【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちわ

Access2000 でデータシート形式のフォームを作成します。
何れかのレコードが選択された時のイベントの発生方法を調べています。
詳細セクションに配置されたコントロールに対するイベント出はなく、
レコードセレクタが押された場合のイベントです。

ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フォームプロパティのレコード移動時イベントではダメでしょうか。

この回答への補足

回答有り難うございました。

せっかく教えて頂いたのに申し訳ありません。

レコードセレクタをダブルクリックした際のイベントを調べています。

補足日時:2002/09/27 19:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロパティのイベントに「ダブルクリック」が有りました。
詳細のイベントではなく、フォームのイベントだったのですね....
また何か有りましたらよろしくお願い致します。

お礼日時:2002/09/28 11:27

ん~、私の知る限りにおいてですがAccessには仰るイベントはないと思います。



○Windows APIを用いて、メッセージなどのフックを行う。

○フォームのTimerイベントを使用して、定期的にプロパティの値を調べる。

などの解決策がありそうです。
(試してみた訳ではないので、実際に可能かどうか、問題が発生しないかどうか、といったことについては不明です。)

もしよろしければ、どうしてそのような処理が必要なのかっていうのをお書きになってはいかがでしょうか。
どなたかが、別の解決策を提示してくれるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました。

教えて頂いた方法も検討します。

ちなみに今回の目的ですが、
データシート形式でデータの一覧を表示します。
その中の任意のレコードが選択された際に、別ウインドウでそのレコードの編集を行います。

詳細セクション上のコントロールのダブルクリックイベントをひとつひとつ設定するのが能率悪いので、データシートフォームの詳細セクションのイベント処理で実現できないかなと.....


理由はこんな感じです。

また何か有りましたらよろしくお願い致します。

お礼日時:2002/09/28 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

Qサブフォームに対してGoToRecordするには?

フォームに対してRequeryすると先頭のレコードへ移動してしまうので
Requeryする前のレコードの番号を取得して
Requery後にそのレコード番号へ移動したいのですが

Sub test()
i = Forms("Form").Controls("SubForm").Form.CurrentRecord
Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
DoCmd.GoToRecord acActiveDataObject, Forms("Form").Controls("SubForm"), acGoTo, i
End Sub

これをすると、実行時エラー2498
指定した式は、いずれかの引数とデータ型が対応していません。
になりますが、
どこがおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現状・例2>
  Forms("Form").Requery
 <現状・例3>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Form.Requery
 <代替策>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
  ※「現状・例3」との違い(→途中の「.Form」の有無)に注意。


【詳細】
> 実行時エラー2498

このエラーの直接の原因は、GotoRecordメソッドの第2引数に指定している
「Forms("Form").Controls("Subform")」の部分です。

ここに指定するのはオブジェクト名になりますが、そのデータ型は文字列型です。
一方、「~.Controls(~)」の形で指定した場合、取得できるのは
 a)オブジェクトそのもの
 b)そのオブジェクトのデフォルトプロパティ
のどちらかです(→状況によって変化します)。
(例えばテキストボックスなら、TextBoxオブジェクトまたはValueプロパティの値)

サブフォームのデフォルトプロパティは調べていませんが(汗)、少なくとも文字列
型のプロパティではないため、「型が一致しない」とのエラーとなります。
サブフォームのコントロール名を取得する場合は、
  Forms("Form").Controls("SubForm").Name
というように、Nameプロパティを明示的に指定する必要があります。

ただ、「サブフォームのレコード移動」の場合、明示的に「Name」プロパティを
指定しても解決には至りません(汗)
これは、GotoRecordメソッドの第2引数には、直接開いているオブジェクトの
名前のみが有効なためで、サブフォームを直接的に指定することはできない、
ということです。
(注:Microsoftの資料を探したわけではなく、経験則から記述していますので、
 私の勘違いでしたらご容赦願います(汗))

サブフォームのレコード移動には、冒頭に記述したとおり、「フォーカスの移動」と
「一部の引数を省略したGotoRecord」を使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

なお、これも冒頭に書きましたが、サブフォームのRequeryの仕方には幾つか
方法がありますが、Requeryの対象を「コントロールとしてのサブフォーム」にすれば、
レコード移動が発生しませんので、GotoRecord自体が不要になります。
http://www.f3.dion.ne.jp/~element/msaccess/AcTipsFrmHowToRequeryAndReturn.html

