既出の質問でしたらすみません。
以前にオフィス2007が入ったノートパソコンを購入しました。
確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。
そのデスクトップをアンインストールして、新たに別のデスクトップにインストールする事は可能でしょうか?
それとも1度使用した認証番号は、アンインストールしても、再度使用する事はできないのでしょうか?
お願い致します。

A 回答 (4件)

この手の質問は多いのですが、ライセンス形態が複雑で間違いも同様に多い。

尚、使えることとライセンス上の善し悪しは別問題なのでご注意ください。(ライセンス違反行為でも、インストールは可能になることが多々あります)

Q/確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできた。

A/プリインストールですよね。パソコンに添付しインストールされたOEMライセンスの使用許諾証明書(以下EULAとします)にはそのような記載はないと思いますよ。バンドル商品の場合は、そのPCのみでご利用できますと貼られているはずです。

それ以上のライセンス提供はなく、その分2割から4割ほど廉価で提供されています。リテール品で提供されているライセンスのように同時に利用しないという条件を満たせばデスクトップPCとサブノートの2台にインストール出来るライセンス形態も有していません。

ソフトウェアのライセンスにはいくつか種類があります。一般の消費者が使うライセンスは、OEM(またはDSP、バンドルとも呼ばれる)かRetail(パッケージ品、正規品、BOXなどとも呼ばれる)かのどちらかがほとんどです。

前者は、パソコンに最初からインストールされるかCDで添付されます。その分、単価が安くなりサポートもパソコンのメーカー側が基本を行う形になります。そのため、添付品は基本的に他のPCで利用することが一切出来ません。唯一他のPCでの利用を可能にする方法は添付品とは別に対象ソフトのアップグレード版を購入した場合に、そのPCに添付したライセンスを元に他のPCにアップグレードでライセンスを移行することができます。(添付したPCラインセンスはアップグレードで他のPCに移行した時点で失います)

後者は、店頭で販売されているパッケージ品です。MS Office2007であればPersonal版が標準パッケージで36000円以上します。最上位のUltimateなら57000円以上します。他の商品に添付されたものとは違い正規サポートが受けられ、尚かつ許されたライセンス台数にインストールが可能です。(MS Officeの場合は通常は1台で同じユーザーが管理者の場合で尚かつ同時に使わない場合に限りサブノートとデスクトップの各1台までを上限とする)
もちろん、ライセンス台数の範囲内なら最初のPCから別のPCにライセンスを移動しても構いません。

どちらのライセンスかをまず確認しましょう。添付品でもBTOで購入した場合には、Professional版などは正規版を購入しなければならない場合も希にありますから、リテール版を買っているかも知れません。DSPであれば、そもそもどのような理由でも2台のPCにはインストールできませんし、他のPCで使うこと自体が許されないことです。

ただし、インストールができる出来ないは別の問題です。出来たから問題ないと思っていると、後々困ることもあるかも知れません。後は、ばれるばれない、良い悪いなどその人の倫理観の問題になります。
個人的にはバンドル品は他のPCで使わないことをお奨めします。


Q/では、何故認証番号が使用できる状態になっているんですか??

A/過去の回答にあるだろうが、書いておこう。
WindowsXPもVistaもそうですが、パソコンを購入した時にインストールされているイメージを1台1台工場でセットアップしていると思いますか?
メーカーでは同じパソコンの型番で全く同じ構成のPCを一日に数百台~数千台生産しています。それらに一つ一つセットアップしていくのは面倒ですから、予めライセンス認証をある1台で完了させ、それをSYSPREPと呼ばれるプログラムでユーザー名未構成状態に戻し、Deployと呼ばれるプログラムにて数十台から数百台に配布します。
そのため、プリインストールされているオフィスと添付されているオフィスは別物のライセンスになります。

結果、別のPCでもそのオフィスは普通にセットアップできます。ただし、一度それを行ってしまうと、元のPCで何か不具合が発生して再セットアップするとセットアップ後のライセンス認証に失敗します。電話認証は可能ですが、頻繁に別のPCでの認証を繰り返すと、WGA認証時に不正ライセンス(クラック版)扱いになることありますのでご注意ください。

*クラック版=不正にライセンス認証をごまかす処理をしたオフィスのこと。これに該当するプロダクトキーやオフィスは、オフィスアップデートの特典アップデートが受けられなくなり、Vista及びOffice2007などの場合は不正版であるという旨のメッセージが定期的に表示されるはずです。

