近年、良質の国内産ワラを確保することが問題になっていますよね。
そこで、わらを採るための専用のイネとかってあるのですか?
ありましたら、その品種名、品種特性などを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 有ります。


 長粒種の米を使っています。
 確かキリン(ビールメーカー)とか種苗メーカーも出していたと思います。
 西日本(特に南九州)地方の転作田で飼料用稲として栽培しています。
 種の情報については直接種苗メーカーに問い合わせれば良いでしょう。
 また飼料用稲の統計的な情報等については農林水産省に問い合わせれば良いと思いますが。
 
 
    • good
    • 0

 陸稲はとても稈長が長く、ワラも多く取れます。

だからと言ってワラ欲しさに作る人はいないんじゃないかと思います。
    • good
    • 0

わらの使用目的で違うと思いますが、ふつう、わらを目的に稲を植えていないから、今の日本ではコシヒカリなどがそのままわらになっているでしょう。


 しかし、コシヒカリを作るような人は、たいていコンバインですかね。

 注連縄につかうわらは、夏のうちに青刈りして乾燥させるので、食用の稲と同じである必要はありません。種苗会社からブランド種を買うと高いので、安い品種で作っているのではないですか。(去年の籾ののこりでもいい)

 減反で、申告以外の稲を植えていると、県の役人が来てクレームをつけるので、「これは注連縄用だ。疑うのなら穂が出る時期にまた来い」と、おじいちゃんが怒っていたことがあります。
    • good
    • 0

 ワラ細工用でしたら昔から「餅米」のワラが使われています。


 
 ワラの繊維が丈夫で柔らかく草履、草鞋にした場合、足に優しく鼻緒が擦れないばかりか、6~8時間は十分履けるのです。



 
    • good
    • 0

ご存じかと思われますが、「飼料イネ」と云われる、ホールクロップサイレージで牛のエサにすることを目的とした稲はあります。

(『ハマサリ』等)
専用の収穫期も開発され、あちこちの国・県の試験場で研究されており、実演会も各地で(関東と九州が多いようですが)実施されています。
ご質問は「わらの確保」ということですが、稲わらはあくまで米の副産物なので、わらのために稲を栽培することは、コストなど考えても難しいのではないでしょうか。
もし、牛のエサにご利用になるのであれば、「飼料イネ」で検索されれば、いろいろな情報がヒットすると思います。
的確な回答でなくすみません。
    • good
    • 0

多分ないと思います。

うちは米をつくっていますが聞いたことないです。
コンバインの普及で米の収穫時にワラは裁断されしまうので手に入り
にくいとおもいます。
良質のワラは刈り取り後、天日で乾燥させたものですよね?
こんなに手間をかけて米をつくる人は少なくなりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイネ科に見えて、実はイネ科ではないものってありますか?

イネ科の植物を探していて、色々調べたところ、
身近にたくさんあることがわかりました。

実際、イネ科の植物を採取しようとしたら、
色々な植物がイネ科に見えてしまいました。

オリズルランとかは、葉が細長くてもイネ科でなないことは
勿論わかりますが、
葉が長く尖っていて、イネ科に似ているけど
実はイネ科ではないという植物は、ありますか?
教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

科レベルで似ているものといえば、ホシクサ科、イグサ科、カヤツリグサ科はイネ科によく似ています。

多すぎて種名を書ききれないので、図鑑をみてください。

タケやササの仲間はイネ科にする場合もありますが、別に分ける場合もあります。その場合、イネ科によく似ているといえます。

Q一代雑種品種(F1品種)の採種方法

一代雑種品種は自然には採種できないですよね。
種苗会社はどのように採種しているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本は種を取りたい方のオシベの葯が割れて、花粉が出てくる前に、一個ずつの花の花弁を手作業で切り取り、オシベの葯を取り除きます。
この状態で受粉できる植物ならメシベに相手の花粉をつけます。
メシベの成熟がまだの植物なら、虫などが入らないように紙などで覆い、日をあらめて受粉作業を行います。
だけど、この方法ですとすごく手間が掛かりますし、量産には向きません。
特に一つの莢に多く種のが入らない植物、例えばマメ科や、花が小さく集合体のキク科などには向いていません。

実際に利用されるのは、自家不和合の性質を使うことが多いようです。
これですと両親を並べて植えることで、ハチなどの昆虫に任せて交配することができます。
不和合性を見てください。
http://www.takii.co.jp/glossary/hu.html#34

最近は雄性不稔を使う事があります。
雄性不稔は自然界にも一部存在したり、突然変異で出来る事がありますし、近年ではバイオテクノロジーで作ることもあります。
http://www.takii.co.jp/glossary/yu.html
雄性不稔で有名なものは、お米で「奇跡の稲」と言われた、IR8などの品種の基礎となりました。

日本では土地が狭く、採種用の畑の間隔が取りにくいので、交雑がおこりやすいので、アメリカなどに委託している事が多いようです。

以前テレビで放送していたものでは、トウモロコシの採種で、両親を2列ずつ交互に並べて植え、実を取る方の雄花が出はじめると、機械でそれを刈り取り、残った物は、人が一本一本抜き取っていました。

参考URL:http://www.saitama-j.or.jp/~tanet/hanashi/F1or_3.html

基本は種を取りたい方のオシベの葯が割れて、花粉が出てくる前に、一個ずつの花の花弁を手作業で切り取り、オシベの葯を取り除きます。
この状態で受粉できる植物ならメシベに相手の花粉をつけます。
メシベの成熟がまだの植物なら、虫などが入らないように紙などで覆い、日をあらめて受粉作業を行います。
だけど、この方法ですとすごく手間が掛かりますし、量産には向きません。
特に一つの莢に多く種のが入らない植物、例えばマメ科や、花が小さく集合体のキク科などには向いていません。

実際に利用さ...続きを読む

Q【植物の化石】関西では白川峠で植物の化石が採れるところまでは分かりましたが白川峠のどこで採れるのでし

【植物の化石】関西では白川峠で植物の化石が採れるところまでは分かりましたが白川峠のどこで採れるのでしょうか?

googleMapで白川峠と検索すると住宅街なんですけど。

Aベストアンサー

Googleで画像検索、キーワード:神戸 白川峠 化石 で行って
出てきた画像をたどっていくと趣味が化石採集などの方がおられます。
その方なら事情に詳しいと思いますが、直接のURLは書きません。

Qイネ黄化萎縮病

今、植物病理の勉強をしていますが手元の資料(某公務員受験向け出版社のもの)にイネ黄化萎縮病の病原が鞭毛菌(水媒伝染)と書いてあるページとマイコプラズマ様微生物(ツマグロヨコバイが媒介)と書いてあるページがありどっちが本当か困っています。イネ黄化萎縮病の病原、感染経路など正確にわかる方教えてください。

Aベストアンサー

イネ黄化萎縮病の病原が鞭毛菌→正解

マイコプラズマ様微生物(ツマグロヨコバイが媒介)→黄萎病または萎縮病

見分け方
http://www.nasuclub.co.jp/tenteki/sindan/rice-byouki.htm

イネ黄化萎縮病の病原・感染経路
専門的なので有益な情報は一般HPからは見つけられず。
(会員制のサイトには詳しく載っているのがあるのですが)
他の水媒伝染の病害(鞭毛)と同じです。

Qイネの養分の利用の仕方について

イネは、光合成によって作られた養分を季節によって異なる器官へ分配し、利用しているらしいんですが、下の文章で間違っているのはどこなのですか?

春...前年に作られ種子内にたくわえられたタンパク質を主に利用して発芽する

秋...受精でできた種子内の子葉にデンプンをたくわえる

冬...種子内の栄養分を脂肪に変えて、春に備える

Aベストアンサー

間違いを正して文章にするのか、ここが間違っているぞと指摘するための文なのか判りませんが・・・

春・・・タンパク質の部分。で良いのかな、それとも、タンパク質も利用して、と訂正すればいいのかな。

秋・・・子葉にでんぷんをの部分。でんぷんを蓄える場所を特定すれば良いのか、それ以外の文にすることを求めているのか。

冬・・・変えて、の部分かな。休眠中は養分の変化は極力しないようにと言う文にすればいいのかな。

>>イネは、光合成によって作られた養分を季節によって異なる器官へ分配し、利用しているらしいんですが

この文が一番間違っているように思いますが、質問文への突っ込みはナシかな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報