プロが教えるわが家の防犯対策術!

「快・不快」という日本語は間違っていますか?
というのも、私はこの快・不快という言葉を「快い・快くない」という意味でとらえていました(他にも意味はあると思いますが)
ですが、不快の対義語は『愉快』らしいので
「不快」という言葉を『快』と対にして使うのはおかしいのかな?と。

そもそも「快・不快」という日本語は正しいのでしょうか。
言葉足らずかもしれませんが、詳しい方ご教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対義語」に関するQ&A: 青年の対義語について

A 回答 (4件)

「快・不快」はたしかに「快い・快くない」ということですが,


使うときは「快いか快くないか」ということ,あるいは「快かったり快くなかったり」のことを表すと思います。

同じような言葉では
「出来不出来」「成功不成功」などが思い浮かびます。

ANo.1と同様ですが,「成功不成功は君の努力いかんに掛かっているよ」などというように使うと思います。
    • good
    • 0

「快・不快」という日本語は正しいと思います。



私が使っている「反対語対照語辞典」では
【快】 ⇔【不快】
【不快】⇔【快】【愉快】
【愉快】⇔【不快】【不愉快】
となっています。参考まで。
    • good
    • 1

>ですが、不快の対義語は『愉快』らしいので


愉快の反対は不愉快ですね。
    • good
    • 1

「快・不快は人によって個人差があるだろう」


なんて言い方、普通しますでしょ ( ^^
ちなみに「愉快」の対義語は「不愉快」です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

対義語」に関するQ&A: 理性の対義語は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q~けますようor~いただきますよう

すみません。どんどんわからなくなってきました。
私は、「もしこちらの方にお越しになる機会がございましたら、是非ともお足をお運びいただけますよう、よろしくお願いいたします。」を使います。
また、秘書の方に「(本日は不在だから後日)●●様のお返事をお教えいただけますよう、お願い申し上げます」もつかいます。
どちらも使えるような気がするのですが・・・

また、○ほ銀行のHPに記載されていた文章

ご利用のお客さまは、この機会にぜひ・・・・切替えのお手続きをいただ「き」→「け」ますよう、よろしくお願いいたします。
・・・・あらかじめご了承いただ「け」ますようお願い申し上げます。
*「き」を用いると、「お客さまがそうする」と決めつけているようで、高圧的な感じがします。
「お客さまに手続きしていただける」ように会社が「お願いしたい」とはならないでしょうか?

すみません。
同じような質問が以前にもございますが、本当に混乱しています。
ご教授いただけますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

以前にも同様な質問に回答したことがあります。

最近は,「くださる」を使うべきところにみんな「いただく」を使ってしまう言い方がおおはやりです。
「ことばの変化だ」と客観的に眺めていたりのんきにしているひとはいいですが,私はこれこそ「日本語の乱れ」だと考えています。
あくまでも「いただく」のは話者で,「くださる」のは聞き手(または話者以外の話者より目上の行為者)です。

ところで,後ろに「お願いいたす」場合にその前は何と言うか?ですが,
当然「くださるよう」「くださいますよう」「くださりたく」などです。
「いただけますよう(自分が「いただく」ことができるように)」と言いたかったら,その後ろには,相手に「お願い」致すのではなく,「(私どもが)努力いたします」などと一貫して自分の行いの文章で続けるべきです。
当然「いただきますよう(自分がなにかを受け取るように)」の後ろに「(相手に)お願い」など(神様にお願いするなら別ですが)支離滅裂です。
・「いただきますよう」か「いただけますよう」かとそれだけ単独で取り出したのでは,問題の解決になりません。前後のつながりが一貫しているかどうかで決まる問題だと思います。

以前にも同様な質問に回答したことがあります。

最近は,「くださる」を使うべきところにみんな「いただく」を使ってしまう言い方がおおはやりです。
「ことばの変化だ」と客観的に眺めていたりのんきにしているひとはいいですが,私はこれこそ「日本語の乱れ」だと考えています。
あくまでも「いただく」のは話者で,「くださる」のは聞き手(または話者以外の話者より目上の行為者)です。

ところで,後ろに「お願いいたす」場合にその前は何と言うか?ですが,
当然「くださるよう」「くださいますよ...続きを読む

Q「ようたい」は様態?容態?容体?どれが正しいの?

