今、準防火地域内で木造3階建て住宅の確認申請を出しています。
この建物にはルーフバルコニーがあるのですが、そこの仕上げが少し問題があるかもとの指摘を受けました。現状「捨張+ケイカル板+FRP防水」という仕様にしています。申請機関からは「現状のままではFRP防水は防火までしかみられない」と言われました。ただ「下地にケイカル板を敷いている事でもしかしたら大丈夫かもしれないので確認はします」との内容もありました。

例えばアイカさんのジョリエースFRP防水の防火仕様などでは「準防火・22条地域に対応した工法」と記述があるのですが、こちらの方では準耐火建築物には使用できないのでしょうか。私としましてはルーフバルコニー=屋根の扱いで30分間の加熱時間かなと考えてはいるのですが・・・。

私自身設計の仕事がまだ未熟ですので質問の内容に不明な点などあるかもしれませんが、よろしくお願い致します。
あと、FRP防水以外にも準耐火に対応できる防水方法とその利点などがありましたら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建築関係の者です。


大泰化工のコンパック工法FRP防水はどうでしょうか?
けい酸カルシウム板・合板張/木製下地屋根で、『防火地域又は準防火地域内の建築物の屋根の規定に適合する』と認定番号がでています。
地域の条例等により、ルーフバルコニーの面積規定があったりするので、詳細は分かりませんが、以前使用した時には、この認定書を添付する事でOKでした。
ちなみに、価格も通常のFRPと同等です。
一度、メーカーに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.daitai.co.jp/
    • good
    • 1

防火はもらい火を防ぐ、耐火は火事を出さないもらわないという性能なので準耐火の方が防火より厳しいのは仕方ないです。



使った事はありませんがこれはどうだろう、というものがありましたよ。不燃番号のある塗膜防水です。確認してみて下さい。

参考URL:http://www.marusans.co.jp/home/outline/jigyou/ri …
    • good
    • 1

準防火地域の木造三階建ては、準耐火建築物にしなければならないわけではないのですが、保険料の関係でしょうか。


令136条の2~136条の2の3、S62建告1905

FRPではないのですが、準防火で使えるデッキの防水仕様です。
(シート防水じゃますいでしょうか)
ロンシール
http://www.lonseal.co.jp/product/waterproof/inde …

参考URL:http://www.lonseal.co.jp/product/waterproof/inde …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舗装道路の材質の区別について

子供の頃からどうしてココだけ?と思っていました(今は30歳)道路の舗装が一区間だけ(それぞれ1キロ前後)アスファルトではなく、砂利とコンクリートの混合物なのです。(多分)だから、車でそこを通ると音がするので直ぐ分かる所なんです。1つ目は、すぐそばが水源地で水道局の大きな建物があります。だから、地盤のせいなのかな?なんて思っていましたが・・。2つ目は、高速道路のかなり以前から作られていた部分で、その辺りは、耐火煉瓦の採掘で有名なところです。こちらは、昔はこんな舗装でもOKだったんだろうなーと思っていたら、その前後の部分で舗装をきれいにしていました。(全部ぴっちりと言う訳じゃないけど)あれ?あれ?と思いだしたら気になってしまいました。専門知識のある方、どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

水源地の近くでしたら、道路の下に水路があるのかもしれません。水路も含めて全てをコンクリートで作っているのかもしれません。2つ目の部分は分かりません。もしかしたら、当初は高価なコンクリートで作る予定が、後で予算の都合でアスファルト舗装で他の部分を作ったののかもしれません。高速道路でしたら、加速、減速、カーブ等で、路面に大きな負荷がかかる箇所、例えば料金所の前後などは、強度の高いコンクリート舗装にしている様です。

Q防火地域、準防火地域において防火壁で区切る必要は?

延面積1000m2を超える建物は、内部を防火壁で区切り、各スペースが1000m2以下になるようにしなければならないという規制があるのですがこれは、防火地域、準防火地域においても適用されます。
しかし実際に適用されるケースは存在するのでしょうか?
そもそも1000m2を超える建物となるとその2つの地域では必ず耐火建築物もしくは準耐火建築物にしなければならないと思います。その建築物に果たして防火壁で区切る必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

法26条の防火壁は、1000m2を超える木造建築物等を対象にしているものです。
耐火建築物と準耐火建築物は防火区画が義務付けられているので、防火壁の設置は除外されています。
しかし、法67条1項の防火壁は、防火地域又は準防火地域の内外にわたる場合を対象にしているものです。

よって後者の防火壁が、防火系地域でも適用されるケースがあるものです。

Q【住宅の「耐火等級3級と耐火等級4級の違い」ってどれくらいですか?】 準耐火1時間、準耐火45分は

【住宅の「耐火等級3級と耐火等級4級の違い」ってどれくらいですか?】

準耐火1時間、準耐火45分は燃えても1時間は家屋が倒壊しない、45分は倒壊しないという意味ですか?

準耐火1時間の上は燃えない耐火になるんですか?

準耐火等級45分の下は等級なし?

