回遊魚は魚の身が引き締まるかわりに、脂ののり具合が悪いのでしょうか?また、逆にあまり泳がない魚は脂がのっている魚がおおいのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。

(*^。^*)
魚には、1年の中で1番美味しい時季(旬)と言うのがあります。
魚の脂ののり具合がいいのは、旬の魚です。
旬の魚というのは、産卵に備えて栄養を蓄えるため、
脂がのり旨味成分が増えて、美味しくなると言えます。
味や食感はその人の好みなので、一概には言えませんが、
一般的には、産卵を終えた魚は旬の魚に比べて、
味は落ちているように思います。(*^^)v
    • good
    • 1

そんなことはありません。

よく脂が乗った魚といえばマグロの大トロや寒ブリ、秋のサンマなどが代表的ですが、いずれも回遊魚です。焼くと脂が滴るほどよく脂が乗る魚はほとんど回遊魚です。
脂の乗りは季節の問題が大きいです。
寒くなる冬にかけて脂が乗る魚が多く、春~夏に産卵する魚が多いですが、そのあとの雌は脂も落ちて身も痩せる魚が多いです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魚のキレイな食べ方の写真があるサイト

魚の食べ方が汚いので、少し練習しようと思っています。
なので、食べ方を写真やイラスト付きで解説しているサイトがあったら教えてください。
文章で解説しているところはよく見つけられるのですが、なかなか写真やイラストは見つけられなくて…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらはどうでしょう。
http://www.matsuaz.com/kayoubi/2006/10/30/1162191802681.html

Q魚の缶詰の油は、長期保存の為の油ですか?それとも魚自信の脂ですか?

魚の缶詰にはなぜあんなに油が多いのでしょうか?
長期保存できるようにするためでしょうか?

魚自体に含まれる脂は悪くないそうですが、
あの缶詰にある油って、魚自信からでてきた油ではないような気がするんですが。

魚自信の油なら問題ないですが、単なる油なら摂取しない方がいいですよね?

何のための油なのでしょうか?また、あの油は魚自信の油なのでしょうか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

缶詰はシーチキンですかシーチキンの油はサラダオイルです。食味をよくするためと酸化防止のために入れられています。いわしの油漬けにはオリーブオイルが使われています。いずれも植物性の不飽和脂肪酸のため悪影響はありませんがカロリーが高いので肥満の人は注意したほうがいいと思いますが。魚にはDHEといって良質の不飽和脂肪酸がいわし、さば、あじ。などの青さかなに多く含まれておりコレステロールを下げる働きあります。さばの水煮に含まれる油は魚自身の油です。

Qこの古い絵本知りませんか?魚の絵本

ちいさなころ読んだのですが、
魚が主人公の本です。
弱虫でちいさい魚だったきがします。
ほかの魚たちにいじめられる感じの
キャラだった気がします。。

外国のものの作品で
日本語訳として出ていたものだった
きがします。

絵は、まさに外国の絵本の典型って感じで
ポップでカラフルで、けっこう細いとこまで
描いてるイラストだったきがします。
ペン画で、色つけて・・って感じだったような。
ほかにも、いろいろな種類で
魚とは関係ないので本があったきがします。

どんなことでもかまいませんので
タイトルなどの、情報おまちしてます。

Aベストアンサー

パッと思い浮かんだのは

「スイミー」

です。
小さい魚が集まって大きな魚の形になって・・・

という話です。
主人公の魚は赤かったので目のところにいました。

参考URL:http://www.kogakusha.com/leo/leo001.htm

Q肉/魚の焼き具合、揚げ具合

私はウェルダン派で、少~し完璧主義な感じです。肉/魚を料理する時、いつもいつも「もう赤い所ない?ちゃんと焼けた?(揚げられた?)」と気になって仕方ありません。引っくり返し、また引っくり返し、たまには包丁で真ん中を切って開けて見たり...とにかく生焼け状態を恐れております。弱火で調理するので焦げたりすることは滅多にないのですが、何しろやりすぎで素材が固くなってしまいがち(涙)。揚げ物も強火でカラッ!と揚げることは出来ません~。みなさま、肉/魚の中まで火が通っているとか、どうやって分かるんですか?私のこの神経質すぎる調理方法を止めてください...。

