親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

自分は(生きているというより)、生かされているんだな…と感じることはありますか?
具体的にどういう瞬間、出来事で感じられるか、よろしければ教えてください。

漠然とした質問ですみません。 最近、なんだか乱雑な気分でいることが多く、忘れてしまった大事な何かがある気がしています。 図々しいのですが、思い出すヒントにさせて頂ければと思います。
よろしくお願いします。 

A 回答 (10件)

通常は、大した仕事もしていない、子供もいない、閉じこもり気味の役立ちそうにもない主婦です。



自殺しそうになった人を食い止めたことがあります。
深くかかわった人が、ある賞をもらい、マスコミによく登場しています。
ある裁判を経験し、その体験は、同じ内容で苦しんでいる人に大変役立つと思い、何らかの方法で、協力したいと思っています。

そのような、私に与えられた用件は、ボーッとした日常の中から、突然やってきます。
「あ、神様がお呼びだ、ちょっと一仕事してくるか・・・。」
という気分になります。
私に与えられたこの世の用事がすべて終わったら、あの世にいくのかな、それまでは生きているんだろう、と思います。
その用事は、人にとっての重要なことではなく、神しかわからない重要度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申しわけありません。
日々の出来事の中で何気なく啓示を受けているのかもしれませんね。
それを感じられるかどうか…、心が荒れたり曇ったりして感性が鈍っていると気づけないのかもしれません。
大変心に響くステキなお答え、どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:04

高校3年の時に、癌で母を亡くしました。

その当時、私はものすごい反抗期でほとんど家にも帰らず、学校にも行かず・・何でも自分でできる!やっていける!と勘違いしていました。
2年が経ち、成人式が近づいたある日、父が私に一冊の通帳を差し出しました。母が私の為に、コツコツ貯めた貯金でした。私に成人式の着物を着せるための貯金だったそうです。母は、私の着物姿を見ることなく、逝ってしましましたが、この時 私は母に生かされていると感じました。結局自分の力だけでは何もできなかった。相変わらずフラフラしている自分が情けなくなりました。こんなに自分を思っていてくれていたなんて。
あれから7年たって、今は私も一児の母です。生活をしていく中で、辛いことも沢山ありますが、そんな時 いつも母を思い出してがんばっています。また、子供を立派に育てること!それが使命というか、私が生かされている、もう一つのこと と考えています。
質問者様も今辛い状況にあるかと思いますが、なるべく温かい気持ちで日々をのりきって下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大事なことって失って初めて気づかされることが多いですよね。
悲しく切ないご経験をされてお辛かったと思いますが、お母様の大きな愛情が真心が、時を経て今はsae-mushiさんの中に生きていらっしゃることが文章からわかりました。
いろいろな人(特に親御さんでしょうか)の思いがあって今の自分がいるんですよね。 感謝の気持ちを思い出して、日々を大切に生きようと思います。
素晴らしい回答と温かいお言葉、どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 23:15

今まで自分がした経験が全てつながってて、自分の人生に意味がある事に気づいた時です。

辛い事もいい事も。

今はその経験を生かして、自分が周りに出来ること考えています。

考えながら「あ!神様は私にこれをさせるためにあれだけ色んな経験させたんだ…そうか~ちくしょーやられた!」と思いました(笑)。
でも意味があったと思うと許せてしまうのです。

分かりにくいけど私が生かされてるなぁ…と思うことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ちくしょーやられた!」(笑) 私もたびたびそういう経験をします。
「なんだ~、そういう筋書きだったのぉ? そう繋がってたわけか…」って感じで。

確かに自分が経験して初めて他人の痛みや思いを理解できることって覆いですよね。 頭でわかっているつもりで全然わかってなかったということ、自分が経験して思い知ります。
それが誰かの役に立てたら、うまい言葉がみつからないんですけど、すごく幸せなことですね。
心がほっこり優しくなれそうです。 ステキな回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 23:03

