1. リビングに吹抜けを設けて採光計算に入れたいのですが、その場合2Fは廊下ですが、その2F廊下部分も入れて1/7の計算になるのでしょうか?
2. ロフトを作ろうと思っています。その場合天井高さは1,400mm以下にしないと3階建てになってしまいますよね。ロフトの下は物入れで、H=2,000にしようと思っています。

建築を離れて長いので忘れてしまいました。どなたか教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに2室1室で採光を考えると、Wa*k≧1/7*(sa+sb)


ですが、今回の場合は違いますよね。
No.3の方のほうが正解でしょう。

リビングと廊下、及び窓の位置関係はどうなんでしょうか。
南面に吹き抜けがあって、廊下は吹き抜けの南以外の辺、というのが一般的でしょうか。
そうであれば、南面の壁に設けられた窓は、全てリビングの採光上有効な窓となります。(高さが1階のレベルでも2階のレベルでも)
その場合の必要とされる開口面積算定に用いる居室面積は、リビングの面積で可であり、リビング+廊下の面積でなくて構いません。

南面に吹き抜けがあって、その壁沿いに廊下が有る(空中歩廊のような、ほとんど無いパターンと思いますが)、だとすると少しややこしいかな。
2階レベルの窓はリビングの窓なのか、廊下の窓なのか、意地の悪い建築主事なら「廊下の窓であり、リビングの採光上有効とはみなさない」なんて言う危険性が無いでは有りませんが、ま、先のパターンと一緒でOKと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすい説明ありがとうございます。
「南面に吹き抜けがあって、その壁沿いに廊下が有る」
これも考えの1つなのですが、その場合は申請機関に問い合わせてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/03 09:44

採光条件は、居室の床面積に対しての計算です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございます。
心置きなく計算できます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/03 09:47

追補にお答えします。


そのとおりです。
素敵なお家を設計してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.3、No.4の方と考え方が違っているようなので1度申請機関に確認してみます。
丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/03 09:51

はじめまして!


北国の設計屋さんです。
参考法令
建築基準法第28条1項
同施行令第20条1項
平成15.3.28国土交通省告示303号
1.採光計算をしようとしている部屋は、リビングでしょうか?
  それともリビングに隣接した部屋でしょうか?
  リビングの場合
  検討式Wa*k≧1/7*(sa+sb)
  wa=開口部面積 k=採光補正係数 sa=リビング部屋面積 sb=隣接部屋面積
  隣接の部屋の場合
  wb≧1/7*sb
  wb=仕切り開口部面積
2.階数に算入しない場合
  最高の内法天井高さが1.4m以下
  水平投影面積が該当階の床面積の1/2以下であること。
ご参考まで

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
1. 採光計算したいのはリビングです。
この計算式によるとsb=隣接部屋面積がプラスされているということは、
2Fの廊下も計算に入れないとダメということですよね。
2. 納得しました。ありがとうございます。

補足日時:2007/04/02 16:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複数用途地域にまたがっている土地重説の建蔽、容積率

用途地域が3つにまたがっている土地の重説では、
建蔽率と容積率はどのように表現すればよいでしょうか?

道路境界から15mまでは近隣商業、そこから30mが第1種住居、それ以降は第1種低層という土地なのですが、
建蔽率と容積率は按分して出さないといけないと思うのですが、
地形が整形でないので自分で出すことができません。
この場合はどのように表現すればよいのか教えていただけますでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実測図、なければ公図を元に定規で計測して

「おおよそ○○%になります。正確な数値は
諸機関の判断によります。」

でいいのでは?

Q2Fリビング・勾配天井・小屋根裏ロフトの断熱方法

はじめまして。

12月に大手HMと契約をして3月以降に着工予定のものです。
既に契約したのですが、家の断熱性能に対して不安になってきました。
是非皆様のお知恵を拝借したく思います。

現在のプランは、
・長期優良住宅対応 (次世代省エネ基準)
・建築面積は約30坪
・木造在来工法2階建て
・2階にリビングでリビング上部は勾配天井(最大4m)
・2階のダイニング上部に小屋根裏ロフト(6畳程度)
・1F、2F、屋根裏の階段に仕切りなし
・2階はトイレ以外仕切りなし
・神奈川県北部(IV地域)
です。

現在の断熱方法は、
・内断熱
・窓は全てLOW-E遮熱ガラス
・サッシは樹脂複合アルミサッシ
・壁は16k/105mmの高性能GW
・1F床は65mmの発表樹脂素材
・屋根直下天井と1F天井が10k/100mmのGW (←ここが不十分かと)
・屋根はカラーベスト
・第3種換気/ロフトにも換気口あり
となっています。