参考URL:http://www.microsoft.com/resources/howtotell/off …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 22:19

#2です、補足をさせていただきます。


>確か、同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。

↑が事実なら、以下のQ:、A:の{主たる利用者が限定使用する場合に限り、Office や Word などのマイクロソフトのアプリケーション製品をノート PC に追加インストールすることが許可される場合があります。}
に該当します。

#1さんの言われるのは、
{PC 購入によって購入したライセンスには適用されません。
このような OEM ライセンスは、シングルユース ライセンスであり、他の PC に移動することができません。}
↑に該当する場合で、この場合は移動できません。

※参考文献です↓

Q:ライセンス認証では、ユーザーがデスクトップ PC の他にノート PC にも製品をインストールすることを許可しますか?

A:その製品の使用許諾契約 (EULA) の条項を参照する必要があります。マイクロソフトの EULA では、主たる利用者が限定使用する場合に限り、Office や Word などのマイクロソフトのアプリケーション製品をノート PC に追加インストールすることが許可される場合があります。
これは、PC 購入によって購入したライセンスには適用されません。
このような OEM ライセンスは、シングルユース ライセンスであり、他の PC に移動することができません。
Windows XP も、一台のコンピュータのみインストールが可能です。
別のコンピュータにインストールしてライセンス認証を行う場合は、新しいライセンスが必要です。

{http://www.microsoft.com/japan/piracy/activation …}

ライセンス認証は、ソフトウェアの製品のインストール時に要求されるプロダクト キーが、ソフトウェア使用許諾契約 (EULA) で許可された範囲を超え、他の PC で既に使用されていないことを確認することによって動作します。

一般的に、Windows XP は 1 台の PC、Office 2003 または Office XP は、1 台の PC と本人が使用するもう 1 台のノート PC にインストールできます
(詳細は保有する製品の EULA を参照してください)。

ライセンス認証手続きでは、プロダクト キー情報はプロダクト ID の形式で、「ハードウェア ハッシュ (PC のハードウェア構成から生成される一意でない数値)」と共にマイクロソフトのライセンス認証システムに送信されます。

Windows XP SP1 では、プロダクト キー自体がプロダクト ID と同時に送信されます。
ライセンス認証手続きは、インターネットまたはライセンス認証窓口への電話のいずれかの方法で完了します。

同一 PC 上で、同一プロダクト キーを使用する場合、認証手続きの回数は無制限です。
ライセンス認証では、1 つのプロダクト キーを用いて別の PC でライセンス認証を実行できる回数制限することにより、著作権侵害を防止しています。

+それに加えて、Office のアプリケーションでは、ライセンス認証を行わずに使用できる最大回数である 50 回目の起動までの間、毎回起動時にライセンス認証の通知が表示されます。

{http://www.microsoft.com/japan/piracy/activation …}

※参考文献です↑
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/18 22:19

◇微妙なご質問ですが・・・



>以前にオフィス2007が入ったノートパソコンを購入しました。

↑このパソコンに、何らかの理由で使用していない、のであればインストールして使用出来ます。

※いずれかのPCで登録されている場合には、次のようになります。
{http://support.microsoft.com/kb/312232/ja}=MAC以外でも同じ

↑解決策も記されてます。

※私はハードディスクを2回交換しましたが、OFFICEはその都度新しいディスクで使用しています。
OFFICEはPCに付属していたものです。
:問題はありません。

◇こちらも参考になると思います↓
{http://support.microsoft.com/kb/823570/ja}
    • good
    • 0

ライセンス違反になります。



>同封しているCDロムでデスクトップ1台にインストールできたと思います。
これもパッケージ版でしたら出来たはずですがPCに付属してきたオフィスではだめです。

付属してきたノートパソコンでのみ使用が可能です。

この回答への補足

ご返答ありがとうございます。
周囲の人は皆、デスクトップ1台分はインストールできるって言うのですが、それはライセンス違反という事なんですね。
では、何故認証番号が使用できる状態になっているんですか??
すみませんが、お願いします。

補足日時:2007/11/24 15:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWPSオフィスは、Microsoft® Officeと、どのくらいの互換性があるんでしょうか。

WPSオフィス(旧KINGSOFT Office)は、PC・スマホ・タブレットで使用できる総合オフィスソフトで、KINGSOFTからリリースされています。
ワープロ+表計算+プレゼンテーションの3つのソフトがセットになった総合オフィスソフトです。
https://www.kingsoft.jp/office/

KINGSOFTのWPSオフィスは、マイクロソフトのMicrosoft® Officeと互換性があるそうですが、どのくらいの互換性があるんでしょうか。

Aベストアンサー

コンテンツによります。
完璧に互換性があるコンテンツから、挿入した図や写真、数式の位置が微妙にずれるコンテンツまであります。

質問者さんが、図、写真、数式、動画、テキストボックスの挿入などを駆使したコンテンツを多用されるのであれば互換性は低い、ほとんど使用しないなら互換性は高いと思います。
個人的には、パワポ以外は飾り、微妙な配置にはこだわらないのでWPSオフィスで十分、互換性があると思って使っています

Qプレインストール版 Office をUPG対象にして、Office 2003 Edition UPG版を新しいPCにインストール

http://www.microsoft.com/japan/customer/infokb/Search.aspx?si=700062&ts=
上記のマイクロソフト社のウェブページ上で、
プレインストールされた古いオフィスソフトを、アップグレード対象にして、Office 2003 Edition アップグレード版を新しいコンピュータにインストールすることが可能となっています。
そこで質問があるのですが、

(事の成行き)
今まで使っていたノートパソコン(OSはME オフィスはプレインストール(CD付)されたMEHOME)の代わりに新しくノートを買おうしています。(メーカー品 OS XP オフィスなし)

質問
(ア)古いノートからMEオフィスをアンインスールすることを条件に新しいパソコンにオフィス2003HOMEアップグレード版をインストールできるという考え方は間違っていないですか?
(イ)古いノートのオフィスはネットにつなげてないので、認証等を今までしたことがないのですが、何か支障は出ますか?
(ウ)アップグレード版はライセンスはノート一台のみですか?それともデスクトップとノート(同人使用)にインストール可能ですか?

よろしくお願いします。

http://www.microsoft.com/japan/customer/infokb/Search.aspx?si=700062&ts=
上記のマイクロソフト社のウェブページ上で、
プレインストールされた古いオフィスソフトを、アップグレード対象にして、Office 2003 Edition アップグレード版を新しいコンピュータにインストールすることが可能となっています。
そこで質問があるのですが、

(事の成行き)
今まで使っていたノートパソコン(OSはME オフィスはプレインストール(CD付)されたMEHOME)の代わりに新しくノートを買おうしています...続きを読む

Aベストアンサー

(ウ)も問題ありません。
アップグレード版で問題になるのは、
Officeのインストールされていないパソコンにインストールする場合に、アップグレード対象製品のCDを要求されることです。
万が一、CDを紛失していたりすると、インストールできません。

QMicrosoft Officeに代わるオフィスソフトはありますか

Microsoft Officeに代わるオフィスソフトはありますか

フリーウエアでありませんか?
wordとexcel機能があれば十分です。

OpenOfficeを便利に使っていましたが、PCを交換してWindows7にするとなぜか安定しなくて全く使えません。

Aベストアンサー

OpenOffice以外のフリー版Officeだと「IBMのLotus Symphony Ver1.3 日本語版」ぐらいだと思います。
(OpenOffice.orgベースのようなので同じような挙動をする可能性あり)

ダウンロード(メーカーサイト):
http://www-06.ibm.com/software/jp/lotus/trials/download.html
※ダウンロードには簡単な登録が必要な場合あり

但し、対応OSがWindows XP、Windows VistaとなっているのでWindows 7での動作は?、です

現在Symphony 3のBata4がダウンロード出来ますが、こちらはWindows 7対応です。

先ずはお試しを。

Qプレインストールソフトについて

パソコンが壊れた場合など、パソコンを廃棄した場合そのパソコンのプレインストールソフトMicrosoft(R) Office Personal Edition 2003 を他のパソコンにインストールして使用することは違反ですか?

Aベストアンサー

違反です。

メーカー製のPCなどにプレインストールされている(あるいはインストールディスクとして付属している)ソフトは、そのPCで使用することのみライセンスが許可されています。

Q安いオフィス(Office)製品の販売店について

現在資格試験でOffice2002を取得しようとしています。
問題集を購入したのですが、私の動作環境は(OSはXPですが)
Office2000なので、参考書に付属してるCDが動かなかったのです。
問題集の動作環境は「Office XP Professional」となっています。
現在は家電量販店では「Office2003」しか販売していません。

通常の使用方法で2000年モデルでも
不満は感じることはないのですが、
資格試験のためには「Office XP Professional」以降の
モデルしか問題集のROMが動きません。

そこで、やはり価格がネックであり、3万円
(2003のアップグレード版プロフェッショナル)は
出費がきついと感じています。

Officeソフトの中古販売店をご存知の方がおられましたら、
教えていただきたく投稿しました。
私は大阪、神戸方面に居住しています。
ネットショップもありましたら紹介お願いいたします。
当然、違法コピー物の購入は購入を拒否します。

Aベストアンサー

こんにちは。

ヤフオクでは、ボリュームライセンスは、こまめに削除されていますから、もうなくなったはずです。違法コピーも直接の販売はなくなったと思います。ただし、販売そのものが、なくなったわけではありません。

しかし、私は、ここで前にも書いたけれど、ヤフオクのOffice の8割以上は、規約違反品です。おそらく、次バージョンで対策がとられるものだと思います。しかし、それで直接、違法というものではありません。ただ、なんらかのトラブルは覚悟しなくてはなりません。仮に、ヤフオクでそのような商品のパッケージを開けたら、返品は利かないので、事実上のノークレーム・ノーリターンになってしまいます。

中古品は、非常に難しいです。相手をどこまで信じるかにもよります。しょせん、販売する側も購入する側も一回きりの話なので、数が少なく、競りが激しいので、手に入れられるかどうかは、神のみぞ知るに近いレベルです。

また、中古販売業者は、面倒など見てくれませんし、相手が、商品の性格が分かっていないので、クレームを付けられませんから、かなりトラブルも多いようです。

中古は、MSを通して譲渡契約が必要ですが、真面目な個人の方でないとほとんど不可能です。また、ヤフオクなどのOffice販売業者の値段は、結果的には量販店よりも高いので、やめたほうがよいです。

Officeの新品で、ヤフオクの落札予想金額は、流通価格の8割~9割程度(運賃抜き)までは考えておいたほうがよいです。それ以下の新品は、手を出さないほうがよいです。中古は、1年も待つならともかく、無理に近いです。

それでも、やってみますか?
オークションが趣味でもない限りは、難しいです。中には、大量落札している人間がいます。一体、何をしている人なのか、落札価格が、予想より1割り増しになります。

ところで、
>問題集の動作環境は「Office XP Professional」となっています。

その問題集は、FOMぐらいなものではありませんか?問題集を換えれば、Personal で良いものもあります。良く調べてみてください。概ね、ExcelとWordだけなのに、Professionalを買うのは、無駄だと思います。Professionalでなければ、受験できないわけでもないだろうしね。

こんにちは。

ヤフオクでは、ボリュームライセンスは、こまめに削除されていますから、もうなくなったはずです。違法コピーも直接の販売はなくなったと思います。ただし、販売そのものが、なくなったわけではありません。

しかし、私は、ここで前にも書いたけれど、ヤフオクのOffice の8割以上は、規約違反品です。おそらく、次バージョンで対策がとられるものだと思います。しかし、それで直接、違法というものではありません。ただ、なんらかのトラブルは覚悟しなくてはなりません。仮に、ヤフオクでその...続きを読む

Qエクセルのファイルが開けません(既出でしたらすいません

エクセルのファイルが開けなくて、困っております。
次のようなエラーメッセージが出るそうです。
「選択した機能はCD-ROMまたは現在使用できないリムーバブルディスクにあります。
Micrisift Office XP Personalディスクを挿入し、〔OK〕をクリックします。
ここでキャンセルのボタンをクリックしたら
エラー1706:接続またはCD-ROMドライブに問題がないか確認してください。」
この用な感じなのですが・・
言われたとおり、OSのCDを挿入するしか無いでしょうか?
あと、なぜこのような事になってしまったのか、どういう状況で
なるエラーなのか原因がお分かりになるでしょうか?
どなたか、良ければ教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

 マイクロソフト オフィスのカスタムセットアップをご覧になると分かると思うのですが、大きくExcel、Word、PowerPoint、Outlookと分かれてはいますが、その中でもいろいろな機能ごとに「インストール」「インストールしない」「始めて使うときにインストール」等と設定してインストールすることができます。
 今回のケースでは、そのファイルにインストールしていない機能を使ったデータが入っていたか、あるいはすでにインストールしてあったものが何らかの理由によって壊れてしまったものと思われます。
 対処方法としては、CD-ROMを挿入してその機能をインストールするしかないです。

