最新閲覧日:

回遊魚は魚の身が引き締まるかわりに、脂ののり具合が悪いのでしょうか?また、逆にあまり泳がない魚は脂がのっている魚がおおいのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

A 回答 (2件)

おはようございます。

(*^。^*)
魚には、1年の中で1番美味しい時季(旬)と言うのがあります。
魚の脂ののり具合がいいのは、旬の魚です。
旬の魚というのは、産卵に備えて栄養を蓄えるため、
脂がのり旨味成分が増えて、美味しくなると言えます。
味や食感はその人の好みなので、一概には言えませんが、
一般的には、産卵を終えた魚は旬の魚に比べて、
味は落ちているように思います。(*^^)v
    • good
    • 1

そんなことはありません。

よく脂が乗った魚といえばマグロの大トロや寒ブリ、秋のサンマなどが代表的ですが、いずれも回遊魚です。焼くと脂が滴るほどよく脂が乗る魚はほとんど回遊魚です。
脂の乗りは季節の問題が大きいです。
寒くなる冬にかけて脂が乗る魚が多く、春~夏に産卵する魚が多いですが、そのあとの雌は脂も落ちて身も痩せる魚が多いです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報