こんにちは
子どもの出産にともなって、保険の見直しを考えているのですが主人が契約している『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』の仕組みがいまいち解りません(主人も契約しっぱなしで内容はうろ覚えなのです…。)
保険を解約して掛け捨てで今より安い保険に加入することを検討していましたが、若い時に加入した保険のために毎月の保険料が長い目でみるとお得のようなきがするのです。そこで、他の保険と比較するために色々契約内容を見ていて疑問に思ったことがありましたので質問させていただきます。

疑問(1)『明治安田生命のライフアカウントL.A.Doublel』のとらえかたは『生命保険+医療保険』のようなとらえ方でいいのでしょうか?
疑問(2)65歳払い込みの終身保険のようなのですが、医療保障の特約の欄に書いてある保険期間とは何でしょうか?その保険期間が終わったら、その特約は消滅するということでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

(1)生命保険と医療保険です。

しかし特徴としては
以前どこの会社にも主力商品だった定期付終身保険と下記の点が違います。
(1)保険料がある範囲内で自分で選べる
今の保険料が10000円だったとしましょう。生命保険と医療保険に必要な
保険料が8000円だとします。差額の2000円はアカウントという貯蓄に回り運用されています。これは将来のために積み立てて保険料払込後の終身保険にもなりますし、必要があれば途中引出しも可能です。また収入のあるうちに保険料を15000円にしておいて、そうすると7000円が貯蓄になりますよね。いつか支払いが厳しいなと思った時に保険料を5000円に変更できる。3000円
不足しますよね。今までのアカウントから補うのです。
(2)一年に一度保障見直しができる。
どんどん新しい特約が発売になります。解約して加入してを繰り返すので
損な場合もありますよ。若い健康な時に加入した保険を見直して続けると
いうことができる生涯一契約を売りにしていますね。もちろん減額もできますよ。必要ない特約や補償は下げたり解約し、必要なもので試算してもらいましょう。
(3)年に一度ハッピーレポートという分かりやすい冊子が届いているはずです。どんな特約が付加されているのか?(例えば入院が5日目から出るのか1日目から出るのか)
またアカウントには毎月いくら積み立てられているのか?
一度あれば見てください。やはり会社に問い合わせが一番ですけどね。
(2)65歳払込=終身(死亡保険)に対する払込が65歳で終わる
  医療特約の払込期間=医療特約に対する保険料を払込む期間(仮に80)
  医療特約の保険期間=医療特約の保障する期間(仮に80)
おそらく80歳とかではないですか?つまり65歳から80歳までの15年分
医療特約の保険料は払う必要があります。保障されるのも80歳までですね。
その場合81歳で入院しても非該当です。つまり医療特約は消滅し
終身(死亡保険)のみになります。
65歳の時点で医療特約が必要ない、支払えない場合は払わなければ
終身(死亡保険)のみ残ります。
80歳以降の医療も必要ということであれば
もしかしたら医療を終身に変更できるかもしれません。
まあこれは先なので考えなくてもいいでしょう。
しかし契約によっていろいろありますのでよく見てくださいね。
医療特約の払込期間がまれに65歳のもあります。
しかし保険期間は80歳。この場合は終身も医療も払込は65歳で終了。
医療の保障されるのは80歳ということもあります。
保険は難しいと思います。何かあれば会社に質問という
のが一番だと思いますよ。
長くなりましたがもし違っている点があればご了承願います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すべて参考になりました!

お礼日時:2007/11/22 12:01

若い時に加入とありますが、LAダブルって割と最近できた保険ではないですか?


転換して、変わったとか・・・
お得なような気がするのは気のせいだと思います・・・・
今でも充分掛け捨ての保険になっていませんか?

参考URL:http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/057 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>若い時に加入とありますが、LAダブルって割と最近できた保険ではないですか?
若い頃…えっと、5年前です(笑)

>今でも充分掛け捨ての保険になっていませんか?
そうなんです…みなさんに教えて頂いたように、お得だというのは錯覚のようなので、早急に保険の見直しをしたいと思います

お礼日時:2007/11/22 11:56

demihanさん



>若い時に加入した保険のために毎月の保険料が長い目でみると
>お得のようなきがするのです。

気がするだけです。長い目で見ると、おそらくおトクではありません。なぜなら、特約部分は一定年数(10年or15年毎)に自動更新され、更新時には、その時の年齢で計算された保険料になるからです。
特約部分(生活サポート特約、遺族保障特約、医療特約など)は掛け捨て保険(定期保険=一定期間の保障をする保険)です。
払込総額保険料で見れば、若い年齢から加入するほど、より多額の保険料を払うことになります。
65歳の払込満了時までの総額保険料を計算してみてください。きっと恐ろしい数字になると思いますよ。
もしかしたら、保険加入時のパンフレットには、次回更新時の保険料しか書いておらず、次々回の更新時の保険料は、特約を全て解約した想定で書かれているため、やけに安く記載されているかもしれませんが。

>疑問(1)『明治安田生命のライフアカウントL.A.
>Doublel』のとらえかたは『生命保険+医療保険』
>のようなとらえ方でいいのでしょうか?

おおむね間違いではないと思います。(保障内容がわからないのでハッキリしたことは言えません。)
おそらく、
・機能障害状態になったときに、年金形式で保険金が出る保障
 (生活サポート特約)
・万一のことがあった時に、遺族に保険金が支払われる特約(遺族保障特約)
・入院したときに入院給付金が支払われる特約(医療保障特約)
・それに主契約(契約の本体)として「アカウント」というものがあり、一種の「貯蓄」部分です。払込満了時に、貯まったお金で、終身保険を買うというものです。
などがあるのではないでしょうか。

>疑問(2)65歳払い込みの終身保険のようなのですが、医療保障の
>特約の欄に書いてある保険期間とは何でしょうか?その保険期間が
>終わったら、その特約は消滅するということでしょうか?

保険期間とは、その特約で保障してくれる期間(10年or15年)です。
その保険期間が満了すると、自動更新してさらに保障を続けることができます。しかし、保険料は更新時の年齢で計算されますので、高くなります。
特約が消滅するのは、65歳の払込満了時だと思います。

ライフアカウントL.Aダブルについて詳しくは、
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/078 … 
をご覧ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>気がするだけです。長い目で見ると、おそらくおトクではありません。
ありゃりゃ…そうなんですか!
特約部分は定期保険のようなものなのですね(O.O;)
15年契約のようですが、主人が独身時代に加入したものなので、いらない特約がテンコ盛りなのです…。
そう考えると今は、特約のないシンプルな掛け捨ての生命保険のほうがいいのかもしれませんね

詳しいお答えありがとうございました。

お礼日時:2007/11/22 11:53

疑問(2)については、普通は自動更新されるはずです。


保険期間の終了時点での年齢で保険料が計算されるので、加入時の保険料よりは高くなります。

疑問(1)については、生命保険+医療保険のほかにも貯蓄機能とかがあるみたいですが、詳しくはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
貯蓄機能のことを規約で調べてみたのですが、なんだか複雑でわかりませんでした(契約したのが私ならば専門用語?も理解できるのでしょうが…)
参考にさせていただきます

お礼日時:2007/11/22 11:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?

明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?
保険超初心者です。保険屋さんに聞いても正直30%くらいしか理解できてません・・・。
医療と生命保険がついた保険ですよね?
掛け捨てでしょうか?
シュミレーションしてもらった所、35歳の主人は80歳で払込期間満了という事ですが、それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
あと今の歳だと月々15000円らしいんですが、45歳から55歳までは22519円となります。という事は79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、80歳になってから、積立金を使って、終身保険を買うことが
できます)

定期保険部分は、掛け捨てで、更新型なので、保障額が同じならば、
10年毎に保険料は上がると思ってください。

説明図のように、お子様が生まれると必要な保障額も上がる可能性が
高いですが、その後は、必要保障額は減っていきます。

医療保障は終身ではありません。

さて、この保険では、アカウント(つまり、積立金)が主契約です。
この保険の発想自体は、すぐれたものですが、
一方では、アカウント(積立金)の部分が少ないと、この保険は
役に立ちません。

例えば、30歳男性が、60歳で定年になったときに、老後費用として
300万円を確保しておきたいと考えるならば、
アカウント部分で300万円を貯まるように設定しなければなりません。
予定利率が2%だとすると、毎月6100円を積立なければ、
30年後に300万円になりません。
この保険を生かすも、殺すも、アカウント部分に十分な積立が
あるか、否か、ということが重要です。

ここが不十分だと、この保険のコンセプトである万一のとき、
アカウント部分の積立を引き出して、保障に回す……ということも
できないことになります。
ちなみに、1000円で、予定利率2%、30年では、約49万円になります。

もうお分かりだと思いますが……
(Q)それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も
終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
(A)いいえ。そのようなことにはなりません。
死亡保障だけは、アカウント部分に十分な積立があれば、YESとなります。

(Q)79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか
(A)いくらになるのか、単純には計算できません。
保険会社に問い合わせをしてください。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、...続きを読む

Q明治安田LAアカウントを解約した時の払戻金の目安

お世話になります。
今、明治安田のライフアカウントLAに加入していますが、対応が
イマイチの為、解約を考えています。その際の払戻金の目安を
知りたくて質問させて頂きました。
毎年届くハッピーレポートには、積立金の合計の記載がありますが、
これだけではないですよね?これまで払い込んだ保険金の払戻も
あるのですよね?

今はだいたい以下の様な契約です。
・ライフアカウントLA
・契約して約7年経過
・月の保険料は約17000円
・積立金残高:約20万円

当初は、上のアカウント積立金のみが戻ってくるのかと考えて
いましたが、これまでの保険金払い込み金額が150万円近くなのに、
まさかそれだけではないですよね?

もちろん、個々の契約内容により、金額は変わってくるかと思い
ますが、大体の目安だけでも(50万位、とか、100万位、とか)
アドバイス頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で同様の保障を得ようとすると月々の支払額がとんでもないものになります。
(終身保険で5000万円の死亡保障なんて・・・)

・定期特約付終身
・アカウント型

国内生保の生命保険の主力商品は上記2点ですすが、いずれにしても支払額のほとんどは特約(定期)部分の支払で、解約時の返金はほとんど期待できないと考えた方が良いかと思います。
もちろん、「解約時の返金額が多いほうがいい」と考えて主契約の部分の割合を増やしてもいいですが、そうなると月々の支払額が多くなってしまいます。

参考URL:http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0571_02.html

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で...続きを読む

Q明治安田生命さん ライフアカウントLAについて

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがついていますが、ここにこの保険のポイントがあるのでしょうか?タイトルの意味もよく分かりません。教えてください。自分で調べた所2000年度頃からこの形態が出始めて他社でも似た商品を出している?との事。又、従来の形態とどう違うのでしょうか??
・終身なのに利率?アカウント?によっては65歳の払込終了後に死亡してもお金がもらえなかったりする、というのをネットで見たのですが本当でしょうか?又、保険料払込期間でイメージは加入したら次の日から死亡しても死亡時の受取金額がもらえる、と思っているのですがこの保険は違う、というのも見たのですが本当でしょうか?
・この保険は難しい という意見をよく見かけるのですが私のような素人はやめておいた方がいいのでしょうか?又、この保険の注意する点はどこでしょうか?
まだどの保険にも加入していないので月に何万円も払っていくので納得した上で加入したいと思っています。素人意見で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。ちなみに主人31歳、私29歳です。

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがつ...続きを読む

Aベストアンサー

ライフアカウントLAに関しては、下記のサイトで詳しく説明しています。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0105.htm

個人的にはあまりお勧めしません。
幾つか理由を挙げると、
 更新型である
   ↓
 更新時に保険料が上がる
   ↓
 保険料を払えなくなるため、保障を落とすか貯まっている積立金を使うことになる。
   ↓
 積立金を使うと、払い込み終了時に積立金が殆ど残らない。
   ↓
 積立金で購入できるはずの終身保険を購入できない。
   ↓
 65歳で保険がなくなってしまう。

最初から掛け捨てだと考えているのでしたら別ですが・・・

お勧めは信頼できる営業マンを探すことです。
知人に聞きまくってください。きっと見つかると思います。

Q明治安田生命を退職された方

宜しく お願いします。私は今回、 明治安田生命を退職する事に しました。そこで 疑問なのですが、今月末で退職したら、来月25日に 又来て 社会保険料等の差額の お金を持って来ないと 行けないのでは?と同僚から聞きました。(何でも 後払い??だから、、との事でした)所長に 聞いても 今チャレンジ月で 私のことなど 頭に 無いようで、回答が無く 辞めた後の事まで 心配になる始末です。特殊な職場なので このカテゴリで いいのかどうか、わかりませんが、もし ご存知の方が いらしたら 教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ、はじめまして!私も 明治安田生命で働いていますが 今月 退職をするか悩んでます。社会保険料等は 月末まで在籍すると 来月の給料日に欠勤控除等と一緒に 支払請求がきます。月末の前日に 退職しないといけないはずです。今月の場合は 土日が入るので 25日金曜日です。 他生保で働いていた時もそうだったので 間違いはないと思いますが 社会保険庁などに確認した方がいいです!25日に退職する時には 必ず 廃業の書類に 25日と記入しないと ダメです。会社の方で 記入しておくといわれても 必ず自分で 記入したほうが よいですよ。(会社の都合のよい日にちにされない為に) うちの会社は そうゆう事はないとは思いますが、、、 

Q明治安田生命ライフアカウント… わかりません…(長文ですが宜しくお願い致します)

仕事上のお付き合いで、主人が明治安田生命のライフアカウントに加入しました。35歳で加入し、払込期間80歳(主契約)、月払保険料\12,753です。契約内容は、お付き合いということもあり、ほぼ、薦められるままの内容となりましたが、“契約者貸付が利用できる”“随時、見直しができる”など、良いことばかり言われておりましたものの、いざ証券を見ると次のように記載されていました。
月払保険料は\12,753円で、
色々な特約(定期保険:1,000万、新・介護保障定期保険特約、6大疾病保障定期保険特約、がん治療保障定期特約他、いずれも10年満了です)が付帯されており、
うちアカウント積立金額1,008円、
毎回のアカウント積立金額\168円、
特約に充当する保険料\12,585、と記載されています。
素人考えですが、この内訳ですと、見直しができるファンドになる積立部分は、わずか月\168で、他は全て掛捨て部分の特約保険料に充当されているように見えます。すると、10年の更新時には、特約を更新するにはその時の年齢相応の割高な保険料となるばかりか、貯蓄部分が少ないので、契約者貸付や終身保険として確保できる額とても少なく感じられます。
主人の仕事関連のお付き合いで加入しているだけに、ケチをつけたくないのですが、実質上、ただの掛捨てで、特約更新時に保険料は上がり、加えて、終身保険に変えるにも、契約者貸付を受けるにも積立部分が不足していて、現実的に不可能なら、解約したいのですが、私の見方は間違っているでしょうか?
 どうかアドバイスをいただけますようお願い申し上げます。
 長文を読んでいただき、感謝申し上げます。

仕事上のお付き合いで、主人が明治安田生命のライフアカウントに加入しました。35歳で加入し、払込期間80歳(主契約)、月払保険料\12,753です。契約内容は、お付き合いということもあり、ほぼ、薦められるままの内容となりましたが、“契約者貸付が利用できる”“随時、見直しができる”など、良いことばかり言われておりましたものの、いざ証券を見ると次のように記載されていました。
月払保険料は\12,753円で、
色々な特約(定期保険:1,000万、新・介護保障定期保険特約、6大疾病保障定期保険特約、がん治療保...続きを読む

Aベストアンサー

保険を考えるときの基本は、何よりもはじめに、保険ではなく保障を考えること。
つまり、「何のために、どのような保障が、どれだけ必要か」というリスクとニーズをはっきりとさせることです。
このためには、ライフプランを立てて、キャッシュフロー表を使ってシミュレーションするというのが、基本です。
これが明らかになってから、ニーズを満たすような保険商品を探すというのが手順です。
ライフプラン=これからの人生の予定、予想、夢を具体的に「金額」を含めて描いたもの。
キャッシュフロー=ライフプランに基づいて、将来の毎年の収支、累計の収支を表にしたもの。シミュレーションしやすいように、EXCELなどの表計算ソフトを使うのが普通です。

ご質問のライフアカウント型の保険がどうこう考える前に、まずは、上記のように、リスクとニーズを明らかにしてから、今の保険がどうなのか、ということを考えるのが基本です。
解約するにしても、まずは、ニーズが先です。
例えば、車を買い換えるとき、今の車を処分するまえに、次はどんな車が欲しいかを考えて、次の車を決めてから、今の車を処分するのと同じです。

アカウント部分が少ないからダメだと決めつけるのは、ちょっと違うと思います。
そうではなくて、少ないということが、契約者のニーズと異なっているという点でしょう。
#3が述べておられるように、気が付いたら、すべて掛け捨ての保険に切り替えていたという例もあります。となれば、アカウント部分が少ないことが不満だった……という理由はどこへ消えたのでしょう。
ですから、まずは、リスクとニーズをはっきりさせてから、この保険がどうなのだ、と考えなければならないのです。

前置きが長くなりましたが、ご指摘の通り、この金額では積立部分が役に立ちません。
一般的には、アカウントタイプの保険は、アカウント部分に十分な積立がなければ役に立たない保険です。さらに言えば、アカウント部分を「貯蓄」と誤解させるような説明も問題だと思っています。アカウント部分は、あくまでも、保険料の先払いだと考えるべきです。
実際には見たことがないのですが、理論的には、アカウント部分に重点的にお金を入れて、適正な保障を組み込めば、保険料が上がることもなく、ちゃんとした保障が仕上がります。でも、そうすると、最初は保険料に比べて保障が低く見えて、見栄えがしないのですね……

もう一つ、
医療保障と死亡保障は、目的の異なる保障ですから、保険も別々にというのが基本です。
アカウント型も一見すると別々だと誤解される方もいらっしゃるようですが、アカウント部分がなくなれば、上に乗っかっている保障すべてがなくなるので、一本の保険です。

ご参考になれば、幸いです。

保険を考えるときの基本は、何よりもはじめに、保険ではなく保障を考えること。
つまり、「何のために、どのような保障が、どれだけ必要か」というリスクとニーズをはっきりとさせることです。
このためには、ライフプランを立てて、キャッシュフロー表を使ってシミュレーションするというのが、基本です。
これが明らかになってから、ニーズを満たすような保険商品を探すというのが手順です。
ライフプラン=これからの人生の予定、予想、夢を具体的に「金額」を含めて描いたもの。
キャッシュフロー=ライ...続きを読む

QライフアカウントLAについておしえてください。

1年ほど前に、会社に来ている保険会社の人にすすめられ加入したのですが、最近になりLAがあまりよくない保険との話を聞き困っています。
また、今年になり給料も下がり、保険会社のお勧めプランで入ったのですが、無駄な特約なんかも有るのではないかと思ってます。
しかし、当方まったく保険の知識がなく、ただ保険は加入しといた方がいいと思ったのでいまいち理解できないまま加入してしまったような気がします。生命保険はLA以外は入ってません。必要な保険額も良くわかりませんし... あと、月に払える保険代は10000円以内です。
ということで、
質問1 : このままLAをつづける場合保険内容でこうした方がいいとか、これはいらないなど教えていただきたいです。
----------------------------------------------------------------
保険内容
20歳 男  保険料:7900円(特約保険料7669円,アカウントへの積立金231円)
      死亡時受け取り金額 1200万円