ロフトは冬服や季節モノなどの収納用途として考えています。


この状態だと、夏場は小屋根裏ロフトに熱がこもり、2Fリビングまで熱が伝わり、非常に熱くなるのではないかと恐れているのですが、どうなんでしょうか。

・屋根直下天井の断熱材を高密度にする
・屋根直下天井の断熱材を二枚重ねにする
・屋根と天井の間に遮熱材を入れる
・屋根材を遮熱タイプにする

などなど、色々考えているのですが、どれが良いのかわかりません。
もちろん設計担当者とも相談予定ですが、是非アドバイスいただけると助かります。(長くてすみません)

はじめまして。

12月に大手HMと契約をして3月以降に着工予定のものです。
既に契約したのですが、家の断熱性能に対して不安になってきました。
是非皆様のお知恵を拝借したく思います。

現在のプランは、
・長期優良住宅対応 (次世代省エネ基準)
・建築面積は約30坪
・木造在来工法2階建て
・2階にリビングでリビング上部は勾配天井(最大4m)
・2階のダイニング上部に小屋根裏ロフト(6畳程度)
・1F、2F、屋根裏の階段に仕切りなし
・2階はトイレ以外仕切りなし
・神奈川県北部(IV地域)...続きを読む

Aベストアンサー

たびたび申し訳ありません。
拙宅では2F天井(勾配天井ではなく水平な天井で普通に小屋裏空間があります。)に合計200mmの高性能16Kグラスウールを既存のロックウール55mmの上にDIYで敷き、2階の夏の暑さ対策としては相当効果がありましたが、それでも2階の方が暑いですね。

・2階にリビングでリビング上部は勾配天井(最大4m)
・2階のダイニング上部に小屋根裏ロフト(6畳程度)
よく読み返して前よりイメージがつかめたような気がします。
リビング上部の勾配天井が熱く感じられると思います。
ダイニング上部はロフトと荷物が断熱材代わりになるので(当然荷物が熱くなると思います→困りますよね)、直接熱はダイニングには伝わらないですが、室内に熱が流入していることには変わりないので、エアコンは効きにくいでしょうね。

・第3種換気/ロフトにも換気口あり
第3種換気の排気はトイレや洗面所でしょうか?同じ部屋に換気扇が付いてないと、経験上換気口は全くといっていいほど意味がありません。
コンロの換気扇を24時間対応のものにするか、前の回答で言ったような換気扇を付けるかすると、多少はロフトの換気口から外気は入るでしょう。ただし、熱を下げるほどの外気はとても期待できません。

2Fがある部分の1Fの天井のグラスウールの厚みはさほど気にしなくてもいいような気がします。(100mmあれば十分であるかと。)
ただ、次世代って、居室と居室の間や、居室と廊下の間などにも断熱材を入れるのではなかったでしたっけ?記憶が定かではないですが。。。

断熱に気を付けておられるようなので、蛇足ですが、
・洗面所のヒートショックを防ぐために、電気ストーブ用のコンセントがあるとよいです。電気ストーブ専用のブレーカー、洗濯乾燥機のコンセント専用のブレーカーをそれぞれ設けて、洗面所の一般回路と別にするとよいです。こうすると、電気ストーブ、乾燥機、ヘアドライヤーを同時に使用することが可能となります。
・浴槽は断熱タイプがガス代の節約になり、断然おすすめです。

家造りはやることが多く大変ですが、この建築・リフォームのカテゴリーで「こうすればよかった」とかご自身の興味のあるキーワードを含むQ&Aを正月休みに眺められて、先人の失敗を生かした(轍を踏まない)仕様にされたらよいのではないでしょうか。施主はこれくらいのことしかできませんし。。。
あと、設備のメーカーが分かれば、そのメーカーのショールームに行ってこんな仕様にしようと思っていますなどという話しをしてみると、よりよい方法やオプションが見つかったりもします。
私は設備、断熱、電気関係にこだわっていました。熱心だった1年半くらい前はその関係でよく懲りもせず回答していましたので、もしご興味があるようでしたらご笑覧ください。

よい家を建てられることを祈念しております。

たびたび申し訳ありません。
拙宅では2F天井(勾配天井ではなく水平な天井で普通に小屋裏空間があります。)に合計200mmの高性能16Kグラスウールを既存のロックウール55mmの上にDIYで敷き、2階の夏の暑さ対策としては相当効果がありましたが、それでも2階の方が暑いですね。

・2階にリビングでリビング上部は勾配天井(最大4m)
・2階のダイニング上部に小屋根裏ロフト(6畳程度)
よく読み返して前よりイメージがつかめたような気がします。
リビング上部の勾配天井が熱く感じられると思います...続きを読む

Q用途地域未指定地域

建築基準法では、用途地域ごとに都市計画法で定められた容積率によって規制され、用途地域未指定地域では、特定行政庁が定めた容積率によって規制されるそうですが、この場合の用途地域未指定区域とは、都市計画区域(又は準都市計画区域)以外をも含むのでしょうか?

