プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

 白隠禅師様の書として伝わる、
 汝等諸人来此山中 為道聚首莫為衣食 無有肩不着無有口
 不食只須十二時中 向無理会之処究来 究去光陰如矢慎莫
 雑用心勉旃々々  応宗等禅人之需  沙羅老衲八十三歳書
 は、大燈国師(宗峰妙超大師)様の遺偈であると、認識しておいてよろしいでしょうか。どうかお教え下さい。
 
 「肩あって着ずということなし 口あってくらわずということない」と倉田百三(阿部次郎さんだったかな)さんだったか、作品の巻頭に引用され、(法蔵)とい注記していたかのように、記憶していまして、http://iriz.hanazono.ac.jp/hakuin/rekihaku/index …を捜して、どうも私の記憶が違うようだと思ってきたものですので、どうかお教えくださるようお願い申しあげます。

A 回答 (2件)

大燈国師の遺偈といわれるものは、



截断仏祖、吹毛常磨。
機輪転処、虚空咬牙。
 仏祖を截断して、吹毛常に磨す。
 機輪転ずる処、虚空、牙を咬む。

です。

挙げておられるURLを見ましたが、この白隠禅師の書は、大燈国師の「示衆」となっています。
「示衆」とは、師家(禅宗のお師匠さん)が、弟子に説法することを言います。大燈国師が、通常の説法(学校の授業みたいなもの)をされた時の言葉が語録などに残っていますので、そのうちの一つを白隠禅師が書にしたためたものでしょう。

大燈国師の言葉であることは確かなのでしょうが、挙げられている白隠禅師の書は「偈」の体裁をなしていませんし、大燈国師の遺偈は、私が上記に挙げたものといわれていますので、「遺偈」ではありません。

この回答への補足

 身、寛くなり締り、暖かくして冷気に満たされております。
 ご紹介の大燈国師の遺偈には、初見参なものでして、ありがたい。
 無論、意味も全く未理解です。

 正しいことが判り、人生の楽しみです。
 有難う御座いました。

補足日時:2008/01/23 06:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速に有難う御座いました。まだ判りませんが、凄まじい字が連なっている感じです。禅宗のご修行の生半可ではないことの現われをまた、感じなければ為りません。

お礼日時:2008/01/23 07:05

興禅大燈国師遺戒です。


修行者の道しるべとして
書かれたものです。
臨済禅のお経本には必ず書かれていますよ。

この回答への補足

 有難う御座います。
 歴史で糧を拾っているものでも、この道の修行のものでもなく、単に、生まれてきている人間として惹かれただけです。
 ですから、遺偈ではなく、講義録や遺戒であっても私にはいいことで、自分の旅路の出会いです。

補足日時:2008/01/23 07:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速に有難う御座います。
 大燈国師(宗峰妙超大師)様のお言葉として理解・認識できたことを喜び、釈尊の修行中のお名前、中国と日本の法藏様のことは今は措くことにします。
 多分愛と認識の出発だったと存じますが、その中に引用されていて、法藏という注があり、格好いいなと思っておりました。58年前高一。
 58年ぶりに、記憶を正すことが出来て嬉しく存じております。

お礼日時:2008/01/23 07:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング