会社あてに文書を書く時は「御社」「貴社」を使いますが、役所あての時はどう書けばいいのでしょうか?
都庁、市役所、警察署、水道局、図書館などなど、それぞれ使い分けするものなのでしょうか?
仕事で文書作成をしていて困ってしまっています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No4の「専門家」の方には悪いですが、


 本日、いくつかの役所を回り、「貴職」について、聞いてきました。
 「ぺーぺー」(平・役職無し)にも、「貴職」として、送られてくるようです。

 その他、辞典等調べてみましたが、「貴職」を「補職名のある人」に限ることは無いようです。

 「貴」=身分のたかい (例:貴族・高貴)という意味より、
 「貴」=敬愛の意味(例:貴兄・兄貴)で使われているのではないでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
いろいろ調べていただいた様で恐縮です。
私もこれを機にもっと勉強したいと思います。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/09 17:07

公務員相手に「貴職」を使うのは、相手が「職名」を持っている場合だけです。


(「○○課長」とか「○○課××係長」とかそういうのが「職名」です。)
「○○担当者」という「職名」は通常ありませんので...
(でも「○○担当係長」というのは職名扱いで、「貴職」と引ける。)

しかしながら通常「人が働くのではなく机が働く」業界ですので、
組織相手に送る、というのが原則ではないかと思量するところです。
都、道、府、県、市、区、町、村、部、局、課、室、署、館、センター...
組織の形態はいろいろありますが、「貴」をつければ通常OKでは、と。
ですから、NO.1の方の見解でよろしいかと思いますが、No.2の方のご指摘通り、
「○○県庁」ではなく「○○県」、「××市役所」ではなく「××市」というのが
正式な組織名ですのでご留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やはり困ったら「貴」を付ければ大丈夫ですね。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/09 17:04

私は、知り合いの公務員の席に行ったとき、


「貴職(きしょく)」と書いている、手紙を見つけました。

 役所といっても、誰かが読むのでしょうから、
 「担当者」宛てにして、「貴職」という方法もあると思われます。

   表書き「○○市 ○○課 御中  (××担当者) 様」
       本文 で、「貴職」とします。

 ただ、私は、知り合いの公務員に対して、
 「貴職というのは、誰? おまえか? きしょく悪」とやってしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お恥ずかしいのですが「貴職」という言い方は初めて知りました。
そういう言い方もあるのですね。勉強になりました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/09 17:00

市役所あての場合は「貴市」でいいと思います。


役所というのはその建物のことなので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/09 16:54

これらの役所宛で「御~」はあまり聞きませんね。


それぞれ、
都庁-貴庁、市役所-貴所、警察署-貴署、水道局-貴局、図書館-貴館
で良いと思いますが。
(他も自信ないですが、特に貴庁、貴所は自信なしです。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
困ったら「貴」をつければ間違いありませんね。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/10/09 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q貴社、御社などについての質問

こんにちは。
文章を作るとき相手が会社の場合貴社等と使いますが相手が博物館などの時はどういうのでしょうか?
やはり貴社なのでしょうか?
それともべつの言葉があるのでしょうか?

Aベストアンサー

博物館なら、「貴館」または「貴博物館」でしょうね。
○○局なら「貴局」。○○所なら「貴所」。○○署なら「貴署」。
単純に考えましょう。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「御社」と「貴社」の違いについて

これから取引先の会社へE-Mailを送信しようと、
goo国語辞典で意味を調べました。
すると、
貴社・・相手の会社や神社を敬っていう語。
御社・・相手の会社・神社を敬っていう語。
となり、両方とも相手を意味する言葉となりました。

自分とすれば、
貴社・・相手
御社・・自分
と解釈していたのですが。

貴社も御社も相手を意味する言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

貴社も御社も相手の会社を意味します。

自分の会社は弊社ですね。

貴社・・文語調
御社・・口語調

と思います。なので、「貴社」を使用する場合の方が堅苦しい感じになると思います。

ので私はFAXやメール文書では「御社」を、(あまりそういうケースは無かったが)手紙では「貴社」を使います。

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q警察署の「署」と市役所の「所」の違いについて

知人から標題の質問を受けました。
私の用意した答えは
 「署」の目を横にした部分を「網頭」と言い、網を投 げた状態を示し、者=人と考えれば、「署」は人々を 監視・捕捉する機関と考えられます。
 「所」は地理的な位置を示している。
ですが、
以上の回答でよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

両者に納得性のある理由はないような気がします。

たしかに署に網の意味はあるようですが、それは網の目のように細かく役割を分担させる意味と漢語辞典にはあります。

これらの訳語は明治時代に作られた(或いは移入された)漢語だと思いますので、当時ある基準できめたことは想像できます。強いて言えば警察署、税務署、消防署は一定の権限を与えられているので、役場や市役所と異なりますね。しかし、営業停止を命じる権限を持つ保健所はなぜ署を使わなかったのか?市役所も課税権をもっている(税務署との連携とはいえ)のに署をつかっていない・・・100%統一された呼称とは思えません。

所(場)は役員の勤務するところの意だと思います。役所、役場、市役所など。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Aベストアンサー

少し長いですが「貴委員会」。
「貴会」より丁寧です。

市役所内の某委員会でバイトをしていましたが
そこへ来る文書でも見かけた敬称です。
https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%22%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%22%20%22%E8%B2%B4%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%22

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q文書にパスワード設定と文書の保護の違い

Word2007を使用しています
そこで、質問なのですが、
1 Wordの文書に読み取りパスワードを設定した場合
2 文書の保護を利用して書式設定と編集の制限作業ウィンドウから変更不可(読み取り専用)にした場合とでは、結果何が違うのでしょうか

具体的な利用例などをあげてご説明いただけますと、大変助かります
お手数をおかけしますが、どなたか教えて下さいませ

Aベストアンサー

(1)の場合にはパスワードを知らないと見ることが出来ませんが、文書の修正は誰でも出来ます。
(2)の場合には誰でも見ることが出来ますが、文書の修正は出来ません。

(1)は作成途中であったり、閲覧者を制限したい場合に使用し、(2)は通知文やマニュアルのように不特定多数に見せたいが、勝手に内容を変えられては困るものに使用するものかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報