体調が急変した時に使う、「ようたいが悪化した」の
「ようたい」はどれが正しいのでしょうか?パソコンで変換すると
「様態」しか出てきませんが、自分がよく見かけるのは「容体」の様な気がしますし、検索すると「容態」というのも出てきます。
何か使い分けがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様子。身なり。ありさま。様体。
(2)病気や怪我の様子。病状。「―が悪化する」
(3)〔法〕人の精神作用に基づく現象の総称。意思表示などの行為と善意などの意識過程を含む。

よう‐だい【様体】
(1)すがた。姿態。なりふり。
(2)ありさま。状態。様相。
(3)いかにもそれらしい様子をすること。もったいぶること。

よう‐たい【様態】
(1)物の存在や行動のさま。状態。様相。「生活の―」
(2)文法で、想像など不確定な言表のあり方。
(3)〔哲〕(modusラテン) デカルト・スピノザ以来、与えられた独特な意味では、実体の変化してゆくかりそめの形態、従って実体の非本質的な状態のこと。偶有性。
-------------------------------------

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様...続きを読む

Q「日々是好日」って?

「日々是好日」って何語でどういう意味ですか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日々是好日(にちにちこれこうじつ)
というのは、禅語です。
茶席の禅語としても有名なものです。

意味は
毎日がよい日である、という意味ですが、これにはとても深い意味があり、

その日その日が最上であり、最高であり、かけがえのない一日であって、
日々の、苦しみ、悲しみ、喜び、楽しみなど
こういった良い悪いに対する執着がなくなり、
今日を素直に受けとめ、自然の中で生きているということを感じ、
1日を意のままに使いこなす、すごせる、というところに
真実の生き方がある、
というような意味です。

ムツカシイですよね・・・。

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html

Q「ともすれば」について

「ともすれば」の意味がわからず、辞書で調べてみたんですが、「ともすると」と同じと書いてあり、「ともすると」を調べると「ややもすると」、「どうかすると」となっていて、具体的にどういう意味なのかよくわかりません。
意味の分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

この「ともすれば」は、その前に何か説明を補うところであっても、その後に続く言葉と重複するので、その前を省略して使われる言葉です。

たとえば「ともすれば私たちは、うっかり忘れがちである」という用い方をしますが、これは

「うっかり忘れてしまうときは、私たちは、うっかり忘れがちである」

という文章と同じことだと思います。

また、「ともすれば」とは「ケースバイケースで」ということと同じときにも使われています。
やはり、その後に続くことを「ケースバイケースでありうる」ということを言っています。

こんな説明でいいでしょうか?

Q気分が高揚するの反対語は?

タイトル通りの質問です。高揚の反対語は何でしょう?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

字面から考えて、「低迷」

Q「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」

「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」。
どうやら、「立ち振る舞い」は間違ってて「立ち居振舞い」が正しいらしいのですが、
数々の辞書を調べてみると「立ち振る舞いは立ち居振舞いと同意」とされている辞書がかなり多い。

なのに、やはり「立ち居振舞い」のほうが正しいようです。

なぜ「立ち居振舞い」だけが正しいのか、知っている方はいませんか?

Aベストアンサー

「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。
立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。(笑)

では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか?
、言葉は生き物です。正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。
今、試しに完全一致で検索したところ、
「立ち居振る舞い」&、「立ち居振舞い」が121,100件+27,000件
「立ち振る舞い」&、「立ち振舞い」が73,100件+841件

わたしは辞書の編集者ではないのであくまで推測ですが、これは、「立ち振る舞い」も市民権を得た言葉として認めたということではないでしょうか?

Q経験を活かす?それとも生かす

質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。

Q「快」と「幸福感」と「不快」について

哲学のカテゴリーとどちらに書くべきか迷ったのですが、こちらに書かせていただきます。

・「快」と「幸福感」は同じものなのでしょうか
・「快」と「不快」を感じるシステムは別物なのでしょうか(同じシステムの+と-なのか、違うシステムが両立しているのか)
・「快」という感覚は長続きしないものだと認識していますが、そうなのでしょうか。また長続きしないものだとしたらなぜでしょうか。
・「快」「不快」のシステムについて分かりやすいお勧めの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>・「快」と「不快」を感じるシステムは別物なのでしょうか(同じシステムの+と-なのか、違うシステムが両立しているのか)

基本的には、我々の脳内では「快」と「不快」が複数の異なるシステムによって別々に取り扱われるということはありません。
例えば、「痛覚」といいますのは感覚神経系の中では「不快」を専門に扱う受容器と言えるかも知れません。ならば、痛覚神経もまた不快専用の伝達経路ということになりますよね。ですが、ここで「不快」という判定が下されるためには、刺激入力は必ずや定められた一定の閾値を超える必要があります。ですから、それが閾値を超えない場合は「不利益・不快」とは判定されないわけですから、逆に入力がない場合は「利益・快」という判定が下されているということになりますよね。
さてこのように、「快・不快」といいますのは知覚情報の入力に対する中枢系の「価値判断」によって決定されるものです。
「生命中枢」や「大脳辺縁系」など、直接の知覚入力に対して情報処理を行う中枢系には知覚情報として入力される身体内外の環境の変化に対して「利益・不利益の価値判断」を行い、与えられた状況に対応した適切な反応を発生させるための「選択的な反応基準」というものが獲得されています。「快・不快」といいますのは、この中枢系の反応規準に従って「+・-」「YES・NO」のどちらかに判定の下された結果です。ですから、まずこの判定が異なるシステムによって別々に行われるということは、原則的にあり得ないわけです。
但し、ひとたび「快・不快」の判定が下されますならば、我々の脳は直ちにその結果に対応する身体反応を発生させなければならないわけですから、当然のことながら、そこから先の信号伝達や分岐経路といいますのは、「快」と「不快」では多くのものが異なります。では、我々の脳内では、「快・不快」の反応結果というのはどのように分岐・伝達されてゆくのでしょうか。ご質問に沿い、現在までに判明している情報に基づいて「幸福感」と「絶望感」の分岐経路に就いて簡単にご説明させて頂きます。

>・「快」と「幸福感」は同じものなのでしょうか

「幸福感」といいますのは「大脳辺縁系」に発生する「快情動」によって生み出されるものです。そして当然のことながら、「絶望感」とは「不快情動」に基づくものです。
「幸福感」や「絶望感」は感情の一種に分類されるものですが、さて「感情」といいますのは、大脳辺縁系の情動反応に伴って身体に発生する「情動性身体反応」の表出パターンが喜怒哀楽など、特定のタイプとして分類の可能になった状態を言います。
たいへん廻りくどい言い方で申し訳ないのですが、例えば、顔を真っ赤にして頭から湯気を出していれば、仮に本人が気付いていなかったとしましても、誰が見たってそのひとは怒っていると分かりますよね。「分類の可能な状態」といいますのは、取りも直さずそれを特定の感情として分類することができるということです。そして、実際に頭から湯気が昇るかどうかは経験がありませんが、「顔を真っ赤にする」するというのは、これは「情動性自律反応」の身体表出です。これは「自律反応」でありますから、本人が自覚していないなんてことは幾らでもあるわけなんですが、周りから見れば一目瞭然ですよね。つまり、我々が感情を分類するということは、大脳辺縁系の情動反応に伴って身体に発生した様々な「情動性身体反応」の結果を分類するということなんです。
では、我々が自分に発生した感情を自覚するというのはどういうことなのでしょうか。そのためには、まず自分の身体に発生している情動性身体反応が「内臓感覚」として大脳皮質に知覚されなければなりません。大脳皮質はこの内臓感覚に対して認知・分類を行い、それがどのようなタイプの感情であるかを特定します。同時に、現在に与えられている状況を分析することによって、自分がいったい何に対してその感情を発生させているのかというのを自覚することができるわけですが、これを大脳皮質における「情動の原因帰結」と言います。
ここで最も重要なことは、感情といいますのは大脳皮質に発生するものではないということです。大脳皮質は感情の発生を自覚することができますので、あたかもそれは大脳皮質で発生しているもののように思われますが、只今ご説明致しました通り、感情とは大脳辺縁系の情動反応が分類の可能になった状態を言います。大脳皮質は反応の結果に対して認知・分類を行い、単にそれを自覚しているだけであり、「幸福感」も「絶望感」も、それはどちらも大脳皮質の中に発生するものではありません。

