容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

A 回答 (3件)

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。


「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「残念ながら」ですね、やっぱり…。
そうですか、同じように都合よく考えられたこともありましたか。で、だめだったんですね(^_^;)
ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/14 10:12

正確には、建築面積の1/8で、


3階以上の建築物は○○にしなければならない。とかの階数のカウントをする場合の対象にならないだけで、延べ面積には算入されると思います。

住宅の屋根裏などで天井高さが1.4m以下であれば延床面積に算入されない場合があります。

後は、住宅の地下室部分、共同住宅の共用の廊下、階段部分、後は駐車場や自転車置き場が容積率の算定から除かれます。(延床面積の規模に応じて)

この回答への補足

容積率ギリギリなので屋上塔屋が床面積となれば、
他を削るしかないか…、というところです。
階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?

補足日時:2006/09/13 10:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/14 10:09

貴方のおっしゃるとおりです。

都合のいい解釈ではありません。
質問の項目は延べ床面積にははいりません。
質問の主意がはっきりしません。
延べ床面積には入りませんけど施工面積には入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/14 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地積測量図は水平投影面積?それとも法面面積?

地積測量図は法面面積なのでしょうか。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6031675.html

のなかのNo.6さんの回答で

「地積測量図は、法面面積計算で計算されていますので参考にしかなりません。」

とありますが水平投影面積ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

(3)蛇足の補足です。

この方
>法務局の地籍測量図の面積には、法面面積が含まれていて水平投影面積とは誤差があり、参考にしかならない物です。
>ですので、計画敷地の水平投影面積を求める為には実測が必要と言う事となります。

「地積」も「地籍」という字ですし、結果として水平投影面識の実測の必要性を言っているので、むーかーしの山林とか地縄で測ったような図面が中にはある・・・(?)
という知識を言いたいのかもしれません。
その真偽はさておいて、いずれにしろ現代における登記法、測量一般に持ち出すべき話でない、馴染まないことは厳然とした事実です(^^/ 断定(^^

Q総2階と延べ床面積の関係

一般的な概念として教えてください。
その他の条件が全て同じだったとして、以下の(1)と(2)の建物では、どれくらい建築コストに差が出てくるものでしょうか?

(1)1階床面積20坪+2階床面積20坪=延べ床40坪の建物(総2階)
(2)1階床面積20坪+2階床面積10坪=延べ床30坪の建物

やはり、延べ床面積の少ない(2)の方が建築コストは安くなるものでしょうか。
それとも、多少延べ床面積が多くなっても、総2階である(1)の方が安くなりますでしょうか…?

どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。(1)と(2)の場合では(2)のほうが安くできます。
ここで重要なのは1階部分の面積なんです。

例えば
(1)1階床面積20坪+2階床面積20坪=延べ床40坪の建物(総2階)
(2)1階床面積30坪+2階床面積10坪=延べ床40坪の建物

という2つを比べると。延べ床面積はどちらも40坪ですが、1階部分が20坪と30坪という事で10坪の差がありますね。

1階には2階にはないものがあります。それは、基礎です。
そう、この基礎コンクリートが、結構かかる訳なんです。
なので例の場合は(2)の方が、10坪余計に基礎コンクリートが必要になるわけです。まぁ正確には基礎コンクリートだけではないんですが、こんな場合は総2階にした方が安いんですね。

次にunwas4さんの挙げた下記の場合
(1)1階床面積20坪+2階床面積20坪=延べ床40坪の建物(総2階)
(2)1階床面積20坪+2階床面積10坪=延べ床30坪の建物

この場合は、1階はどちらも20坪です。
なので使う基礎コンクリートも同じ20坪分ですね。
よって差がでるのは、2階部分の面積のみの差額になります。
(1)の場合は、総2階とはいえ2階部分が20坪ありますから、(2)より安くはならないということです。

以上ですがご参考にしていただければ幸いです。

こんばんは。(1)と(2)の場合では(2)のほうが安くできます。
ここで重要なのは1階部分の面積なんです。

例えば
(1)1階床面積20坪+2階床面積20坪=延べ床40坪の建物(総2階)
(2)1階床面積30坪+2階床面積10坪=延べ床40坪の建物

という2つを比べると。延べ床面積はどちらも40坪ですが、1階部分が20坪と30坪という事で10坪の差がありますね。

1階には2階にはないものがあります。それは、基礎です。
そう、この基礎コンクリートが、結構かかる訳なんです。
なので例の場合は...続きを読む

Q建物面積と(延べ)床面積の違い

これらに違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。

なるほど、No.5さんへの返答でやっと質問の趣旨が理解できました。ごめんなさい。


「不動産売買や不動産登記」と「建築」は、やはり別の観点で考えなければならないと思います。

登記を含め不動産に関わる事は、民法と密接な関係があり(建築に関する規則も然りですが)、「権利の主体」に重きを置いているのではないかと思います。

マンションなどの区分建物の登記は、壁芯ではなく内法(内壁)で床面積を出しますが、専有部分と共用部分の権利を明確にしていると言えると思います。
規約によって共用部分とされた、専有部分に通ずる廊下や階段室等の共用に供されるべき部分は区分所有権の目的となりません。
(壁に関してはどちらに属するのか判例はないようですが、壁自体は共用部分、壁の内側の内装部分は所有者の専有部分と考えるのが妥当です。)

不動産取引や登記に関してはそのような権利の主体(民法総則)に重きを置いていると思われますので、建物そのものに関する規則である建築に関する決まりごととは、ある部分は根本的に切り離して考える必要があるのではないでしょうか。

建物面積という表現ですが、表示の登記には地積測量図や建物図面というものがあり、その書式を元に登記がなされていますね。
そのような登記上の書式や今までの慣習から、不動産にたずさわるサイト等は、そのような表現をもしかしたら使っているのかもしれませんね。経緯は定かではありませんが、登記に関するその表現に問題はないように思います。


どちらにしろ、皆の生活基盤においての人々の生活の快適性や健康、安全等を考慮した街造りをめざすための建物造りである建築と、「個々の権利の保全を目的とした」不動産登記や取引は、似かよった部分が当然あるにしろ、違った規則・基準なのであり、建築基準法等との完全一致を求めること自体が混乱する要素となってしまうと思います。

建築に関する規則は、その建物自体が他の建物や周りで生活する人々に影響を及ぼすため、公共の福祉の制約を受けている規則ともいえ、権利状況・物理的状況を記録し、個々の財産や権利等を保全・証明するための不動産登記法や区分所有法とは根本的に異なります。

同じように建築にも当然のこととして権利等の法的要素はあるにしろ、目的が違う規則同士を完全一致、統一させなければならないわけではなく、登記には登記の、不登法には不登法の決められた規則があり、民法の一物一権主義の例外をなすために区分所有法が民法に優先することによって個々の区分所有者の権利を守る規則となり、また、建築には建築の規則を設けることにより、社会全体の利益と秩序を守って円滑に運営しているのだと思います。

建物面積というものが、不動産に関する規則で定義されているのかは聞いたことがない案件なので私には分かりませんが、建築基準法と異なる表現自体は問題ないはずです。不動産登記法等で別の表現が定義されているのなら別ですが。


またまた回答にはなっていませんが、ご了承下さい。

No.4です。

なるほど、No.5さんへの返答でやっと質問の趣旨が理解できました。ごめんなさい。


「不動産売買や不動産登記」と「建築」は、やはり別の観点で考えなければならないと思います。

登記を含め不動産に関わる事は、民法と密接な関係があり(建築に関する規則も然りですが)、「権利の主体」に重きを置いているのではないかと思います。

マンションなどの区分建物の登記は、壁芯ではなく内法(内壁)で床面積を出しますが、専有部分と共用部分の権利を明確にしていると言えると思います。
規約によっ...続きを読む

Q建築面積、床面積に算入されますか?

1つの敷地に共同住宅が2棟並んでおり、その間を通って
敷地内に入るような並びになっています。
その通路の幅は2m程度でオートロックのアルミ格子の門があります。

現在その通路は屋根がなく、雨の日にオートロック操作など
するのが煩わしい状態なので、屋根を付けたいと考えています。
そこで、その屋根をつけた部分が、建築面積及び床面積に
算入されるのかを教えていただきたいのです。

調べてみたところ、床面積は通路ということで算入しなくて
いいのではないかと思っています。
建築面積は??新たに柱を建てることはしないのですが、
共同住宅の壁があるので、柱・壁に囲まれた空間として
算入する必要があるのかな??と思っています。

できれば面積の増加なしに屋根を付けたいと思っています。
もし、算入せずに済む方法をご存知でしたら、それも教えて
いただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

外部通路の部分ですので床面積とはなりません。
この部分は、取付ける屋根の両先端から1mづつ後退した面積が建築面積になります。
通路幅2m 屋根長さ3.5mとすれば
2×(3.5-1-1)=3.0m2が建築面積となります。
ご参考まで

Q延べ床面積

延べ床面積

大型スーパーセンターなどにある、壁のない立体駐車場は延べ床面積に入るのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法施行令第2条の3より床面積に算入します。
ただし1/5の面積は、延床面積の算入より除外
ご参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報