ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

主人の代理にて…。
クレアチンなどに詳しい方、教えていただけるとありがたいです。

以前、ローディング期間で1日4回クレアチンを飲むのを、5日間続けました。それから今は1日1回、起床2時間後に飲んでいます。

またプロテインは、筋トレ、トレーニングをした後に、200CCをそれぞれ1回、1日計2回飲んでいるのですが、これで効果が得られるのでしょうか。


プロテインならプロテインだけ、またはクレアチンだけならクレアチンだけの方が良いのか、今の状態(回数やプロテインとクレアチンの併用)で良いのか、はたまた他のサプリメントと合わせた方がより効果が得られるのか、とても疑問に思っています。

オススメの飲み方、飲み合わせをご存知の方、是非ご回答お願い致します。

ちなみに今、クレアチンを飲み始めて1ヶ月くらいになりますが、随分久しぶりに体重を計ったら2キロ増えていました。クレアチンの効果だけではないと思いますが、実感はあるにはあります。


宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

僕は詳しくはありませんが、興味がある話題なので実体験だけ触れます。


※このジャンルの知識・常識って、例えば乳酸の定義ひとつとってみても
 少し前の常識が陳腐化するので誰も自信を持って言えないと思います。

私がトレーニングをしていた時代は、運動後にプロテインを飲むことが
ひとつの習慣となっていました。
当時はまだ、クレアチンってものすら知りませんでした。
でも、アナボリック・ステロイドは既に出廻っていました。

でも今では、プロテインは運動中もしくはピーク直後に飲むことが良いと
されているようです。
その代わり運動後にはクレアチンを飲むことを勧められています。
私の場合も、基本的にそれに倣っています。
クレアチンを日に複数回に分けて摂取することを勧められたことも無いので、
僕はご主人のような摂取経験はありません。
プロテインとクレアチン、それからアミノ酸の3つを摂取しています。
使用量は、クレアチンとアミノ酸はそれぞれの商品が勧めている分量を
服用するようにしていますが、財布が厳しい時などはセーブすることも。

私はプロテインだけ摂取していた時代は胸囲112cm、上腕囲42cm程度の
体でしたが、クレアチンも摂取するようになってからは、それぞれの
サイズが5cmと3cm大きくなりました。
もちろんMaxPowerも上がりましたが、年齢がもう40歳になるものですから
基本的には怪我をしないように80%の重量でレップ数を上げたり、
60%で運きのスピードを落とすことで負荷を高めるようにしています。
クレアチンを摂取するようになり、新陳代謝はどうかわかりませんが、
年齢の割に効率良く筋量・筋力ともに良化していると感じています。
トレーニングの質と量も、以前には遥かに及ばないのが現実なのにです。


私の場合、ボディビルダーではないのでローディングなどは考えず、
公私の悩みを忘れるためのエクササイズをやっているだけのレベルなので
ご主人の回答になるかどうかは甚だ不明ですが、経験談をご紹介しました。

余談ですがこのクレアチン、瞬発力に関する場面だけでなく、
1日10時間以上の運動を継続する場面でも効果を発揮してくれます。
疲労回復面に本当に効果を発揮すると私は感じています。
数年前に、京都から熊本まで自転車で走った際(1日200kmを目安に
4日で走り切ったのですが)、クレアチンの効果を高く感じました。
それらのことから考えると、クレアチンを飲んで筋量&筋力を高めると
言うよりも、それらを高めるための超回復をクレアチンが実現していると
私の中では理解しています。

これは私の感じることなので、他の方の知識や経験談も知りたいですね。

年を重ねて振り返ると、国力も経済力も下降線を辿るばかりなのですが、
人間の体や生命に関わるジャンルは私が子どものころには予想もしなかった
事実がどんどん出てきて驚くばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見、ありがとうございました。とても参考になりました。アミノ酸も是非取り入れて、またトレーニングにも励みたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/23 19:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただきたいのが、ウエイトトレーニングと格闘技の両立についてです。

格闘技の練習をやると、次の日まだ疲れが残っていて、ウエイトをやる気になりません。格闘技はけっこう持久系の体力も使うので、次の日も疲れが残ってしまうのです。

3ヶ月ほどそれでも無理して、毎日格闘技かウエイトをやっておりましたが、体を壊してしまったようで、2週間ほどずっと体調が悪く何もできませんでした。
オーバーワークだったようです。