さて、分類・弁別が可能であるということは、「幸福感」と「絶望感」では身体反応の表出結果が異なり、「快情動」と「不快情動」ではその伝達経路が違うということです。
申し上げるまでもなく、最初の分岐点は「大脳辺縁系」であります。大脳辺縁系には身体内外のありとあらゆる知覚情報が入力されており、ここではそれに対して「利益・不利益の価値判断」を行い、「快情動」か「不快情動」のどちらかを発生させます。この情動反応の結果が自律神経系に出力されたものを「情動性自律反応」、運動神経系に働くものを「情動性行動」といいます。双方をひっくるめて「情動性身体反応」でありまして、感情とは、これを通して分類可能な状態に形作られてゆきます。さて、これがどういうことかと申しますと、つまり、我々の感情といいますのは知覚入力に対して発生しているということです。従いまして、環境からの知覚入力に対して「利益・不利益/快・不快」の判定を下し、情動反応を発生させるというのが大脳辺縁系の役割であり、ここが最初の分岐点ということになるわけです。
そして、更にもうひとつ付け加えておきますならば、大脳辺縁系に情動反応が発生しますと、我々はそれに従って「情動行動」を選択することが可能になります。では、大脳辺縁系の情動反応といいますのは環境からの知覚入力に対して「利益・不利益/快・不快」の価値判断を行うことによって発生します。ならば、我々動物にとって「快・不快」といいますのは、与えられた状況に応じた適切な行動を選択するために発生するものであるということになります。

「幸福感」といいますのは「中脳・腹側皮蓋野A10DA(ドーパミン)含有核」から「大脳皮質・前頭前野」という、「DA(ドーパミン)投射経路」が活性化することによって発生すると考えられています。この投射経路は俗に「報酬回路(幸福回路)」などと呼ばれていますが、「腹側皮蓋野A10DA核」に信号を送り、前頭前野に対するDA投射を活性化させるのが大脳辺縁系です。そして、このA10は「不快情動」に対しては反応しません。従いまして、「幸福感」といいますのは大脳辺縁系に「報酬刺激」が入力され、「快情動」と判定されたときにだけ発生する情動性身体反応の表出結果ということになります。
これに対しまして、「絶望感」といいますのは大脳辺縁系の「不快情動」が「中脳・中心灰白質」に出力された結果と考えられます。「中脳・中心灰白質」には「攻撃行動」と「回避行動」を選択する機能のあることが古くから確かめられています。「回避行動」といいますのは基本的には「不快情動」に基づくものであり、「攻撃行動」とは問題解決のための「能動的な回避行動」に当たります。このため、最近では大脳辺縁系の情動反応との関係がたいへん注目されています。
「中脳・中心灰白質」がどのような規準で「攻撃行動」と「回避行動」の判定を下すのかという説明は省略させて頂きますが、大脳辺縁系に「不快情動」が発生したとき、その入力を受けた「中脳・中心灰白質」が攻撃行動を選択する状態にあった場合、その感情は「怒り」として発生するはずです。ですが、そうでなかった場合には、選択肢は「悲しみ」や「諦め」、即ち「絶望感」しかないということになります。つまり、大脳辺縁系で不快情動と判定された知覚入力は「中脳・中心灰白質」に伝達されることによって「憤り」の系統か「絶望」の系統かに分岐してゆくというわけですね。
このように、感情といいますのは大脳辺縁系の情動反応によって発生するものですが、それを分岐点とし、快情動と不快情動では伝達経路が違います。このため、「幸福感」と「絶望感」では身体反応の結果が異なるわけですが、これにより、我々の大脳皮質はその結果の違いを認知・分類し、「幸福感」や「絶望感」を自覚することができるわけです。ですが、大脳皮質はそれを自覚しているというだけであり、くれぐれも、幸福感や絶望感は大脳皮質の中に発生しているということではありません。

言い訳:幸福感を司る「腹側皮蓋野A10報酬回路」の活性化には情動反応だけではなく、「β―エンドルフィン」の分泌も強く作用していることが知られていますが、これに就いて説明に自信がありませんので、ちょっとパスさせて下さい。

