人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ヴァンダレイ シウバがステロイドを用いているというのは本当でしょうか。ステロイドのチェックのあるUFCではPRIDEより体が縮んだ?とか、アメリカではまけっぱなしと考えるとかありそうにも思えますが。

A 回答 (1件)

PRIDEではチェックしてなかったので使って試合に出ていた人は実際たくさんいたと思います。


それでシウバはどうなのか?という事ですが、GPの時にやけに腕、肩あたりの筋肉が付いていたとか、血管が浮き上がっていたという事実はあります。しかし、シウバは過去にもUFCに出ているし、本当に使っていたのかというのは個人的に疑問はあります。それにHERO'Sという選択肢もあっただろうし、わざわざ使えないUFCに行くのかという疑問もありますね。
あくまで推測になってしまいますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強さの要因がわかりませんbyヒョードル

現在人類最強と思われるヒョードルですが、素直に私もそう思います
が・・要因がわかりません というのも

1、なぜあんなにパワーがあるのか(パンチ力含め)・・体も小さく筋肉も
  あまりないように見える(見た目)
2)なぜ腰 下半身が強いのか(相撲取りの様にあんこ型でもない)
3、なぜ攻撃が効かない&受身がうまいのか(プロレスラーでもない)
4、なぜ関節技が早くてうまいのか(柔道をやってたらしいが世界レベルでない)
5 なぜ、あんなに冷静に試合できるのか(若いと熱く感情的になりがち)

ひとつでもご意見 見解ありましたらお願いします

Aベストアンサー

1、スタンドノのパンチ力だけなら、K-1の選手とかと比べても目立った物はもっていません。でも、使い方がうまいんです
例えば、彼は真上にピョンピョン跳ねるようなフットワークをして、パンチを打つと同時に間合いを急速に詰めるでしょう(相手の打撃がたいしたことなければ、そのままの打ち続けますが)ああやって間合いを優位にコントロールすることによって相手が打撃を当てられないように戦略を組みたてたりしています。
ヒョードルのパウンド(グラウンドでのパンチ)は確かにピカイチの破壊力(パワー)です。あれは生まれもっての肩の強さもありますが、自分は「技術」だと思っています。つまり、パウンドで他の選手よりパワーがあるように見えますが、実際はパウンドで、他の選手よりパワーを殺さないまま打てる「パウンドの打ち方」を習得している、と思うわけです。パワー自体は、ほかの優れた選手達よりも優れているわけでもないと思います。

2柔道とサンボの下地があります。そのせいです
ただ、柔道の競技に出場しても活躍は出来ません。それでも柔道出身の選手と総合格闘技のリングで闘えばテイクダウン出来ます。そこが面白いところです
3攻撃は効きますよ。相撲取りみたいに極端に体重があれば、ハントみたいに防御力が上がることもあるかもしれませんが、ヒョードルは藤田戦とかでも解かるように防御力(HP)自体はフツーの選手と変わりません。ただ、ランデルマン戦とかでは受け身のウマイと言えますね。ダメ-ジを大きくしないようにするディフェンス技術。これはあるでしょう。ただ、ミルコを見て解かるように、スタンドを完全にコントロールすることは不可能ですので、パンチが当たればヒョードルでも普通に負けますよ
4サンボという柔術ベースの競技をやっていて、リングスという関節技のある格闘技に参加していた。近年の総合格闘技の技術、特に柔術の技術は研究しているでしょうから。などです
5あれは才能です。近藤有紀の目指す「不動心」を既に体得していますね

菊田早苗がBLOGでいってましたが、ヒョードルはボクシングもレスリングもそんなに強いわけじゃない、でも、それぞれの技の使い方がうまいから強いんだ と

1、スタンドノのパンチ力だけなら、K-1の選手とかと比べても目立った物はもっていません。でも、使い方がうまいんです
例えば、彼は真上にピョンピョン跳ねるようなフットワークをして、パンチを打つと同時に間合いを急速に詰めるでしょう(相手の打撃がたいしたことなければ、そのままの打ち続けますが)ああやって間合いを優位にコントロールすることによって相手が打撃を当てられないように戦略を組みたてたりしています。
ヒョードルのパウンド(グラウンドでのパンチ)は確かにピカイチの破壊力(パワ...続きを読む


人気Q&Aランキング