(_ _)m )

(1)横軸(時間軸)の練習
 ・リズム感、タイム感、グルーブ感の練習です。
 ・ちょうど、他の方の質問に私が「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」、あるいは「テヌート」
  「スタッカート」について回答をしていますので、参考にしてください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7409542.html
 ・必ずメトロノーム(リズムボックスでも可)でやることが重要です。

(2)縦軸の練習(コード・和音遍)
 ・実際の練習の前に音楽理論の勉強が必要ですが、小学校の時から勉強されたようですね。
  コード全般の知識はどうでしょうか?
 ・コードには、C,Cm,C7,CM7,Caug,Csus4,Cdimなどなど、たくさんありますが、どういう音の
  構成になっているのか?は理解されていますか?(理解されているならばOKです)
 ・コードや和音が理解できていると、楽曲の中に出てくるコードによってベースは何の音を
  弾いたら効果的なのかを考えることができます。

(3)縦軸の練習(技術遍)
 ・ベースギターの全てのポジション(何弦の何フレット)の音=音階を覚えます。
 ・次に、スケールを覚えます。(例:ペンタトニックなど)
  ベースのスケールはギターほど多くはありません。webで「ベース スケール」などで調べて
  ください。
 ・(2)と(3)が解ってくると、何のコードの時はどこのポジションでどう弾けば良いかが
  解ってきます。

 基本的には、これらの練習を地道にやれば、1年くらいで相当の力がつくはずです。
 最後に貴方へ、ベースを練習するにあたっての「3K・1R」を贈ります。

1.基本(基礎)練習をきちんとやる。
 運指やスケールなどの基本・基礎練習をやる。基本(基礎)は力なり。

2.毎日少しずつやる。
 一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。

3.色々な曲をコピーしてみる。
 色々な曲を耳コピーして弾いてみる。経験は力なり。

4.音楽理論を勉強する
 スケールやコード、和声などの音楽理論を勉強する。必ず後で役に立ちます。
 理論は「理屈とルール」です。 バレーもサッカーも野球も理屈やルールを知らずに
 やったら、ただのボール遊びと同じです。 理論(理屈)は必須なり。

 以上です。 お役に立ったでしょうか?
 貴方が素晴らしいベースプレイヤーになることを祈っています。
 楽しいBass Lifeを!  超長文失礼しました。 m(_ _)m

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感...続きを読む

Qベースボーカルってそんなに難しいんでしょうか…

こんにちは。

僕は今スリーピースのバンドを組もうと日々頑張っていて、現在ベースボーカルを探しているのですがはっきり言って全く見つかる気配がありません。


別にボーカルとして、ベースとしてのレベルを追求しすぎているわけではないんです。

ベースも歌も普通にできてくれればそれで良いと思っています。
さらに言うと、ボーカルとまで言わずコーラスでもかまわないんです。

自分はギターコーラス(ボーカル)を担当してますのでギタリストとベイシストのツートップでボーカルやコーラスをやっていこうと考えてるんですね。


まさにGO!GO!7188のように……(^^;)



主にネットを使ってメンバー探しをしているんですが、楽器を持つ方にはボーカルやコーラスでも参加しようという考えがなかなか見受けられず、逆にボーカルをしようという方は決まって楽器はほとんど弾けない方ばかりだし…。

なのでギタリストで歌(コーラスなど)も歌おうという方はただでさえ少ないのに、それがベイシストとなるとさらに少ないわけなんですよ。



ここでやっと本題なんですが、ベースを弾いてボーカル又はコーラスを担当するってやっぱり難しいことなんでしょうか。

別に僕は「歌ってる時までも難しいベースラインを弾け」と要求してるわけでもないですしね。

歌を歌うのも好きやしベースも弾けるよっていう人ってそれなりにいてもおかしくないと思うんですけど…


皆さんの周りにはそんなベイシストいらっしゃいますか??