 NO.3さんのご回答、泣きそうになりました。


で、私ですが「嫁さん」の存在にそう感じます。
「生かされている」とまでは言い切れませんが
それまで「灰色」だった人生が「ピンク」に変わりました。
もし、彼女が居なくなれば「死んだも同然」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥様は幸せですね。 そんな風に自分の存在を感じてくれる方が世の中に1人でもいてくれたら、それだけで生まれてきた甲斐があるというか…、本当に何よりの幸せだと思います。
大切に思いやりあえる誰かとの出会いで、不思議なほど生命力が湧き出てくること…それも生かされていることなのかもしれません。
ステキな回答ありがとうございました。 末永くお2人でお幸せに。

お礼日時:2008/01/25 22:54

○親がまだ提供してくれてる生活環境を思うとき。


○嫌な事があっても、そのなかで些細な良いことが起きたり、楽しみな事ができたとき。
例えば怖い事の起きた日、携帯電話を見ると友人から久しぶりにメールが来ていたなど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親もですが、まわりの人たちは皆、実はとても大切なかけがえない存在なんですよね。当たり前のようにいるのでつい忘れてしまうのですが。
いろいろな人に助けられたり励まされたりして生きている…改めて反省&感謝の気持ちになりました。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:47

自分の心臓が、自分の意志とは無関係に動いていることです。


自分ではコントロール不能なところで「生かされている」と感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは本当にそうですね。 
どんなに落ち込んでも絶望的な気分になっていても、とりあえず、体の機能は人生を放棄せず、真面目に動いている。細胞レベルで生きることを全うしようとしている事実にすごいなぁと自分の体ながらに思ったことがあります(すごく変な話ですが)。
生命の不思議や尊さを思うと「ああ、自分の力(意志)」ではなく、生かされていると私も感じます。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:40

一人暮らしで無く親に飯を食わしてもらってる場合

    • good
    • 0
この回答へのお礼

実質的な意味でのライフラインですね。 ただ、私の場合、親の庇護にあるときはあまり実感なく、大して感謝もしていませんでしたが…。^^;
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:33

自分自身で思い込んでいる部分が大きいと思いますが、


私の場合、
若い頃、交通事故にあいました。死んでいてもおかしくない状況でしたが、軽症でした。

その時は別にどうとも思ってなかったのですが、
今、旦那がいて、子供たちがある程度大きくなっている事を思うと、

神様(いるとしたら)か宇宙のエネルギーなのか何かわかりませんが
私が産んだこの子達を世に送り出すために、
私をあの時死なせず、生かしておいてくれたのかしら・・・?
なんて事を考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「死んでいてもおかしくない状況だったのに命がある」経験をされたら、与えられた時間には「すべき使命がある」と強く感じられることでしょうね。
一つ違っていれば、お子さんは存在しておらず、ご主人やご家族の運命も大きく違っていたわけですもんね。
そう考えると今ある何気ない日々の幸せをもっと大事にしようと思えてきます。(ちょこちょこ不満・グチが溢れる粗忽者なので^^;)
私も死にかけたことがあるのに、全然後の人生にいかせておりません。
反省しつつ、この1秒から大事にいようと思います。
ステキな回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:31

私が生かされていると感じる瞬間は「空が青く、雲が浮かんでいて、風で流れて行き、雨が降り、雪も降り、また止んでは晴れて。

夜が来て、朝がきて…」という日常です。こんな当たり前なことと笑われるかもしれませんが、空が青く、雨が降るのは「みんなに降る」んです。私はそれを平等だなと感じ、幸せ、生かされていると思います。昔の私は頭では解っている程度でした。今は実感としてあり、空が青いなぁ~なんて見上げていると涙が出てしまいそうになります。月が登ったら月光浴をし、陽が傾いたら夕日を眺め…
特別なことではないのですが生かされている、恩恵を受けていると感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当におっしゃる通りですね。 当たり前のようにある自然の営みの偉大さの前に適うものはないですよね。
なのに、気づくと忘れてしまっていることが多いです。 
まるで人間が世の中の中心で、すべてを動かしているような錯覚に陥るから傲慢な気持ちになるのかもしれません。
私も少しずつでも実感としてその幸せをもてるようになりたいと思います。
素晴らしい回答、胸に深く染み入りました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:18

自分がもう治らない病気にかかっているって判ったとき。


大学病院で検査して確定診断もらった瞬間。
傍目には全く普通だけど。

数年混乱してて、
ここのメンタルヘルスカテで助けてもらったこともある。


2週に一度、病院に行って薬飲んでいます。
今はもうあまり悩まないことに決めた(何か自分なりに達観した)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分のチカラではどうにもならないことが起こって改めて気づくことってありますね。 
健康でいられることは万全の形で「生かされている」と考えるとそれだけで感謝しなければという気になります。
貴重なご体験、どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/25 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間て“生かされている”と言いますが、どう言う事ですか?

人間て“生かされている”と言いますが、しっくり理解できません。
戦争や病気で亡くなる事なく運よく、生きながらえている事なんでしょうか?
それとも、宗教的な意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.10です。補足をありがとうございました。
もういちど、ご指摘の疑問点について考察いたしました。
質問者さんが満足行くように、きちんと答えられているかは解りませんが…。


「生かされている」ということは、自分以外の何者かの意志が働いていると言うことだとすると、人なり、生物なり、自然界なり、「何かと繋がっていること」と解釈できるのではないかと思います。
つまり、何らかの恩恵を互いに分け合って生きているということで、「相互扶助」、または、「共生」という関係がそこには成り立っていると言えます。

これに、積極的に関わりたいという意識が働くと、「生きたい」となり、関わりを絶ちたいという意識が働くと「死」を望むということになります。

「生きている」には、「生かされている」という受動性と「生きたい」という能動性と二つの性質があって、それぞれが絡み合っているのではないかと思います。
受動的になったり能動的であったりは、人生の中で移り変わり、どちらが優位に立つかは、その時々で変わるのだと思います。
赤ん坊や幼児の内はまだ受動的で、思春期や青年期は受動性・能動性どちらも兼ね備えていて、成年期に入ると仕事や家庭を持つようになり、能動性を求めたり求められたりして、壮年期では能動的であるのが理想だと言えると思います。

けれど、現実にはそうはならないことがあって、受動性も能動性も拒絶した状態が、「死」だと言えると思います。
「生かされている」というのは幼児や学童期の様に「受動的な立場」にあるときに適した言葉で、「生きている」というのは、自分が何者かであろうと強く自我意識を持って、自立しようという意志が強く働いている状態を言うのだと思います。

しかし、「生きている」という状態にあるときも、やはりそこには、「相互扶助」や「共生」という意識が関わっていて、「生かされているという意識を内包している」のだと思います。
何故かというと、全くの関わりを絶つと、人は生きてはいけないからです。
それは、「肉体的な死」であったり、「精神的な死」であったりだと言うことになると思います。

自ら「死」に向かっていく人は、「生きている」こと、即ち、「生かされている」などということが微塵も感じられなかったり、煩わしく思えているのではないでしょうか。
悩むことに疲れ果てて、絶望を強く意識すると、自分を取り囲む万物から縁を絶つ行為、「死」を選択するのだと思います。
それは、「相互扶助」も「共生」もない無の世界に入ることです。

No.10です。補足をありがとうございました。
もういちど、ご指摘の疑問点について考察いたしました。
質問者さんが満足行くように、きちんと答えられているかは解りませんが…。


「生かされている」ということは、自分以外の何者かの意志が働いていると言うことだとすると、人なり、生物なり、自然界なり、「何かと繋がっていること」と解釈できるのではないかと思います。
つまり、何らかの恩恵を互いに分け合って生きているということで、「相互扶助」、または、「共生」という関係がそこには成り立って...続きを読む


人気Q&Aランキング