第3種電気主任技術者の実務経歴証明書を作成しています。面接時 問われることや実務経歴証明書内で注意することはどんなことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も経歴で密かに電検3種を取ってやろうと目論んでいるものです(笑)



あくまで人づたいに聞いた話なのでいくつかかいつまんでみると・・・
1.自職場で電気設備(変電所・サブ変電所)での点検内容
2.日時点検の内容,月次点検の内容,年次点検の内容
3.自職場の契約電力,使用負荷
4.電気関係の基礎知識(自職場での電気の流れ)
  例:特高変電所→第2変電所→サブ変電所
  この流れの中で遮断器の種類,パワーヒューズがどこに付いてるか
  等覚えておくと良いみたいです。
後は面接ですから,就職試験の時みたいに面接の心得をきちんとしておけば
良いみたいです・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。又、なにかありましたら教えてください。
お互いがんばりましよう。

お礼日時:2001/02/11 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気主任技術者3種免状交付申請について!

 大学の単位も実務経験も、電気主任技術者3種免状申請の規定を満たしているのに、会社(工場長)が申請をしぶってます。
 こうなれば、実務経歴書を自分で作成し工場長を無視し会社(社長)に直接証明印を貰おうかと考えます。実務経歴書は自分で作成しても良いものなのでしょうか?
 過去のQ&Aでは、会社側はどこもなかなか申請書を書かないとありました。認定後会社を辞められると困るからと・・・!学校の単位も実務経験も自分の物なのにおかしいですよね。そしたら、また別の人を申請認定させてあげればいいじゃないですかね!!!何か、申請するにあたり規制があるのでしょうか?1年に何人までとか?ただ、書類作成が面倒なだけなのでしょうかね???

Aベストアンサー

>実務経歴書は自分で作成しても良い…

書類を自分で書くこと自体は問題ありません。
あなたがもし自営業なら、そのまま捺印するだけで通りますが、勤め人の場合は、所属長の署名捺印が必要です。

ところで、3種は高卒レベルです。大学を出ているなら、上司に嫌な顔をされてまで判子をもらうより、試験を受けたらどうでしょうか。

Q第三種電気主任技術者の実務経験5年以上について

第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したので、転職活動をしています。

ですが、実際探してみると「実務経験5年以上必須」という記述があるものが多いので、応募できずに困っています。
私は工場の設備保全・生産技術 主任として6年程の経験がありますが、キュービクルのメンテ等はほぼ未経験です。
ほぼ、というのは保安協会の月次点検に立ち会ったり、年次点検の際に休日出勤をしたり、といった程度の経験しかないということです。

ここでいう「実務経験5年以上」というのは、具体的にどういった事をさすのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経歴5年というのは、電険を合格して、免許を、取得してからです。メリットは、一種電気工事士の資格を認定で、もらえます。
それが基準になっていると思います。バブルのころは、一年で、雇用されました。しかも、3ヶ月の経験で。通常の設備管理者でも、経験なしで、就職できました。今不況で、電険保持者だけでなく、国家試験保持者でさえ、就職は、難しいです。
技術者管理協会がありますが、請負で、仕事は、もらえます。定年の人が多いです。それも、最低、合格してから、高圧電気設備管理などの、
仕事に5年以上従事しているのが条件です。
仕事としては、人によりますが、それほど、の内容のある仕事だとは、
思えません。でも、電険をとっている、しかも試験合格ですので、
いずれか、今すぐか役に立つ資格です。
でも、いずれにしても、今までの仕事の経歴は、就職には、有利でしょう。

Q電検三種(第三種電気主任技術者)試験の合格得点について

第三種電気主任技術者試験は何点取得すれば合格かご存知の方がいらっしゃれば教えてください。60点がボーダーラインかと思っていましたがそうではないという話を聞きました。場合によってはボーダーラインが下がることもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

この種の国家試験は、基本的に合格ライン60%以上で、
多い場合には調整しないようですが、合格者数が少ない場合には、レベルを下げてくれるようです。
なお、H15年度は、機械のみ科目間調整が行われて、48点以上になったようです。

これらの情報は試験の実施責任者である(財)電気技術者センターが試験結果発表にあわせて公開しています。

H15年度については、下記を参照ください。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/press/20031023/H15denken3.pdf

Q第3種電気主任技術者を取得したい

勉強が難し過ぎて、はかどりません。
資格をお持ちの方、アドバイスを下さい!
電気関係の仕事に就くには、他にどんな資格を取ればいいですか?

Aベストアンサー

電気関係ということは、強電と思っていいのでしょうか?(電気主任技術者だからいいとします)

仕事は、電力会社でしょうか?それとも電気工事関係でしょうか?
電力会社では、やはり電気主任技術者になると思いますが(それも1種・2種)、電気工事関係なら、電気工事士というのがあります。3種が難しいのであれば、電気工事士からはじめるのもひとつの手ではないかと思います。(ただし、実技の試験がありますので、ある意味難しいかも・・・)

あと、工事関係では、通信関係の知識が求められる場合もあります。無線技術士、無線技士、工事担任者などがあります。

Q第三種電気主任技術者免状

第三種電気主任技術者免状という資格の難易度は高いものでしょうか?
全く無知な状態でも勉強すれば受かりますか?

また、あれば就職に役立つものでしょうか?
資格があっても経験がないとむずかしいでしょうか?
第一種、第二種に比べれば就職に有利とは思いませんが…

Aベストアンサー

電験三種は電気に関する広範な知識が必要です。
単に、電気理論を納めれば済むというものではなく、発変電、送配電、電気機器、電気法規など、およそ強電といわれる分野の知識が必要で、全く無知な状況では独学ではとても無理でお勧めできません。

さらに、この国家資格を取得できたとしても、実務経験が3年以上ないと、使い物にはなりません。
ただし、就職には有利な資格であると思います。

Q電気主任技術者1種の実務経験と価値

将来、実務経験を経て電気主任技術者の資格を取得しようと考えています(認定校で指定された学科の単位を取得しています)。そこで、2点について教えてください。

(1) 1種を取得したいのですが就職先として実務経験が認められる業種とはどのようなものがありますか?電力会社は思いつくのですがその他あればどの業種のどのような担当部署につけば認定されるのか教えてください。

(2) 将来、再就職をする場合電気主任技術者1種はどのような業種で有利になりますか?また、1種まで取得する必要はありますか?(1種を必要とする大規模設備は少ないと聞くので)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力会社のほかには大規模な工場(製鉄所、石油コンビナート、紙パルプなどおおよそ10万キロワットクラスの発電所や受電設備をもつ企業が対象になります。これらの企業のなかでエネルギー部、工務部などに所属し、電気主任技術者としてのキャリアを積めば認定にいたります。ただし、認定の条件として現在の主任技術者の指揮命令のもとで直接2種の範囲の業務を一定期間遂行したことを求められます。産業局に提出する実務経歴書(会社社長の証明が必要)にもどんな設備の保守点検を1日何回行ったというふうに記載します。
ところで、電気工学を専攻されてこういった会社に入った場合にこのような職場に配属されるかが問題です。1種は事業所に一人いればよく、会社にとっては5年に一人くらいずつ認定していれば充足できます。たいていの電気関係のエンジニアは製造設備の保守やコンピュータのお守りをすることになり、エネルギー部門にいけるのは大学院でエネルギーを専攻したような人ばっかりです。
1種を必要としない事業所は実務経歴書を発行してくれませんし、産業局も資格を必要としない事業所からの認定申請を認めないでしょう。
(もともと認定制度は試験で取得できない人の救済措置なので、必要の無い職場には認定は厳しくなります)

2)1種を必要とする職場は限られており、転職者を必要とすることはありません。2種を必要とする職場は多いのですが、たとえば清掃工場では工場を建設したプラントメーカーが運転や保守、主任技術者までだして運転業務を請け負っていることが多いです。この場合、新聞などで求人して3交代勤務をする労働者としてプラントメーカーの子会社に採用されて勤めることになります。
高層ビルなどでも2種で充分ですが、電気主任技術者だけでなく空調(冷凍機、高圧ガス、ボイラ)、工事、衛生(給排水、ビル管理)などの知識も必要とされます。
1種を持っている人間がこういったところに応募しても管理的な業務に就けるとは限らず、地位や給料も2種並みになります。

3)大企業で1種を実務経歴で取得した方が定年後は名義貸しとして保安協会や管理技術者協会などに加入し、町の商店・工場の主任技術者の代行をしますが、休日夜間の対応が必要な割にはマックの時給並み以下であり本業として行うだけの給料は得られません。(年金の足しにはなりますし、ボケ防止にはなります)

4)電験の世界では実力1種とか認定1種といった言われ方をされます。認定の方は執筆、講演などの話は来ませんし、独立・転職などでも技術を売るというだけの実力がないため不利です。

電力会社のほかには大規模な工場(製鉄所、石油コンビナート、紙パルプなどおおよそ10万キロワットクラスの発電所や受電設備をもつ企業が対象になります。これらの企業のなかでエネルギー部、工務部などに所属し、電気主任技術者としてのキャリアを積めば認定にいたります。ただし、認定の条件として現在の主任技術者の指揮命令のもとで直接2種の範囲の業務を一定期間遂行したことを求められます。産業局に提出する実務経歴書(会社社長の証明が必要)にもどんな設備の保守点検を1日何回行ったというふうに記...続きを読む

Q3種電気主任技術者の勉強法について

3種電気主任技術者の免状をどうしても取りたいのですが、過去問を見て独学では厳しいと
考えました。
そこで、通学を考えているのですが、この資格の予備校のようなところはあるのでしょうか。
ネット等で調べたのですが、見つけられませんでした。
昼間は仕事をしているため、夜通えるところを探しています。専門学校のように試験以外も
勉強するところではなく、できれば試験対策のみの授業を行なってくれるところを探しています。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私も通学は勧めません。過去問を見て独学では厳しいと感じる方では、授業についていけないからです

替りに、以下の方法での基礎力Upを勧めます。
(1) 中学レベルの基礎は出来ているものとします。

(2) 工業高校電気科の教科書を入手して、勉強してください
    入手方法はググってください。 内容は目次を参照くださいですが、
    結構高度なとこまで行きます。中学生にわかるように書いてあります

(3) 並行して、高校数学の参考書を入手して、勉強してください
    微分、積分、三角関数、指数関数、対数関数、ベクトル演算を再度マスターしてください

これは高校生が2~3年かけてやる分量なので、時間がかかりますが
これだけこなせれば、電験参考書も独力で読みこなせるようになります。

この時点でやっと授業についていける状態になりますが、
そのころには、もはや残り独学でも行けるはずです。

Q第1種電気主任技術者

今現在、電験三種を持っていますが、今後独学で第一種電気主任技術者を取得することは可能ですか?

Aベストアンサー

電験1種の難易度は大学院で電気工学を専攻し、電力畑で実際に超高圧とか発電所で実務を5年くらい経験した方が2-3年勉強して取れるレベルです。(一般企業に勤務している人の場合、勉強時間が平日数時間、土日合計で15時間程度しかできないため)
学生でこの試験に絞って完全な受験勉強体制を組んで毎日8時間勉強すれば1-2年で合格可能でしょう。
電力会社であれば社内研修(企業内大学)があると聞いています。

1種向けにも参考書と問題集は売られており過去10年間の問題が一通り解けるようになれば合格可能と思います。最近は合格率も上がり、100人単位で合格していますがかつては全国で20人程度でしたので司法試験よりも難しい資格と言われていました。
現在では科目合格制度や1次試験の丸バツ式への変更でかなり取りやすくなっていますが、やはり数年間は勉強が必要でしょう。
なお、1種は2種と比べて計算問題が少なく、論述問題が多くなります。論述問題は総合的な知識を要求されますが、ほとんどは3種の範囲を確実に覚えておき制限時間内に答案に展開できればよいので2種を飛ばしても取得は可能と思います。(3種を独学で取った方に限ります)
問題は最初は全くわかりませんが、何度かじっくりと読むうちにわかってきます。誰でも最初はわからないと思って辛抱強く取り組めば学習は確実に進みます。