けど、準耐火等級30分というのをどこかで見た気がします。

耐火等級4級と準耐火等級3級って時間で表示されていないのでどのくらいの耐火性能があるのか良く分かりません。

4級と3級って大きく違うものなのでしょうか?

1時間持ったところでもう住めないの同じなので耐火等級ってあまり気にする必要はないのでしょうか。

Aベストアンサー

準耐火性能は、通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能で、構造躯体が燃えても一定時間荷重を支持し続ける構造となります。一方、耐火性能は通常の火災が終了すまでの間、当該建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能です。この性能を有する耐火構造は建物の荷重を支えている構造として、火災の加熱により崩壊せず≪形状を保持し続ける≫構造であることが条件です。もっと解りやすく言いますと、60分の準耐火構造は60分火炎にさらされて61分で倒壊してもOKですが、60分耐火構造は60分火炎にさらされても構造躯体に損傷なくそこに立ち続ける構造の差です。ですから、60分の耐火構造はそれ以下の時間で鎮火すれば、煤などの汚れや2次部材を補修すれば、住み続けることは可能ですが、60分の準耐火構造は、それなりの損傷を受けており、住み続けることが困難な可能性が高い構造といえます。

Q防火地域における耐火建築物の建築諸条件

耐火建築物の建築諸条件(窓や玄関...,,その他)について,どこをどうすればよいのか具体的に教えください。

ちなみに建築予定の条件は下記の通りです。
- 敷地:ほぼ長方形(23m×13m,約90坪)
西北面(長辺 23m)と東北面(短辺 13m)とが道路に接する角地
西南方向の30坪ほどが防火地域(商業地域),残りが準工業地域
- 建物:3階建てで総床面積80坪でRC構造を第1優先に考えています。
2世帯(計9名,内60歳以上4名)なのでこれ位の広さを考えています。

Aベストアンサー

防火地域にかかっている建物は、
半分かかっていなかったとしてもすべてを防火地域に建てるとして考えます。
3階建てですと、耐火建築物でなければなりません。
設計者が当然わかっていることですので
施主側が特に注意することもないかと…。

延焼ラインと言って、
前面道路の中心または隣地境界から、
1F、3m。2F以上、5mにかかる部分の開口部には
防火設備を取り付けます。
防火設備とは、諸条件の認定を取った商品です。
例えば、アルミサッシですと、網入りガラス、
または防火シャッターの付いたもの。
玄関ドアですと、防火設備の認定のあるものになります。メーカーのカタログを見ればわかります。
RC造ですと耐火構造となりますので、
延焼ラインの開口部さえ防火設備にすれば
耐火建築物となります。

また、高さ2mを超える門や塀は不燃材でつくるか、または不燃材で覆えば建てられます。

Q耐火建築物の見分け方教えてください

既存のS造平屋の建物があるのですが、平成2年頃の建物なので確認申請書には耐火建築物の有無は記載されていませんでした。

地域、用途規模的には準・耐火建築としなくてもよい建物なのですが、実際に準・耐火建築に適合しているかどうか分かりますか??

屋根:フネンシングル
外壁:押出成形セメント板ァ60
です。
準耐火(イ-1)
準耐火(イ-2)
準耐火(ロ-3)
準耐火(ロ-4) 
のどれかにでも適合させたいのですが…
お願いします。

Aベストアンサー

現法の基準では、準耐火(ロ-3)
追加条件
開口部:網入りガラスの防火設備です。
確認しましょう

昔の基準では、「簡易耐火建築物」ロ号です。

ご参考まで

Q準防火地域のバルコニーの仕様

準防火地域で木造3階建てのバルコニーをFRP防水仕上げ(アイカ工業のDR認定品)で施工する場合の下地を梁の上に28mmの構造用合板(剛床)で勾配をとりその上に9mmの構造用合板を敷いてFRPの下地にしようと計画しておりますが問題はないでしょうか?

Aベストアンサー

ほ~失礼。さっきは急いでたので。
ちょっと確認したら断熱なしでもいけますね。
木下地30以上、野地板合板9以上、断熱材20~65又はなし、補強合板9以上、プライマー0.2、防水塗膜2.06~3.8でした。
でも、釘の指定も4仕様あり、塗膜も、上塗り、中塗り、下塗りのほかに補強層が必要です。それも4仕様あるので選ばなきゃね。

なのでメーカー相談して下さい。

Q建築基準法-準耐火構造は、耐火構造を含むか?

98年の法令集には、
「耐火構造もしくは、準耐火構造であるか、又は~」
と書かれていたトコロが、
2001年度版には、
「準耐火構造であるか、又は~」
となっています。

条文で書かれいている準耐火構造は、耐火構造を含むか?

(例)
建築基準法施工令120条の歩行距離の算定の条文です。
規制緩和によって、耐火構造は適用から除外されると考え、
「準耐以外」の数字をあてはめるのは、少しおかしくなります。
準耐→50m
準耐以外→30m
燃えやすい建物(準耐以外)の場合、歩行距離を短くして安全側に持っていくというのは、
解りますが、準耐より厳しい耐火構造まで、準耐以外として厳しくするのはおかしいです。

今まで書かれていた物が、なくなったと言うことは、準耐限定?
耐火と言えば、準耐火以上の能力を持っているので、準耐は耐火を含むと考えますが、それは私の推測です。

条文の解釈について、告示とか関連条文ありませんか?
常識として考えなければいけないとしたら、どっち?

Aベストアンサー

回答としては、準耐に耐火を含みます。あなたの推測どおりですよ。
今回の法改正において法文の書きっぷりが変わりました。簡単にいうと準耐なら耐火を含み、防火なら準耐と耐火を含むわけです。ちなみに難燃は準不燃と不燃を含み、準不燃は不燃を含みます。
他の条文においても同じような書き方に変わっています。見比べてみてください。
この内容をご存知無いところをみると建築○識等の本を見られるとか国土交通省主催?だったかの全国で行われた法解釈についての説明会に参加されなかったんでしょうね。
最近(ここ何年か)は、建築基準法が改正しっぱなしですのでそういったことに関連した情報をたえず耳をダンボにしてキャッチしといたほうがよろしいですよ。

Q準防火地域のウッドバルコニーについて

只今、準防火地域に新築の家を建てていまして、ウッドバルコニーを引き渡し後につけたいと思っています。役所からの検査が済んでいれば特に問題はないでしょうか?後で見つかった場合(周りも同時期ぐらいに完成の家があります。)どううなるのでしょか?

Aベストアンサー

>役所からの検査が済んでいれば特に問題はないでしょうか?
大きな問題があります。
>後で見つかった場合(周りも同時期ぐらいに完成の家があります。)どううなるのでしょか?
建築基準法違反として罰せられます。
最初は、撤去命令。
放置していると次に告訴され刑罰を受けます。
罰金100万円と禁固刑です。
見つかる可能性は、高いでしょう。
諦めて下さい。

Q異種用途区画で、壁を一時間耐火構造にしなければならないのですが、LGS

異種用途区画で、壁を一時間耐火構造にしなければならないのですが、LGS下地のところは15ミリ厚の耐火ボード二重貼りで考えてますが、RC下地のところは9.5ミリの耐火ボードでは一時間耐火構造にはならないんでしょうか?

Aベストアンサー

鉄筋コンクリート間仕切壁は、その厚さが7cm以上ならば1時間耐火になります。
(平成12年告示1399号)

Q準防火地域での違法建築

気に入った物件があります。しかしその物件はどうやら違法建築。
準防火地域なのに、四階建部分があるというのが、違反している
とのことです。そこで質問なんですが、4階部分をどうにかすれば
適法とすることは可能なのか、お知恵をお借りしたいのです。

素人考えですが、4階部分の床を抜いて吹き抜けにする等の処置で
対応できるものなんでしょうか?
可能であるなら、その大まかな金額なども知りたいです。
木・鉄筋コンクリート造です。

Aベストアンサー

>準防火地域は3階建になっていれば、耐火建築物でなくても良いということでしょうか?
ですが、3階建ての場合、耐火建築物、又は準耐火建築物、又は防火上必要な技術基準に適合する建築物の何れか、簡単に言うと耐火建築物よりも1ランクか2ランク低い耐火性能でも認められます。

情報が不足で、どうも結論までは行けないのですが、どのような部分が、どうして違法な状況になったのかをきちんと調べる必要があります。
また、それらの情報を載せた方が、有意義な回答が得られると思います。

ちなみに、4階の床を抜けば3階建てになって容積率もクリア、というような話もありますが、床を抜いて良いか悪いか、別の問題(構造上の問題とか)が有るとも思いますので、軽々に判断は出来ません。

想像ですが、3階建てで申請なりをして建築したが、小屋裏なりが階とみなされる構造のため、4階建てと判定されている、その部分が違法だと言うことではないかと思っているのですが。
そうであれば、軽微な違反というか、まま、ある事でしょうね。4階を使わないことにする、塞げば良いわけで・・・。

繰り返しになりますが、状況をきちんと調べるのが先決です。
想像での回答をこの場でどんどん集めて、階数だ、容積だ、斜線だ、高さ規制だ、と、どこが問題かも解らず、要らぬ議論をしても仕方がないばかりか、余計におかしな方向に進んでしまうのが心配です。
物件を気に入っていて、購入の方向で考えているのなら、なおさらです。

>準防火地域は3階建になっていれば、耐火建築物でなくても良いということでしょうか?
ですが、3階建ての場合、耐火建築物、又は準耐火建築物、又は防火上必要な技術基準に適合する建築物の何れか、簡単に言うと耐火建築物よりも1ランクか2ランク低い耐火性能でも認められます。

情報が不足で、どうも結論までは行けないのですが、どのような部分が、どうして違法な状況になったのかをきちんと調べる必要があります。
また、それらの情報を載せた方が、有意義な回答が得られると思います。

ちなみに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報