Aベストアンサー

用途地域未指定地域は、すべて都市計画区域内です。
ご参考まで

Q吹抜けに設けるキャットウォークについて

住宅の吹抜け部分の隅に幅600程度のキャットウォークを考えています。

片一方からのみの出入りのみでつながらないようにしています。

その通りには窓があり、反対は吹抜けです。この場合、床面積に含まれるのでしょうか?

詳しい方がいましたら、参考にさせていただきたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャットウォークのたぐいは床面積には含まれません。
根拠は、建築基準法に関する旧建設省(現国土交通省)の省令(建設省住指発第115号)です。
下記PDF内に
「(13) 体育館等のギャラリー等
原則として、床面積に算入する。ただし、保守点検等一時的な使用を目的にしている場合には、床面積に算入しない。」
とあります。
http://www.iuk.co.jp/pdf/10_18.pdf

キャットウォークというのは、この「保守点検等一時的な使用を目的にしている」ものと解釈されますので、床面積に入れないのです。

Q【宅建】 「用途地域」外とは?

用途地域は分かります。
では、用途地域外とは何のことでしょうか?
川とか海のことでしょうか?

Aベストアンサー

市街化区域は必ず定めます。市街化調整区域は原則用途地域を定めません。準都市計画地域や非線引区域は定めることができます。

当然市街化調整区域も普通に住宅街であったりするとこもありますから。海や川とかではありません。

用途地域外とは、用途地域が定められていない場所、としか言えません。具体的にどういう状態の場所なのかは関係ありません。

Qロフト部分の窓は採光上有効?

居室にロフトを作るのですが、ロフト部分の窓も
その居室の採光有効面積に入れられるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
当然、天窓として有効採光面積として計算します。
ご参考まで。

Q用途地域

市街化区域に、用途地域が定めるられるますと、市街化区域内の土地は全て、必ずいずれかの用途地域に属することとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

市街化区域内の指定を受けて初めて用途区域になると思います。
「用途地域の指定のない区域」は色が塗られないため、白地地域と呼ばれています。
特定行政庁か都道府県の土木事務所に確認することをお勧めします。

Qリビング吹抜け部分の改築

現在マイホーム新築に向かって、打合せ中の者です。
間取りも最終段階まで来ており、本来なら担当設計士に訊けばよいのでしょうが、次回の打ち合わせまでまだ間があり、もやもやと悩んでおりますので先にこちらで教えていただければと思います。
計画中のプランは、長方形の層2階でリビングに6畳強の吹抜けがあります。工法は木造軸組み在来工法の高気密高断熱住宅です。将来、親と同居する可能性がなくもなくあれこれ考えています。同居のタイミングが、親が健康で子供が独立した後なら2階の子供部屋を和室にリフォームしようかと考えています。しかし、親が健康でなかったり、子供もまだ独立する前ならば1階和室はリビング隣接の客間なので、新たに増改築が必要かと考えています。そこで、
1.もしそうなった場合、リフォームでリビング吹抜け部分を部屋にすることは可能でしょうか?
2.また、建蔽率に不足がないので、1階に増築ということも考えておりますが、1.が可能の場合、同じ6畳の和室ならコストやその他の点でどちらがよろしいのでしょうか?
3.また、新築される際このような将来の可能性を考えて何かアドバイスがあればお願いいたします。

現在マイホーム新築に向かって、打合せ中の者です。
間取りも最終段階まで来ており、本来なら担当設計士に訊けばよいのでしょうが、次回の打ち合わせまでまだ間があり、もやもやと悩んでおりますので先にこちらで教えていただければと思います。
計画中のプランは、長方形の層2階でリビングに6畳強の吹抜けがあります。工法は木造軸組み在来工法の高気密高断熱住宅です。将来、親と同居する可能性がなくもなくあれこれ考えています。同居のタイミングが、親が健康で子供が独立した後なら2階の子供部屋を和室に...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言えば、両者とも可能です。
ただし、リフォームとはいえない大規模な改築となるかとは思いますが。
増改築におけるコストで比べれば、吹き抜けを塞ぐ方法が安く上がりますね。
1階部分の増築ですと基礎から作らなければなりませんから。

いずれにしても両者とも耐震性をチェックし、必要な耐震補強を行う必要性が出てこようかと思います。
規模の大小を問わず、柱や梁、土台や基礎など、内部の構造体に手を加えるようなリフォームを計画している場合は、必ず構造的なチェックを行います。
耐力壁(建物の変形や地震・台風などに抵抗する、柱と筋かいや構造用の合板で構成された強い壁)の量が足りない場合は、新しい柱や筋かいを入れたり、合板を貼ったりして補強する必要があるのです。