>・「快」という感覚は長続きしないものだと認識していますが、そうなのでしょうか。また長続きしないものだとしたらなぜでしょうか。

それは、「快」というのは絶対に長続きしてはならないものだからではないでしょうか。
「快」と「不快」というのは、いったい何のために存在するのでしょうか。先にも触れましたが、それは知覚入力に対する「利益・不利益の価値判断」によって決定されるものであり、我々動物はこれを基に、与えられた状況に対応した適切な行動を選択しています。ですから、「快・不快」といいますのは我々動物が行動を選択するために発生しているわけですよね。
「利益・快」と判定される知覚入力を「報酬刺激(接近刺激)」といい、「不利益・不快」と判定されるものは「嫌悪刺激(回避刺激)」といいます。中枢系においてこの判断が下されることにより、我々は初めて「報酬行動(接近行動)」か「回避行動」かのどちらかを選択することが可能になります。
「食欲」や「性欲」に伴うものはまず全ての動物で「報酬刺激」として受け入れられ、「苦痛」や「危険」は「嫌悪刺激」と判定され、「回避行動」は間違いなく選択されなければなりません。そして、どちらともいえない「無報酬刺激」といいますのは「利益がない」、即ち「不利益・不快」として処理され、「回避行動」の方が選択されます。
このようなものは生命中枢の中にプログラムされた「無条件反射」ですが、如何に単純な「本能行動」といえども、それは必ずや二つ以上複数の反応が発生しなければ実行されることはありません。これは、無条件反射として待った無しで発生してしまう本能行動を状況に応じてコントロールするためです。
「摂食行動」は「餌」という知覚刺激と「空腹」という生理状態が組み合わされなければ実行されることはありません。当たり前ですけれども、どうしてでしょうか。それは、「満腹」という上限がなければ動物は摂食行動を終了させることができないからです。
「快・不快」といいますのは、動物が行動を選択するためにあります。「食欲」といいますのは知覚入力を「利益・快」と判定して接近行動を選択させるものです。では、もしこの「快」が永遠に持続したとしますならばどうなるでしょうか。動物は休む暇なく食べ続け、生殖行動を行うこともなく、子孫を残さずに死んでしまいます。もちろん、通常は食べ過ぎればそれは「苦痛・不快」になりますし、やがては「満腹」という欲求の達成を迎え、その時点では「無報酬刺激」として回避行動が選択されることになります。
では、「満腹」というのは「快感」なんでしょうか。それは、生物学的には恐らく違うと思います。何故ならば、「快」というのが接近行動を選択するためにあるのでしたら、「満腹」によって回避行動が執られるというのはどう考えても原理に反するからです。ならば、それを「快・報酬」として使おうとするならば、それには学習が必要です。ひとたび学習が成されるならば、次の行動においてはそれが「快・報酬」として働きます。ところが、本能行動を司る生命中枢には、その学習機能というものがありません。ですから、学習によって実現する接近行動や回避行動というのは本能行動には存在しないわけです。ならば、本能行動において「満腹」とは回避行動を選択するためのものであり、それは「快感」ではないということになります。
では「快感」とは何かといいますならば、それは接近行動を選択するためのものであり、目的が達成されたならば必ずや消滅しなければなりません。さもなくば、我々は他の一切の行動を選択することができなくなってしまい、自らの生命活動を全うできる保証もありません。従いまして、我々動物にとってより長く継続し、よしんば「終わりのない快感や幸福感」などというものは、それは絶対にあってはならないものなんです。
過去の体験や日常を振り返ってみて下さい。終わりのない快感などというものが果たして存在するでしょうか。もしあるとするならば、それは「暴走システム」です。我々の脳には、そのようなものは絶対に存在しません。そして、それを実現しようとするならば、脳を破壊するか、麻薬を使用する以外に手段はないはずです。

こんにちは。

>・「快」と「不快」を感じるシステムは別物なのでしょうか(同じシステムの+と-なのか、違うシステムが両立しているのか)

基本的には、我々の脳内では「快」と「不快」が複数の異なるシステムによって別々に取り扱われるということはありません。
例えば、「痛覚」といいますのは感覚神経系の中では「不快」を専門に扱う受容器と言えるかも知れません。ならば、痛覚神経もまた不快専用の伝達経路ということになりますよね。ですが、ここで「不快」という判定が下されるためには、刺激入...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング