4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

[国民年金の 繰り上げ支給を受けようと手続きに行きましたが、担当者が 繰り上げを勧めません、担当者に「支給を遅らせろ」との命令やノルまがあるのでしょうか?

A 回答 (3件)

・60歳で繰り上げ支給をした場合、65歳で満額もらえる方なら、その70%の金額になります


・現在の792100円が554470円になる
・この金額で17年間受給すると、942万5990円
 65歳から満額受給すると、12年間で950万5200円
・77歳位で総支給額が逆転します(現在の支給額を基にした場合の試算です)
    • good
    • 0

老齢基礎年金(原則、65歳以降支給開始)の繰り上げ支給(60~64歳)を受ける場合、減額率の考え方は、基本的には回答#2のとおりなのですが、(請求した月~65歳を迎えるまでの月数)×0.5%が減額される決まりになっています(昭和16年4月2日生まれの場合)。


つまり、1か月単位で減額率を見てゆきます。
したがって、60歳ちょうどで繰り上げ支給を受けるとすると、0.5%×60か月=30%だけ減り、以降ずっと、本来の70%の老齢基礎年金しか受給できません。

これに対して、昭和16年4月1日までの生まれの場合には、上記の方法には拠らず、請求時の満年齢(1年単位)で計算されます。
たとえば、60歳で繰り上げ支給を受けると減額率は42%と決まっているので、以降ずっと、本来の額の58%の老齢基礎年金しか受給できません。

いずれにしても、これらのことを前提として、どの年齢になれば繰り上げ支給されてもメリットがあるだろうか、と試算して下さったのが回答#2です。

老齢基礎年金の繰り上げ支給を受ける場合には、そのほかにもいくつか気をつけるべき点があります。
以下に挙げておきます。

● いったん請求を行なってしまうと、繰り上げ支給のデメリットがわかってしまった後も一切取り消しできない。
● いったん請求を行なってしまうと、もしも60~65歳までの間に新たに障害を持って、本来ならば障害基礎年金を受給できるようなケースであっても、1人1年金の原則が厳格に適用されるために、障害基礎年金を受け取ることができない。
(本来ならば、65歳以降、どちらか金額の高いほうを選択できるが、それができなくなる。)
● いったん請求を行なってしまうと、寡婦年金を受け取ることができなくなる。
(理由は、障害基礎年金の制限と同様。)
● 昭和16年4月1日までの生まれの人は、60~64歳まで、他の年金(1人1年金の原則を踏まえた上で、特例的に併給されるものなど)が支給停止になってしまう

以上のように、老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けることは必ずしも得なことではなく、むしろデメリットが多いものなのです。
担当者の方が繰り上げ支給を勧めなかったことは、むしろ良心的だったのかもしれませんね。
    • good
    • 0

繰り上げ支給を受けると、本来の受給開始年齢よりも早めに受け取れるものの、本来の年金額とくらべて、年金額が減額されて支給されます。


実は、その「減額された支給額」はその後ずっと続き、本来の年金額に戻ることは決してありません。そのようなシステムになっているのです。
ですから、繰り上げ受給はあまり勧めません。
お考えになっているような命令やノルマからではなく、受給者の利益を考えて「繰り上げ支給は受給額が減るので不利ですよ」として、繰り上げ受給を勧めないのです。
ただ、そういう事情について、十分な説明を受けられてはいらっしゃらなかったようですね。だとしたら、残念に思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
例えば、65才
で 死んだ場合 60才支給が有利なのは分かりやすいですが、同じになるのは 何才でしょうか?

お礼日時:2007/12/27 00:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金の繰上げ受給について

昭和25年産まれの母についてなんですが、
いつどうなるかわからないから、65歳からの年金を
60歳からもらうようにしたいと言っています。
 繰上げ受給すると、
障害年金がもらえない
寡婦年金がもらえない
など、デメリットがあると本でみました。
年金について、詳しくないので、まったくわかりませんが
母に教えてあげたいと思ってます。
年金に詳しい方、専門家の方
具体的なデメリットをぜひ、教えていただけませんか?
ちなみに父は、厚生年金に40年加入、今年
定年を迎えます。
母は、10年の厚生年金加入→父の扶養で専業主婦です。

Aベストアンサー

No.1です
下で少しだけ触れましたが、お母さんは60歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金が支給されますが、
被保険者期間が10年と短いため簡略しました。
被保険者期間の平均標準報酬月額が10万円だとすると、
報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金は
100,000×7.5×120ヶ月×1.031×0.985=91,400円/年
の年金額になります。

63歳からの定額部分は
1,676円×1.00×120×0.985=191,100円/年

63歳からの報酬比例部分+定額部分は
91,400円/年+191,100円/年=282,500円/年

65歳からの老齢基礎年金は、満額として、792,100円/年ですが、定額部分191,100円/年が支給されているのでぞの差額分
792,100円/年-191,100円/年=601,000円/年が加算されて
601,000円/年+191,100円/年=792,100円/年

65歳からの受給額は
報酬比例部分+老齢基礎年金=91,400円/年+792,100円/年=883,500円/年

お父さんの老齢厚生年金に配偶者分として配偶者が65歳になるまで(65歳以上は支給されません)が加算されます。
227,900円/年+168,100円/年=396,000円/年

お母さんが65歳になると、加給年金+特別加算が無くなり、一部がお母さんの老齢基礎年金に振替加算が加算されます。

振替加算の額は、昭和25年度生まれの場合、
229,300円×0.360=82,500円
振替加算は老齢基礎年金の繰上げ受給をしていても65歳からしか加算されません。
お母さんの65歳からの老齢年金受給額は、
報酬比例部分+老齢基礎年金+振替加算となり
91,400円+792,100円+82,500円=966,000円/年となります。
数値は全てH19年度の値で、H20年度(4月以降)は変動する可能性があります。

それと定額部分に対して、減額がないという意見がありますが間違いです。
一部繰上げの場合定額部分は、政令で定める額を減じて得た額(繰り上げ調整額)になります。
計算方法は、
定額部分の額-定額部分の額×(1)/(2)
(1)繰上げ請求月から定額部分の支給開始年齢到達月の前月までの月数
(2)繰上げ請求月から65歳到達月までの月数
63歳で支給される定額部分を60歳誕生月(年金支給は翌月から)に繰り上げた場合は、
(1)が36ヶ月
(2)が60ヶ月
お母さんの定額部分は上で計算したように191,100円/年ですから
191,100円-191,100円×36/60=76,440円/年
になります。

障害基礎年金に関しては、初診日の要件が65歳未満であることが要件で、
事後重症、基準障害等は65歳に達するまでに障害の程度に該当しなければなりません。(簡略説明)

No.1です
下で少しだけ触れましたが、お母さんは60歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金が支給されますが、
被保険者期間が10年と短いため簡略しました。
被保険者期間の平均標準報酬月額が10万円だとすると、
報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金は
100,000×7.5×120ヶ月×1.031×0.985=91,400円/年
の年金額になります。

63歳からの定額部分は
1,676円×1.00×120×0.985=191,100円/年

63歳からの報酬比例部分+定額部分は
91,400円/年+191,100円/年=282,500円/年

65歳からの老...続きを読む

Q年金はいつまで払えばよい?

母の代理で質問します。

母は40年仕事勤めをし、来年60歳で退職します。
いまは、年金を60でもらえないようなので(62から?)その、無収入の間も年金を払わなければならないのでしょうか?
(母は40年も払ってきたのに…と不満げです)

ちなみに父は今62ですが、まだ仕事してるので60から年金をもらい、給料から年金を天引きされてます。

母から聞かれたのですが、こういう話題にうといので誰かわかりやすくおしえてください。

Aベストアンサー

国民年金は40年間かけて終わり、受給は満額受給で65歳から、と言うことになります。
厚生年金は期限が無くお父さんのように掛けながら働く=在職老齢年金。
60歳から年金を貰いながら働いているわけです。65歳までは全部ではなく基礎部分=
国民年金は単独と同じで65歳からしかもらえません。今は比例部分と言って2階建ての2階部分
のみの受給です。お父さんは65歳になれば基礎部分プラス60歳からかけている比例部分が
プラスされます。65歳からも同じように厚生年金に入った働き方をしている人もいます。
その場合、満額を受給して働いていると言うことです。

お母さんも同じように厚生年金に入った会社で働いてきたのであれば60歳からは比例部分のみ
の年金受給があります。65歳からはプラス基礎部分。

60歳で掛けるのは終わりですので受給だけです。
尚、比例部分は収入と期間で多い少ないがありますが基礎部分は決まっていて掛けた期間だけ
で決まります。


人気Q&Aランキング