こんにちは。

僕は今スリーピースのバンドを組もうと日々頑張っていて、現在ベースボーカルを探しているのですがはっきり言って全く見つかる気配がありません。


別にボーカルとして、ベースとしてのレベルを追求しすぎているわけではないんです。

ベースも歌も普通にできてくれればそれで良いと思っています。
さらに言うと、ボーカルとまで言わずコーラスでもかまわないんです。

自分はギターコーラス(ボーカル)を担当してますのでギタリストとベイシストのツートップでボーカルやコーラスをやっ...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、まぁ探せばできる人、やりたがる人は見つかるんじゃないかとは思うのですが…それはそれとして、私の場合アマチュアで20年からベース一筋ですが、ベース弾きながら歌うことはようしませんし、やりたいともあまり思いません。

もっとも、大昔にクリームとかにハマって、必死で練習したこともありましたし、ポリス程度ならまぁ歌いながら弾ける曲もありますが(って、ポリスの曲は元々ごく一部の難曲別にすれば歌いやすい方ですが)、今、仮にセッションで、自分が歌える曲引っ張り出されても、他にボーカル取れる人が居てるなら「あいつに歌わせてーや」と頼みますねぇ。

こういうことの、もちろん最大の原因は「私が下手でセンス無い(ベースの)」ではあるんですが、実際のとこ、ベースって演奏中はリズムキープ…というよりは、バンド全体のリズムの仲介…のために、ドラムやギターの音から耳を離せないシーンが多く、そのことにかなり神経使いますので、その上に自分が歌うまでのエネルギーはなかなかひねり出せないです。私の場合は簡単なコーラスが関の山ですね。
もっとも、ドラムやサイドギターが古い仲間で、お互いに癖もパターも熟知してる仲なら、歌えと言われりゃ(歌える曲なら)歌えます。私がリズムキープしきれなくてもドラムとサイドが何とかしてくれるという安心感(つまり、気を抜いても甘えられる)が有ればこそです。逆に初顔合わせに近いメンバーでは、まだ癖も何もわかんないので、ドラムから目も耳も離せませんから、どんなにベースラインが屁のように簡単でも、とてもじゃないけど歌う余裕はありません。

・・・と、こういうのは所詮は一オッサンベーシストの戯言ですが、今までの経験的には、私に近い考え方のベーシストは結構多いと思ってます。
>歌を歌うのも好きやしベースも弾けるよっていう人
は、探せば絶対に居てますが、気をつけにゃならんのは、よほど腕に覚えのある『相当の凄腕』か、でなきゃ自称歌って弾ける名人の『勘違い野郎』のどっちかである場合が多いです。
前者なら、他のバンドメンバーがついて行けるだけの腕があるかどうか、後者だったら、リズム音痴のベースでも周りでカバーしきれるかどうか…が、バンドとしては難問ですね。
ベーシストの役割に対してストイック人ほど、歌えるだけの腕と素養があっても、あんまり歌いたがらないですね。

少なくとも、サイドギターが弾きながら歌うことに比べれば、ベースを弾きながら歌うことはかなり難易度が高いです。
私もサイドギターとしてなら、上手い下手は別にして50曲くらいはコード弾きながら歌えるレパートリーがありますが、ルートベースで良いと言われてもベース弾きながらだと…10曲無いですね(^^ゞ

うーん、まぁ探せばできる人、やりたがる人は見つかるんじゃないかとは思うのですが…それはそれとして、私の場合アマチュアで20年からベース一筋ですが、ベース弾きながら歌うことはようしませんし、やりたいともあまり思いません。

もっとも、大昔にクリームとかにハマって、必死で練習したこともありましたし、ポリス程度ならまぁ歌いながら弾ける曲もありますが(って、ポリスの曲は元々ごく一部の難曲別にすれば歌いやすい方ですが)、今、仮にセッションで、自分が歌える曲引っ張り出されても、他にボー...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qベース初心者です。左手の痛みについてご教授下さい(助けて下さい)

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練習していたのも一つの原因でしょうか。

暫く練習を休んでいるため(ベースが弾けなくなる事を想像すると無理は禁物だと悟りました)、腕が痛むことはありません。今のところ腱鞘炎の気はなさそうです。

ですが、相変わらず指を曲げると指先に痛みが生じます。
(単なる筋肉痛で済んで欲しいです。)

楽器の経験は今まで全くなく、ベースが初めて触った楽器になります。
長く続けて行きたい趣味と考えていただけに、いきなり出鼻を挫かれた感じです。


私と同じような経験をされた方はいますでしょうか。
また、この質問を見て下さった方々は、痛みとどう向き合って楽器に取り組まれたのでしょうか。

長文失礼致しました。
宜しければ皆様のお力をお貸し願えないでしょうか。

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練...続きを読む

Aベストアンサー

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に」の部分も???です。私は手が大きい方ではありませんが、親指の第一関節よりやや上(指先方向)でネックの中心に置いて5弦ベースの5弦が届くので、何故「親指をネックの中心よりやや下に」となっているのか理解できません。やってみればわかると思いますが、「親指をネックの中心よりやや下に」すると安定感に欠け弾きに難くなります。

教則本もいろいろありますので、まずは楽器店でいくつかのものを見て参考にしてみるのがいいと思います。少なくとも、私であれば質問者様の使っている教則本は他人には薦められないですね。

私は、教則本に出ているように4つの指をフレットごとに正しくおいて弾くことはできません。通常の演奏において大切なことは、バンドのグルーブ感が出せるかどうかなので、一番いい音(グルーブ感の出しやすい音)が出る運指であればその方がいいので、常にグルーブ感の出しやすいポジションに移動させできるだけ最良の音の出せる指を使用するようにしています。ただし、ベースソロの速い不レースなどでは、4つの指をフレットに乗せて均等に弾くことが必要なので、スケール練習はおろそかにしては行けません。

とにかく痛くならない範囲で練習して、痛みがでたらベースはお休みでリズムトレーニングをしてください。グルーブ感を出すには、まずリズムがしっかりしている必要がありますから。

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾く...続きを読む

Qベース初心者に曲のコピーまでの基礎練習はどれくらい必要か

 今度、バンドにベーシストを入れる予定です。
しかし、そのベーシストは全くの初心者でまだベースすら買っていません。今までの音楽暦や楽器歴もなく、ほんとうにズブの初心者なのです。

 当バンドはJPOPのコピーをしているのですが、すぐにコピーから始めてもらうのは難しいでしょうか。やはり基礎練習という事で教則本をやってもらってから曲のコピーに移ったほうがいいでしょうか?また基礎練習が必要ならどれくらい(期間)やってもらえばいいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

期間的な事ではいえないと思います。

個人差あるし、1日何時間練習するかにもよるし。

個人的には最初からコピーに入ってもいいかと・・・要は楽しむ事が大事ですから。

教則本持っておくと勉強になるので、いいとは思いますけどね。

自分はギターとドラムやってますが、いきなりコピーから始めました。

Qベースを指弾きする際に困ったことが…

いつもお世話になってます。

普段はピックでベースを弾いているのですが、コピーの曲を演奏する際に原曲が指弾きで演奏されている為、見よう見まねで指弾きで演奏しています。
最初の頃はコツもわからず、音が全然出ない事などもあったのですが、ようやく他のパートと合わせて弾いても聞き苦しくないくらいのレベルまで到達しました。
ところが、先日一人でスタジオに入って練習した際に、アンプに繋いで弾いていたら「カツ、カツ」という指板に弦がぶつかる音が大きすぎて不快になり、気分が萎えてしまいました。

これは単に僕の弾き方に問題があるのでしょうか?
それとも、ベース本体に何か問題があるのでしょうか?
僕の周りにはベース弾きがいないので、一人で悩んでいても全くわかりません。

どなたか、アドバイスを頂けたら嬉しく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私もベース弾きです。10年位演奏しています。
指板に当たる音が気になるという事ですが、まずハード的な問題と演奏方法の問題が考えられます。
ハード的な問題だと、先に上げられた、弦高の低さが考えられます。その楽器をピックで弾いた時は気にならないのであれば問題ないです。あお、ピックアップに弦が当たってしまうと、同じような(もっと酷い)現象になります。
これは弦高・ピックアップの高さを改善すれば良くなると思います。
演奏方法の問題ですが、恐らくこちらの方が怪しいです。
右手のフィンガリングですが、ピックで演奏している時のように、弦がボディーに対して平行に振動するように弾いていますでしょうか?恐らく、指が弦に引っかかるように演奏し、弦の振動がボディに対し斜めになっているのだと思います。特にスタジオで他のパートの音とセッションする時には気が付かないあいだに、ピッキングにチカラが入り、指に弦が引っかかってしまうような演奏になってしまいがちです。
なるべくチカラを抜いて、徐々になれてゆけば改善されてゆくと思います。


人気Q&Aランキング