では。

QOffice(オフィス)のライセンスについて

こんにちは

今回、新しいパソコンのためにOfficeを買い、インストールしたばかりです。

私はパソコン音痴なので、よく分からないのですが、
このOfficeというソフトは、一つのパソコンにつき、一つのライセンスなんだそうです。

つまり、一箱のOfficeは、一台のコンピュータのためにあるということでしょう。



そこで、考えたのですが・・・

もし、私のパソコンがクラッシュしてしまった場合、
またOfficeを買わなければならないのでしょうか?

それとも、何か救済措置等、あるのでしょうか?



なんか、お金がかかるなあと思って・・・(涙)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>新しいパソコンのためにOfficeを買い

文脈からすると、PCに付属していたOffice(プレインストール版/OEM版)ではなく、箱で買ったもの(パッケージ版)のようですから、何度インストールしても全然問題ないですよ。

インストール自体は、何回でも何百回でも何台にでもできます。

パッケージ版は、ユーザーライセンスといって、ライセンスが機械(デバイス)に与えられるのではなく、ユーザー(質問者様)に与えられます。

つまり、ユーザーが変わらなければ、機械(デバイス)はいくら変えてもいいのです。壊れたら新しいPCに入れ直せばいいのです。

ただし、不正利用を防ぐために、ライセンス認証をする必要があります。パッケージ版で同時に認証できる機械(デバイス)は、同時に2台までとなっています。

まとめると、質問者さんは、常に2台のPCにOfficeを入れて利用し続けることができます。パッケージ版は永続ライセンスなので、ライセンスが消滅することはありません。

<例>
1)デスクトップパソコンA、ノートパソコンB にOfficeをインストールし、ライセンス認証した。
2)ノートパソコンBが壊れたのでノートパソコンCを買った。ノートパソコンCにOfficeをインストールし、電話にてライセンス認証を行なった。
3)デスクトップパソコンAが壊れて、ノートパソコンDを買った。ノートパソコンDにOfficeをインストールして、電話にてラインセンス認証を行なった。


このように、ライセンス認証は2回まではネットに接続の状態で簡単にできますが、3回目からは不正を防ぐために電話での認証し直しになります。

上記に何台でもインストールできると書きましたが、インストールするだけでは不正にはならないのです。インストールするだけでは体験版状態で、一定の期間がくると利用できなくなります。ライセンス認証をして、はじめて正規のOfficeをなります。

>新しいパソコンのためにOfficeを買い

文脈からすると、PCに付属していたOffice(プレインストール版/OEM版)ではなく、箱で買ったもの(パッケージ版)のようですから、何度インストールしても全然問題ないですよ。

インストール自体は、何回でも何百回でも何台にでもできます。

パッケージ版は、ユーザーライセンスといって、ライセンスが機械(デバイス)に与えられるのではなく、ユーザー(質問者様)に与えられます。

つまり、ユーザーが変わらなければ、機械(デバイス)はいくら変えてもいいのです...続きを読む

Qオフィス2007プラスを買いたいのですが、マイクロソフトとキングソフトオフィスとの違いはなんですか?

間違って、ワードー、エクセルー、パワーポイントの入っていないパソコン(レッツ ノートを買ってしまいました。後付で、Office2007Plusをつければいいといわれましたが、マイクロソフト社のものと、キングソフト社のものが出ているようで、値段がかなり違います。何が違うのか教えてください。
できれば、安いキングソフト社のほうを選びたいのですが、注意点等も教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

キングソフト Officeソフトは中国で開発されたもので確かに安価です。
キングソフトOffice 2007とMicrosoft Officeの互換性なのですが、Microsoft Office 2007ではなくOffice 2003と互換性で比べていますね。
機能比較では、Microsoft Office 2007ではできることが×になっていたりしてますので。
個人的に持っている機能の範囲だけで使うのでしたら、キングソフトでも十分と思いますが、もし他とのやりとりもあるのでしたら違うソフトを使うのは考えたほうが良いと思いますね。
 
下記は KINGSOFT Office 2007の機能比較ページですが、メニュー(タブ)部分で他の機能比較もいろいろと参照できます。
http://www.kingsoft.jp/office/pop_writer.html

Microsoft Officeとの機能比較その他、およそどのような感じかは、上記ページで把握できると思いますが、Microsoft Office 2007のほうも調べて比べてみたほうが、更に良いのではと思います。
http://office.microsoft.com/ja-jp/products/default.aspx

例えば、Office 2007で作成されたファイルをもらっても、読み込みできません。
互換機能パックはMicrosoft Office 2000~2003がある場合に使用できるというような部分なども問題がなければ、安いほうでも支障は無いということになると思いますが。
 

キングソフト Officeソフトは中国で開発されたもので確かに安価です。
キングソフトOffice 2007とMicrosoft Officeの互換性なのですが、Microsoft Office 2007ではなくOffice 2003と互換性で比べていますね。
機能比較では、Microsoft Office 2007ではできることが×になっていたりしてますので。
個人的に持っている機能の範囲だけで使うのでしたら、キングソフトでも十分と思いますが、もし他とのやりとりもあるのでしたら違うソフトを使うのは考えたほうが良いと思いますね。
 
下記は KINGSOFT Office 2...続きを読む

Qオープンオフィス*OpenOfficeのキャビネットの整理

こんにちは、先日OpenOffice2.4をインストールしました。今日気が付いたのですが、インストール先のProgram filesフォルダーの中にプログラムファイルである「OpenOffice.org 2.4」とは別に23個のキャビネットファイル(というのでしょうか?引き出しの絵のアイコンです)がバラで出来ています。

Program file内には他のプログラムファイルも多数あり、かさばるのでこの23個を一つの新規フォルダを作ってそこに入れてしまおうかと思っています。そこで、ふと思ったのが、そのような事を勝手にしてしまうと、ファイルのディレクトリーが違ってくるのでOOo使用時に不具合が出たりしないかという事です。

※バラの23個のキャビネットは
penoffice.org-activex
openoffice.org-base
openoffice.org-writer
openoffice.org-xsltfilter
等のものです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

インストール用の一時ファイルのように見受けられますが、自信はありません。

Qオフィス2007の再インストール

ノートPC  vista を使用していましたがフリーズを頻繁に起こし、実用に耐えられなくなったので セブンのPCを購入しました。ただこのPCは オフィスが付いてないタイプの為、vistaを廃棄した時、付属のオフィス2007のソフトをセブンにインストールしたいのですが、これは合法なのでしょうか?
一応このソフトは自分が購入したPCに付いていたソフトだし、元のPCを廃棄し重複して使用していないので理論的にはいいとおもうのですが、どうなのでしょうか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

他の回答がありますが、先の回答には間違いがあり、正しい回答をしたいと思いますので、敢えて回答します。

Q/一応このソフトは自分が購入したPCに付いていたソフトだし、元のPCを廃棄し重複して使用していないので理論的にはいいとおもうのですが、どうなのでしょうか? 

A/残念ながらそれが、リテイルを示すライセンスでなければ、ダメ(OEM/DSPならばNG)です。パソコンに添付されていたなら、残念ながらライセンス認証は時期によっては通るかもしれませんが、ライセンス上はアウト(不正)となります。その理由は、ライセンスがDSP/OEMであるためです。

このDSP/OEMライセンスというのは、特定のハードウェアに添付されるライセンスというもので、相手ブランドによる販売を意味するライセンスです。例えば、パソコンに添付される場合は、パソコンのブランドに抱き合わせる形でソフトウェアが提供されます。

そのソフトは、そのパソコンとセットで使うことで、ライセンスを正規ライセンスとして使うことができますが、もしもパソコンを失うか、ソフトを失えば、ライセンスは失効するという条件が付いています。
その条件の代わりに、価格は製品版(正規ライセンスリテイルパッケージ)に対して、約6~8割の価格に抑えられています。即ち、ハードと抱き合わせる条件が付きますが、半額近い価格でソフトを提供しているのです。

もしも、そのうちのハードウェアが失われた場合、ライセンスは失効しますので、ソフトを使う権利は無くなります。多くの人は、それを知らずに使い続けるケースがありますが、それはライセンス違反となり、厳密には民事訴訟における損害賠償請求の対象となり、EULA(エンドユーザーライセンス)に違反することになりますので、インストール時に表示される電子認証の同意ボタンを押した時点で、万が一の訴訟が生じたときに、敗訴する可能性が高いためご注意下さい。(マイクロソフト社はとても優秀な代理人を数多く抱えていますのでご注意を)
ただし、これを第三者が制限することはできませんので、最終的な判断は管理者ご自身に委ねられます。倫理上の判断でご決断下さい。

