ある故人の喪が明ける直後にその故人の親族と食事をする予定があるのですが、その際に故人の話題に触れられることがあるとおもうのですが、そのときのご挨拶としてはどのような言葉が適当なのでしょうか?「このたびはご愁傷さまでございます」は、なんだか違うようなきがします。よろしければおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


やっぱり下の方と同じで、
いろいろと大変でしたね。
から入りますね。
いろいろと、話を聞いてあげたり、
故人の話をしてあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mike_226さん、レスありがとうござます。
「いろいろ大変でしたね」がやはり良い気がしました。
自分ひとりだとどうしてもわからないことが多くて、悩んでいましたが
本当に助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/16 11:20

その故人とは親しかったのですか?


そうであれば、・・このたびは大変でしたね。もう落ち着かれましたか?・・そして、あなたと、その方とのエピソードや思い出を語られるといいと思います。 そして、家族と故人とのお話を聞いてあげるといいのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

pippi0123さん、
さっそくのお返事本当にありがとうございます。
大変でしたね、もうおちつかれましたか?という言葉、仰々しすぎず、やわらかなあたりで参考になります。
その故人とは、彼の父親にあたる方で、わたしは面識はありませんが、ささやかな額ですがお葬式の際には香典を贈りました。お香典返しも彼を伝いいただきました。
今回お会いするのは彼のお母様です。
初対面なのですが、pippi0123さんからのアドバイスを参考にさせていただきたいとおもいます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/16 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喪明けの考え方について

両親が亡くなった場合、一般的に7日間の喪に服すると言いますが、7日間の初日はいつの時点からなのでしょうか?例えば自分両親の場合、5月2日の午前0時20分に亡くなり(死亡診断書に記載されている)ましたので、一般的には2日から7日間と考えますが、ある人は「実際心肺が停止したのは前日の11時40分なので5月1日から7日間だ」と言われました。どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>両親が亡くなった場合、一般的に7日間の喪に服すると言いますが、

 いいえ。一般的には,実親が亡くなった場合,喪は1年です。もう少し細かく言えば,足掛け13箇月ですので,1日に亡くなられても2日に亡くなられても,喪明けは来年5月末日です。これは儒教思想に基づくものです。仏教では49日,神道では50日が忌服期間です。

 おっしゃっているのは,服喪休暇のことでしょうか。服喪休暇期間は,それぞれお勤めの所の就業規定により異なりますが,7日としているところが多いと聞いています。
 さてその起算日は,公的書類に基づくのが普通です。死亡診断書に書かれている死亡日時が基準となります。

Q49日喪明けの挨拶状

49日の喪明けの挨拶状を、葬儀に参列された方達に贈るとして、高額な香典を頂いた方には、香典返しとして何かを送ろうと考えています。
葬儀の時の返礼品は、参列者全員に4000円の海苔のセットだったのですが、葬儀の香典が3000円の人も沢山いました。こういった人たちにも、挨拶状と一緒に何かを送るべきなのでしょうか。
送らない場合は、挨拶状だけ送っても失礼にはならないのでしょうか。

Aベストアンサー

>こういった人たちにも、挨拶状と一緒に何かを送るべきなのでしょうか。

いいえ。
会葬御礼として返礼品をお渡ししていますから。

>送らない場合は、挨拶状だけ送っても失礼にはならないのでしょうか。

まったく問題はありません。
十分礼はつくしています。

特に高額な香典をいただいた方には、そのお気持ちに対してということで、何かを送ることは必要でしょう。

Q初彼岸っていつ?喪明けっていつ?

初彼岸っていつをいうのでしょうか。

例えば1月に亡くなったら、
春彼岸をいうのでしょうか。
秋の彼岸をいうのでしょうか。
一周忌のあとの春彼岸をいうのでしょうか。

検索をあちこちでしましたら、ばらばらで
困っています。
教えて下さい。

その前に、初盆ですが^^;こちらのお盆は8月です。

それに加えて、友人からの質問で、よろしくお願いしたいのですが、
冠婚葬祭の婚の方はみなさんのお宅では
どのあたりなら良しとしますか。

Aベストアンサー

 四十九日が過ぎて最初の彼岸を初彼岸と言います。ですので,今年の場合,亡くなられたのが1月27日以前であれば,春の彼岸が初彼岸になると思います。(日付については自信なし)
 
 初盆も同じく,四十九日が過ぎて最初に迎えるお盆を初盆又は新盆と言います。
 
 実父母が亡くなられてから,仏教では49日,神道では50日で忌明けします。
 よく喪中と言いますが,これは儒教によるものです。実父母がなくなられてから13ヶ月が喪に服する期間とされています。数え年と同じ数え方をしますので,1月に亡くなられたのであれば,翌年の1月末までが喪中とされています。
 