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現...続きを読む

QAccessのフォーム上にレコード数とレコード番号の表示

Accessでクエリを元に表示するフォーム上で、テキストボックス等に関数を使って、レコード数とレコード番号を表示する方法がありましたら教えてください。

フォームの書式設定で「移動ボタン」の表示をすれば目的の事は出来るのですが、表示の大きさが調整できない為、とても見難いのです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レコード番号のコントロールソースを
=[CurrentRecord]
レコード数のコントロールソースを
=Count("*")-[NewRecord]
としてみてください。

QMS-Access レコードセレクタのイベント

こんにちは。
MS-Access2003です。レコードセレクタをダブルクリックした時に以下のようなイベントを設定したいと思っています。

1.テーブルの全データを一覧で表示するクエリを連結した、表形式のフォーム(フォームA)が
 あり、そのレコードセレクタをダブルクリックします。
2.別に、そのテーブルを連結したフォーム(フォームB)があり、1.でダブルクリックしたデータが、
 その「テーブルを連結したフォーム」に表示されて欲しい。

フォームAは参照のみであり、フォームBは更新可能な設定です。
レコードセレクタのイベントはマクロで組みたいのですが、フォームBを開いた後どうすれば
そのデータをフォームBでフィルターをかけたように表示できるのかが分かりません。
ご教授いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

VBAでの回答は却下でしょうか?

また、フォームAをダブルクリックするとして
その際に選択された行の中に、フォームBで一意に指定できる要素
(単一または複数のフィールドの組み合わせで一意となるもの)がありますか?

たとえば、『ID』というのが一意なら、フォームAのダブルクリック時イベントで
Private Sub Form_DblClick(Cancel As Integer)
Forms!フォームB.Filter = "ID=" & Me!ID
Forms!フォームB.FilterOn = True
End Sub
等なんですけど。。

Qサブフォームでのダブルクリックイベント

Access2003です。
フォームにサブフォームを設置し、直接テーブルを表示させています。
このサブフォームのテーブルのある行をダブルクリックしたら
その行のデータを他のフォームのオブジェクトにセットしたいのですが
行や行のデータ全てを取得は出来るのですが、サブフォームのイベントがEnterとExitしかなくて、イベント発生が出来ません。
フォームのダブルクリックでXとYを見て…と思ったのですがサブフォーム上ではフォームのダブルクリックイベントが発生せず。
サブフォームのテーブルはユーザーがソートする事もあるのでベタに上にテキストボックス等を置く事は出来ません。
どうにかダブルクリックで動作させる方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

> どうにかダブルクリックで動作させる方法はありませんでしょうか?

前回の質問でも触れたように(下から2つ目の段落)、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4952701.html

> サブフォームの「コントロールとしてのイベント」は「Enter」と「Exit」の2つしかありませんが、
> ソースオブジェクトに指定したフォーム(上記の例では「SF1」)側で、各種イベント(Open
> その他)が実行

されます。

ですので、No.1の方の回答にもあるように、『既定のビュー』(フォームのプロパティシートの
『書式』タブにあります)を「データシート ビュー」にしたフォームを、サブフォームのソース
オブジェクトにすれば、テーブルと同様の表示で、かつ、ダブルクリック等のイベントを発生
させることができます。
(但し、テーブル/クエリでは「サブデータシート」を表示できますが、これには非対応です)


【重要】
「フォームのダブルクリックイベント」は、データシートの外側(データが表示されていない、
グレーの背景部分)をダブルクリックした時にしか発生しません。
『データシート内でのダブルクリック』でデータを取得するレコードを指定する場合は、面倒
でも「各コントロールのダブルクリックイベント」に処理を記述してやる必要がありますので
ご注意下さい。
(以下のように、他のフォームへの代入を行う部分を、イベントとは別のSubとして作成して、
 各コントロールではそれを呼び出す形にすると、コードを組むのも修正/管理するのも
 比較的楽だと思います)

なお、ダブルクリックした時点で、コントロールの値は「現在のレコードのもの」しか参照
できないので、x,yなどで「どのレコードが選択されたか」の判定は不要です。念のため(汗)


Private Sub 社員コード_DblClick(Cancel As Integer)
  Call FromAtoB
End Sub

Private Sub 氏名_DblClick(Cancel As Integer)
  Call FromAtoB
End Sub

Private Sub FromAtoB()
  With Forms!フォームB   '別フォームの名前が「フォームB」の場合
    !社員コード = Me!社員コード
    !氏名 = Me!氏名
    '(以下、データを転記する処理を必要な追加)
  End With
End Sub

> どうにかダブルクリックで動作させる方法はありませんでしょうか?

前回の質問でも触れたように(下から2つ目の段落)、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4952701.html

> サブフォームの「コントロールとしてのイベント」は「Enter」と「Exit」の2つしかありませんが、
> ソースオブジェクトに指定したフォーム(上記の例では「SF1」)側で、各種イベント(Open
> その他)が実行

されます。

ですので、No.1の方の回答にもあるように、『既定のビュー』(フォームのプロパティシートの
『書式』タブにあり...続きを読む

Q【ACCESS】フォーム名/コントロール名を文字列型変数で指定するには

バージョン:Access2002

フォーム「frm01」にテキストボックス「tb01」が作ってある場合、
Forms.frm01.tb01.Value="あいう"
とすれば、フォームもコントロールも指定できるのですが、
Dim strTxt As String
strTxt = "tb01"
Forms.frm01.strTxt.Value="あいう"
だと、文字列型変数"strTxt"が展開されないのでフォーム「frm01」のコントロール「strTxt」を探してしまいエラーになってしまいます。

文字列型変数でフォームやコントロールを指定するには、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

フォームの場合
 Forms(strFrm)

フォームのコントロールの場合
 Forms(strFrm).Controls(strTxt)


これでも参照できますが、普通ここまで省略しませんね。
 Forms(strFrm)(strTxt)

あとで見たとき、訳がわからなくなりそう。

Qフォームを開くときに、コンボボックスの値を選択(アクセスVBA)

こんにちは。
アクセスVBAで、フォームを開いたとき
(フォームのOpenイベント)に、
コンボボックスの値を選択したいのですが、
どういう方法が、あるでしょうか。

理想は、
フォームのOpenないし、Loadイベント内で、
コンボ0.ItemData(2).Selected
と、書くような感じです。
(無論、Selectedは使えませんでした)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これでいいのかな?
※テキスト書きなので検証していません

If コンボ0.ListCount > 0 Then
  コンボ0.Value = コンボ0.Column(0, 2)
End If

Q親フォームからサブフォームのレコードソースを設定

親フォームからサブフォームのレコードソースを設定するには?
フォーム1にテーブル1をドロップアンドドラッグして、「テーブル1のサブフォーム」を作成しました。

フォーム1にあるコマンドボタンから「テーブル1のサブフォーム」のRecordSourceを設定する方法を教えてください。

「テーブル1のサブフォーム」からなら
Private Sub Form_Load()
Me.RecordSource = ""
End Sub

とできるのですが、
やりたいことはフォーム1からのイベントなので
「テーブル1のサブフォーム」からのイベントは使えません。

だからってフォーム1の
Private Sub コマンド2_Click()
Me.テーブル1のサブフォーム.RecordSource = "テーブル1のサブフォーム"
End Sub

とするとコンパイルエラーになります。

良い方法があれば教えてください。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。説明もれがあったので追加しておきます。
No2のところで、

>このとき、「テーブル1のサブフォーム」
>のフィールドには「#Name?」のような表示がされていると
>思います。すなわちこときはサブフォームにはレコードソースが
>設定されていないからです。

としていますが、「#Name?」と表示される理由はフィールドの
コントロールソースが設定されているために、「#Name?」のような
表示が出てきます。


ここからは蛇足ではありますが、コントロールソースが設定されていなければ
こうした表示はでませんが、もしコントロールソースも取り除いて
いるならば、コマンド1でもコマンド2のクリックイベントでもどちらでも
かまいませんが、たとえば「テーブル1のサブフォーム」の
フィールドのコントロールソースをすべて取り除いておいて、
コマンド2のクリックイベントで設定するとすれば、一応
「テーブル1のサブフォーム」のフィールドの名前をID、名前、住所として
テーブル1のフィールド名を同じくID、名前、住所とするならば、

Private Sub コマンド2_Click()
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.RecordSource = "テーブル1"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("ID").ControlSource = "ID"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("名前").ControlSource = "名前"
Me.テーブル1のサブフォーム.Form.Controls("住所").ControlSource = "住所"
End Sub

として、レコードソース、コントロールソースを設定します。

No2です。説明もれがあったので追加しておきます。
No2のところで、

>このとき、「テーブル1のサブフォーム」
>のフィールドには「#Name?」のような表示がされていると
>思います。すなわちこときはサブフォームにはレコードソースが
>設定されていないからです。

としていますが、「#Name?」と表示される理由はフィールドの
コントロールソースが設定されているために、「#Name?」のような
表示が出てきます。


ここからは蛇足ではありますが、コントロールソースが設定されていなければ
こうした表示はで...続きを読む

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング