階段を上がった2階の壁を腰壁にするのですが、高さの制限はありますか?ベランダは1100mmですよね。
900mm~1000mmで考えています。大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

2階建ての個人住宅程度の建物ならバルコニーの手すり高さは1,100mmでなくてもいいそうです。


(恥ずかしながら、建築主事の方の自宅を設計したときに教えてもらってはじめて知ったのですが・・・)

確認申請で1,100mmと記入するように指導されていましたから、てっきり基準法で決められていると
思っていましたがどうやら行政指導のようです。

それ以降は900mmで設計することもありますが、私の地域では問題になったことはありません。

pppnoooさんも一応役所で確認されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>2階建ての個人住宅程度の建物ならバルコニーの手すり高さは1,100mmでなくてもいいそうです。
そうなんですか。参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/01 11:26

126条は2階以上のバルコニーも1100ですね。

ですから、転落防止とする時は1100で設計しますね。
室内の手摺の時は、高すぎると感じるので施主に了承を得て900~1000にします。どんなに高くしても子供が台を使って上ったり、ふざけて上って歩けば危険な事にかわりまりません。あとは、使い方の問題です。
    • good
    • 0

あくまでも建築基準法の範囲内での回答です。

また、それぞれの行政庁によっても扱いが異なるので事前確認が必要です。
建築基準法施行令126条(屋上広場)で、階数が3以上であれば原則1100mmが要求されます(同条では2階といっていますが、この条文の適用範囲は3階建以上の建物です。同令115条)。ですので、まず建物全体の規模がわかりませんと、1100mm必要かどうかの判断が出来ません。また、この条文ではあくまでも屋外の転落防止を謳っているので、屋内の階段への適用については意見の分かれるところですが、一般的には避難経路に相当する部分には1100mmを要求します(防火避難規定解説(国土交通省監修))。
従って、2階建てなのであれば法律上は設置義務なし、3階建て以上かつ避難上の階段であるのならば1100必要となります。
まずは、建物の規模・面積・階数などと簡単なプランを明確にした上で、役所に問い合わせたらよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
規模は2階建て一般住宅です。
では、基準法的には制限はないと言う事ですね。

お礼日時:2008/02/01 11:21

補足につきお答えします。

(訂正)
二階腰壁を手摺のような使い方をする場合は、安全上1100mmとしなくてはいけません。
腰壁の上にさらに壁があるような、見切り縁が付くような壁の場合は、1200mm以下となっています。
質問文からはどちらが該当するのかわかりませんので、上の回答から判断して下さい。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/01 11:18

補足につきお答えします。


二階腰壁を手摺のような使い方をする場合は、1100mm以下としなくてはいけません。
腰壁の上にさらに壁があるような、見切り縁が付くような壁の場合は、1200mm以下となっています。
質問文からはどちらが該当するのかわかりませんので、上の回答から判断して下さい。
ご参考まで
    • good
    • 0

とうぜん1100mmですよね。


ご参考まで

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
とうぜん1100mmというのは2階の腰壁の事ですね。

補足日時:2008/01/31 17:02
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家のリフォーム番組で見かけるのですが、リビングから2階への階段で壁と言

家のリフォーム番組で見かけるのですが、リビングから2階への階段で壁と言うか仕切りと言うかが無い家が目立ちます。玄関から階段を上がって扉なしにリビングだったりします。大きめの部屋に棚などで仕切りをしていくつもの部屋を作っても、棚の上方が天井に届いていないために空間が繋がっていたりします。床暖房が無い家もたくさんありました。
デザイン的には立派だと思うのですが、冷房や暖房などの空調に関してはどうなのですか?
冬などはリビングでファンヒーターをつけても階段を通して2階の廊下とも繋がってしまっているので、十分にリビングが暖まるのか疑問です。また空調で使う燃料費も心配になります。空調のことを考えればしっかりした仕切りが必要だと思うのですが・・・・・。
そのようなデザイン重視の家は空調関係はいかがなものなのですか?

Aベストアンサー

空調といっても換気と冷房・暖房とは考え方を別にした方が良いと思います。
換気の面では小さく間仕切ることで空気が動きづらいデッドエアーといえるような部分ができやすくなります。例えば、大きな部屋では南と北の窓を開けるだけで部屋の空気が動きますね。小さく間仕切りするとそうは簡単にいきません。

暖房という点ではどうしても吹き抜けなどを通って暖気は上に上がります。なにがしか気流を作ってやれば改善すると思いますが。
寒冷地で生活している実感としては、暖房、冷房のランニングコスト面のから言えば間仕切りして個々に独立した部屋にした方が有利ですね。反面、間仕切りが少なければ家中どこでも温度差の少ない暮らしになります。

間仕切りした部屋では、プライベートが確保しやすいのは当然ですが、空調ということに関しては、個々の部屋に暖房機なりエアコンなりが必要になるのでイニシヤルコストが高くなるが、故障等があってもダメージが少ないです。
廊下・壁など多少なりとも無駄と思えるスペースができてしまうが、間仕切り壁内に筋違いなどを入れられるので耐震性が確保しやすい。

大きな部屋には何と言っても開放感がありますね。例えば出入りなどでドアを開けても急激な温度変化がなくなります。一般に温度変化が少なく体への負担が少ないと言われることもあるようですが、健康のためにはある程度温度差があったほうが、体がそれに対応しようとして活動するので良い、という説もあるようです。
ツーバイでは構造上、大きな間取りができない制約があるようですが、在来では梁などが大きくすることで対応できます。また、それを逆手にとって、火打ちを現しにしたりといったデザイン上の有利さは大きいと思います。

今時の北方住宅は断熱がしっかりしてますから、以前ほど床暖房は採用されなくなったと思います。大きな部屋では立ち上がりにどうしても時間がかかりますが、暖房の効きが悪いということではないと思います。
ただ、体調や個人差によっても快適に感じる温度は違うので、ひとつの部屋の温度があなたにとっては寒く感じるのに、奥さんには暑く感じることもあるでしょう。大きな部屋では当然、気積も大きくなるので、冷房、・暖房が効いてくるまでの時間は余計にかかります。素早く、細かな温度調整はしづらいというのは知っておくべきです。

もうひとつ、実用という点から考えてみてほしいと思います。
ひとつは防火というか耐火性です。大まかな間取り、大きな吹き抜けはそれだけで火が燃え広がってしまう可能性が高いです。反面、間仕切りした部屋にいると火災に気が付きづらく逃げ遅れてしまう可能性もあります。
もうひとつ、大きな部屋は何物にも替え難い(特に借家やマンションでは望むべくも無い開放感と安らぎがえられます。その代わり、自分ひとりの空間というものは確保しづらいです。
たとえば年頃の娘さんがいて、リビングから丸見えのオープン階段だったらどうでしょう?来客時なんかだと下からも丸見えなので、家具の置き場に相当気を使わなければならないかもしれません。

と言って >階段を通して2階の廊下とも繋がってしまっているので・・・ となると階段室に間仕切りドアをつけ、2階とは一応縁を切っておくこともできますが、それは使い勝手として煩わしいのでは?

私としてはリビングはできるだけ開放感のある造りにとし、下記のようなことも考えておけば、冷暖房の燃料費はそんなに気になるレベルまでいかないと思います。
勿論、しっかりした断熱と、気密性の確保は当然確保されていなければなりません。

吹き抜けはあってもシーリングファンを付けるとか、サーキュレーターで気流を攪拌できるようにしておく。
将来、子供が独立すると子供部屋は基本的に空き部屋になりますので、自分達の老後も合わせ、それを前提とした暖房を考える。勿論、建物の規模、予算などにもよりますが、夫婦二人だけなら2階に上がらなくても済む間取りにする。
例えば、トイレ・風呂・台所などの水周り、居間と主寝室は1階とする。
吹き抜けの上部は2階廊下などに解放されていても良いが、将来建具等で塞ぐことができるようにしておく。階段をオープンとする場合でも、踊り場の先に簡易的な間仕切りを置けるような構造にしておく。
2階の各部屋は間仕切ることを前提に、空調等は1階とは経路を分け、単独で停止できるようにしておく。
本州の民家等によくあるような、玄関ドアを開けたらいきなり居間に続く廊下とかいうんじゃなく、玄関内側でもう一度ドアや引き戸で間仕切るり、直接外気が屋内に入ってこないようにする。

私の主観が強すぎましたか?ま、参考までに。

空調といっても換気と冷房・暖房とは考え方を別にした方が良いと思います。
換気の面では小さく間仕切ることで空気が動きづらいデッドエアーといえるような部分ができやすくなります。例えば、大きな部屋では南と北の窓を開けるだけで部屋の空気が動きますね。小さく間仕切りするとそうは簡単にいきません。

暖房という点ではどうしても吹き抜けなどを通って暖気は上に上がります。なにがしか気流を作ってやれば改善すると思いますが。
寒冷地で生活している実感としては、暖房、冷房のランニングコスト面のから...続きを読む

Q一戸建ての2階より1階天井への水漏れを起こしました。1階の天井、壁の調査費で8万円は妥当でしょうか

一戸建ての2階より1階天井への水漏れを起こしました。1階の天井、壁の調査費(補修費含)で80000円は妥当でしょうか。

私は少し高すぎると思っているのですが。。

また天井内部が思っていらよりも被害が無かったため、結局壁は穴を開けるなど調査はいたしませんでした。
その場合、見積もりに天井・壁調査費の当初あった80000万は壁分値引かれないのでしょうか。

まだ支払い前なので交渉の余地があるかと、質問させていただきました。

またこちらは確認のようなものですが、天井クロスの張替えは6帖ですと15000円くらいですよね?(材料にもよるかとは思いますが)
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

妥当でしょう

安いところなら、その半値でやってくれるところもあるでしょうが
調査・補修費用込みで8万円なら問題ないと思います

壁には何も手をつけなかったのであれば少しは安くしてもらえるかと思います
交渉しても良いと思いますよ

Q階段の1階と2階の間に巾木??

