ローソク足とは何のことですか?
社会経済学の試験に説明しなさいと言う形で出題されました。
試験は終わってしまいましたが知りたいので教えてください。

A 回答 (1件)

株価の動きをグラフ化したものがチャートで、日本では罫線(けいせん)ともいわれていまが、その描き方の一般的なものが「ローソク足」と呼ばれるものです。

これはある期間の株価の動きを始値(その期間の最初に成立した値段)、高値(最も高く成立した値段)、安値(最も安く成立した値段)、終値(最後に成立した値段)の4つの値段で表わします。これを「四本値」(よんほんね)といいます。始値と終値の間を長方形で示し、高値と安値の間を線で示したもの。長方形については、始値に比べて終値が高いときには中白に(陽線)、逆の場合には中黒に(陰線)表示します。

参考サイトに詳しい解説がありますのでご確認下さい。

参考URL:http://www.sevendata.co.jp/study/c_basic.htm
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルクス経済学と近代経済学

今はマルクス経済学を教えている大学はとても少なくなっているのかもしれませんが、一昔前の大学の経済学部では、有名大学でもマルクス経済学派の大学と近代経済学派の大学に二分されていたと聞きました。
マルクス経済学が主流だった有名大学にはどんなところがあったのでしょうか?
具体的な大学名をお聞きしたいのですが・・・。やはり国立大学にマルクス経済学派が少なからず多かったのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルクス経済学派が多数派を占めていた大学といえば、
やはり東大と京大の経済学部でしょう。

ただ、
>マルクス経済学派の大学と近代経済学派の大学に二分
というのは、不正確な表現です。

ほとんどの有名大学(国私立)経済学部は、一つの大学・学部の中に、マルクス経済学派と近代経済学派の両者の教授が混在していました。
そして多くの大学では、マル経・近経、双方が必修科目とされていました。

その教授の比率が、
「マル経が多数派の大学」 → 東大・京大・法政など
「近経が多数派の大学」 → 一橋・阪大・慶応義塾など
と分かれていました。早稲田は中間ですかね。

東大の経済学部では、1980年代や90年代、近経の教官のゼミは志望者が多くてセレクションがあるが、マル経の教官のゼミはフリーパス、という状態でした。

バブルがどうこうよりも、現実の社会主義国の経済が行き詰まり、ソ連・東欧が崩壊し、中国は社会主義経済でなくなる → マルクス主義の影響力が無くなる ことの影響が大きいでしょう。

Q株投資でのローソク足ヒゲの真の意味は?

宜しく。
種々参考書的な説明を見ますが、もっと初歩的な「ヒゲ」の意味する実態は何を意味するのでしょうか。
ローソク足上下のヒゲは株式市場でそのヒゲの長さの範囲内で実際に株の売買が行われた事を意味するのでしょうか。それともヒゲの長さで示す範囲で売買を希望する人が居たけれど、実際はその時間範囲内では株の売買そのものは成立はしなかった事を示す物ですか?
単純な質問かもしれませんが、それらしき説明文は見当たらないので、どなたか説明して頂けませんか。
ロウソク足とかヒゲに付いての形状や長さに付いての多くの説明はありますが。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

再びNo.2です。

例を一つあげて説明頂きましたが、この場合120円で終わると言うのはどういうことがあって決まるのですか。>
価格が決まるのは売り板と買い板との合致にしか過ぎません。これがちょうど5分間の最後の売買成立となっただけです。

5分足を例にした場合120円での取引が成立したときにちょうど5分間隔の終わりの時刻が来て、すぐに次の5分間隔の始まりになり、同様なことが記録されると理解すればよろしいのでしょうか。>
その通りです。
ただ、120円の取引が成立した後、時間が空いても同じことになります(120円の売買のあと売買成立がなければ)。

Q経済学における経済の外部性並びに共有地の悲劇及び共有資源について、

経済学における経済の外部性並びに共有地の悲劇及び共有資源について、
きれいに理解することができません。

 経済の外部性は、
財やサービスが市場を通さずに、ある経済主体から他の経済主体に移転されることのようで、
正の外部性(外部経済)の例と(1)教育(学力アップは、当人だけでなく広く国民全体に便器をもたらす)や(2)景観(同じ財やサービスを提供していても、景観が良いために客が多く集まる)、
負の外部性(外部不経済)として、(3)自動車が引き起こす大気汚染(メーカーや自動車の保有者が、その被害に対する対価を払うことになしに被害を伝搬)が用いられます。

 これらの場合、どんな財やサービスが、市場を通さずに移転されているのでしょうか?
((2)は飲食店の商品?(3)は自動車?しかし、これ自体、市場を歪んだ形で通っていると思うのですが。)

 また、負の外部性の概念と、共有資源(おカネを支払わない人の利用を排除することが不可能で、かつ人が利用すると利用可能量が減少するような性質を持つ財)の違いがわかりません。
共有資源は、「共有地の悲劇」(共有資源が過剰利用されやすい)の文脈で登場します。

 ご存じの方、よろしくお願いします。

経済学における経済の外部性並びに共有地の悲劇及び共有資源について、
きれいに理解することができません。

 経済の外部性は、
財やサービスが市場を通さずに、ある経済主体から他の経済主体に移転されることのようで、
正の外部性(外部経済)の例と(1)教育(学力アップは、当人だけでなく広く国民全体に便器をもたらす)や(2)景観(同じ財やサービスを提供していても、景観が良いために客が多く集まる)、
負の外部性(外部不経済)として、(3)自動車が引き起こす大気汚染(メーカーや自動車の保有者が、その...続きを読む

Aベストアンサー

(2)
地主が園芸店から木の苗を買い自分の山に植えました。このとき地主と園芸店との間で苗木の売買が行われます。
地主は植木職人を雇って、山の木の世話をさせました。このときには地主と植木職人との間で造園と木の世話というサービスが売買されています。
山にたくさんの木が生え、景色がきれいになり、観光客がたくさん来るようになり、飲食店の売り上げが増えました。このとき地主は観光客と経済的な取引をしていません。また飲食店ともなんら経済的な取引をしていません。地主は飲食店から何ももらっていませんし、飲食店も地主になにも支払っていません。しかし、飲食店は、地主の所有する山の景観を見に来た観光客により売り上げが増加する、という利益を得ています。広告等の手段を取るための費用を節減できるため、利益(=売上ー費用)が増加しています。
これが外部経済性です。

>市場を歪んだ形で通っていると思うのですが。

飲食店は誰かに何かを支払っているのでしょうか?地主は誰かから何かの代金を支払ってもらっているのでしょうか?




(3)Aさんは、自動車のディーラーから自動車を買って代金を支払いました。ガソリンスタンドでガソリンを入れ代金を支払いました。排気ガスが出ました。
Bさんは排気ガスを吸って病気になりました。病院へ行き治療をしてもらい治療代を支払いました。AさんとBさんとの間で経済的な取引があるでしょうか?ありませんよね。直接的に経済的な取引がないのに、Aさんの自動車によってBさんの支出が増えました。これが外部不経済性です。



共有地の悲劇に関しては
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87

を参照ください。

(2)
地主が園芸店から木の苗を買い自分の山に植えました。このとき地主と園芸店との間で苗木の売買が行われます。
地主は植木職人を雇って、山の木の世話をさせました。このときには地主と植木職人との間で造園と木の世話というサービスが売買されています。
山にたくさんの木が生え、景色がきれいになり、観光客がたくさん来るようになり、飲食店の売り上げが増えました。このとき地主は観光客と経済的な取引をしていません。また飲食店ともなんら経済的な取引をしていません。地主は飲食店から何ももらってい...続きを読む

Q経済学を学びたい。

 はじめまして、よろしくお願いします。

 特に経済学部の4年生で金融関係に就職が決まっている方や、企業の人事の方がおられましたらよろしくお願いします。

 私は現在、国立大の理系の3年生です。半年後の就職活動に向けて遅ればせながら準備を始めたところです。
 理系の学部卒ということで就職活動は文系、特に経済学部の学生と同じような風になると考えています。(教授推薦、学校推薦は考えてません。)違うところは、リクルーターから理系は電話がかかってこない所だと思います。
 
 現在、まだあらゆる業界について考え始めたところですが、金融、不動産、商社などの業界に興味を持っています。

 そこで、経済の知識がまったくないといっていい今の状態では、スタートラインにすら立てないと思われ、経済学部の学生と同等ぐらいの経済に対する理解と知識を身に付けたいと考えました。

 経済学部の学生と言うと様々な学生がいますので語弊があるので、就職活動が始まったときに企業の方から「こいつは理系だけど、一応、経済の勉強もしたんだな」と最低限思わせるぐらいの理解と知識を身に付けたいと思ってます。経済学部の4年間で学ぶ内容ぐらいでしょうか。

 書店を見渡すと、あらゆる経済に関する入門書、雑誌、専門書があり、なかなか迷ってしまいます。 雑誌は日経ビジネスを前からちょこちょこ読んでいるくらいで、まだまだわからないことがたくさんあります。

 そこでおすすめの書籍、雑誌、勉強方法などをおしえてください。できればわかりやすいものがいいです。よろしくお願いします。

 はじめまして、よろしくお願いします。

 特に経済学部の4年生で金融関係に就職が決まっている方や、企業の人事の方がおられましたらよろしくお願いします。

 私は現在、国立大の理系の3年生です。半年後の就職活動に向けて遅ればせながら準備を始めたところです。
 理系の学部卒ということで就職活動は文系、特に経済学部の学生と同じような風になると考えています。(教授推薦、学校推薦は考えてません。)違うところは、リクルーターから理系は電話がかかってこない所だと思います。
 
 現在、...続きを読む

Aベストアンサー

かなり古い本ですが、

石ノ森章太郎「まんが日本経済入門」日本経済新聞社

で、ざっと基本はおさえられるかと思います。

次にもっと難しいものをやると良いでしょうか。
理系ということで、数学的なことは大丈夫だと思いますので、
後は、リソースが変わったとき、例えば、円高・円安、デフレ・インフレ等、のとき何がどうなるのか、また、それが起こる原因を抑えることができればいいと思います。
将来的には、新聞を読んで、そこでの記事が、将来どんな影響を与えるのか予想出来る様になれば良いでしょう。ただ、そこまで行った場合、経済学は、もはやツールの一つでしかないと思います。

あと、個人的に「複雑系」はかじっておいたほうがいいと思います。「神のみえざる手」ってこういう事かなと感じています。

また、経済ではなくいわば経営学ですが
「ザ・ゴール」「ザ・ゴール2」ダイヤモンド社
は一度読まれると良いかもしれません。

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い


人気Q&Aランキング

おすすめ情報