ただし、ライセンスには価格的な逃げ道があります。
ライセンスには、アップグレードと呼ばれる、それをリテイル(正規ライセンスリテイル)と同じものに引き上げることが出来るライセンスがあります。
リテイルライセンスとは、ライセンス台数を満たす範囲でハードウェアの拘束なくソフトをインストールできるライセンスで、正規/新規インストールライセンスとも言われます。このライセンスを取得すると、どのPCでもライセンス台数及び、利用許諾証明書(EULA)が満たす範囲で、ライセンスを行使することが出来ます。

このアップグレードライセンスは、OEM/DSPライセンスを正規版に引き上げます。ただし、アップグレード版そのものには、正規であると示す条件はありますが、ライセンスそのものはハーフライセンスとなり、正規とは見なされません。
わかりにくいので、簡単に言えば、アップグレードというのは、元のライセンスである旧バージョンとセットで所有したときに初めて、効力を発揮するライセンスです。もしも、古いライセンスを処分すれば、ライセンスは消えてしまいますので、Office2007のライセンスディスクとEULA(ライセンス証書、及びプロダクトキー)は捨てずに一緒に保管して下さい。

このライセンスは、Professional版でも3万円程度で取得でき、新規インストールリテイル版の6万円弱よりおよそ半額になります。Home And Businessなら、もっと安く抑えられるでしょう。そして、このライセンスを取得すると、パソコンが何度買い換えられようが、互換性の問題さえなければ、ライセンス台数が満たす限り、古いPCから削除して、新しいPCで使うことができます。

そしてこのリテイルライセンス及びアップグレードリテイルにはもう一つ利点があります。
同じ管理者が管理する利用頻度として同時に使うことがない、(サブ)ノートPCとデスクトップPC(この条件は絶対条件です)の、2台に1つのライセンスでインストールすることができます。これは、リテイルライセンスの売りとなるものです。ただし、ノートPC2台、またはデスクトップ2台にはインストールできません。あくまで、同時に使う頻度が少ない条件のノート1台、デスクトップ1台となり、そのうち最初に認証する1台はインターネット認証を、他方の一台は電話でのライセンス認証が必要になります。

ということになります。
マイクロソフトのオフィスソフトはかなり高価で、特にリテイルになるとOEM/DSP版の抱き合わせソフトに比べて倍以上の値段になることが多いです。しかし、アップグレード版(前のバージョンのソフトを保有し続ける必要があります)や正規リテイルを揃えれば、今後パソコンを買い換えてからも古いPCから削除さえすれば、使えるため長期的にはお得となります。

そういう意味では、リテイルを揃えるのがベストです。

最後に一応簡単にまとめると、

・OEM/DSPライセンス(パソコン添付品)は他のPCでは原理上は使えますが、ライセンス上は使えません。使えても、EULAに記載されたルールを破るため使うと損害賠償請求で極めて不利になります。

・リテイルライセンスを取得すれば、ライセンス台数が満たす限りのパソコンで使うことができ、買い換えても前のPCから削除すれば使えます。

・マイクロソフトオフィスの場合、リテイルライセンス(VL版を除く)の場合は、1つのライセンスで同じ管理者(ユーザー)が使うノートPCとデスクトップPCという条件で、2台のPCで使うことができます。これは、リテイル版の特典となります。

尚、これはマイクロソフトオフィスシステムに関するライセンス事項です。マイクロソフトウィンドウズやその他のオフィスソフトにおけるライセンス仕様ではありませんので、ご注意下さい。

他の回答がありますが、先の回答には間違いがあり、正しい回答をしたいと思いますので、敢えて回答します。

Q/一応このソフトは自分が購入したPCに付いていたソフトだし、元のPCを廃棄し重複して使用していないので理論的にはいいとおもうのですが、どうなのでしょうか? 

A/残念ながらそれが、リテイルを示すライセンスでなければ、ダメ(OEM/DSPならばNG)です。パソコンに添付されていたなら、残念ながらライセンス認証は時期によっては通るかもしれませんが、ライセンス上はアウト(不正)となりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報