 既に結婚式をする日が決まっていて,突然の不幸で日程を変更される場合は,忌明け後にされることが多いようです。

Q喪明けの年賀状

喪が明けたので今年は年賀状を出す予定です。
一昨年末の不幸だったため、まだあまり元気のいい内容では出せませんが、多くの方に大変お世話になったので、賀状でも挨拶をすることにしました。
ただ、その年賀状に葬儀や法要、喪中にお世話になったことを書くと、何となく、めでたい元旦に水を差す話題のような気がして気が引けます。
あたりさわりのない、感謝を込めた喪明けの文例などがあれば教えていただきたいのですが。
差し迫った時期に突然の質問で申し訳ありませんが、どなたかおわかりになる方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

葬儀からだいぶ月日が経っていますし、おめでたい新年の挨拶状ですので、葬儀や法要の話題はふさわしくないように思いました。
そこで「謹賀新年」などと新年のご挨拶を述べた後に、「1年間なんとか無事に過ごすことができました。これも皆様のお陰です。ありがとうございました。これからもよろしく。」といった文章はどうでしょうか。とくに喪中にお世話になったことに触れなくとも、感謝の気持ちは伝わると思いますよ。

Q祖父の喪が明けてない血縁者を結婚式に呼べるか

9/10に母方の祖父が亡くなって半年の喪に入りました。その喪が明けるのを待って来年春頃に結婚しようと思うのですが、この場合どうしたらいいか迷ってます。
自分の喪が明けてからするのはいいのですが、祖父の喪が明けてない叔父や叔母、祖母は式に呼べるのでしょうか。何かとお世話になってるので、呼びたいのですが…
自分の中では「(喪が明ける)半年後~(自分の誕生日の)8/1まで」と考えてるので、それ以上彼女を待たせるとマズいと思ってます(彼女にもそう伝えてます)。
ちなみにどうでもいいことですが、彼女の誕生日は11/18なのですが、今年はともかく、来年のそこまで引っ張るつもりはありません。
あと、父方の縁も母方より多くなく、盛り上げるなら母方で集めたいのです。

Aベストアンサー

私の場合は、なんですが。
旦那の父方の祖母が11月下旬に亡くなり、私と婚約したのはその翌年の2月上旬でした。
その後、具体的に挙式などの話に発展したのですが、
やはり「喪」のことが問題になりました。
最初は当たり前のことなんですが旦那の両親が気にしまして。特にお義父さんが跡継ぎだったので、「喪が明けないのにお祝い事は良いのだろうか?」という話になったわけです。
ちなみに、旦那側のご両親はそれほど「どうしても喪が明けないと!」という考えではなかったのですが、親族の中には・・・どうかなあ・・・という意見があったんです。
で、うちの両親はと言うと、
「親の葬式があったわけじゃなんだし、おじいさんだって孫の挙式が嬉しくないわけがない!」という意見で、長時間おいての挙式、と言うのがいやだったようです。
(余談ですが、結婚が決まる前に私が様々な理由で職場を辞め、その後婚約をし、保険の関係の手続きが大変になることや、名古屋と大阪という中途半端な遠距離恋愛だったことも長時間おきたくなかった理由でも
あります)
最初は、喪が明けて旦那の誕生日当りでも(ちなみにciaohさんの彼女さんと同じ11/18日です(^^;)と言う話もあったのですが、
結局は「お寺さんに聞いてみたら?」と言うことで、
お寺さんに旦那の両親から聞いてもらったところ、「おめでたいことですので、気にしなくて良いですよ」と言ってもらえたので、結局5/27に挙式をしました。(入籍は翌日)
なので、一度、ご供養をお願いしているところに聞いてみて、それとご自身・ご両親が納得した日付でご親族にお伺いを立ててはいかがでしょうか?
「お寺さんはいいと言っているし、自分たちも納得しているから来て欲しい」といえば、納得してもらえると思いますよ。

私の場合は、なんですが。
旦那の父方の祖母が11月下旬に亡くなり、私と婚約したのはその翌年の2月上旬でした。
その後、具体的に挙式などの話に発展したのですが、
やはり「喪」のことが問題になりました。
最初は当たり前のことなんですが旦那の両親が気にしまして。特にお義父さんが跡継ぎだったので、「喪が明けないのにお祝い事は良いのだろうか?」という話になったわけです。
ちなみに、旦那側のご両親はそれほど「どうしても喪が明けないと!」という考えではなかったのですが、親族の中には・・...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報