プロが教えるわが家の防犯対策術!

3年前、某大手デベロッパーが販売した新築マンション(RC/アネハ
問題が発覚する前に建築されたマンション)を購入し引越しをしまし
た。
20階建ての20階(最上階)部分です。
今年の二年目のアフターサービス点検時に、以前から気になってい
た耐力壁(戸境壁)のクロスに斜めに走る線が気になり相談したと
ころ、クラックが入っている可能性があるとのことで、施工業者立
会いの下、クロスを剥がしたところ、壁上部右端から左へ1.5m
部分から、壁右下から上へ約70cm部分に向かって最大で1m強
のクラックがありました。
それに対する施工業者の対応は、単に注射(エポキシ樹脂の注入)
で終わっています。
ところが、つい最近、最初にクラックが入った耐力壁(戸境壁)の
延長線上にある寝室の壁のクロスに、明らかにクラックによるクロ
スの浮きを発見。
今度のクラックの入り方は、寝室の壁上部右端から左へ2.0m部
分から、壁右下から左へ約2.2m部分に向かってほぼ垂直(若干
斜め)に入っているようです。
クロスの浮きから見て、今回のクラックは1mm以上あると思われ
ます。
今週の土曜日(12/8)に施工業者立会いの元に確認する予定ですが、・・・。
そこで、知りたいのが・・・
1.新築購入して3年も経っておらず、最上階なのに2個所もクラッ
  ク(収縮クラックではない)が入るということは、構造上の問題
  (鉄筋等の不足)があるのではないか、その調査の方法。
2.相談の窓口
3.将来、この物件を売却するにあたり、共用部分であるこの耐力壁
  (戸境壁)を補修した事実は重要事項に明記する問題であるか。
です。

当然に品格法に基き主要構造部分においては10年間の保証があるの
は理解しておりますが、あまりにも有名なデベロッパーが販売した物
件にしては、お粗末ではないかと感じています。最上階であり、上部
係わる加重は殆どないのに何故クラックが・・・。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No5の回答を支持します。


 コンクリートは1年以上かけてその水分を放出し、収縮を続けます。
最上階なのになぜ?とありますが、日射の影響で膨張、収縮を繰り返す最上階だからこそクラックが入り易いのです。
 エポキシ樹脂の注入は今後のクラックの成長に追従して雨水を遮断するためであり、構造補強とは違いますので正解です。ただ、クラックの拡幅には追従しますが、伸張には対応しませんので、今後とも注意が必要です。おそらく2年以内であればどんな施工業者でも対応するでしょうし、2年経過後も雨水の浸入には、対応・補修するケースがほとんどでしょう。10年を経過してのひび割れや塗装・タイル壁の劣化は、コンクリート構造物の性質上十分ありえる話ですので、管理組合積立金を使用して大規模補修を行われるのが通常の形です。
 今のマンション開発の現状を見ていると残念でならないのは、販売員が建築物の性状に無知であることです。知識があるのなら隠していることになります。(ひび割れ補強筋を入れてますから・・などとは笑止です。建物は生き物です。薬を飲んでいるから長生きするに決まっていると言っているのに近いです。)
 この100年あまりの間に飛躍的な発展を遂げたコンクリート構造は、その長寿命、施工のしやすさ(石積みや木造に比べればですが・・)から高層でデザイン的自由度の高い建物を提供できました。しかし、当然欠点もあります。重い、プラン変更しにくい、そしてクラックです。防ぎようが無いから欠点なのです。
 近年の消費者の要求事項は「高い買い物をしたんだからひび割れなんてありえない」等の感覚的な物がほとんどです。そして大半が若い方。無理も無い。その当然の疑問に答える知識が(最も基本的な知識のひとつですが・・)顧客とのインターフェイスである販売員にも必要だと思いますし、その無さの裏返しが「最上階はすばらしい、欠点なんて無い」的な販売方法につながっています。地震で多少揺れますけど・・とか言われただけなんでしょうね・・・。
 資材・素材の持つ特性は木造建築においては数千年の歴史を持って、大工に受け継がれていますが、コンクリートはせいぜい50年です。
収縮の原因となる水分量は、「コンクリートを流し込む」ためにも不可欠ですが、薬剤を混和し、水が少なくても流れるコンクリートがスタンダードになって15年は経つでしょう。クラックの量も巾も以前に比べれば減ってきたように感じます。
 質問者の方のお気持ちは察しますが、知識を持つ者としてはあまりに普通の状態なので、周りに責任を感じてしまいます。原因は(1)販売優先の世情(2)顧客優位による勉強努力の不要(3)最上階を買った不運 等にあるかと思います。世間の皆さん(私もたいしたことはありません)が早くコンクリート構造について、ある程度の理解を持つ時代が来れば、こういった議論も無くなっていくのだと思います。例えば、木造は冬寒くて夏涼しいものだとか、一般的ですよね・・?
 コンクリート面に直張りでクロスを貼らなければこんな問題はありません。木軸で壁を設けた上でクロスを貼るのが正解でしょうが・・出るか出ないか解らないクラックのために、全面木軸壁・・・高コストなので現実的解決策には程遠く、申し訳ありませんが。
 あなたがココに質問をしたということは、施工の時点でのミスとは言い切れない、何か不安があったからだと思います。現実は上記の通りです。これを解った上で追求されていけば良いでしょう。
    • good
    • 5

コンクリートは、打設直後から主に1ヶ月にわたり(=硬化に伴い)収縮します。


配合比にもよりますが、数千分の1です。。
耐力壁の全長がどのぐらいか分かりませんが、6mなら6000mmで、
1mmの幅になります。
そのため、柱と壁の境や、窓の横には、目地をとって、クラックを
ごまかしてます(別にエポキシは注入する必要はありません)。
耐力壁の場合は、こうした誘発目地がないので、通常、数mに1本
クラックを生じます(要するに、収縮しない鉄筋とのガマンの切れる地点)。
上記の比率でいくと、1mm近いものになります。
構造クラックの場合は、平行して何本も走るものですが、この場合は、
(このメカニズムからして当然)1本だけ(ないしは数mおき)です。
また、中間階では、上下を押えられているので、縦に走りますが、
最上階は、上端が自由に収縮できるので、クラックの上が外壁に向かって
傾斜して生じます。
(基本的な知識ですが、コンクリートは圧縮力のみを負担するので、
クラックが生じても鉄筋でつながっていれば、構造的な問題とはなりません。
外壁や屋根においては、漏水の問題になりますが。)
    • good
    • 1

ANo.1の回答を支持します。


相談窓口(中央建設工事紛争審査会HP)も併せて見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相談窓口(中央建設工事紛争審査会HP)の件、このような
仲裁機関があるとは知りませんでした。
12/8に施工業者が確認にくるので、ANo.1の方の指示を
参考とし、紛争の可能性がある場合には、審査会のことも
視野に入れた対応を図りたいと思います。
有り難う御座いました、

お礼日時:2007/12/04 15:01

斜めのクラックは横揺れから生じるものでしょう。


異常です。
すぐ管理組合に報告して他の住戸も確認すべきです。
3年目なら建築士の定期報告をする年でしょう。
管理会社にもいえばその建築士にも確認してもらえるかもしれません。

悪さ加減を症状として認識したら
申請図書のチェックそして、施工状態のチェックが必要です。あとは1の方に準じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

3年目の定期報告の件、これも大きな収穫です。
非常に重要なご意見をいただき助かります。
やはり、管理組合に対し報告することが大事なようですね。
早速、管理会社に報告の上、建築士立会いの上、確認させ
るようにしたいと思います。
本当に、有り難う御座います。

お礼日時:2007/12/04 14:53

>最上階なのに2個所もクラック(収縮クラックではない)が入る



最上階壁の「ハ」型のひび割れや縦ひび割れは、屋上の日射熱による一般的な収縮ひび割れと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも参考になります。
屋上の日射熱によるひび割れが1mmを超える場合、一般的な
収縮ひび割れと言う事であれば、購入した消費者側としては、
さらに突っ込み、そのようなことがないように施工するよう
施工業者に注文することができますね。
有り難う御座います、助かります。

お礼日時:2007/12/04 14:46

有名なデベロッパー=良い物件と思うのは間違いです



購入後大きな地震が無いと仮定して

1.調査方法
  図面及び構造計算書の確認です
 ・当時の法律を遵守しているのか確認
 ・構造計算に間違いは無いのかの確認
 ・地体力及びボーリング調査データの確認
 ・設計にミスは無いかの確認

 上記に問題は無いときは施工ミスの確認
 ・地盤沈下等が無いのか
 ・施工時の写真などの記録があればそれを点検する
 ・非破壊検査を実施
   配筋など位置、大きさが図面通りか確認
   スリットなど図面と同じかの確認
   など
 ・破壊検査
   簡易検査 シュミットハンマーにより簡易でコンクリートの強度確認
   又は、コアブロックを採取してコンクリート等が指定の強度であるのかの確認
   コンクリートのアルカリ度の確認
 ・ひび割れ箇所の確認
  など・・・・・・・

  まあ、100万円以上は調査費が掛かるのでね
 
  管理組合が通常は対処しますので役員が立ち会う必要がありますので速やかにマンション管理組合の報告して
 今後の処理方法を決める必要があります

  調査費をだれが負担するのか・・今後の方針など

  と言ってもなにも知らない住民では無理ですのでそれなりの知識が必要です

 マンションの住民に建築士がいないの確認しましょう・・・・

2.相談の窓口

  ・建築確認をおろした市町村
  ・国土交通省
   http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/07/071129_2_ …

   http://www.kenchiku-gmen.or.jp/

3.当然寿命及びマンション価格に重大な影響を与える恐れがありますので必要です





 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしーーーー!!
パーフェクトなご指摘をいただき感謝申し上げます。
恥ずかしながら、小生、実は不動産業者でありまして、
本件においては、大規模マンションに隠れる大きな問題
ではないかと考えております。
そこらの不動産業者で多少の知識があっても建築の構造
的実務に触れる機会はめったにございません。
ゼネコン・デベロッパーの方でないとわからないことだ
と思いますが、非常に感心を持っております。
管理組合ならびに理事長に報告の上、対応を協議させて
いただきたく存じます。
組合員に中には、同様の案件を持ちながら、または気付
かない方が多くいらっしゃるのではないかと思います。
ある雑誌で、勝ち組マンションと称されているようです
が、多くのクラックの情報を得ているとある組合員の方
からも伺っております。
組合員の生命と財産を護る為にも、徹底した解明に挑み
たいと思います。
色々と、ご助言いただけましたら幸いです。
本当に有り難う御座います。

お礼日時:2007/12/04 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸境壁のひび割れで悩んでいます。

 2年前に新築マンションを購入し、先月アフター点検(2年目)がありました。その時に戸境壁(セメントにクロス直張り)のひび割れについて質問したところ、きちんと確認もせず、コンクリートの収縮よるもの、という回答でした。
現在の状態は、
(1)3mほどのリビングの壁→右上部から左下部に斜めに線が走っている。真ん中あたりには、ほぼ直角にみみずばれのように線が走り、所々盛り上がりがある。(並行して2本)
(2)寝室→真ん中上部から右下部にかけて斜めに線が走っている。並行して、左上部から右下部へも。
(3)みみずばれの所は、近くでみるとクロスが伸びて点々と針で突いたような穴があり、線が走っているクロスのつなぎ目の箇所は、開いてきています。
 構造壁である壁にこのようなひびがあるのは、不安ですし、美観的にも気になります。コンクリートの収縮があるのはわかっているのだから、施工会社も当然そのことをふまえたうえで、施工しているのでは?戸境壁は、共用部分であり、普通に生活していて、こちらには何の落ち度もないのに、きちんと対応してもらえないのでしょうか?
 他の分譲マンションに住んでいる知り合い数人に確認したところ、見当たらないといううことで、もしや、手抜き工事では、と不安です。
 

 2年前に新築マンションを購入し、先月アフター点検(2年目)がありました。その時に戸境壁(セメントにクロス直張り)のひび割れについて質問したところ、きちんと確認もせず、コンクリートの収縮よるもの、という回答でした。
現在の状態は、
(1)3mほどのリビングの壁→右上部から左下部に斜めに線が走っている。真ん中あたりには、ほぼ直角にみみずばれのように線が走り、所々盛り上がりがある。(並行して2本)
(2)寝室→真ん中上部から右下部にかけて斜めに線が走っている。並行して、左上部から右下...続きを読む

Aベストアンサー

>手抜き工事では

建物に欠陥が出るのは4つあります。
1)意図的に手抜きをした場合(手抜き工事)
2)施工業者の技術力不足
3)設計者の技術力不足(建築基準法などを守っているだけではひび割れ防止をするには不十分です)
4)偶発的な環境要因(天候や地震、交通状況など)
欠陥=手抜きではないことに注意してください(交渉の際の印象が違ってきます)。

壁に斜めに亀裂が入る原因として代表的なものとして以下のようなものがあります。
1)不適当なコンクリート打ち継ぎ処理
2)温度変化等による体積変化によるもの
3)不同沈下による外的要因によるもの
4)不適切な材料など

ひび割れの発生原因によってはひび割れが収まっているものと、これからも進展するものがあります。
1なら収まっていると思われますが、3、4なら今後も進展する可能性が大きいですし、ひび割れをふさぐだけではなく、補強などが必要になる場合もあります。
2の場合コンクリート初期の発熱によるものと、日射等による継続性のある温度変化によるものがあり、進行性がある場合とない場合があります。でも外部に面しない内壁ですと、日射の影響は受けにくいと考えられますので、温度応力なら進展性の可能性は低いと思われます(実物を見たのでないので保証はできません)。

なぜこんなことを細々と書いたかというと、進展性があるかないかにより使用する補修方法が変わるからです。進展するようなものなら可撓性のある材料で補修する必要がありますし、場合によっては構造的な補強が必要な場合もあります。そのためにはひび割れ発生原因を調べないといけません。

やはり、構造に詳しい建築士またはコンクリート診断士などに見てもらうのが一番だと思います。

なお、構造上重要な部分でない場合でも、ひび割れ幅によっては、鉄筋の酸化を進めますので、耐久性の面から考えるとひび割れは補修することが望ましいと思われます。

以上が建築技術的な観点からの話です。次は契約・法律上の話をします。

一般に建物に欠陥があった場合、2つの方法により損害賠償または補修請求ができます。

1つは民法上の瑕疵担保によるもので、もう1つは契約によるアフターサービスによるものです。
アフターサービスは建設会社が契約に基づき行うものであり、通常2年という期限になっていることが多いです。このため2年を過ぎるとアフターサービスによる補修請求は難しくなります。

一方、民法上の瑕疵担保は任意規定ですので、契約で自由に設定できますが、分譲マンションのように売り主が宅地建物取引業者の場合宅建業法により2年以上つけることが義務になっています。そのため契約はおそらく2年になっていると思います。

次に新築住宅の場合、品確法により構造上重要な部分については10年間売り主が瑕疵担保責任を負うことになっています(民法・宅建業法は部分が限定されていないが、品確法は部分が限定されている)。

壁が構造壁なのかそうでないかにより適用になる法律が変わり、請求できるかどうか、請求できる範囲が変わります。
マンションの場合柱と柱の間に戸境壁を作り1スパンを2住戸とすることが多く、柱の部分の戸境壁は耐力壁、スパン中央の戸境壁を非構造壁とすることがよくあります。戸境壁が構造壁でないこともあります。
構造壁なら確実に品確法が適用になり補修請求や損害賠償請求ができます。

構造上重要な部分でないとなると、宅建業法上の2年の瑕疵担保期間になり、おそらく契約上2年としていることがほとんどですので、2年を過ぎてしまうと請求することもできなくなります。
また、宅建業法上の瑕疵担保には請求について特に規定がないので、請求については民法が適用になります。民法上では売買契約については、損害賠償請求ができますが、補修請求は規定されていませんので、売り主は修理に応じる義務はありません。金銭的な賠償責任のみの義務となります(つまり補修代を請求することになる)。

ところで、クロス部分は専有部分ですので、クロス部分については質問者が直接請求することができますが(クロスは構造上重要な部分ではなく、品確法の適用外なので、時間上請求はできないかも)、共有部分に該当する戸境壁のコンクリート部分は管理組合の管理下にありますので、壁の補修などは管理組合を通して請求することになります。

なお、もし品確法の適用がなく、契約上(アフターサービス契約、売買契約の瑕疵担保特約)の期間が切れていれば、売り主等請求することはできませんので(意図的な手抜き、法律違反が証明できれば別ですが)、この場合は補修責任は管理組合になります。

つまり、売り主に請求できるかどうかは関係なく、いずれの場合でも壁の補修は管理組合の管理下になりますので、他の部屋にもないかどうかなどを管理組合に確認して、他にもあるようなら管理組合として動いてもらうように働きかけてみてください。

>手抜き工事では

建物に欠陥が出るのは4つあります。
1)意図的に手抜きをした場合(手抜き工事)
2)施工業者の技術力不足
3)設計者の技術力不足(建築基準法などを守っているだけではひび割れ防止をするには不十分です)
4)偶発的な環境要因(天候や地震、交通状況など)
欠陥=手抜きではないことに注意してください(交渉の際の印象が違ってきます)。

壁に斜めに亀裂が入る原因として代表的なものとして以下のようなものがあります。
1)不適当なコンクリート打ち継ぎ処理
2)温度変...続きを読む

Qマンション室内境界壁クラック調査・補修について

築12年、12階マンションの4階です。(新築時から居住)4年目あたりからリビング境界壁クロスにボールペンで書いたような亀裂がほぼ垂直(波うってますが)に入り、そのまま放置しておきましたが、亀裂幅が1~2mm近くに拡がってきています。壁の上方部には梁があります。亀裂は壁の最下部から梁下10cm辺りまで伸びてきています。原因はクロス下のボード?のズレなのか?コンクリートのクラックなのでしょうか?調査と補修のことで教えて頂きたいことは、この状態の調査にあたっては、コンクリートX線検査までする必要はありますか?他の調査方法もあるのでしょうか?また、補修はどのようにやることが最善策なのでしょうか?費用も教えて下さい。
クロスを張替ないで出来ればいいのですが(他面クロスと色の違いが大きすぎるので)
管理組合には申請中です・・・宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マンション住まいなのですから 当然 共用部 占有部の区別は判りますよね?
躯体で有るコンクリート部は 共用部です。

したがってあなたが個人で直す必要もなく また費用の負担も必要ない訳でして
逆に その場所を触ることで他に危害が発生した場合には 保障問題にもなりかねません。

管理組合には その症状を伝え、対処してもらう手続きをすれば良いことであって、
もしかしてお隣も同じような状況になっていないとも限らないでしょうし
マンション全体が 何らかの欠陥で全体の占有部内で見られているのかも判りません。

お宅だけがと言う特定されたものであっても、
管理組合の承諾なくして 修理などは出来ないのですから

申請は取り下げて
申告をすべきです。

>原因はクロス下のボード?のズレなのか?コンクリートのクラックなのでしょうか?

