具体例を挙げて教えてください。できれば、共有結合との違いも詳しくお願いします。

A 回答 (2件)

イオン結合は原子が電子を放出または受け取り、+または-のイオンになる。

+のイオンと-のイオンはもちろんくっつきます。
共有結合は原子が電子を出し合ってその合計を8とか安定な数にして結合していることです。例えば、Oは最外郭電子が6個、Hは1個ですよね。だから、H原子2個とO原子1個で水分子を作ります。
教科書にもっと詳しくのってるんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思い出しました。原子がどちらかのイオンになってるのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/07 18:23

レポートでしょうか?


以下のサイトに関連質問(共有結合)の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
更に、「TOP」ページで「イオン結合」で検索して見てください。

更に高校の化学の教科書をご覧になってから再度質問されることをお勧めします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28145
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配位結合と共有結合の違い

配位結合と共有結合の違い

配位結合と共有結合はどう違うんですか?
いくつか本を読んだんですけど、どうしても配位結合のほうがよくわかりません。

 たとえばオキソニウムイオンの配位結合の場合。
水と水素イオンがくっついてできるのはわかりますが、水素は水の最外殻電子の2つと電子を共有ときに、水素自体の電子一個が余計になってしまうと思うのですが。
(水の2つの価電子を共有すると、もとの水素の1つの価電子が、一個余るじゃん・・・)

    H20         +   H+    →        H3O+ 
(結合に使われる価電子2個)   (電子1個)     (配位結合で使われた電子は、2個?)

 それに、結合してしまったら、共有結合と見分けつかないと思うのですが、どうやって見分けるのですか?


少々回りくどい質問ですみません。
自分の頭で整理しながら、質問文章打ってました。
大学は理系に進んだのにいまだ共有結合などがわかっていない私に、噛み砕いてよくわかるように説明お願いします。



   

Aベストアンサー

H3O^+やNH4^+の場合の配位結合は共有結合です。
H2OやNH3の共有結合との違いは提供される電子の数が同じではないというところにあります。電子が結合の両側の原子に共有されているということで言えば同じです。
別に分子軌道法を使わないと説明出来ないものではありません。

普通は両側の原子から1つずつ、または2つずつと同じ数の電子が共有に提供されています。
それが片方から丸々2つ、共有に提供されれば配位結合です。それでオクテット則が満足されているのです。自分で結合を組み立てることができるようにしようということで授業で使っていた説明です。そうでなければ例外ばかりの暗記ものの化学になってしまいます。
片方から2つ、他方から4つでも配位結合です。それでオクテットを満足させることができるということであればそういう結合があると考えてもいいでしょう。一酸化炭素の結合はこれで説明ができます。
(これで一酸化炭素の結合が二重結合ではないということも、Cの方が負になっている極性があるということも説明出来ます。)
HNO3もH2SO4も高校レベルではオクテットを満足させるように配位結合で考えていいと思っています。10電子系を持ってくる必要はないでしょう。

配位結合という名前がよくないように思います。
銅イオンの周りに水の分子が4つ配位しているというときの「配位」と混乱してしまいます。

H3O^+やNH4^+の場合の配位結合は共有結合です。
H2OやNH3の共有結合との違いは提供される電子の数が同じではないというところにあります。電子が結合の両側の原子に共有されているということで言えば同じです。
別に分子軌道法を使わないと説明出来ないものではありません。

普通は両側の原子から1つずつ、または2つずつと同じ数の電子が共有に提供されています。
それが片方から丸々2つ、共有に提供されれば配位結合です。それでオクテット則が満足されているのです。自分で結合を組み立てるこ...続きを読む

Qイオン結合は+−になってくっつけど、共有結合の場合は右上の図のように共有して合計陽子1電子2なので−

イオン結合は+−になってくっつけど、共有結合の場合は右上の図のように共有して合計陽子1電子2なので−を帯びていますよね?

Aベストアンサー

ああ、よくある錯覚ですね。
共有結合をした後の、価電子の数を数えてみてください。
Hから1個、Clから7個。併せて8個。
ちゃんとつじつまは合っていますよ。
なお、共有結合の場合、プラスの合計とマイナスの合計は、意味を成しません。(イオン結合と根本的に違います)
この場合、2原子で1つの原子を「作ろうとしている」のです。

Q共有結合と配位結合の違いを簡潔に教えてください!

共有結合と配位結合の違いを簡潔に教えてください!

Aベストアンサー

基本的には同じものです。非共有電子対が無ければあり得ないものが配位結合で、原子同士が電子を一つずつ出し合う結合が共有結合です。でも頭を硬くすると大混乱します。配位結合の化合物の数は限られているので、棒暗記した方が良い。

Qイオン結合と共有結合

NaClはNa+とCl-になるのでがイオン結合,
H2は電子を出し合うのでが共有結合なのは何となく納得できます。

しかし,HClもH+Cl-になってイオン結合しそうですが,実際は共有結合。
どうも納得がいかないのですが,ある物質がイオン結合なのか共有結合なのか,どうやって判断すればいいのでしょうか。
(金属結合や水素結合等は,この際無視して下さい)

Aベストアンサー

分子になっているかどうかで判断します。
HClは分子になっており、H-Cl結合は共有結合です。
ただし、水溶液中ではH+とCl-になっていますので、HとClの間に結合はありません。
NaClがイオン結合というのも、水溶液中でNa+とCl-に分かれるからではなく、結晶状態で分子になっていないからということです。
細かいことを言えばきりがないですが、金属ー非金属はイオン結合。非金属同士は共有結合と思っておけばおおむね間違いはないでしょう。

Q共有結合 2重結合

高1です。
化学で共有結合を勉強しました。
そのとき、二酸化炭素は2重結合、
シアン化水素は3重結合するといっていたんですが、
それはそういうものだ、って覚えるしかないのですか?
それと、二酸化炭素やシアン化水素のほかに、2重結合、3重結合する分子はあるのですか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

世の中には何千万もの物質があり、
全て丸暗記することはできません。
化学で重要なことは基本の法則です。
共有結合とは不対電子の共有です。
ですから不対電子の数が結合の手の
数になります。
Hは1、Oは2、Nは3、Cは4だけ覚えれば
よいのです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報