日本語で自分のことを指す言葉は「俺」「僕」「私」など沢山ありますが、英語でならった一人称は「I」だけです
老若男女えらい人もマフィアも聖職者も全員「I」しか使わないのでしょうか

日本では「俺様」だの「わし」だの必要以上に一人称が発達してるので不思議な感じがします
ちっちゃい子も悪党も同じ「I」だと、両方「ボク」って言ってるみたいで・・・
タイも一人称が複数あることは知ってますが、世界的にみると一人称がたくさんある国の方が珍しいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語にも非常に古い文献に見られる「我・吾(わ)」「汝(な)」のような1・2人称の代名詞らしきものがあったのですが、廃れました。



今の日本語には人称代名詞はないと言えます。西洋文法との比較において人称代名詞があるようにも言われますがそれはあくまで比較の上のことです。

人を表すのに名前や役職、あだ名など名詞が使われます。いろいろなものを言い表すのにたくさんの名詞があるように、「私」「僕」「俺」「お前」「あなた」など人称代名詞のように見えるものもその場その場に応じた自分や相手を表す名詞です。状況が違えば立場も違うので呼び名がいろいろ変わります。

インドからヨーロッパに渡る広い範囲に分布した印欧系言語は大方英語のように人称代名詞があり、その種類は多くありません。しかし英語は極端に単純な部類で、多くの場合2人称は近い間柄とそうでない間柄で使い分けがあります。とはいえそれは距離感や丁寧さを表すものなのでバリエーションは多くなりません。

これは考え方の違いで、印欧系の人称代名詞は人称を表す記号に過ぎず、そこにいろいろな意味合いを込めようとしません。「馬鹿な俺」「やさしい彼」「意地悪なあなた」のように人称代名詞に形容詞をつけることは普通できません(特殊な場合を除く)。こういうものを英語などに訳すときは単語を置き換えずに言いたい内容を別の表現にするしかありません。

東洋の言語は多くは知りませんが日本語はだんとつに多い方だと思います。しかしこれを極端に自虐したり、西洋言語をよく思いすぎる必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

英語は極端に単純で日本語が極端に多いんですね
他国の人が勉強するめんどくささを考えると、日本語が世界の共通語にならなくてよかったと思いました
まあ単純だから英語が共通語になる一因となったのかもしれませんが

「印欧系の人称代名詞は人称を表す記号に過ぎず」
人を表す言葉をただの記号ととらえる考え方はなかったので文化の違いにびっくりしました

別に自虐するつもりはありませんよ
日本語の表現の多さは楽しくて好きですから
でも、もし私が日本人じゃなかったら複雑すぎて習得したいとは思えないですね・・・

お礼日時:2008/01/30 07:35

日本人は「場」を大事にする民族だそうです。


だから一人称も「場」に応じて変わるんでしょう。という話を本で読んだことがあります。

二人称は、たとえばフランス語とかスペイン語とかロシア語とか、そういう言語では「君」と「あなた」があるんですが、一人称は1つだと思います。
ロシア語は知らないけどスペイン語とフランス語は一人称は1つです。

英語の敬語というか、丁寧な表現は古代のものでなく、今もありますよ。
私は英語が上手くないのでそこまで使えませんが、丁寧になるほど直接的な物言いが減り、「間接的・婉曲的・言い回しが長く」なる感じです。
英語は日本語と違ってはっきり主張するもののように言われますが、ストレートならいいというわけでもなさそうです。
敬語の英語とか英語の敬語とかいう本が、日本でも発売されています。

http://www.amazon.co.jp/%E6%95%AC%E8%AA%9E%E3%81 …
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

英語の敬語概念は現代でも普通にあるんですか
目上を敬うことを大事に考える日本人が真っ先に習わないのはちょっと不思議な感じもしますね

ヨーロッパ圏は一人称がほとんど発達せずにアジア圏は比較的発達したようですね
人種は肌の色以上に根本的な部分から違ってるみたいですね
とある種の猿が進化して人間になり、住んでた地域で肌の色とかが変わってきたと学びましたが、こんなに根本が違うのだと白人・黒人・黄色人種は違う猿から進化したんじゃないの?とすら思えます