気になるのはこの文面です。
クロスの継ぎ目がただ単に開いてくる事は良くあることです。
また 石膏ボードが有るのでしたら それまでは占有部分ですのであなたの所有物になります。

それよりも深部 コンクリートに至っては 共用部と判断して下さい。

したがって恐れることなくもう少しカッターで横に切り開いて クロスを捲ってみれば石膏ボードが割れているのかその症状は判るはずです。
ただ石膏ボードに隠れたコンクリートは ボードを壊さない限り見えませんから、少しだけ削り取ればコンクリート部分の確認も出来るでしょう。
空けたボードの穴は、ホームセンターでパテを探して埋め クロスは木工ボンドを付けて貼り直せば元通りになりますから・・・。

その後で管理組合に相談すべきです。

マンション住まいなのですから 当然 共用部 占有部の区別は判りますよね?
躯体で有るコンクリート部は 共用部です。

したがってあなたが個人で直す必要もなく また費用の負担も必要ない訳でして
逆に その場所を触ることで他に危害が発生した場合には 保障問題にもなりかねません。

管理組合には その症状を伝え、対処してもらう手続きをすれば良いことであって、
もしかしてお隣も同じような状況になっていないとも限らないでしょうし
マンション全体が 何らかの欠陥で全体の占有部内で見られている...続きを読む

Qマンション内壁コンクリートにヒビ(約2m)

2003年1月に完工した東京都荒川区のマンションです。
購入(同1月末)後、1年以内に震度5前後の地震があり、そのときマンション内側の壁のコンクリート部分に2mほどのヒビが入りました。

最初はヒビとは知らず、壁紙のゆがみを建築業者のアフターサービス(築後2年間は業者責任により補修すべき故障は無償で直すと言うもの)の際、申し出たところ「ヒビです。」と言うことで、壁紙をはがし、補強用のテープを張って、壁紙をかぶせなおしました。

当時、そんなものかと悠長に考えていましたが、
マンション(等の建築物)の耐震強度偽造の問題が社会的問題になる中、(待てよ。震度5くらいでヒビがあれだけ入るなら、震度6や7なら…)と思い不安になっています。

出来れば建築に詳しい方に、意見を頂きたいと思います。
地震による建物の損傷として通常の範囲なのでしょうか?
どのように建築主(工事業者)と折衝すべきでしょうか?

Aベストアンサー

マンション管理業務主任者資格と区分所有管理士資格を持つ者です。

コンクリート構造物にひび割れがある程度発生するのは,残念ながらやむを得ないのです。
ご指摘のコンクリートは、スラブではなく、内装の化粧コンクリート(別称:下地コンクリート)と推察します。

建物の強度に左右されるコンクリートはスラブのコンクリートです。
化粧コンクリートは、内装のために塗り付けられたものなので、大きくひび割れしても、朽ち果てても、建物の強度に左右されません。
故に、化粧コンクリートの約2mは、通常起きる現象につき補償は望めません。

ちなみに、スラブのコンクリートのひび割れは、次の4つの原因があります。
(1)乾燥収縮
まだ固まらないコンクリートに、水が満遍なくいきわたるためと、打設の際に流動性をもたせるために、セメントの水和反応に必要な水分より、かなり多くの水分が用いられています。
その結果、余分な水分が乾燥して外に出て、コンクリートは収縮します。
したがって、水セメント比(単位水量)の多いコンクリートほど乾燥収縮量は多く、ある程度の乾燥収縮ひずみは避けられません。
この間隔と幅は、養生条件や構造形式、断面寸法、鉄筋量、かぶり厚などが関係します。
(2)温度・湿度変化
コンクリートと鋼の熱膨張の差で伸縮します。
このような伸縮は通常拘束されているから、蓄積されてひび割れとなります。
コンクリートでは硬化初期の断面内の温度応力が原因でひび割れが発生することもあります。
また、湿度の変化に伴って、コンクリート中の水分が変化して、コンクリートは膨張・収縮して、温度変化と同じような影響を受けることもあります。
(3)荷重作用
コンクリートは引張り強度が極めて低いから、引張りに鉄筋が抵抗するように設計されるのが鉄筋コンクリートなのです。
もしコンクリートにひび割れが発生しないように設計するものとしたら、鉄筋もコンクリートの引張り許容範囲のひずみしか許せないことになります。
通常の鉄筋は、平時でも負荷を受けていますから、鉄筋コンクリートでは、ひび割れの発生は止むを得ないとされています。
(4)その他
支持力が所定以上ある場合であっても、コンクリート硬化初期段階の躯体の沈下差によって、壁状の部分に、斜めの亀裂が発生することもあります。

マンション管理業務主任者資格と区分所有管理士資格を持つ者です。

コンクリート構造物にひび割れがある程度発生するのは,残念ながらやむを得ないのです。
ご指摘のコンクリートは、スラブではなく、内装の化粧コンクリート(別称:下地コンクリート)と推察します。

建物の強度に左右されるコンクリートはスラブのコンクリートです。
化粧コンクリートは、内装のために塗り付けられたものなので、大きくひび割れしても、朽ち果てても、建物の強度に左右されません。
故に、化粧コンクリートの約2mは、通...続きを読む

Qマンションの壁紙にひびが入ったのですが

築8年の分譲マンションなのですが、6年目にクローゼットの上部の天井に続く壁の土台部分
(叩いた感触では土台はコンクリートっぽい気がするのですが)にひびが入ったのか壁紙が破れた状態になってしまいました。
転勤で現在は住んでいないのですが、空気を入れに帰る度に気になっていました。
8月末にまとまった時間が取れたので、業者に点検に来てもらうことになったのですが、
聞いたところ、建物自体の保守は10年間との事なのですが、室内は2年で保守が切れている為、
「見てみなければ詳しい事は分からないが、修理する場合はほぼ有償です」と言われています。
そこで質問なのですが、壁にひびが入るという事は建物自体に問題があるからなのでしょうか?
壁紙は仕方ないにしても、壁にひびが入っている場合はやはり修理費は有償となってしまうものでしょうか?
点検の際に確認しておいた方がよいポイントなど、ご存知の事があればお教えください。

Aベストアンサー

>、壁にひびが入るという事は建物自体に問題があるからなのでしょうか?

コンクリートにはひび割れはつきものですので、ひび割れの発生状況などを確認してみないとはっきりとしたことは言えません。
またその壁が構造上重要な壁なのか、雑壁・非構造壁・2次壁と言われる構造に関係ない壁なのかは構造図面をみるなどしないと何ともいえません。


>建物自体の保守は10年間との事なのですが、室内は2年で保守が切れている為、

元もと引き渡された後に発見された瑕疵(欠陥)については、民法の規定により売り主にありました。しかし民法の規定では期間について特に決まりはなく、また民法の規定に反する内容でも契約で別途定めることができることになっていました。

分譲マンションのようなものの場合、売り主は宅建業法により民法の規定に従うか、民法の規定より買い主に不利な条件を付ける場合最低2年以上の瑕疵担保期間をつけなければいけないことになっています。

このため、契約で2年という期間を定めるのが普通でした。

しかし、平成12年4月に品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)が施行になりました。この法律により、構造上重要な部分と雨漏り関係については、分譲マンションについては売り主に10年の瑕疵担保義務を強制することになりました。
その他の部分については契約次第となります(質問のケースでは2年の瑕疵担保期間が設定されている様子)

ところで、築8年というと質問の物件は平成11年頃の物件ですね。そうなると品確法の施工前の契約です。そのため、品確法の適用は受けませんので、契約で定めた期間しか売り主は瑕疵担保責任を負いません。

契約に10年保証という特約があるとか、瑕疵担保に関する特約がなければ、発生原因によっては瑕疵担保として扱えます。

ただし、瑕疵担保責任というの期間中どんな瑕疵について責任を負うのではなく、引き渡し時点に存在したが気づかなかったもの、引き渡し時点の存在した瑕疵によって引き起こされたものでなければ、責任を負いません。

そのひび割れ原因が引き渡し時点に存在したものでなければ、だめなのです。そして、瑕疵担保請求を行う場合、相手が認めなければ、引き渡し時点で瑕疵が存在したことを請求する側が証明しなければなりませんが、これはかなり困難です。

というわけで、契約上また瑕疵の存在証明上、瑕疵担保として請求するのはかなり困難な様子です。


>壁にひびが入っている場合はやはり修理費は有償となってしまうものでしょうか?

なお、壁紙は専有部分ですが、構造上重要な部分(戸境壁、外壁)などでしたらそれは共有部分です。つまり構造上重要な部分であれば、補修責任は管理組合です。つまり、その壁が共有部分なら補修の費用負担は個人ではなく、管理組合になります。


>点検の際に確認しておいた方がよいポイントなど、ご存知の事があればお教えください。

先に述べたように専有部分か共有部分かによって管理責任・費用負担者が変わります。
しかしそれは素人とでは判断が難しいでしょうから、壁は共有部分か専有部分か、そして壁が構造部分かどうか、ひび割れの発生原因と今後の進展性などを確認しておくことをおすすめします(ひび割れ原因によっては進展する場合もあり)。

>、壁にひびが入るという事は建物自体に問題があるからなのでしょうか?

コンクリートにはひび割れはつきものですので、ひび割れの発生状況などを確認してみないとはっきりとしたことは言えません。
またその壁が構造上重要な壁なのか、雑壁・非構造壁・2次壁と言われる構造に関係ない壁なのかは構造図面をみるなどしないと何ともいえません。


>建物自体の保守は10年間との事なのですが、室内は2年で保守が切れている為、

元もと引き渡された後に発見された瑕疵(欠陥)については、民法の規定...続きを読む

Q新築で入居5年弱(お隣さんも)壁紙のひび割れに

新築の建て売り物件を約5年前に購入して入居しました。お隣さんもおなじハウスメーカー、内装屋さんで同年に入居です。

先日お隣さんが、壁紙がひび割れしててけっこう気になるんだけど、○さんちはどう?と聞いてきたので、そのときは特に気になる箇所はなかったので、うちは特にないなあと応えました。
が、今日、ソファーカバーを取り付けようとソファーを動かしたところ、それまで見えていなかった壁の部分のひび割れに気づきました!

窓枠の下から横に15センチひびが伸びて、そこから床のほうまで1メートルひび割れている感じです。

こういう場合って、自然的な劣化にあたるのでしょうか?でも5年経つか経たないかでこんな状況になるってちょっと考えにくく…
お隣さんも同様にひび割れているようでもしかして下地や基礎に影響が出てきているとかだと怖いなと思うのですがどういう要因が考えられるでしょうか?
壁紙直してはもらえませんかね…

ちなみにソファーは、スピーカーを設置していたぶん隙間をあけて設置していたので家具が干渉してひび割れたとは考えられないのですが。

Aベストアンサー

ただで直すかは保証基準によるので
アフターサービスの約款でも見てください。
最近も地震がありましたが
建物を横から揺すれば
当然、傾いて変形します。
筋交い等で変形を制御しても
家がそのままずれるわけではないので
土台はそのままでも建物は傾いて屋根は横に動きます。(揺れが治まれば戻りますが)
例えば最大1/200の傾きを経験したとすれば
土台で動きがゼロでも屋根の天辺は3~4cmは動くでしょう。
1階の石膏ボードでも5~9mmは動きます。
揺れるというのはそういうことです。
石膏ボードは伸び縮みしませんから継ぎ目部分で
パテにヒビ割れが起こります。
ビニルクロスは伸びるので、その部分で膨らんだり
皺になります。
そんなことがまったくない様にするには
免震構造にして
家を浮かして変形しない状態で左右にずらすしかありません。
程度の差はあっても作り方次第であって、どこでもあることでしょう。
ボードの目地をつぶさずに目地を開けてクロスを張れば
目立たないと思いますけど受けが良くないので
建売ではしないのではないでしょうか。

官公庁防災センター基準で設計しても
建物自体は地震で揺れて変形します。
被害がでないように天井と壁の取り合いに隙間を開けて
天井がスライドするようにしたり
壁はスチールパネルにして目地をとったりして
揺れても壊れたり問題が起こらないようにしているだけです。

法の耐震基準は
建物が倒壊して人が死なないということを
目的としているので
地震で建物が壊れないということではありませんし
特殊な免震構造や制震構造としない限り
建物は揺れて傾きますので
当然あちらこちらは変形してそんなことも起こります。
壁に窓があいていればそこは穴なので
相当な補強をしなければ一面の壁に比べれば弱くなるという
ことでしかありません。

ただで直すかは保証基準によるので
アフターサービスの約款でも見てください。
最近も地震がありましたが
建物を横から揺すれば
当然、傾いて変形します。
筋交い等で変形を制御しても
家がそのままずれるわけではないので
土台はそのままでも建物は傾いて屋根は横に動きます。(揺れが治まれば戻りますが)
例えば最大1/200の傾きを経験したとすれば
土台で動きがゼロでも屋根の天辺は3~4cmは動くでしょう。
1階の石膏ボードでも5~9mmは動きます。
揺れるというのはそういうことです。
石膏ボードは伸び縮...続きを読む

Q築35年の中古マンション購入時における注意点(長文です)

標記の件、アドバイスをいただければと思います。
当方、32歳会社員をやっており子供が一人います。

現在2900万円で、マンションの購入を検討しており、住環境や利便性は最高によく、非常に気に入ったのですが、表記の通り、築35年近くたっており、購入に二の足を踏んでいます。

部屋の中もなんとなくレトロな雰囲気が漂っており、古い印象は否めません。ただ、内装等の古さは個人的にはあまり気にならないのですが、やはり見えない部分、配管周り等を非常に心配しています。

月並みな質問で申し訳ないのですが、このような中古物件を購入する際に注意すべき点をご教示頂けたら幸いです。ちなみに、業者さんが言うには、発売当時は非常に高価なマンションであり、施工主もしっかりしているので、作りは全く問題ないと言ってました。ただ、配管に関しては、年数も年数であるために、保証は出来ないとの事です。(ただ配管を含めてリフォームすれば長い期間住めるということです。費用は400万くらいだと言ってました。)ちなみに、大規模修繕も過去何度か行っており、今後暫くはないそうです。管理もしっかりとなされており、管理人も常勤です。

よく、住宅雑誌などを読んでると、青山辺りで築30年以上たったマンションをリフォームして住んでるという記事が載っていたりしますが、快適な点のみ記載してあり、実際にどのような不都合が生じたかが書いてないので、あまり参考になりませんでした。

リフォームをしていけば、この先何十年も住めるものなのでしょうか?

以上何卒よろしくお願い致します。

標記の件、アドバイスをいただければと思います。
当方、32歳会社員をやっており子供が一人います。

現在2900万円で、マンションの購入を検討しており、住環境や利便性は最高によく、非常に気に入ったのですが、表記の通り、築35年近くたっており、購入に二の足を踏んでいます。

部屋の中もなんとなくレトロな雰囲気が漂っており、古い印象は否めません。ただ、内装等の古さは個人的にはあまり気にならないのですが、やはり見えない部分、配管周り等を非常に心配しています。

月並みな質問で申...続きを読む

Aベストアンサー

>リフォームをしていけば、この先何十年も住めるものなのでしょうか?

(1)まず、修繕積立金の現在高を確認します。
70戸程度の中規模マンションでも、7000万円以上の積立金残高はほしいところです。
それがないと、大規模修繕工事時に一戸150万円くらいの一時金の徴収もしくは、
修繕積立金値上げまたは、借入れ金対応などが発生します。

(2)次に、すでに行った大規模修繕を聞きます
ポイントはそんなに多くないですからしっかり記憶してください。

■エレベータの取替えは済んでいるか。
  一機1300万円程度ですから、取り替えているケースもあるでしょう。オレの家は二階だから
  関係ないとか言わずに。取替えとなれば割り勘でお金を払うのですから。
  ちなみにエレベータの耐用年限は25年から30年。しかし千代田区麹町あたりの老朽マンション
  の多くは、エレベータ改修をしていないところが多いです。オーバーホールとか制御機器の
  取替えで対応していますが、動力部分が限界にきているものも多いです。
  取り替えたら電気代も安くなるし、籠もきれいになります。

■給水タンク、ポンプの取替え
  給水タンクは25年以内で一度とりかえているはずです。取り替えていなかったら、鼠の死骸が
  なかで溶けていい出汁出しているかも。
  ポンプは確実に取り替えています。でももう2代目が老朽化の時期かもしれません。

■屋上防水層改修はどうなっているか。
  これも最上階以外は気にならない話題ですが、実際修繕となれば金は応分に負担します。
  築35年というと、最も気になるのは屋上防水の劣化ですね。
  いわゆるビンテージマンションと呼ばれる、昔の都心部の高級マンションの多くは屋上防水
 仕様もアスファルト防水、コンクリート押さえという高級仕様になっているケースが多いです。
 これは、持ちがいいのは長所ですが、改修工事にも金がかかります。
  屋上防水の耐用年数は普通25年~35年

■外壁タイルの浮き、剥離は大丈夫か。
  長期修繕で、打ち継ぎ目地のシーリングや、窓周りのシーリングの改修をしますが、外壁の
  浮きの調査をやっていないと、突然タイルが剥離して事故になったりもします。

■共用部分の給水管、排水管の取替え
  古い設計では、給水も排水も、各住戸内を縦に通っている可能性があります。
  共用部の給水管の劣化は、赤水、つまり錆の水の問題になります。
  30年経過して配水管の取替えをしていないと、赤水を心配すべきです。
  オープンハウスや、居ぬきの見学の際は、朝から水を出しているので赤水が出ません。
  しかし、朝一で水道を捻れば、見事な茶色のにごり水が出るかもしれません。
  私は築28年のマンションを見学に行った際に、いきなり台所の蛇口を捻って、赤水の多さに
  驚きました。

(3)次に、仲介業者から、長期修繕計画の内容の説明をうけます。
  上記の主要設備の更改が、すべて先送りされていて、なおその工事費も不明確ならば

>ちなみに、大規模修繕も過去何度か行っており、今後暫くはないそうです。
>管理もしっかりとなされており

というのは、眉唾ということになります。
大規模修繕が
第一期(10年~15年) 外壁シーリング、鉄部塗装替え、ポンプ基盤改修など
第二期(23年~25年) 外壁シーリング 鉄部塗装替え 給排水劣化部取替え ポンプ、給水タンク取替え
第三期(32年~35年) 外壁シーリング エレベータ更改 屋上防水改修、 鉄部塗装替え 給排水取替えなど

過去三回やっていても、金がないから、外壁と鉄部しかやっていないということも考えられます。

(4)耐震ですが、1981年以前の建物は、旧耐震基準で作られています。一概にすべてが弱いとは
いえません。新耐震基準で判定する「耐震診断」を行って補強が必要かどうか確かめるということに
なりますが、マンションで補強工事までやった例は少ないです。
これについては、修繕積立金に余裕がある管理組合が、耐震診断をやるケースもあります。
 
次に、占有部分ですが、室内の給排水管は、当然劣化が進んでいると思います。
まず、過去に何世代が住んだか、で大体改修履歴がわかります。
住んだままの大規模改修は極めて困難ですから・・
35年の間に、代が3代変わっていれば、おそらくキッチンや、洗面、浴室、湯沸かし器は
更改して10年以内のものがついている気がします。

>ただ配管を含めてリフォームすれば長い期間住めるということです。費用は400万くらいだと言ってました。

基本的にあと10年以上住むには、配管を含めた改修は必須です。
クロスの張替え、フローリング改修、室内ドアの取替えなどだけで、既存のキッチン、浴室、洗面などをそのまま使うのなら、
100万円~140万円
キッチン、バスユニットの改修も入れたら200万円~250万円。配管含めて内装一新の場合、400万円以上かかります。

となれば、3300万円の新築物件との比較という目安で考えるべきです。

>間取りは、75平米で、2LDKです
古いタイプの高級マンションですね。リビングが横長で、センターインのタイプかもしれません。間取りがいい
なら、それも重要な要素です。
22.7坪 リフォーム込みなら 坪145万円。
現在、世田谷、桜新町あたりで築20年内外で160万円ですから、安いといえば安いです。

ただ、5年以内に修繕積立金150万円を追加されたりするケースがあったり、
管理費や駐車場が、相場より高かったりするケースでは微妙です。

その他の注意事項は
(1)賃貸比率
  築35年というのは、多くの居住者が転売し、そのあげく居住用でなく賃貸物件に変わっている
  ケースが考えられます。全体の居住者のうちの賃借人の比率を知っておくべきです。
  賃借人が多くなれば、おのずと管理に対する感心は低下します。
  仮住まいという意識から、建物の扱いもいいかげんになります。また、初期の居住者がほとんど
  いなくなるのが築25年あたりからで、変な理事長が、恣意的な管理をしたりという話も出てきて
  次々と転売が出て価格が下がるという事例もあります。
  逆に、初期の居住者が30年経ってもまだ住んでいるマンションは、郊外の団地など売りたくても売れない
  物件は別ですが、管理のよいマンションの証拠でしょう。

(2)デベロッパー
  築35年といえば、マンション専門デベロッパーの、藤和や大京などが活躍した時代
  また、都心部では三井不動産がパークマンションシリーズで名作を残した時代でも
  あります。
  コープオリンピア(藤和)、網長パークマンション(三井)など、広尾タワーズなど長寿命の名作も
  あります。この時代、1970年の万博以来の建築ブームで、都心のマンションには丹下健三や
  槙文彦など一流建築家が設計したものも少なくないです。
  でも、その一方で、駄作、手抜きも多いわけで、見る目がないと泣きを見ます。その意味でも
  当初のデベロッパーは一応の目安になります。

(3)土地比率
  土地が今後値上がりする地域とは思えませんが、現在の地価と持分の土地面積をかけて
  正味の土地価格を知っておくのは、重要なことでしょう。

(4)ローン控除対象外
  新築や中古でも25年以内なら、確かローン控除が受けられます。35年ではいくらんでもダメ。 


>現在2900万円で、マンションの購入を検討しており、住環境や利便性は最高によく、

文京区は割高エリアですから、ただ、駒込というのは私、個人的には????ですけど。
本駒込は文京区ですが、駒込は豊島区。
確かに六義園の緑豊かな高級住宅地ではあります。

>非常に気に入ったのですが、表記の通り、築35年近くたっており、購入に二の足を踏んでいます
文京区好きは、絶対にベイエリアには足を運ぼうとしないですから(;;)まぁ新築の3800万円あたりを
すすめてもだめでしょうけど。もう少し数多くの物件をご覧になって決めてもいいのかと思います。

>業者さんが言うには、発売当時は非常に高価なマンションであり、施工主もしっかりしているので、
>作りは全く問題ないと言ってました。

このへんがラフですよね。具体的に、発売当初の価格とか、デベロッパー名とか施工業者とか
わかればいいのですが、そこまで書くと個人情報まるわかりですから、無理でしょう。

いろいろ書きましたが、しっかりチェックされて納得いく買い物なさってください。値段はもう少し
値切っていいです。どうせ売主は買い替えでしょうから。
この辺になると骨董選びに似てきます。多少失敗しても値段が安いと納得できますし、
趣味の問題も大きいですよね。
無名の作家の油絵でも、本人が気に入っていたら、額を入れ替えるだけで立派なインテリア
のしつらえになるのと同じです。

>リフォームをしていけば、この先何十年も住めるものなのでしょうか?

(1)まず、修繕積立金の現在高を確認します。
70戸程度の中規模マンションでも、7000万円以上の積立金残高はほしいところです。
それがないと、大規模修繕工事時に一戸150万円くらいの一時金の徴収もしくは、
修繕積立金値上げまたは、借入れ金対応などが発生します。

(2)次に、すでに行った大規模修繕を聞きます
ポイントはそんなに多くないですからしっかり記憶してください。

■エレベータの取替えは済んでいるか。
...続きを読む

Q引張応力とせん断応力の合成応力?

物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?
引張応力とせん断応力を合成した応力が存在し,それが許容応力以下かを調べる必要があるのでしょうか?
その場合は,計算方法も教えて欲しいです.

Aベストアンサー

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する」は同義語ではありません。

一般的な許容応力法の検討では、

3次元物体には、3方向(x、y、z)の材軸が存在します。この物体に3方向の軸力と剪断力が同時に作用する場合、この物体に生じる最大応力は、
σmax=√(σx^2+σy^2+σz^2+3τ^2)
で求めることができます。

もし、同時に剪断力を受ける物体が細長い物体で、1方向(x方向)にのみ引張りが生じているならば、
σy=σz=0
となって、
σmax=√(σx^2+3τ^2)
で計算することができます。この最大応力が許容応力を超えないことを確かめます。

多少、簡単に書きすぎたかもしれませんが、基本的な流れとしては、合っていると思います。
また、破壊についても基本的な考え方は同じですが、式の表現方法が多少異なり、より詳細な表現がされ、比較の対象が「許容応力」ではなく「降伏応力」になります。

詳しくは、応力テンソル、ミーゼス、トレスカなどのキーワードをgooなどで検索すると詳しい説明のあるサイトを見ることができます。

1>物体に,引張応力とせん断応力がかかっている場合に破壊するかどうかを調べる場合は,

2>引張応力を単独で,せん断応力を単独で,許容応力以下かどうかを調べるだけでいいのでしょうか?

考え方のアドバイスを!!

1:破壊するかどうかは、No1さんのおっしゃている降伏条件等を用いて調べます。

2:許容応力は、弾性範囲の実務的な設計で採用されることの多い概念ですので、安全率がかけてある場合が多いです。

許容応力=破壊応力x安全率

ですから、「許容応力を超える」と「破壊する...続きを読む

Q鉄筋コンクリート造の壁について(遮音性など)

この手の質問はかなり過去に多くされているのですが、
なかなかピンと来るものを見つけられなかったので質問させて下さい。
現在賃貸の物件を探しておりまして、
左右上下の音がなるべくしない物件がいいと考えております。
今のところ候補が2つ上がっています。
両方ともRC造(一方は『鉄筋造』と書かれています)なのですが、
壁をたたいた時の音が全然違うんです。
ちなみにここで言う壁とはお隣さんとを仕切っている壁の事です。
物件Aは壁が完全にコンクリートって感じで、コツコツという音がします。中に固いコンクリートがぎっしり入っている感じがよくわかります。
一方物件Bは、歩きながら壁をたたいているとコンコンという軽い音がする部分とコツコツという中身が詰まっている音がする部分とが代わる代わるします。軽い音がする箇所は木造の壁をたたいた時の音と変わりません。
やはり、遮音性の高い方は物件Aでしょうか?それともAもBも変わりませんか?
ちなみに物件Aは1階角部屋。物件Bは最上階両脇に部屋あり(しかも収納や水回りがくっついていないです)。
他の質問で鉄筋コンクリートでも上の階の音がうるさいという声もありますので、1階はやはりキツイかなと。最上階でも左右がうるさかったら嫌だなぁと。
同じような作りの家に住んでる方やこの手の事情に詳しい方の回答お待ちしています。
よろしくお願いします。

この手の質問はかなり過去に多くされているのですが、
なかなかピンと来るものを見つけられなかったので質問させて下さい。
現在賃貸の物件を探しておりまして、
左右上下の音がなるべくしない物件がいいと考えております。
今のところ候補が2つ上がっています。
両方ともRC造(一方は『鉄筋造』と書かれています)なのですが、
壁をたたいた時の音が全然違うんです。
ちなみにここで言う壁とはお隣さんとを仕切っている壁の事です。
物件Aは壁が完全にコンクリートって感じで、コツコツという音がします。...続きを読む

Aベストアンサー

建築会社 営業やってます。

ます、物件Aについては、いわゆる自か貼りというもので、コンクリートの躯体に直接クロスを貼った仕様です。

物件Bは、たぶんGL工法といわれるもので、コンクリート躯体に、GLボンドで石膏ボード貼ったうえに、クロスを貼った仕様です。
コンコンという音は、GLボンドを全面に塗るわけではなく、鏡餅くらいの団子にして張り付けるため、空隙音がするものです。中身が詰まった音がする部分はボンドのダンゴの部分です。
念のため、不動産やに、戸境壁(おとなりとの壁)の仕様は鉄筋コンクリートですか?と聞いてみてはください。まれに、戸境は、軽量鉄骨で組むこともありますので。もし、軽量鉄骨であれば、アパートと変わらない遮音と考えてよいと思います。

遮音性の問題はむずかしいですが、同じ厚さの躯体でれば、理論的にはBの方が遮音性が高いとは思います。ですが、これは壁から伝わってくる音でのこと。

はやり、上階や横のドスンといった重量落下物の音、などは鉄筋コンクリートでも響きます。

そういったことを含めて、Bの方が良い様な・・・。
でも最上階は、夏は暑いですよ。(住んだ経験上)

補足ですが、賃貸の鉄骨造(軽量鉄骨造)は、基本的には木造と変わりません。柱が木から鉄になっただけ、といったくらいの認識の方が良いかと思います。

建築会社 営業やってます。

ます、物件Aについては、いわゆる自か貼りというもので、コンクリートの躯体に直接クロスを貼った仕様です。

物件Bは、たぶんGL工法といわれるもので、コンクリート躯体に、GLボンドで石膏ボード貼ったうえに、クロスを貼った仕様です。
コンコンという音は、GLボンドを全面に塗るわけではなく、鏡餅くらいの団子にして張り付けるため、空隙音がするものです。中身が詰まった音がする部分はボンドのダンゴの部分です。
念のため、不動産やに、戸境壁(おとなりとの壁...続きを読む

Q線路からの騒音は何デシベル?

JRの線路から(30メートル)(100メートル)(150メートル)離れた住宅、またはマンションの室内で騒音を測定した場合、電車が通過する瞬間というのは、それぞれおよそ何デシベル程度でしょうか? 音の問題なので個人差があると思いますが、窓を開けた状態でテレビを普通の音量か少し小さめで聞いている時に、電車が通過した場合、うるさくてテレビのたとえばニュースの音声が何をいっているのかわからなくて、思わず音声を上げてしまう程度というのは、何デシベルの騒音という感じでしょうか? また最近のサッシで窓を閉めると、その騒音が何デシベルから何デシベルに軽減されるものでしょうか? どなたか、騒音について詳しいかたいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

1m地点の騒音と比べて距離減衰により5mで14デシベル、30mで30デシベル、100mで40デシベル、150mで43デシベル程度音が小さくなります(間に遮蔽物などない場合)。

ガード下が#1さんの書かれているように80デシベル程度ですが、ガードによる遮蔽効果があります。

新幹線は基準があり75または70(地域によって異なる)以下に抑えることになっています(但し達成していない地域が一部ある)。

在来線は基準が無いので、新幹線より大きいことがあり、5m地点で83~90、継ぎ目付近では5高くなると言われています。

大きめに取って95とすると、30m地点で80、100m地点で70、150m地点で65程度と想定されます。

テレビの音は1m地点で75デシベル程度のことが多いです。
一般に音は10デシベル以上差があると影響しませんので65デシベル以上から聞き取りに影響があると思われます。

よって150m程度離れた地点では多少影響を受ける、100m地点では鉄道騒音の方が大きくテレビの音が聞き取りづらくボリュームを上げないと難しいと思います。30m地点では10以上テレビの音が小さいので、聞こえない程度になると考えられます。

但しこれは遮蔽物などがない場合ですので、一般に屋内では鉄道騒音はもっと小さくなります。

防音サッシなら25デシベル程度(500Hz以上の高周波の範囲)、普通サッシはそれ以下の低下しか見込めません。

但し、それはサッシ単体の性能ですので、通常は壁による遮音効果があります。そのため壁ととサッシの面積割合と部屋内の吸音性状によって遮音量は変わります。
通常住宅の場合窓を閉めた状態なら25デシベル程度の遮音が見込めます。

この値を考慮すると、鉄道騒音は、
30mで55,100で45,150mで40となりますので、30m地点では影響がありそうですが、他ではあまり影響はないと考えられます。

また通常鉄道沿線は建物があることから、30m以上離れた地点の間に建物がありそれに遮蔽されることによりもっと小さくなることもあります。
逆に風の影響や反射による影響などにより大きくなることもありますので、以上はあくまで机上での計算の話です。

1m地点の騒音と比べて距離減衰により5mで14デシベル、30mで30デシベル、100mで40デシベル、150mで43デシベル程度音が小さくなります(間に遮蔽物などない場合)。

ガード下が#1さんの書かれているように80デシベル程度ですが、ガードによる遮蔽効果があります。

新幹線は基準があり75または70(地域によって異なる)以下に抑えることになっています(但し達成していない地域が一部ある)。

在来線は基準が無いので、新幹線より大きいことがあり、5m地点で83~90、...続きを読む

Q鉄骨平屋 4号建物の確認申請

鉄骨平屋 4号建物の確認申請について質問します。
最大スパン 7.0m 
事務所の4号建物の申請で構造計算書は求められるでしょうか。
構造計算はしていて現在ルート1-2ですが、ルート3を採用した場合についても判る方がいれば教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
鉄骨造、構造設計について
質問文に最大スパン7.0mとありますね。
階数3階以下
スパン6m以上
延床面積が500m2以下
確認に添付する構造計算ルートは、ルート1-1が最低必要です。
あえてルート3で行う場合は、保有水平耐力計算が必要となります。
構造計算料が跳ね上がる事受け合います。(笑)
ルート1-2、ルート2、ルート3の選ぶ権利は、設計者の判断です。
すでにルート1-2で計算とあるので、延床面積は平屋の500m2以上の物件ですね。
平屋建物ですから、ルート3の計算は、やり過ぎかも・・・
貴方が意匠設計屋なら、構造計算料の価格くらい分かると思いますが・・・
ご参考まで


人気Q&Aランキング