勉強時間の確保を最優先にし、職場でも資格取得を宣言して仕事を適当にこなせるような環境にする必要があります。(よく見聞きしていると思いますが司法試験の受験者並みにする必要があります)

ところでこの資格は大学の電気工学科を卒業して所定の実務経験を積むと1年で取得できる「認定」の道があります。世の中の電気主任技術者のうち1,2種を必要とする職場の大半は「認定」資格者で充足されています。
(試験が難しすぎて需要をまかなえないため)経験は本店でコンピュータ画面の監視をしていても認められます。

原子力やダム、火力発電のボイラーにも主任技術者がありますが全て「認定」だけです。実務経歴を会社が証明しさえすれば技術的なことをほとんど何も知らなくても原子炉の責任者になれます。(通産局で役人から30分間の口頭試問を受けて自分のやった仕事と設備を説明できれば合格。試験の場合は技術基準の文言まで問われているのに)

したがって電験1種を持っていても「すごいですね」といわれるだけで一家を支えられるような仕事はありません。企業内の地位も高くは有りません。2種の職場に応募しても「そんなえらい人を雇えない」といわれるとか。ただ老後の小遣い稼ぎ程度にはなります。企業にとってはたとえ急に退職してしまっても役所にはわかりませんので次の申請などのタイミングまでに別の人間を「認定」すればすぐに充足できるため、代わりはいくらでも居ると考えているようです。


したがって1種を試験で取りたいと目指す方は、電力に携わっていて技術を極めたいと考える方や、会社から実務経歴の認定をしてもらえない人(電力会社でも管理職はすぐ認定されるが現場の人には認定が難しいため。またメーカーの人は実務経歴の対象外)がほとんどです。

社会的な地位と信用を得て経済的なメリットも得たいのであればむしろもっと簡単に取れる弁理士とか司法試験、税理士、MBAを狙ったほうがよいと思います。

電験1種の難易度は大学院で電気工学を専攻し、電力畑で実際に超高圧とか発電所で実務を5年くらい経験した方が2-3年勉強して取れるレベルです。(一般企業に勤務している人の場合、勉強時間が平日数時間、土日合計で15時間程度しかできないため)
学生でこの試験に絞って完全な受験勉強体制を組んで毎日8時間勉強すれば1-2年で合格可能でしょう。
電力会社であれば社内研修(企業内大学)があると聞いています。

1種向けにも参考書と問題集は売られており過去10年間の問題が一通り解けるようになれば合格可...続きを読む

Q  電気主任技術者について

  電気主任技術者について

  ネットで調べていて良くわからなかったのですが、
 「電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任 しなければならない」
 という記事をみつけました。
 これは電気設備のある企業には必ず電気主任技術者がいるということなのでしょうか?
 
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力会社から高圧や特別高圧で電気を受けているところでは電気主任技術者の選任
または外部委託の申請が必要です。
(他にも低圧受電でも容量の大きな発電設備があったりすると必要です)

一般家庭のように100Vや200Vだけを電力会社から受けている企業は対象外ですが
キュービクルや受電室なんてものがある企業には電気主任技術者がいます。

参考URL:http://www.nisa.meti.go.jp/safety-kanto/denki/index.html

Q第三種電気主任技術者

受けようかと思います。会社の業務上必要です。
一応大学の電気科を出ています。しかし認定に
必要な単位は取っていません。ですのであまり
素人向けの参考書でも困りますが、これはという
良書があれば教えてください。

またこの資格の将来性はどうでしょう?最近は
規制緩和で旨みも減ってるみたいですが。

Aベストアンサー

工業高校電気科の教科書が一番です。 理論、電力、機械、法規どれも千円以下と安価で理解しやすい内容です。

各県に教科書販売会社があり定価で入手できます。 Googleで検索すれば最寄の販売会社が見つかります。

将来性:-
年々合格者が増えて希少価値が減ってきました。 エネルギー管理士、危険物取り扱い主任、消防設備士等関連分野の資格も併用すれば補強すれば怖いもの知らずでしょう。


人気Q&Aランキング