そこで新しくメニューを組みなおそう!と思い、週2回か3回は何もしない休養日を設けようと思っています。

そこで格闘技が月曜日、木曜日ありますが、ウエイトをする場合格闘技の次の日に設定するのがよいのか、前の日に設定するのがよいのか悩んでいます。どちらも一長一短なのですが(^^;)

ウエイトは大きくわけて胸、背中、脚と全身鍛えています。

もしご経験あられる方でうまくいったトレーニングメニューがあれば、
教えていただけましたら、大変参考になります。

よろしくお願い致します。

格闘技とウエイトトレーニングの両立の仕方について教えて下さい。

私は総合系の格闘技を週2回2時間ほどやりはじめて、1年ほどになります。

ウエイトトレーニング自体は3年ほど続けています。
私の詳細は、体重68~70kgでMAXははかっていないので、現在のはわかりませんが、
1年ほど前はベンチ90kg、スモウデッド140kgでした。スクワットは最近はじめたので、50kg10回3セットほどやっています。フォームを固めながらやっています。

私の紹介はこれくらいにして、アドバイスいただき...続きを読む

Aベストアンサー

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが多いでしょうから。打撃系の場合は、瞬間的なので、翌日に筋疲労はあまり残らないです(もちろん稽古の内容や個人差もあると思いますが)

あと、ローテーション的にどうしても仕方ない場合、日中にウェイト、夜間に格闘技の稽古という日もごく稀にあります。ウェイト当日は比較的筋肉痛が出にくいからですが、やはり疲労から稽古のパフォーマンスはかなり落ちてしまいます。とりわけ総合系の場合は、危険が大きいかもしれませんね。

うまい回答になっていなくてすみません。私自身がずっと頭を悩ませている事柄でもあるので。お互い怪我をしないように、格闘技とウェイトトレーニングの両立を目指しましょう。

私はフルコンタクト空手とウェイトトレーニングをそれぞれ週2づつ行ってますが、質問者様の悩み、凄く良く分かります。
自分の場合一番辛いのが、ウェイトの翌日の筋肉痛がひどい状態で空手の稽古をすることです。だから今は稽古の前日にウェイトをすることは絶対に避けてます。
逆に、稽古の翌日にウェイトをする分にはほとんど支障がないので、そういうパターンの日も設けています。ただこれは、格闘技の種類の違いが大きいかもしれませんね。総合系格闘技の場合、組み技などで最大筋力を長時間使い続けることが...続きを読む

Q格闘技の試合の異常なバテ

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、30秒程で失速をし、体が全くいうことを聞かず
酷い内容の試合になってしまいました。
私は練習ではプロのランカーを相手にしても負けず、「優勝して当たり前」と言われていま
したが、相手はキックを初めて5か月という素人なのにヘロヘロの状態で試合が終わった
後は一時間半程起き上がれなくなってしまい、どっちが勝ったのかわからない程になって
しまいました。

その二時間後の二試合目でも、最初からガス欠が目の前にある状態で、なにも出来ずに
負けてしまいました。

悔しくて、その後色々調べてみたら、30~1時間前に血糖が低かった体にチョコのような
ブドウ糖が高いものを入れると低血糖状態に陥ると言う話を発見しました。

質問したいのはそこなのですが、一試合目はこの話の通り、低血糖が引き起こしたものな
のでしょうか?
また、二試合目もこの事が原因で動けなかったのでしょうか?

弱いからという回答は勘弁してください、それは自分が一番わかっています。
次に失敗しない為にも是非ともよい回答をお待ちしています。

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えますが、違います。
そういうインスリンをうまく使えないのは糖尿病などの人です。
一般の人ならそこまでインスリンの過剰反応は起こりません。

#4(#5)の書かれていることももちろん正しいと思います。
(私自身も格闘技で選手をやっていました)
実際、私も質問者さんの練習も試合もみていませんし、確実なことは分かりませんが。
ただ、質問者さんの意図は低血糖を心配されていたのでその点をまず私は否定しています。

もちろん酸欠もあるでしょう。
自分のリズムで動ける練習と、相手がいる状態は違いますし、またいいボディーを効かされて一気に動けないというのもあります。ただ、そういう場合はたいていは「あれが効いた」など印象があると思います。
それに仮りに酸欠だけなら、それなら2試合目には回復しているでしょう。
逆に回復しない点が減量ミスと思いますね。

実のところ、運動生理学とエネルギーというのはまだ正解の出ていない部分も多いです。
試合前に激しいアップをして体をいったんピークにもっていくことを推奨する人もいます。
ところがそれではせっかくのグリコーゲンを消費するとまったく否定する人もいます。
なかなか難しいのが本当です。

ただ、直前に一気に減量なんて、もしきちんとした試合なら戦う前にドクターストップになりかねませんよ。
塩分制限も塩分=水分として制限されたのでしょう。でもスポーツでぽかりなどが推奨されるようにナトリウムやカリウムが低くても疲労感や倦怠感、筋肉異常などが起こります。

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えます...続きを読む

Q週何日くらい練習しますか?

うちの主人は、柔術をやっていますが、週に4日練習に行きます。
本当は週5日あるけれど、家族のために4日にしている、とのたまわります。
本当は、海外の大会にも行きたいらしいです。
主人の先生は、「妻より柔術が大事」と平気で言います。

先月第二子が産まれたのですが、出産前後も相変わらず練習に行っていました。
私が風邪をひいて寝込んでいても練習に行きます。
彼にとって、「練習を休む」という選択肢はほぼないに等しく(本人は否定しますが)、いかに練習を休まずに別のサポートをつけるか(病人の私の世話を他の人に頼むなど)ということにつきるようです。

一週間練習に行かないと、体がなまるそうです。

私はもう半分あきらめて、いかに自分の時間を楽しむかということを考えることにしました。

質問ですが、
ここのカテゴリーには、格闘技関係のスポーツをされている方がたくさんいると思いますが、
みなさん、週何日くらい練習に行きますか?奥さんとけんかになりませんか?
で、うちの主人みたいなのは、普通ですか?

Aベストアンサー

私は学生時代から合気道を始めて、週4日は稽古をしていました。
結婚してからは、週1日(日曜日だけ)にしましたが、これでも妻にはストレスがたまったらしく、子供が生まれてからは実質行くことができなくなりました。
子供が4歳になった頃に、再び始めましたが、それでも月2~3回、それでも妻がストレスを貯めはじめたので、恐る恐る行っている状態です。
私は、もう技を極めるとか考えなくなりましたが、今は仕事のストレス解消として続けています。とりあえず、稽古に行けば仕事のことはその間だけ忘れれるので。

私の知っている人でも、合気道が自分の趣味を超えた存在になって、2回離婚した人もいます。こういう人は、何をいっても聞きません。一方、私と同様に独身時代は熱心に稽古に通っていたけど、結婚したら道場から足が遠のく人はたくさんいます。そう言えば、盛大と合気道に打ち込んで、定年退職後も同じペースでやっていたら奥さんに離婚を切り出されて慌てて辞めた人もいました。
私は、家族が大事ですから、合気道は趣味以下の存在にしました。確かに合気道を止めた直後は、何か自分の行き方を否定された様で悲しかったですが、結局、自分が大事か、それとも家族を持った責任を大事に考えるか、を考えると家族と考えるしかないと思った次第です。

でも、心の広い奥さんですね。私の妻なら、とっくに実家に帰っていますね。

私は学生時代から合気道を始めて、週4日は稽古をしていました。
結婚してからは、週1日(日曜日だけ)にしましたが、これでも妻にはストレスがたまったらしく、子供が生まれてからは実質行くことができなくなりました。
子供が4歳になった頃に、再び始めましたが、それでも月2~3回、それでも妻がストレスを貯めはじめたので、恐る恐る行っている状態です。
私は、もう技を極めるとか考えなくなりましたが、今は仕事のストレス解消として続けています。とりあえず、稽古に行けば仕事のことはその間だけ忘れ...続きを読む

Q蹴り技の威力をあげるには

押忍!大道塾をやっているものです。自分は蹴り(特に前蹴り)を極めたいと思っています。そこで今足腰を鍛える為に筋トレ(フルスクワット100回・足を逆丁字の形にして腰を下げたまます数分間耐える)をしています

そこで質問なのですが、フルスクワットを100回やっても膝にだけ負担がかかり、あんまり太ももには負担がかからないような気がします。蹴り技を極めるに当たってはスクワットは効果的な筋トレなのでしょうか?是非教えて頂きたいです。また、蹴りを強くする為の効果的な筋トレがあればそのほうも教えていただければと思います。よろしくお願いします。押忍!

Aベストアンサー

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングスクワットがあります。

よく言われてますがフルスクワットはやはり膝への負担が大きいです。もし行うにしても体に聞きながらやるのがいいと思います。膝への負担が大きいと感じたのなら、無理せずゆっくりやるとか、回数を減らすことを考えたほうがいいと思います。ゆっくり少ない回数で、しかし一回一回を全力で行うという方法もあります。

僕がフルコンタクト空手の道場で最初に教わったのはハーフスクワットとクォータースクワットでした。ハーフは文字通り膝を曲げる角度がフルの半分、クォーターはそれまた半分で、これらはフルよりも膝、下半身への負担が少ないです。ウエイトトレーニングをする人たちはこの三種のスクワットを負荷や回数を考慮しながらやる場合が多いです。(スクワットのやり方、フォームについては参考URLを見てください。) 僕はフルはゆっくり全力でやるが少なめにして、ハーフやクォーターを速く多くやっていました。(ちなみに膝関節痛にはファンケルとかの飲むコラーゲンが効きます。本当です。) (^_^.)

また筋力トレーニングをした後はストレッチやマッサージを念入りにしたほうがいいと思います。疲れを残さないということは実は非常に大事です。そして翌日は休んでください。筋力トレーニングは一日置きで充分です。もし毎日練習する癖をつけたいなら、今日は上半身、明日は下半身という具合に、鍛えるパーツを変えながらやるといいと思います。これはウエイトトレーニングのジムでよく言われていることです。

他には、知っていると思いますが、ミットやサンドバッグ、砂袋を使うと蹴りの威力を非常に高めることができます。しかし自宅にそういったものがない場合は、地味ですが基本の前蹴りを繰り返すのがいいと思います。基本の前蹴りの練習にもいろいろあり、ゆっくりだが一回一回を力いっぱい蹴る、力を抜いて速く多く蹴る、力を入れて速く多く蹴る、などの方法があります。

基本の前蹴りやミット、サンドバッグトレーニングにしても、タイマーを使って行うと目標が定まっていいですよ。30秒、1分、1分半、2分、2分半、3分をそれぞれ何セットやると決めて練習するといいと思います。結構ゲーム感覚でできてあっという間に時間が経ちます。特に一人練習の時にはタイマーがあると非常に便利です。最初のうちはきついかもしれないので短い時間から試してみるといいと思います。タイマーは100円ショップでも売っています。

これ以外に僕がやっていたのは、壁押し(相撲のてっぽう稽古のように壁を押す。前に出る際の足腰の力を養成できる)、そして壁蹴りです。(スポーツシューズを履いて行ってもいい。中足で蹴る) いつも硬いものを蹴っているといざスパーリングの時に非常に自信を持って行うことができます。

あと体重の重い人の蹴りは当然重いです。(^_^) 体重を増やすことも考えるといいですよ。

参考になれば幸いです。頑張って下さい!

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~toomo/html/f9.html,http://homepage2.nifty.com/physical-education/SQdeep.htm

前蹴りの威力を高めるためにスクワットは効果的なトレーニングだと言えます。スクワットでは大腿四頭筋(太もも)、縫工筋(内股)、大臀筋(お尻)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、などを鍛えることができます。蹴りにおいてこれらを鍛えること非常に大切です。(筋肉の名称、位置については参考URLを見てください)

スクワットには、大きく分けるとフルスクワット、ハーフスクワット、クォータースクワットがあり、またそれぞれダンベル、バーベルを持って行う方法があります。他にも片足スクワットやジャンピングス...続きを読む

Q引越で極真館→新極真会の道場へ変更するのはどんなデメリットありますか?

引越に伴い、子供が通っている空手道場の流派について教えて頂きたいのですが。

現在、極真館の道場へ通っています。
引っ越す予定の地域には新極真会の道場があるのですが、いかがな物でしょう?

心配している事
1.派閥等で弊害が生じるのか。
2.道着は買い換えなくてはならないのか。
3.現在の級は考慮してくれるのか。

その他、何かアドバイスして頂けるならなんでも構わないので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>新極真会も極真会館どちらがいいのでしょうね。

新極真会と極真会館ではどちらがいいのでしょう?
という意味でしょうか?

これはそれぞれの道場を実際に見学され、どういう指導をしているか、
先生がどんな方かをご自身で見られたほうがいいと思います。
また、少年部の稽古では、付き添いの保護者の方が見学していることが
多いので、保護者の方に道場の評判を聞いてみてもいいかと思います。

ちなみに私の周りではですが、極真会館の方が多いです。極真会館は
第三回世界チャンピオン松井章圭氏を館長とする団体です。現役時代は
非常に技の卓越した選手として名が知られ、全日本選手権を二回制覇、
百人組手も達成しています。創始者である大山倍達先生が正当な後継者に
指名しました。極真会館は組織もしっかりしています。(フジテレビが
毎回全日本、全世界大会を放送している団体です)

ですが新極真も立派な先生、選手が多いので一概には言えません。
繰り返しますが、できれば,お子さんを連れてご自身で確かめられたら
いいと思います。

成人の有名選手の移籍に関してはいろいろ問題がありますが
少年部の場合は大丈夫だと思います。

>新極真会も極真会館どちらがいいのでしょうね。

新極真会と極真会館ではどちらがいいのでしょう?
という意味でしょうか?

これはそれぞれの道場を実際に見学され、どういう指導をしているか、
先生がどんな方かをご自身で見られたほうがいいと思います。
また、少年部の稽古では、付き添いの保護者の方が見学していることが
多いので、保護者の方に道場の評判を聞いてみてもいいかと思います。

ちなみに私の周りではですが、極真会館の方が多いです。極真会館は
第三回世界チャンピオン松井章圭...続きを読む

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Q極真空手の経験者の方に質問します。私は、現在27歳で、極真空手に入門を

極真空手の経験者の方に質問します。私は、現在27歳で、極真空手に入門を考えている者です。いくつか疑問点があるので、箇条書きにて書きますので、回答を宜しくお願い致します。

 (1)私は学生時代に長期に渡り、いじめられていた為に、今でも対人恐怖症的な所があり、自分に対してあまり自信が無く、人に対してオドオドしてしまう性格です。恐怖心や劣等感の感情が非常に強く、誰に対してもオドオドしてしまうような所があるのですが、こういう性格を少しでも直したいと思って入門したいと考えております。このような理由で、実際に入門したとして、何年か稽古をしていくうちに、精神的に強くなれたなと思うようになるものなのでしょうか?

 
 (2)実際に極真空手をされている方で、黒帯以上の方の具体的な強さというのは、一般人と比べると、どれ位の違いがあるのでしょうか?全く相手にならないような感じなのでしょうか?


 

 (3)現在、175cm98キロという超肥満の体系なのですが、この体でやるとやはり怪我等をしやすいでしょうか?ある程度体重を落としてからにした方が良いですか?

Aベストアンサー

格闘経験者です。

(1)
性格が直るか直らないかは人次第です。武道で自信を得れるかどうか・・・それはやってみないと分かりません。しかし「肉体の強さ」は、少なからず自信を与えてくれるものです。努力をして、誰かより優位に立つと思う事が自信となるのです。

(2)
黒帯でも強さは個人によります。度々試合をされてる人は、勝つ為に更なるトレーニングを積んでますので強くなるでしょうね。黒帯の方が一般人を本気で殴る事は普通ありえません。なので想像でしかないですが、もし本気で殴ると・・・簡単に殺せます。それから格闘家と比べると一般人の攻撃はスローモーションですので攻撃はまず当たりません。

(3)
体型にかかわらず、フルコン空手など素手の直接打撃は怪我が前提といって過言ではないです。逆にそれだけの事をやっているから、相手の痛みが分かり思いやりがもてるようになりますし、不測の事態に対処できる術が身につくのだと思います。体重を落とすなら、道場に通うだけですぐに落ちるとおもいます。

通うなら本部道場をお勧めします。本部には少なからず教え方に定評のある師範が居られますので上達も早いです。

最後に、武道はその場に身を置く事で、他者との切磋琢磨により自身を鍛錬するものです。喧嘩の道具ではありませんので勘違いされないようにお願いします。

格闘経験者です。

(1)
性格が直るか直らないかは人次第です。武道で自信を得れるかどうか・・・それはやってみないと分かりません。しかし「肉体の強さ」は、少なからず自信を与えてくれるものです。努力をして、誰かより優位に立つと思う事が自信となるのです。

(2)
黒帯でも強さは個人によります。度々試合をされてる人は、勝つ為に更なるトレーニングを積んでますので強くなるでしょうね。黒帯の方が一般人を本気で殴る事は普通ありえません。なので想像でしかないですが、もし本気で殴ると・・・簡単...続きを読む


人気Q&Aランキング