英語の敬語は”丁寧になるほど直接的な物言いが減り、「間接的・婉曲的・言い回しが長く」なる感じ”ですか
丁寧な言い回しほど厭味にもできるという構図は日本語も英語も変わりませんねw

お礼日時:2008/01/30 14:53

日本語というのは、相手が視点になっています。


相手にとって自分はどういう存在・立場なのかを
常に意識してコミュニケーションが成り立ってい
ます。話の相手によって自分を変えるのが社会生
活上都合がよかったわけです。
英語に代表される西欧語はその逆です。しかし、
敬語というのがないわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

「相手にとって自分はどういう存在・立場なのかを常に意識してコミュニケーションが成り立っています」
まさにそうですね
日本人の考え方の基本がまさにそうだと思います
そういう考え方だから一人称が発達して、そういう言語を使うほどよりこの考え方が深まったんでしょうか

英語の敬語は聞いたことも習ったこともなかったですね
古代英語で使ってたけど現代英語では廃れてしまった。とかでしょうか

お礼日時:2008/01/30 07:43

一人称の考え方は、英語と日本語で大きな違いがあります。


自分のことを言う場合、どんな人でも I になります。日本語では考えられないことです。横社会の象徴みたいなもので、人によって差をつけないのです。

対照的なのが日本語です。縦社会の日本では、どんな人かによって言い方が決まっていたのです。(今でもその考えが残っています)自分の言い表す言い方は信じられないくらいあります。人を独立した個人とは考えずに、どんな環境の中でその個人が存在しているかで、使う言葉も自然に決められていきました。どんな人でも I という単語で表現できる英語という言葉が羨ましいです。日本語だけを使っているときは、自分を表す言葉がたくさんあるということに疑問も持たなかったですが、英語のものの考え方を知って、歴史的な背景があるということがよく分かりました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

日本の文化に浸っていると、横社会という考え方自体が不思議な気がします
職業だって立場が上の企業と下の企業がありますし、会社の中でも上司と部下があります
普通に文化が発展したら縦社会ができそうな気がするのは間違いなんですかねぇ

私は相手が使う一人称で、その人がどういう立場に自分を置きたがってるのか見るのが結構好きなので、たくさんある日本語の方が好きです
言葉で文化が見えるのは面白いですね

お礼日時:2008/01/30 07:14

例えば、日本語で「絵を描く(えをかく)」の「かく」は英語でdrawですが「字を書く」はwriteです。

さらに言えば、核はnucleusですし、角はangleです。でも日本語ではすべて「かく」です。彼らの方からしてみればなんでそれらはすべて区別されるのに日本語では「かく」と一言ですますんや?となります。すべての言語にそういうのがあります。それぞれの国に言葉の文化や経緯がありますから自国の言語を基準に他国の言語を理解しようとすること自体ナンセンスだとオレは感じます。前に外人に「purchase」は日本語で「購入」ということを教えてあげると、そいつは「pur」の部分が「購」で「chase」の部分が「入」なのかと聞かれたことがあります。自国の言葉を基準に他国の言葉を理解しようとするとはこういうことです。

この回答への補足

誰しも自分の常識を基準に他人を見ます
日本で育ったなら日本の文化を基準に他国を見ることで、お互いの文化の違いを認識してそれが理解につながっていくと思います
それをナンセンスということがナンセンスじゃないでしょうか

そもそも質問サイトは様々な疑問を他人に答えてもらうサイトです
「君の疑問はナンセンスだな」なんて言うのは失礼ですよ

補足日時:2008/01/30 06:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の一人称がIしかない理由

日本語にはわたし・わたくし・僕・俺など色々な一人称がありますが、英語にはIしかないのは何故ですか?