木工事がそろそろ終わろうとしています。

気になる点があります。
タイトル通り、階段の位1階と2階の間(梁のある部分)に、巾木??見たいな白い木がつくそうです。
理由は、半年くらい経つと、梁が暴れて、クロスが切れるのを防ぐためだそうです。

我が家のクロスは、少し黄身がかかったような色なので、白の木は目立つ気がします(塗装してもらえばよいのかもしれませんが)。それに無い方が、すっきり、照明もきれいに見えると思います。が、クロスが切れてしまうのも・・・

”嫌ならば、つけませんけれど、クロスの事は、承知しておいて下さい”との事ですが、一般的には、つけるものなのでしょうか? 
ちなみに、主人の実家には付いていませんが、クロスも切れていません。

Aベストアンサー

家によっては水平剛性がいい家もあり、階段や吹抜があってもあまりクロスのねじれが発生しないところあります。いろんな家をみた中で3割くらいでしょうか。

つまり、クロスの切れなどが発生するところとしないところがあるのですが、その見切りは入れない業者がほとんどです。でも、いれるほうが良心的だとおもいます。
”嫌ならば、つけませんけれど、クロスの事は、承知しておいて下さい”
まさにそのとおりです。

クロスは10~15年で張り替えるので別にいいわという方もいますし、1年もしないうちにねじれがでてショックを受けるかたもいます。
それで、貼りなおせとか耐震に不信を感じるとか言われても、ちゃんと設計しても風で建物は揺れるますのでクロスが切れることはあります。
理解してくれないお客様のクレームを防ぐために入れる材料です。

2階の床が剛床でないなら入れておいたほうがいいとはおもいますが、デザイン上というならば強く推し進めるほどのものでもありません。

Q910mmと900mmのピッチ差について

現在、念願のマイホームを夢見て色々と活動しているのですが、教えて頂きたいことがありまして書き込みさせて頂いております。

話をさせて頂いている建築士の方に大幅なプランの変更をお願いした際に、910mm→900mmにピッチを変更してこられまして、大枠に変更はなく気にするほどではないですよ。と言って頂いたのですが、この違いが大きく何を意味するのか判らなくてどうしたらいいものか。また910mm表記のほうが10mmの差とはいえ馴染みがありますので余計に気になってしまっています。

900mmにしても図面上の面積は減らないようなので(○畳という表記)なんだか混乱しております。壁の厚さと関係したりするのでしょうか?

900mm、910mmの違いについて教えていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 いまだに、尺、間、寸で寸法を取っている家が多いですよね。その分なじみがあるという事でしょうか。910mmは三尺(一尺は約303mm)で、これだと例えば八畳は柱芯で3640mm×3640mmという事。900ピッチだと3600mm×3600mmになりますね。あとは壁の厚みがどうなるかで、部屋の内寸もまた違ってきますが。畳は各サイズに合わせてありますので、面積の違いはあくまでも寸法で見て下さい。

Q洗面台の間口(750mm or 900mm)と収納キャビネット

現在設計中です。
洗面台を決めなければなりません。広さは洗面所兼脱衣所で一坪。洗濯機も置きます。風呂場の入口の関係で洗面台と洗濯機を並べて置く以外に方法がありません。

洗濯機を置いて余るスペースは約1000mmです。洗面台を900mmのものにするか、洗面台を750mmにして250mmの収納キャビネットを置くかで迷っています。洗面所にはタオル類を収納したいと思っています。
750mmだと狭いのかな~と思うのですが、結局洗面ボウルの大きさは変わらないので大して気にならない?洗面台と洗濯機の間に背の高いキャビネットが入ると狭くるしくなる?(幅250mmなので細ながいものになります)等気になっております。
キャビネットをいれない場合は洗濯機の上に開き戸のキャビネットを設置して、そこにタオルバーというものを設置しようかと思ってます。こちらについても使用されている方がいらっしゃればアドバイスを伺いたいです。

ちなみに洗面台はTOTOのNEWコンポーネント・J(スタンダードシリーズ)かINAXのエルシィで考えています。

よろしくお願いします。

現在設計中です。
洗面台を決めなければなりません。広さは洗面所兼脱衣所で一坪。洗濯機も置きます。風呂場の入口の関係で洗面台と洗濯機を並べて置く以外に方法がありません。

洗濯機を置いて余るスペースは約1000mmです。洗面台を900mmのものにするか、洗面台を750mmにして250mmの収納キャビネットを置くかで迷っています。洗面所にはタオル類を収納したいと思っています。
750mmだと狭いのかな~と思うのですが、結局洗面ボウルの大きさは変わらないので大して気にならない?洗面台と洗濯機の間に背の高...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言うと750の方が良いと思います。当店で同様なケースの場合、洗濯機とのスキマ250mmに引き出し式の収納を設置しました。洗濯機や洗面台のフロアキャビネットのH800くらいまでがデッドスペースとなるので引き出し式にしました。当店のホームページのビフォー・アフター写真館の水廻りのコーナーに施工例があります。

参考URL:http:/smileplaza.web9.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報