Aベストアンサー

これからの回答をご存知でしたらお許し下さい。
食材により判断基準が異なりますが、まず「竹串」一本ご用意下さい。
簡単な所から、
「手作りハンバーグ」 
美味しそうに見え、または肉汁を閉じ込める意味もあり、当然片面に「焼き色」を付けると思いますが、高温で焼く際ハンバーグの真ん中を少し「へこませ」ておくと、均一に火が通ります。
中心まで火が通っているかどうか判断するには、真ん中に竹串を刺してください。その際「濁った(赤みがかった)肉汁」が出るようでしたら、半生です。もう少し弱火で焼いてください。
「透明な(アクのようなものも出ますが気にしないで)肉汁」でしたら、火が通っています。
この方法は、殆どの食材に通用します。豚でも鶏でも牛でも。
魚の場合も通用しますが、どうしても分からない場合!
竹串を刺し、それを下唇にあてます。
冷たければ火が通っていません。
生暖かければ、もう少し焼きましょう。
普通に熱いと感じられれば、間違いなく焼けています。
あまりに焼きすぎると、「汁」は噴出しませんから。
豚や鶏だと、生焼けの血管が気になりますよね。
この場合はよく焼くべきですが、血管の赤みが残る場合もありえます。牛や魚の場合は、「赤く」ても、火の通っている場合があります。
秋刀魚なんかは代表的でしょうし、それが旨みでもあるわけですから、焼きすぎはいかがなものかと思います。(煙いし)
牛の場合、「レア」といっても焼き色を付けただけの、けっして「生肉」ではありません。そういう風に出しているところもありますが、
本来は火の通った「レア状態」です。
だから、中身が赤みがかっていても良いわけです。
どんな肉でも竹串を中心付近まで刺してみてください。
赤みの無い、透明な肉汁でしたらOKです。
「唐揚げ」も同じですが、分からなければ、
「御褒美」として包丁で半分に割り、
ちょっとつまみ食いもいかがですか。

これからの回答をご存知でしたらお許し下さい。
食材により判断基準が異なりますが、まず「竹串」一本ご用意下さい。
簡単な所から、
「手作りハンバーグ」 
美味しそうに見え、または肉汁を閉じ込める意味もあり、当然片面に「焼き色」を付けると思いますが、高温で焼く際ハンバーグの真ん中を少し「へこませ」ておくと、均一に火が通ります。
中心まで火が通っているかどうか判断するには、真ん中に竹串を刺してください。その際「濁った(赤みがかった)肉汁」が出るようでしたら、半生です。もう少し弱...続きを読む

Q白身魚さんのサイト

どなたかイラストレイターの白身魚さんのサイト(ブログ?)をご存じないでしょうか?
検索していても見つからないので、知っていたら教えてほしいです。

Aベストアンサー

★enfance
http://www.geocities.jp/dochibibi/
かも。

Q魚の脂

魚の脂肪分は全て体に良いのですか?
いわゆる青み魚のサバやイワシ等にはDHAがたっぷり・・・と言われますが、
例えばタラのような脂がのった白身魚はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

肉の脂(飽和脂肪酸が主)は常温で固体です。言い換えれば人の体温でも固体です。そのため人の血液中でも固体であるためいわゆる表現としての血液がドロドロの状態になりやすい可能性があるということです。
一方、魚の脂(多価不飽和脂肪酸が主)は常温でも液体です。言い換えれば人の体温でも液体です。そのため人の血液中でも液体であるためいわゆる表現としての血液がドロドロの状態になりにくい可能性があるということです。
その点が魚の脂と肉の脂の体への影響の比較上の良し悪しです。

因みに、魚に含まれているDHA・EPA等はβカロチンの吸収を妨げる恐れがあるので、βカロチンが豊富に含まれている緑黄色野菜と一緒に摂るのは控えた方が良いですよ。

>魚の脂肪分は全て体に良いのですか?

魚の脂が全て体によいと言うわけではありません。魚にも肉と同じような脂も含まれています。飽和脂肪酸です。魚にも飽和脂肪酸が含まれています。肉と魚では脂肪中に、主に含まれている脂肪酸の種類が違います。脂肪酸の種類には飽和脂肪酸と1価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸と1価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸のバランスの点で肉よりも魚の方が比較上良いという事です。
飽和脂肪酸と1価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸については、
http://www.katuko.net/OCp-eiy01.htm
飽和脂肪酸と1価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸のバランスについては、
http://www.glico.co.jp/navi/index.htm
↑参考になればよいのですが…。

また、魚の脂は酸化されやすいのでその点も気を付けた方が良いですよ。特に、EPAやDHAは酸化されやすいので気を付けた方が良いです。酸化した脂質には毒性があるそうですし、また、発がん性があると聞いた事もあります。特に酸化した魚の脂は毒性が強烈だそうです。ですので、魚は鮮度が大事です。塩干し魚や開きなどの干物は特に鮮度や脂の酸化に対して注意しましょう。

>例えばタラのような脂がのった白身魚はどうなのでしょうか?

タラの場合は一般的に青魚に比べると脂質の含有量は少ないです。また、脂肪中の脂肪酸のバランスが青魚の場合と比べて違ってきます。魚の場合は、その種類によって脂質の含有量や脂肪中の脂肪酸のバランスが全然違います。
含まれている脂の観点から言うと、飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸の方を多く含んでいる方が良いので、その意味では、タラよりも青魚の方が良いと言えます。ただし、一般的に白身魚よりも青魚の方がカロリーが高めで、尚且つ、コレステロールも青魚の方が一般的に多くなりますので、その点も留意しておく必要があります。タラはヘルシーな魚です。

あと、↓これは以前どこかで読んだ事があるような気がするのですが、ちょっと不確かなのですが…、
青魚の脂は体の中でコレステロールに変わると読んだ事があるような気がします。(←不確かですが。)

肉の脂(飽和脂肪酸が主)は常温で固体です。言い換えれば人の体温でも固体です。そのため人の血液中でも固体であるためいわゆる表現としての血液がドロドロの状態になりやすい可能性があるということです。
一方、魚の脂(多価不飽和脂肪酸が主)は常温でも液体です。言い換えれば人の体温でも液体です。そのため人の血液中でも液体であるためいわゆる表現としての血液がドロドロの状態になりにくい可能性があるということです。
その点が魚の脂と肉の脂の体への影響の比較上の良し悪しです。

因みに、魚に含ま...続きを読む

Qイラストを編集することはできますか?

http://www.otomiya.com/sozai/sakana/iso.html

↑のページにあるようなイラスト(魚)の色や形を変えることはできますか?

ソフトは、「ペイントブラシ」とホームページビルダー付属の「ウェブアートデザイナー」があります。

どなたかご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> http://www.otomiya.com/sozai/sakana/iso.html​
> ↑のページにあるようなイラスト(魚)の色や形を変えることはできますか?

この参照先サイトの利用規程(下記URL参照)に「著作権は放棄いたしておりません。加工・改変については、2次加工用のバナープレート/ブランクボタンを除いてご遠慮下さい。」と明記してありますが、そこは運営者に連絡して特別に許可を貰われたりでもなさったのですか?
http://www.otomiya.com/sozai/index.html

> ソフトは、「ペイントブラシ」とホームページビルダー付属の「ウェブアートデザイナー」があります。

GIF画像なので、そもそも再加工を前提としていない形式です。色調やコントラストぐらいならPhotoshop等のレタッチソフトである程度いじれますが、大きさはについては、縮小はまあともかく、拡大はクオリティが落ちるだけですので考えない方が宜しいです。

Q魚の身の”茶色の部分”はなぜ茶色?

「魚は頭の方が美味しいか? 尻尾の方が美味しいか?」ということで、鯖の一夜干しを半分に切って食べてみました。噂通り、頭の方が脂が乗っていて美味しかったのですが、そこで素朴な疑問です。尻尾の方の部分の身で”茶色の部分”がありますが、この部分はどういう訳で茶色くなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

「血合い」じゃないでしょうか。
常に泳ぎ回っているマグロやカツオは血合いが多いようです。泳ぐための筋肉組織です。

逆に海底等でのんびりしているヒラメやカレイには血合いはない、と聞いたことがあります。

参考URL:http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/ta/chiai.htm

Qハンカチの柄を作るように、1つの図形(イラスト)を平面にいくつもムラ無く配置するソフトなどありますか?

いつもお世話になってます。

ハンカチの柄を作るような感じで。
1つの同じ図形(イラスト)を平面にいくつもムラ無く配置するようなソフトなどありますでしょうか?

ハンカチに上下左右を無くすために、魚やヒヨコなどの同じ絵が色んな向きで均等に配置されているじゃないですか。
そんなイメージです。

1つの図形だけでなく、2~3コでも対応できるソフトだと尚いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Adobe社のPhotoshopならできますよ

Qどうして、魚は身と呼び、牛などは肉と呼ぶのでしょうか?

どうして、魚は身と呼び、牛などは肉と呼ぶのでしょうか?
逆を聞くことがないので、どうしてなのか気になってしまいました。
知っている方がいられましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 「身」の由来……「おなかに子どものある女の人をえがいた字。」
 「肉」の由来……「切りとった鳥やけもののにくをえがいた字。」(引用元:例●小学漢字辞典)
 魚はその体に卵を持っていますね? 昔は「魚=卵」という印象が強かったのではないでしょうか? 
 お腹に子供を持つ牛は一般的ではなかったと思います。昔は牛は乳を搾り取られたり、直接食べられたりしたはずです。牛に子供を産ませるのは一般的ではなかったと思います。
 一方魚は子どもをその体にたくさん持っていることが直接観察出来たのではないでしょうか?
 「おなかに子どものある女の人」が転じて、「おなかに子どものある」生物、すなわち「魚」に対して「身」を使うようになったのではないでしょうか。 
 もうひとつの仮説も述べます。
 「肉」は「にく」とも読みますね? その「にく」は「憎い」という意味もあったのかもしれません。「肉」を禁忌とするならある意味では当然かと思います。
 他方「身」は「み」とも読みますね? その「み」は「美」の「み」でもあります。ですので、魚は「美」と強引に考えたのかもしれません。
 参考にして下さい。

 こんばんは。
 「身」の由来……「おなかに子どものある女の人をえがいた字。」
 「肉」の由来……「切りとった鳥やけもののにくをえがいた字。」(引用元:例●小学漢字辞典)
 魚はその体に卵を持っていますね? 昔は「魚=卵」という印象が強かったのではないでしょうか? 
 お腹に子供を持つ牛は一般的ではなかったと思います。昔は牛は乳を搾り取られたり、直接食べられたりしたはずです。牛に子供を産ませるのは一般的ではなかったと思います。
 一方魚は子どもをその体にたくさん持っていることが...続きを読む


人気Q&Aランキング