Iという一人称のみで現代まで至る理由も教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

 I に限らず代名詞は、元の名詞に対して一つずつしかありません。you, (s)he, they, it …など、どちらでもいいというような曖昧さはありません。つまり英語の代名詞はただの記号とか番号ぐらいの意味しか含まれないのです。日本語が「私」「俺」「拙者」などと状況によって使い分けるのは、ただの記号ではなく、それ自体に意味があるからです。この差が日本語と英語の差であると考えてください。

 何百年も前は i という小文字でしたが、当時は印刷技術が未熟なため、他の文字とくっついてしまい、読み難かったのです。それを解決するために I と大文字で書くようになりました。一文字しかない短い単語で、意味も一つしかないので、この程度しか変化の余地がなかったのです。

Qpaycheckだのscenario myselfだの、どう訳せばいいのかわかりません。

お世話になります。

I had a serious aversion to faux leather footwear and was one paycheck away from the whole crappy scenario myself.

という文章なのですが、footwearまではわかったものの、and以下がどう訳せばいいのかさっぱりわかりません。
一応この前のところには、"I"の知り合いが、上司に昇給をしてもらえなくて、知り合いの母親が上司に文句をいいにいきかけ、大騒ぎになったという前振りがあり、"I"は、自分で会社を起ち上げた自営業者、ということなのですが、それでも上記文章の意味がわからず、訳せなくて困っています。
ご教示頂ければ幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

paycheck というのはその名の通り、給料/給与明細ですね。実は one paycheck away from というのは結構使われる言い回しで:
・More than 100 workers at the factory are just one paycheck away from poverty/bankruptcy/being homeless.
(一度でも給料が滞ってもらえなくなったら、路頭に迷うのは必至 ⇒ それくらい紙一重のギリギリの生活をしている)
、、、という意味です。

ご質問文の「I」さんは起業する前に合成皮革の靴を扱う会社で働いていた時のことを回顧しているのでしょうか、今回の知り合いの「昇給なし」という不遇をもって、「僕自身(myself)、紙一重のところで、それはもうとんでもないこと(the whole crappy scenario)になるところだったんだよ」と言って慰めている?ようですね。


ご参考までに。

Q英語の三人称単数について詳しく教えて下さい! 三人称単数だからhaveがhasになるとかよく分からな

英語の三人称単数について詳しく教えて下さい!
三人称単数だからhaveがhasになるとかよく分からないです、、

Aベストアンサー

“三単現”とは、主語が三人称で、動詞が現在形のとき、動詞に-sや-esを付けるルールのことです

「三単現」の「三」は何かと言うと、「三人称」の頭文字です。
一人称は、自分(単数)、あるいは、自分を含む複数のことです。
つまり、Iとweですね。
二人称は、話し相手一人、あるいは、話し相手複数人を指します。
つまり、youのことです。
youは「あなた(単数)」「あなたたち(複数)」のいずれの意味にもなります。
三人称は、自分や相手以外の人のことで、he(彼は)やshe(彼女は)、they(彼らは)を指します。
人だけでなく、it(それは)やthey(それらは)も三人称です。
三人称は、he、she、itが単数で、theyが複数です。

次に「現在」についてです。
英語では、likeやgoといった動詞の現在形を使って文を作るとき、動詞の末尾に-sや-esを付けることがあります。
例えば、「チョコレートが好きです」は、主語がI(私は)なら
I like chocolate.とlikeに-sは付けませんが、
主語がhe(彼は)やshe(彼女は)の場合はlikeに-sを付けて、
He <She> likes chocolate.とします。

他の例文でも見てみましょう。
「私たちは大学に通っています」は
We go to college.とgoに-esは付けませんが、
「彼は<彼女は>大学に通っています」の場合は、goに-esを付けて、
He <She> goes to college.とします。
このlikesやgoesのように、動詞の現在形に-sや-esを付けた形が「三単現」と呼ばれるものです。

語尾を少し変化させてから-sや-esを付ける動詞もあります。
例えばhaveの場合、veを-sに変えてhasとし、
cryはyをiに変えて-esを付けてcriesとします。

まとめると、「三単現」の「三」は「三人称」を、
「単」は「単数」を、「現」は「現在」を指し、
「“三単現”とは、主語がheやshe、itで、動詞が現在形のとき、動詞に-sや-esを付けるルール」のことです。

http://www.alc.co.jp/speaking/article/question/140401.html

“三単現”とは、主語が三人称で、動詞が現在形のとき、動詞に-sや-esを付けるルールのことです

「三単現」の「三」は何かと言うと、「三人称」の頭文字です。
一人称は、自分(単数)、あるいは、自分を含む複数のことです。
つまり、Iとweですね。
二人称は、話し相手一人、あるいは、話し相手複数人を指します。
つまり、youのことです。
youは「あなた(単数)」「あなたたち(複数)」のいずれの意味にもなります。
三人称は、自分や相手以外の人のことで、he(彼は)やshe(彼女は)、they(彼らは)を指しま...続きを読む

Q英語一人称の名詞

英語(ラテン語系全般?)の一人称の名詞ってありませんよね?
(「わたし」「オレ」にあたるもので、「わたし"は"」ではない)

日本語より文法が簡潔的なのに、
一人称の名詞の存在がないのが不思議です。

「I」を名詞としたなら、
I - my - me - mineが
I - I's - I - I's○○(所有代名詞はmineのほうが便利か・・・笑)
とわかりやすいかと思います。

言葉は生きてるのではっきりした答えはないかと思いますが
主観等々含めて、何か言語学的にでも理由や経緯があるんでしょうか?

Aベストアンサー

インド・ヨーロッパ系言語では、もともと名詞・代名詞の “素の形” はなく全て格形つまり日本語で言えば助詞のついた形しかありません。

ラテン語「少年」
puer, pueri, puerum, puero
少年が、少年の、少年を、少年に
古英語「石」
stan, stanes, stan, stane
石が、石の、石を、石に

共通する部分として puer-, stan- という形が見えてきて、実はこれが名詞の概念を表す部分ですが、これだけが独立して現れることはありません。語尾のない形がいくつかありますが、ここは語尾なしと考え、「ない語尾」が助詞のようになっていると考えます。初めは何らかの語尾があったのかもしれませんがより古い文献がないため不明です。

現代の英語やラテン語から変化したフランス語やイタリア語の名詞には格語尾はありません。大体において語尾がすり減り「素の部分」だけが残ったと考えていいでしょう。語尾をなくした代わりに語順や前置詞が格の働きを補っています(英語はゲルマン系というグループに属し、ラテン語は今日ロマン系と呼ばれるグループの祖になりました。ただし、英語にはラテン語からの借用語が非常に多くあります)。

名詞は全て格形といっても主格を代表とする習慣がありました。また、文の主語になっておらず、ものの名前として使うときも主格が使われました。主格という意味の nominative とは nomen「名前」というラテン語が語源で直訳すれば「名格」とでもすべきものです。

格形を失った今は名詞はものや人を表すそのものと、文法的関係は語順や前置詞でと感じるのが自然です。名詞が格を表すものを失った以上、格のようなものは名詞以外の部分で感じるものです(それを格と呼んでいいのかは疑問ですが)。

ところがインド・ヨーロッパ系言語の人称代名詞は不思議なものです。
今現在、名詞の格語尾変化が7つほどあるものからフランス語のようにないもの、英語のように無語尾と所有格しかないものなどいろいろありますが、人称代名詞だけは最低でも主格と目的格はあり、名詞のように格変化を欠くものはありません。中には英語の you フランス語の vous のように例外的に主格と目的格が同じになったケースもありますが、多くは異なっています。

人称代名詞は大抵古くから使われているものであり、頻繁に使われるがゆえに、格の数が減ったり多少形が変わったとしても形をとどめやすいこと、また一部の人称代名詞では

古英語一人称単数→現代英語
ic, mec, me → I, me, (me)
ラテン語一人称単数→現代フランス語
ego, me, mihi → je, me, (me)
(いずれも 主格・直接目的格・間接目的格 の順)

と格形に違いがありすぎてすり減ったくらいでは同じにならないケースもあります。ことに一人称単数はインド・ヨーロッパ系言語のほぼ全てで主格とそれ以外の形が大きく変わっています(これは別語源と考えられている)。

英語の you, it フランス語の nous, vous (=we, you複数) のように格変化のないものも結果的にできて不都合なく使われているわけですから、現実に人称代名詞だけが格変化を保存しているとしても、人称代名詞には格変化が絶対必要とは言えないわけです(人称代名詞の所有格は特別な形容詞のようなものなので外してあります。古代の言語から現代語まで人称代名詞の「属格(名詞では所有を表す)」が所有を表すケースは少なく、所有には所有形容詞あるいは所有代名詞が用いられます)。

インド・ヨーロッパ系言語では、もともと名詞・代名詞の “素の形” はなく全て格形つまり日本語で言えば助詞のついた形しかありません。

ラテン語「少年」
puer, pueri, puerum, puero
少年が、少年の、少年を、少年に
古英語「石」
stan, stanes, stan, stane
石が、石の、石を、石に

共通する部分として puer-, stan- という形が見えてきて、実はこれが名詞の概念を表す部分ですが、これだけが独立して現れることはありません。語尾のない形がいくつかありますが、ここは語尾なしと考え、「ない語尾」...続きを読む

Q一人称の否定疑問文

このような文章なんですが・・
Am i not much taller than A.
私はAよりずっと背が高くないですか?ですか?
答えが、NO you aren'tだと、
はい。あなたの方がずっと背が高くないです。ですか?
でもこれだと全体のストーリーからして反対になっちゃって
おかしいんです(><)やっぱり間違えていますか?

Aベストアンサー

こんにちは。12/9のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<私はAよりずっと背が高くないですか?ですか?>

少し違います。

1.このmuchを=soに置き換えてみるとわかりやすいでしょう。

2.Not~much、not~soで「そんなに~ない」という訳出になります。

3.従ってこの英文の訳は
「私は、Aほど背が高くはないですか?」
=「私って、Aほど背丈はない?」
となりmす。


ご質問2:
<答えが、NO you aren'tだと、はい。あなたの方がずっと背が高くないです。ですか?>

その通りです。

1.否定疑問に答える際、まず何と答えたいのかを考えます。

2.「背が高い」のか「背が高くないのか」。ここでは「背が高くない」と答えたいわけですから、この部分の英訳はyou aren’t (taller than A)となります。

3.日本語は「はい」「いいえ」に関わらず、答えの部分がaren’tと否定文になっていれば、Noになります。Yes+aren’tの形はありません。

4.ここでは、否定疑問を受けていますから、Noは否定疑問を肯定する受け答えなので、「はい」と訳します。話法によっては「いいえ、高くないです」という訳も可能です。

5.答えの部分は、
you aren’t (much taller than A)
の( )の部分が省略された形ですから、その部分の特にmuchの部分をもう一度訳出した方が、しっかり確認する答えになります。
例:
「ええ、それほどは」

5.従って、ご質問文全体の意味は
「私って、Aほど背が高くないですか?」
「ええ、それほど高くないです」
となります。


以上ご参考までに。
今年も英語の上達目指して頑張って下さい。

こんにちは。12/9のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<私はAよりずっと背が高くないですか?ですか?>

少し違います。

1.このmuchを=soに置き換えてみるとわかりやすいでしょう。

2.Not~much、not~soで「そんなに~ない」という訳出になります。

3.従ってこの英文の訳は
「私は、Aほど背が高くはないですか?」
=「私って、Aほど背丈はない?」
となりmす。


ご質問2:
<答えが、NO you aren'tだと、はい。あなたの方がずっと背が高くない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報