プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

厚生年金の60歳から支給される「報酬比例部分」という項目がありますが
これは65歳まで繰り下げると支給額は増えるのでしょうか?。
そもそも「繰り下げ」は出来ないのでしょうか?。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

> 60歳になりましたら申請して貰わないと損になるということでしょうか?



いいえ。
生年月日ごとに異なります。

60歳~64歳の間に支給される「特別支給の老齢厚生年金」は、
報酬比例部分(65歳からの老齢厚生年金に相当)の支給開始年齢が、
以下のように段階的に定められています。

● 男性
 昭24.4.2~28.4.1生まれ 60歳
 昭28.4.2~30.4.1生まれ 61歳
 昭30.4.2~32.4.1生まれ 62歳
 昭32.4.2~34.4.1生まれ 63歳
 昭34.4.2~36.4.1生まれ 64歳
● 女性
 昭29.4.2~33.4.1生まれ 60歳
 昭33.4.2~35.4.1生まれ 61歳
 昭35.4.2~37.4.1生まれ 62歳
 昭37.4.2~39.4.1生まれ 63歳
 昭39.4.2~41.4.1生まれ 64歳

したがって、生まれた日によるこれらの段階ごとに、
その年齢を迎える日までに申請を行なわないと損、ということになります。

なお、
男性は昭36.4.2生まれの人から、
女性は昭41.4.2生まれの人から、
いずれも「特別支給の老齢厚生年金」を受給することはできません。
これは、老齢年金の支給開始年齢が完全に65歳になるためです。
これに該当する人は、65歳になって初めて、
老齢厚生年金(報酬比例部分に相当)と
老齢基礎年金(定額部分に相当)を受給できるようになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答え有難うございます。
どうも「老齢基礎年金」と混同していました。
似たような名称が沢山あって混乱していましたがご指摘により
だいぶ理解できるようになり感謝申し上げます。
有難うございました。

お礼日時:2007/10/27 13:44

 こんにちは。

65歳未満に支給される報酬比例部分というのは、特別支給の老齢厚生年金のことです。これは残念ながら、そもそも繰下げができません。社会保険庁のサイトを貼りますので、Q2をご覧になってください。

参考URL:http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/kaisei_ans02.htm

この回答への補足

早々のお答え有難うございます。
ということは60歳になりましたら申請して貰わないと
損になるということでしょうか?。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2007/10/27 09:52
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!