新・生活サポート特約 終身型 100万円 月2420円
6大疾病保障定期保険特約 100万円 月267円
新・介護保障定期保険特約 100万円 月266円
障害特約 500万円 月270円
災害割増特約 500万円 月195円
がん特約III型 3000円 月180円
3大疾病無制限入院特約365日型 7000円 月1897円
7大生活習慣病入院特約365日型 5000円 月180円
入院初期給付特約 20000円 月220円
障害通院損傷特約 2000円 月750円
新・手術特約 7000円 月329円
退院給付特約 35000円 月595円
障害状態による特別終身特約(必須付加) 500万円 月100円
----------------------------------------------------------------
質問2 : LAは終身保険ではないのでしょうか?終身タイプへ変更できるとかなんとか書いてあるのですが。
質問3 : LAが微妙なら他の保険に変えてもいいので、お勧めの保険名教えてください。(終身保険がよさそうな感じがするんですが。)
               以上よろしくお願いいたします。

1年ほど前に、会社に来ている保険会社の人にすすめられ加入したのですが、最近になりLAがあまりよくない保険との話を聞き困っています。
また、今年になり給料も下がり、保険会社のお勧めプランで入ったのですが、無駄な特約なんかも有るのではないかと思ってます。
しかし、当方まったく保険の知識がなく、ただ保険は加入しといた方がいいと思ったのでいまいち理解できないまま加入してしまったような気がします。生命保険はLA以外は入ってません。必要な保険額も良くわかりませんし... あと、月に払える保険...続きを読む

Aベストアンサー

r203hfさん

r203hfさんが終身保険に加入することを否定するわけではないのですが、老婆心まで一言、二言。

●仮に、30歳の時に、400万円保障の終身保険に加入するとしたら、60歳までに総額250万円払うとしましょう。
この終身保険に20歳のときに加入しても、60歳までに総額でおおよそ250万円払うことになります。
30年かけて250万円払うか、40年かけて250万円払うかの違いです。

給料の安い今、わずかな給料の中から5000円払うか、あるいは、給料がもう少し高くなった30歳のときに7000円払うか。
どうしますか?

●「いざという時保険がないと困る」ということですが、具体的にどんなことにどれくらい困りますか?

終身保険は死亡保障保険です。お亡くなりになったときにご遺族(ご両親)に保険金が支払われます。

r203hfさんに万一のことがあった時、ご両親が、終身保険で400万円もらうのと、県民共済で400万円もらうのとどこが違いますか?

●将来ご結婚され、扶養家族ができたときに、「保険の上手な入り方ABC」 http://www.saveinfo.or.jp/life/hoken/seiho/index.html
などを参考にされ、必要が有れば、その時にあらためて終身保険を考える、ということではいけませんか?

r203hfさんの未来は、これまで生きてきた年数の3倍以上もあるのです。

r203hfさん

r203hfさんが終身保険に加入することを否定するわけではないのですが、老婆心まで一言、二言。

●仮に、30歳の時に、400万円保障の終身保険に加入するとしたら、60歳までに総額250万円払うとしましょう。
この終身保険に20歳のときに加入しても、60歳までに総額でおおよそ250万円払うことになります。
30年かけて250万円払うか、40年かけて250万円払うかの違いです。

給料の安い今、わずかな給料の中から5000円払うか、あるいは、給料がもう少し高くなった30歳のときに7000円払うか。
どう...続きを読む

Q明治安田のライフアカウントLAの解約について

ライフアカウントLAに加入しているものです。この保険があまりよくないという内容をネットでみて自分で契約書を調べたのですがよくわかりません。見直しを考えているのですが、主契約がアカウント部分なのですよね。アカウント積立金は微々たるものです。数百円です。
定期保険特約(死亡・高度障害のとき)となっているのですが、これだけ残すことはできますか?(死亡時にでる保険額だけは残りますか?)
そうしたら、アカウント部分の数百円と定期保険特約の保険料のみで済むのでしょうか。それともアカウント部分も値段が上がるのでしょうか。システムがよくわからず質問させていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言いますと、アカウント部分と定期保険特約部分の保険料だけで大丈夫です。
アカウントの部分は終身保険になりますので、もう少し増やされはどうですか?
更新が来たらもちろん定期保険特約の保険料は上がります。


人気Q&Aランキング