吹き抜け部分に新たに床をつくるには、周囲の梁に床組みの構造材を受け止める強度がなければなりません。
また、吹き抜けの面積が大きい場合も、下階に柱や壁を立て、上階の床の重量を受ける必要が出てきます。
いずれにしても、吹き抜け部分を居室として利用するには必ず構造的なチェックが必要となりますので、将来それを見越しているのであれば、予めそのような柱等を作っておくことです。

1階への増築であれば、増築部と接する壁の強度の問題等も発生しますので、将来、増築されるであろう部分と接するような場所に耐力壁等をなるべく持ってこないようにすることです。

また、建蔽率や容積率等の法規に関する部分については現在は大丈夫でも、将来改正される可能性は十分にあります。
今大丈夫だからと過信してはいけません。

結局、将来どのようになるかは当たり前ですが、誰にも予測ができません。
それを見越して設計すると言うのは至難の業です。
最も良いのはフルスペックで今のうちに建築しておくこと...ですが、これができれば頭を悩ませたりしませんよね。失礼しました。

結論から言えば、両者とも可能です。
ただし、リフォームとはいえない大規模な改築となるかとは思いますが。
増改築におけるコストで比べれば、吹き抜けを塞ぐ方法が安く上がりますね。
1階部分の増築ですと基礎から作らなければなりませんから。

いずれにしても両者とも耐震性をチェックし、必要な耐震補強を行う必要性が出てこようかと思います。
規模の大小を問わず、柱や梁、土台や基礎など、内部の構造体に手を加えるようなリフォームを計画している場合は、必ず構造的なチェックを行います。
耐力壁...続きを読む

Q住居系用途地域での建築物

住居系の用途地域の場合には、建築等の規制については、低層住専のみが別格であって、他の住居系用途地域は(乱暴な言い方ですが)用途規制の違いが中心であって、規模や高さ的には遜色のない建物を建てることが可能と考えてよいでしょうか?

Aベストアンサー

各用途地域には、建物用途の種類の他、最高高さ、建蔽率、容積率、斜線制限、採光制限が各々定められている事は、ご承知と思います。
低層一種、低層二種ほど規制が厳しく、準住居が一番規制が緩くなっています。
建築基準法別表第二を見るとお分かりかと存じますが・・・
準住居に至っては、広い道路に面し、敷地が広いほど高く大きなマンション等が建てられます。
ご参考まで

Q長い廊下の採光

新築で間取り的なものが大体決定しました。
大体満足しているのですが、ひとつ気になることがあります。

それは、1階の廊下が5.4mくらいあるのに家の中心にあるため一切採光がないので、多分昼間でも暗くなることが予想されます。

廊下の突き当たりにトイレ、廊下の中心あたりに洗面があります。そのほかに外壁に面した部屋がひとつありまう。(トイレの反対の突き当たりは収納を設置)
その辺から採光できないかなと色々悩んでいます。

トイレ側からの採光を期待してトイレドアにスリガラスの縦スリットをいれたらというアイデアを出したのですが、家族からトイレに誰かがいるのがわかるので却下されました。

それで、洗面ドアに同様にスリットを入れたらというアイデアを出したのですが、洗濯機の上に乾燥機を設置するので洗面室自体の採光があまり期待できないので、廊下への採光は殆ど期待できないのでは?という意見がでました。(洗濯機の裏あたりに、幅60高さ90の窓がありますが、乾燥機との隙間が20cmくらいなので採光は殆ど期待できません)

そうなると、外側の部屋の窓の対面にドアを設置してそこにスリットを入れるくらいしか浮かびません。

何かよいアイデアがあったら教えてもらえないでしょうか?

ちなみにHMの提示している室内ドアは全部木目調のガラスの一切ないタイプばかりでした。

洗面ドアにガラス面が一杯使用されたトアとかあればいいんですが・・・(イメージとしては枠以外スリガラス)でもこういったドアって例えあったとしてもあまり使用しないんでしょうか?
あと、書斎ドアでガラススリットが入ったドアを入れるって変でしょうか?(採光もあまり期待できない?)

新築で間取り的なものが大体決定しました。
大体満足しているのですが、ひとつ気になることがあります。

それは、1階の廊下が5.4mくらいあるのに家の中心にあるため一切採光がないので、多分昼間でも暗くなることが予想されます。

廊下の突き当たりにトイレ、廊下の中心あたりに洗面があります。そのほかに外壁に面した部屋がひとつありまう。(トイレの反対の突き当たりは収納を設置)
その辺から採光できないかなと色々悩んでいます。

トイレ側からの採光を期待してトイレドアにスリガラスの縦...続きを読む

Aベストアンサー

ドアではなくてドアの上にはめ殺しの欄間をつける。若し2階の廊下が上にあって、その廊下に採光が取れれば、1階廊下の天井に明り取りのガラス(強化ガラス)付ける。なかなか面白いですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング