ちょっと変わったマニアな作品が集結

別のカテゴリーで質問させて頂いておりますが、
もう少し絞って、こちらでお聞きしてみたいと思います。

息子の大学入学にあたり、家計が大変苦しい状況におかれているため
国民生活金融金庫で教育ローンを申請したいと思っています。

この場合、妻(つまり私)名義で申請することは難しいのでしょうか?

夫は現在事業の破綻でほぼ収入を提示するものがありません。
生活費自体は預貯金他で今までなんとか賄ってきましたが
この時期になって経済的にかなり苦しい状態になっております。
私自身はパートで3年間勤めた会社で昨年正社員となり、給与明細など提示できるので
できれば私の名前で申し込みたいと思っているのですが
ただ私のネックとしては生活費の補填のための
クレジットカードのショッピングローンがあり、
何度か引き落としができないことがあったためこの点がかなり不安材料です。

すでに推薦で合格も決まっており、なんとしても行かしてやりたいのです。
奨学金2種も受けられる事になっていて、
入学後はその他大学が用意している家計急変のための学費減免制度なども申し込みたいと思っています。
ですが、まずは入学に必要な前期分の学費(約70万ほど)が必要です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2・3です。


お話を伺って、本当に『借入申込人』については(私が担当していた頃よりも)厳しくなっていると実感させられました。
過去の質問のいくつかからも、そのような傾向にあることは感じていたのですが…。

「世帯収入をみる」ということは、『国の教育ローン』の「ご利用いただける方の世帯の年間収入(所得)」について上限が定められているので、以前からしていました(『世帯の収入(所得)』なので、収入がある同居家族が多いと基準を超えてしまうんですよ。進学者のきょうだいが既に就職していたり、年金を貰っている祖父母がいる場合など、結構基準をオーバーしてしまうことが多かったです)。

逆に言えば、「年収の下限」については制限されていませんから、所得がゼロであったりしても「申し込みができない」訳ではないんですよね(不思議なことに)。
ですから、ご主人名義で申し込みをされてみてもよろしいのではないかとは思います(国民生活金融公庫がそうまで言うのならば)。

ただ、返済能力の審査は、あくまでも借入申込人(=債務者)の収入(所得)で行います(収入合算や連帯債務の制度もあったと思うのですが、この点は記憶が不確かなもので…)。

> 離婚すれば別だそうですが。
実は…。
これだけの為に離婚をされた事例を知っています…。
戸籍上は離婚をしても同居を続け、『妻』だけを世帯分離して、新たに世帯主となった『妻』が借入申込人になったという事例です(『妻』は離婚後も婚姻時の姓を名乗り続けられました)。

> しかしアルバイトの収入があれば、学生本人でも申請可能とも聞きますし、このあたりはどうなんでしょうか?
学生本人の申し込みもいくつか受付をしましたが、審査でNGになることが多いです。
私が実際に通すことができた事例は、確か勤続5年くらいの社会人の方が、仕事をしながら専門学校に通う…というものだけでした。
まず、進学者本人ですと、年齢が低いことが多いので、そこで『審査ポイント』を加算することができません(『国の教育ローン』には、独自の加点式審査があって、その合計点数が基準点以上にならないと融資不可になるんです。もちろん返済負担率もその項目の1つです)。
『国の教育ローン』は、借入申込者として「ご融資の対象となる学校に入学・在学される方の保護者」を想定しているので、「高校~大学院に通う年齢の『子』の親」の「一般的な年齢」を最も高くポイント付けています。
次いで祖父母などが想定されていますので、「進学者本人」という「若い方」のポイントは、非常に低いんです。
また、いくらアルバイトをしていても、学生の本分は勉強ですから、さほど『収入』があるはずがありません。
収入が低いということは、返済負担率が高くなり、返済負担率の審査ポイントが低くなります。
それゆえに、進学者本人が申し込んでも、ポイントが基準点以上にならず、融資不可となる可能性が非常に高いんです。

> 確定申告書の控えを見ると、18年度は赤字決算をしたようで、マイナス(△)がついています。
> これでは無収入とみなされて審査の対象にはならないんですよね?
私はそう認識していますが…。
普通に考えて「返済原資となる収入がないのに、どうやって返済をしていくつもりなのか?」ということが疑問になりませんか?

> 居住形態:持ち家マンション(夫名義)
> 居住年数:15年
居住形態と居住年数は、審査ポイントで満点が付きます。
年齢については先程少し触れさせていただきましたが、お子さんでは不可になる可能性がありますが、ご主人は満点が付きます。

仮に『国の教育ローン』で100万円を返済期間10年で借りたとしますと、年間返済額は112,320円です。
住宅ローンの「約13万円」というのは月額だと思われますので、年間にすると156万円程度でしょうか。
『国の教育ローン』と合わせて167万円程度。
この返済額で返済負担率が35%以下になるには、年収500万円程度が必要という計算になります。
仮に『所得』ではなく『収入』で見てもらえるとして…。
ご質問者さまのカードローンがあるので、その額を加算して187万円(カードローンの場合は、実際の年間返済額ではなく極度額を見ることが多いので)。
ご主人の『収入』とご質問者さまの『収入』と合計して、540万円以上になりますでしょうか?

公共料金支払い実績(通帳)は、審査ポイントとは無関係なので、単に借入申込人(=債務者)となることができるかどうかの判断だと思います。
世帯主=「主としてその世帯の生計を維持している者、及びその世帯を代表する者として社会通念上妥当と認められる者」という2つが要件になるそうですので、確かにその(主たる生計の維持者であるという)判断をするのに、公共料金の引き落としは目安になるのでしょうね。

> 夢を持って大学に望む子供を落胆させるのは忍びなく、なんとかしてやりたいです。
そうですね…。
せっかく大学に進学されたのに、お子さんが学費を賄うためにバイトなどに明け暮れるようでは、大学に進学された意味もなくなってしまいますもの、親の力の及ぶ限りなんとかしてあげたいでしょうね。

必要金額が70万円で、時間が半年あれば、住宅ローンのリスケジューリングで対応する…という手段も考えられたのですが、期日が迫ってしまっているので、この方法は採れませんね。

> あえて言うならどちらの方がベターか…非常に迷います。
国民生活金融公庫がそうまで言うのならば、ご質問者さまが申し込みをされても「受付不可」としてくるかもしれません。
ならば、一旦、ご主人で申し込んで、ご主人が審査結果不可になった場合は、改めてご質問者さまが申し込みをする…ということはできるのでしょうか?
申し込み当初から収入合算・連帯債務による申し込みができるのでしたら、ご主人を主債務者に、ご質問者さまを収入合算者・連帯債務者として申し込まれるのがよろしいかと思います。
それでダメならば、一度、住宅ローンを利用されている銀行に相談を持ちかけてみてください。
何かいいアドヴァイスをしてくれるかもしれません。
住宅ローン利用中の場合は、他の融資も低めの金利で借りることができたりしますし、住宅ローンの返済実績によっては、ご主人名義でのお借入も検討してもらえるかもしれません(自営業の方の場合は、プロパーローン(銀行独自のローン)の方が融通が利くものなので)。
    • good
    • 1

#2です。



> ネットで検索していると、かなり妻で申し込んだなどの情報があったのでなんとなく納得できない部分があり、質問に至りました。
私自身、担当していた頃には「進学者の母親」で「主たる生計の維持者ではない者」を申込者とした『国の教育ローン』の申し込みを受け付けてきましたし、融資実行もしました。
…といいますのも、『国の教育ローン』の対象校は、義務教育終了後の進学先(各種学校、高校、専門学校、短大、大学、大学院など)に限定されていることから、そのような年齢のお子さんがいらっしゃるお宅では「住宅ローンを返済中」というご家庭も多いのです。
そして、そのようなご家庭では「進学者の父親」で「主たる生計の維持者」が住宅ローンの債務者になっていらっしゃるため、その方がさらに『国の教育ローン』を申し込まれると『返済負担率』が高くなって、『国の教育ローン』の審査に通らない…という事例が多数ありました。
そこで、収入がある妻の名前で『国の教育ローン』を申し込む…というカンジだったんです。

確かに『国の教育ローン』は、住宅ローン以外の他の個人向けローンと比較して、個人の借金というよりは「家族全員に、『返済については家族全員が協力して行う』という認識をもってもらいたい」という姿勢が強かったですね。
ですから、申し込みに際して「世帯全体の収入が990万円以下」(事業主の場合は所得が770万円以下だったかな)という条件が設定されていたり、審査においても世帯の人数などからいろいろ計算して独特の割合を算出したりしているんです。

申込者が主たる生計の維持者であるという証明として、公共料金等について2件以上の名義になっていることを証明しなければならない…というのは、私も今回初めて知りました。

ご質問者さまは、国民生活金融公庫の本支店に申し込みをされたのでしょうか?
それとも私の勤務先のような受託金融機関でしょうか?
もし受託金融機関に相談されたのだとしたら、国民生活金融公庫の本支店まで出向いて申し込みをされたり、もしくは、インターネットでも申し込みができますのでそちらから申し込んでみられてはいかがでしょう。

> 現在安定した収入がなくても過去3年分の確定申告書は一応ありますので変に回りくどいやり方をしない方が得策でしょうか?
『国の教育ローン』は、国民生活金融公庫のウェブサイトでシミュレーションができます。
一度、そちらで毎月の返済額を算出し(ご主人は事業所得者ですので原則ボーナス返済はなしでシミュレートしてください)、「毎月の返済額×12」の額を計算してください(『国の教育ローン』の「年間返済額」が出ます)。
この額と、住宅ローンの年間返済額を足して(これ以外にもご主人名義の個人的な借り入れがあれば、その「年間返済額」も加えてください)、それを平成18年分の確定申告書に記入した『所得』もしくは、納税証明書に記載されている平成18年分の所得額で割って、100をかけてください。
この計算で得られた数値が、ご主人の『返済負担率』になり、『返済負担率』が35%を超えなければ、ご主人の名前で『国の教育ローン』を申し込まれても通る可能性があります。
ご主人の場合は、事業主として『所得』が審査の基準になりますので、『収入』ではなく『所得』で計算してください。

> 窓口でも自営業は給与所得者と違って、納税額と実質の収入は必ずしも合致しないとの見解もあるようでしたし、このあたりで返済能力はなんとかクリアできないものかと思います。
私の勤務先は、国民生活金融公庫の『国の教育ローン』の受託金融機関であって、国民生活金融公庫ではないのですが、『国の教育ローン』については、当然に国民生活金融公庫の本支店で申し込んでも、どの受託金融機関で申し込んでも、申込受付および融資審査の『基準』は同じはずです。
私自身は、そのような『考慮』をしてもいい…という話は、聞いたことがありません。
公的証明をもって基準にしないのならば、審査自体「どうでもいい」ということになってしまいます。
ならば、A銀行(受託金融機関)ではNGだったけれど、B銀行(受託金融機関)ではOKということすら起こりえますね。
私は、『国の教育ローン』については、給与所得者は『収入』を、確定申告をされている方は『所得』を、返済能力の基準にするというルールしか存じません。
「自営業の場合には、別途定められた基準による」というような基準の存在を存じませんので…。

有利な方法としては、保証人を立てるよりも、保証料を払って(財)教育資金融資保証基金の保証を利用した方がかもしれません。
審査基準となる年齢や職業はどうしようもないことですし、同居家族の人数や居住年数もごまかしようがないですから、特段有利な方法としては思いつきません。
返済負担率の点では収入のある家族の人数が多い方がいいのですが、同居家族が多いことは、別の基準にマイナス影響を与えてしまうので…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々のご丁寧な回答、ありがとうございます。

相談に行ったのは国民生活金融公庫の支店です。
夫が自営業者で現在経営が苦しいこと、
私が正社員で勤めており、毎月決まった収入があるので
できれば私名義で申し込みたい、などを話したのですが
あくまでも世帯収入で見る点から言っても、ご主人の名義で…と言われました。
離婚すれば別だそうですが。

しかしアルバイトの収入があれば、学生本人でも申請可能とも聞きますし、
このあたりはどうなんでしょうか?

>平成18年分の確定申告書に記入した『所得』もしくは、納税証明書に記載されている平成18年分の所得額

弱りました・・・
確定申告書の控えを見ると、18年度は赤字決算をしたようで、マイナス(△)がついています。
これでは無収入とみなされて審査の対象にはならないんですよね?

居住形態:持ち家マンション(夫名義)
居住年数:15年

●夫 49歳
所得:0またはマイナス
   (実際は生活費として毎月30万入れています)
借入:住宅ローン約13万円
    その他なし(たぶん)
●妻 43歳
所得:約110万円
  ※同じ会社で3年半勤めていますが、
   昨年はパート勤務のほうが長いので、扶養内です。
   今年からは200万ほどでしょうか。
借入:カードローン 約20万円(毎月1~2万円返済)

返済負担率から言うと、私のほうが有利のような気がしますが
前述のような公共料金支払い実績(通帳)についても評価点が低いため
窓口でも可能性は低いと言われております。

が、千にひとつ万に一つの可能性にかけて、いずれにしても申し込みはしたいです。
自分達のような状態で大変勝手な願いとは承知しておりますが、
夢を持って大学に望む子供を落胆させるのは忍びなく、なんとかしてやりたいです。
あえて言うならどちらの方がベターか…非常に迷います。

お忙しいとは思いますが、もしさらに何かございましたらアドバイスをお願いいたします。

お礼日時:2008/02/21 23:25

かつて、国民生活金融金庫の「国の教育ローン」を仕事で担当したことがあります。



私が担当していた頃と比較して、審査が厳しくなっているのは事実のようです。
以前は祖父母が申込人でもOKだったのですが、今は「進学者の親」という原則を徹底しているようです(以前からこの原則はあったのですが、特に問われなかったんです)。

> 妻(つまり私)名義で申請することは難しいのでしょうか?
できなくはないと思います。
『国の教育ローン』は、「その家の主たる生計の維持者」に債務者になっていただきたい…とされているので、「夫は現在事業の破綻でほぼ収入がない」ということを伝えれば、ご質問者さまの収入によって生計が維持されていると捉えてもらえると思います。
ですから、申し込みはできると思うのですが…。
ただ、『国の教育ローン』は、就学中は据置期間とできるといっても、「いつでも返済することも可能」な経済状況でなければ、審査に通りません(計算でそうなるんです)。

> ネックとしては生活費の補填のためのクレジットカードのショッピングローンがあり、何度か引き落としができないことがあったためこの点がかなり不安材料です。
これは、どうしようもないですね。
程度にもよると思いますが、あとは国民生活金融公庫がどう判断するか…の問題なので、外部の人間には何とも言いようがありません。
国民生活金融公庫は、(#1さんのような)利用履歴に関してはさほど厳しいことは言わないのですが、ご質問者さまのような『支払遅延』の事実がある場合は、判断が微妙だと思います。
ましてや、「生活費の補填のための利用」だったことは言わない方がいいです。
それだけ「生活が」苦しいとなると、「『国の教育ローン』を借りたはいいけれど、どうやって返済をするつもりだろう?」と考えますので。

とりあえず、『ダメもと』で、ご質問者さまが申込人となって申し込まれるのがよろしいかと思います。
融資については、貸す側は「返済負担率」をみます。
金利の低い『国の教育ローン』の審査に通らなければ、返済負担率の関係で他からの借り入れはさらに厳しいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>以前は祖父母が申込人でもOKだったのですが、今は「進学者の親」という原則を徹底しているようです(以前からこの原則はあったのですが、特に問われなかったんです)。

そうなんですね。
ネットで検索していると、かなり妻で申し込んだなどの情報があったので
なんとなく納得できない部分があり、質問に至りました。

相談した窓口では

●夫が自営業で現在経営困難にある事
●私が少なくても毎月決まった収入があるので、できれば私の名前で申し込みたい

という趣旨の話をしたのですが、
世帯主、もしくはDomenicaさんの仰るように、「主たる者」の定義で
現実生活費を賄っているのがご主人ならご主人の名前で申し込んで下さいとの事でした。
また、実際生活費(住宅ローンや公共料金等)は、
これまで夫名義の通帳から引き落としされていましたので
私の名義の引き落しは携帯電話くらいしかなく、
2件以上の証明できるものがないと、判断材料としてはかなり弱いとも。

その後国民生活金融公庫のコールセンターでこの事を問い合わせてみたのですが
窓口の担当者がお話を聞いてそう誘導したなら、そのような判断をしたんだと思います、という感じの回答でした。


>とりあえず、『ダメもと』で、ご質問者さまが申込人となって申し込まれるのがよろしいかと思います。

Domenica様のご回答を拝見して、
もしかしたら変に逆らわず、夫名義で申し込んだ方が良いのかも…と思いました。
というのも、現在安定した収入がなくても過去3年分の確定申告書は一応ありますので
変に回りくどいやり方をしない方が得策でしょうか?



夫の確定申告書
私の給与証明書

窓口でも自営業は給与所得者と違って、納税額と実質の収入は
必ずしも合致しないとの見解もあるようでしたし、
このあたりで返済能力はなんとかクリアできないものかと思います。
あとは夫自身がなにかの支払い延滞などしていなければ良いのですが…。

>ましてや、「生活費の補填のための利用」だったことは言わない方がいいです。

はい、これは肝に銘じます。
何か他に申請にあたって有利になるようなアドバイスがございましたらぜひ教えて下さい。

お礼日時:2008/02/20 01:04

答えにはならないですが・・。

去年同じローンを借りました。(私立高1年・都立高3年の二人分200万ずつ計400万。)申請時には主人の給料明細・公共料金半年分の領収書・入学金や予備校の学費記載の資料など必要でした。1年間分の通学の定期代や学用品代、予備校の授業料までも換算してくれたので二人とも満額分借りれました。返済は10年以内ですが据え置き可能なので、せめて一人卒業するまではと先延ばしにしています。現在利子分のみ一人月4000円弱ずつ払っています。カードの延滞はないですが、キャッシングが100万以上あり心配しましたが大丈夫でした。他にもネットで申請可能な銀行や保険会社(損保ジャパンなど)などあたってみては? 
ご幸運をお祈りいたします。

参考URL:http://www.sj-credit.co.jp/
    • good
    • 7
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
銀行や保険会社の審査では、勤務年数3年以上が条件のところがほとんどなので、
今の私では審査対象になりそうにないのです。
教育費、本当に大変ですね。
お気遣い、本当にありがとうございました。
他の策も考えながら、申し込むだけ申し込んでみようと思います。

お礼日時:2008/02/20 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻の私が夫に教育ローンを組んでもらえますか?

 はじめまして。20代の主婦です。おわかりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

 夫が転勤することになり、昨年末に仕事を退職しました。これを機に、夢であった専門学校へ今春から進学したいと考えております。医療系の専門学校で、修業年限は3年、卒業までの学費はおよそ300万円です。そのうち初年度納入額の100万円ほど借り入れを希望しています。
 
 現在、住宅ローンを2つ(自分たちの家と、夫の両親の家)抱えており、できれば自己資金を使いたくないので、私の進学費用を教育ローンで借り入れできないものかと考えております。

 一般的に教育ローンは子どもの進学費用が対象となりますが、妻である私の進学費用でも対象になるようなものはありますでしょうか?

 私はすでに退職し、現在は無職ですので、私本人の名義で教育ローンを組むことはできないと思います。また、金利の高いフリーローンは抵抗があり、できるだけ避けたいと考えております。自分勝手な考えかもしれませんが、ご教授願えませんでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

金利が低いということですと、「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」(以下、『国の教育ローン』」と書きます)が、まず挙げられるかと思います(それでも、先月よりも金利が上がりましたね~。このところ長期金利が微妙に上がってきているので、金銭消費貸借契約時までに、さらに上がる…ということがないといいのですが)。

http://www.k.jfc.go.jp/kyouiku/ippan/index.html

こちらは、ご主人が借入お申込人になり、妻であるご質問者さまの進学費用を借りることができますよ。
進学希望先が専門学校とのことですから、おそらくは『国の教育ローン』の対象校になっていると思います(『国の教育ローン』は、『国の教育ローン』対象校への進学でないと利用できないんです)。

『国の教育ローン』は、借入額の上限が1学生につき300万円ですから、100万円でもOKです。ただし、「1年間に必要な額」までしか借りることができませんので(明細等証拠書類が必要になります)、今後、追加借り入れが必要という場合には、毎年借り入れ申し込みが必要…ということもあります。

ご主人が借りられる…といっても、もちろん、審査に通ればの話になります。
『国の教育ローン』は、「進学者の保護者(=親)」が借りることが前提になっていますので、「進学者の夫」となりますと、いくつかの点で審査に不利に働く部分があると思います。年齢、勤続年数、居住年数などがそれに該当するでしょう。

また、『国の教育ローン』では、「世帯の年間収入(所得)」に上限があり、それを超えているとご利用いただけないんですよ。
ご質問者さまのご家庭の場合ですと、ご主人が給与所得者であれば790万円、事業所得者であれば590万円が「世帯の年間収入(所得)上限額」となります(特例措置による例外あり)。
これ以下の年収で、
> 住宅ローンを2つ(自分たちの家と、夫の両親の家)抱えており
という状況ですと、返済能力の点でも厳しくなる可能性も考えられます。

ただし、残念ながら、ご質問者さま自身が「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」の借入申込人になることはできません。
民間金融機関の教育関連ローン等の場合は、「進学者本人」が債務者になれる場合もあるのですが、「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」の場合、借入申込人となれるのは「その世帯の主たる生計の維持者」になっているんです。

以前は、この点についてはさほど厳しくなく、私自身「ご主人(進学者の父)に住宅ローンがあり、返済能力の点で審査に引っ掛かってしまうので、パートで150万円程度の収入がある奥さん(進学者の母)を債務者にした(世帯年収の上限はクリア)」案件を通したことがありますが、数年前から、これがダメになっているんですよ…。

「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」で、進学者本人が借入申込人として認められる場合は、「勤続年数が何年もあり、その仕事を続けながら学校等へ通う、1人で生活している人」というパターンの場合が殆どです(私が扱った案件も、このパターンしかありませんでした。件数としては複数件あったのですが)。

『国の教育ローン』ではない、民間金融機関の教育関連ローン等の場合は、「進学者本人」であるご質問者さまが無職で収入がない場合、ご質問者さま名義で借りることができるかどうかは、「申し込んでみなければわからない」部分があります。

取り敢えず、ご主人名義で『国の教育ローン』を申し込んでみられるとよろしいのではないかと思います。

金利が低いということですと、「日本政策金融公庫の『国の教育ローン』」(以下、『国の教育ローン』」と書きます)が、まず挙げられるかと思います(それでも、先月よりも金利が上がりましたね~。このところ長期金利が微妙に上がってきているので、金銭消費貸借契約時までに、さらに上がる…ということがないといいのですが)。

http://www.k.jfc.go.jp/kyouiku/ippan/index.html

こちらは、ご主人が借入お申込人になり、妻であるご質問者さまの進学費用を借りることができますよ。
進学希望先が専門学校とのこ...続きを読む

Q自己破産していたら国の教育ローンは無理? 

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメもとで申し込んでみようと思うのですが、実質10年間はブラック扱いという情報も目にし、とても不安です・・・
自己破産後6年ではやはり厳しいでしょうか?
国民生活金融公庫の支店で相談したところ、「とりあえず申し込んでみてから・・・」というあいまいな答えでした。。

ちなみに父親の現在の年収は400万ほどで、母親のパート収入が100万くらいです。
自己破産後に転職したため勤続年数も短く、家は借家です。

審査が通らなかった場合の資金調達についても何かいい案があれば知恵をお貸しくださいm(_ _)m
祖父母には入学時の授業料を出してもらっており、まだ1/3ほどしか返せていないため、これ以上迷惑掛けたくないです。。

ちなみに後期の学費は、秋に大学から授業料半額分の奨学金がもらえそうなので大丈夫です。

現在大学4年生です。
普段は奨学金とバイト代で学費を払っているのですが、下宿の更新料や就職活動で出費がかさみ(+バイトもあまり出来なかった)、奨学金のストックと貯金が予想以上に減ってしまったため、前期の学費(約45万)が払えそうもありません。
そこで親に国の教育ローンを申し込んでもらおうとしたところ、父親が6年ほど前に住宅ローンの関係で自己破産していたことを知りました。

信用情報機関の中には5年でブラック情報を抹消するところもあるようなので(全国銀行個人情報センターなど)ダメ...続きを読む

Aベストアンサー

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から10年間、全ての個人信用情報機関にその旨の情報が登録されています。
国民生活金融公庫もその受託金融機関も、『全国銀行個人情報センター』に加盟しています。
申し込みをされるとまず個人信用情報の照会をするのですが、その時点でアウトになります(解りきっていることなのに、なぜ国民生活金融公庫がそのような曖昧な回答をしたのかは不明)。

仮に誰かのミスで個人信用情報をスルーしたとしても、勤続年数の短さと、居住形態で審査の加点が低いです。
また、「住宅ローン関係で自己破産して現在借家住まい」ということは、当然に現在の住宅における『居住年数』も短いということで、この点でも審査の加点が低くなり、トータルして、審査クリアの点数に足りないのではないかと思います。
年収は400万円あれば問題なしになるとは思いますけれど、審査結果の『合計点』が、基準点を超えなければ、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の融資は受けられないんです。

最近は、国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査も厳しくなっているようで、以前は、「父が自己破産しているのならば、パート勤めの母(自己破産していない)に借入申込人になってもらって…。」ということが認められていたのですが、現在は「借入申込人はあくまでも世帯の主たる生計の維持者でなければ不可」になっているそうなので、お母さまや祖父母さまに借りてもらう…ということもできません。

他の方法としては、思いつきませんので、#2さんのクレジットカード払いの方法が裏技になるかと思います。

国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の審査を担当したことがあります(勤務先が国民生活金融公庫の「国の教育ローン」の受託金融機関なので)。

6年前に住宅ローンで自己破産ですか…。
もしかしたら、住宅金融公庫のステップ返済を使われていたパターンかも。ステップ返済の所為で住宅ローンが破綻した方が多発しましたから。

延滞の情報ならば、延滞解消や契約終了後5年で情報が消えるのですが、自己破産の情報は5年では消えないんですよ。
ご懸念のとおり、自己破産は官報記載情報なので、決定から...続きを読む

Q教育ローンの審査が通るか?

自営業の倒産で銀行、信販会社、サラ金からの借入があり平成10年10月に自己破産しました。その時に父親の国民金融公庫の保証人にもなっていて、事故歴がのってると思います。子供が専門学校にいく為に国、銀行の教育ローンを使いたいのですが審査通るのでしょうか?来年度からは、事故情報が7年間だったのが10年間登録される話も聞いているのですが・・・。私名義では、国の機関、銀行からは借りるのは難しいでしょうか?何かいい方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、個人融資も担当していました。
私の勤務先では、国民生活金融公庫による国の教育ローンも扱っておりますので、当然ながら担当しておりました。
また、CIC認定の個人信用情報取扱主任者の資格も持っておりますので、その経験等からお話します。
厳しいことを申し上げますが、現実はこのようなものです。

まず、自己破産が平成10年10月とのこと。
こちらは、自己破産により債務の免責を受けられた-ということでよろしいでしょうか?
自己破産は官報記載事項ですから、信用情報機関の情報としては、7年間記録が残ります。
ですから、少なくとも平成17年10月までは信用情報機関にその記録が残ります。

国民生活金融公庫の国の教育ローンについては、国民生活金融公庫の支店窓口に出向いて申し込む方法と、受託金融機関(以下「銀行等」といいます)を通して申し込む方法があります。
銀行等を通して申し込まれた場合、銀行等で独自に個人信用情報を照会するほか、銀行等は、国民生活金融公庫に対して「代位弁済等の記録」がないかを問い合わせしなければなりません。

> 親の国民金融公庫の保証人にもなっていて、事故歴がのってると思います。
とのことですが、保証人であるpandora850さんも返済ができなかった-ということでよろしいでしょうか?
そうであれば、国民生活金融公庫の国の教育ローンを「pandora850さん名義で」借りることは不可能だと思ってくださって結構です。
仮に、何人、連帯保証人を立てられても、国民生活金融公庫に事故情報が残っている以上、「pandora850さん名義で」借りることは不可能です。
信用情報機関の事故履歴の保存と、融資金融機関(この場合、国民生活金融公庫も含む)の事故履歴の保存は別のものです。
信用情報機関の事故履歴は、一定期間が過ぎれば抹消されますが、融資金融機関では事故履歴は「永久保存」ですから。

銀行等の独自の教育ローンは、平成17年10月以降であれば、もしかしたら可能かもしれませんが(こちらも、あくまでも自営業の倒産・自己破産時に取り引きのあった銀行等では不可になります)、抹消の手続き等がどの程度で完了するか(7年で自動的に記録抹消とは聞いていますが)分かりませんので、念のため、今年いっぱいは「申し込みすらされない方が」よろしいかと思います。

では、
> 何かいい方法がありましたら教えて下さい。
についてですが、配偶者様はいらっしゃいますか?
定期的な一定以上の収入(身分はパートでも問題ありません)がある配偶者様がいらっしゃれば、その方名義で国民生活金融公庫の国の教育ローンを申し込まれることです。
そうでなければ、事故情報のない祖父母の方で、定期的な一定以上の収入のある方に借入申込人になってもらうことです。

#2さんがお答えの件は、稀なケースで、殆どクリアできる可能性は低いです。
いくら保証人がいても、審査は借入名義人で行いますから、借入名義人に定期的な収入がなければ、申し込みすら受理してもらえません。
お子さんは、来春高校を卒業して、専門学校へ通われるということでしょうか?
仮に、働きながら専門学校へ通う-としても、融資審査で見るのは、「前年の収入」です。
高校生であった方ならば、「前年の収入」はゼロにひとしいのではありませんか?
仮に、その状況で、お子さん名義で教育ローンを申し込まれても、年収を12で割った額が、毎月の返済額の4倍以上-という条件もクリアできなければ、融資不可となります。

また、「卒業後返還するようなローンでした。」というのは、国民生活金融公庫の国の教育ローンには、学校に在籍している間は返済を据え置くことができる-という据置期間が設けられているからです。
ただ、この間も「利息」分は払わなければいけませんので、ご注意ください。

そんなことから、私も奨学金制度を検討されることをオススメします。
こちらも、あくまでも借金には変わりありませんが。

金融機関に勤務しており、以前、個人融資も担当していました。
私の勤務先では、国民生活金融公庫による国の教育ローンも扱っておりますので、当然ながら担当しておりました。
また、CIC認定の個人信用情報取扱主任者の資格も持っておりますので、その経験等からお話します。
厳しいことを申し上げますが、現実はこのようなものです。

まず、自己破産が平成10年10月とのこと。
こちらは、自己破産により債務の免責を受けられた-ということでよろしいでしょうか?
自己破産は官報記載事項ですから、信用情...続きを読む

Q国の教育ローン受けたいが借金あり。

高校生の息子がいます。
国からの教育ローンを受けたいです。
visaに借金があります。
プロミス等の金融機関にも借金をした場合、教育ローンが降りない可能性が高くなりますか?
参考にさせてください。

Aベストアンサー

他に借金があるからローン審査が通りにくくなるわけではありません。むしろ借金があっても、毎月きちんと返済しているのであれば、そのぶん信用が増すことになり、お金は借りやすくなります。

ただし、安定した収入があり、借り入れを希望する額に対して充分な返済能力があることが前提です。教育ローンの審査が特別厳しいというわけではありません。強いていえば、世情を反映して、今はどんな借り入れでも審査は厳しいです。

なお、もしも生活が苦しくて消費者金融に頼っているのであれば、高い金利のせいでさらに家計が圧迫され、ますます悪循環に陥ります。たとえ返済義務のある奨学金であったとしても、消費者金融よりは金利が低いですから、お子さんの学費は奨学金で賄い、生活面では我慢できることは我慢して、できる限り余計な借金はしないようにしましょう。

Q住宅ローンと教育ローンについて

息子二人(大学3年、高校3年)の教育ローンの申し込みについてですが
只今住宅ローン本審査申込中で多分借り入れることができる状況です。
しかし後期の授業料の借り入れ大学入学時の借り入れを考えています(秋頃)
ここで心配なのが今まで学費の借り入れは国の教育ローン、信用金庫などで借りていました。
が、新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?今までは借家で家賃8万でした、今回住宅ローンの返済が始まったとして8万7千円くらいになりそうです、家賃を払うより家の購入を・・と思い今回思い立ったわけですが貯蓄もなく学費はローンに頼るしかありません。夫の年収は480万私は270万です。どちらも正社員で5年は勤務しています。
住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能でしょうか?
なんでもいいですので教えてください、宜しくお願いいたします。
住宅ローンは10日以内に本審査の返答が来て6月から諸手続きに入り7月に着工です。
10月中旬に完成予定で11月末から住宅ローンの返済が始まります。
借り入れ先はJAです。

息子二人(大学3年、高校3年)の教育ローンの申し込みについてですが
只今住宅ローン本審査申込中で多分借り入れることができる状況です。
しかし後期の授業料の借り入れ大学入学時の借り入れを考えています(秋頃)
ここで心配なのが今まで学費の借り入れは国の教育ローン、信用金庫などで借りていました。
が、新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?今までは借家で家賃8万でした、今回住宅ローンの返済が始まったとして8万7千円く...続きを読む

Aベストアンサー

>新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?

難しくなりますね。
住宅ローンと自動車ローンだと、双方とも「担保」がありますよね。
ですから、同時にローンを組むことは案外簡単なのです。
が、教育ローンは「無担保」ですよね。
「息子が卒業後は、借金返済まで無給で働きますからカネを貸してくだせぇ」とは、成りません。
一般的には、無担無目的ローンと同じ扱いなのです。

>住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能でしょうか?

収入があれば、何千万円でも借りる事が出来ますよ。
まぁ、今回は質問者さまの金銭的計画が誤っていたのですかね。
金融機関では、毎月の返済額は「手取り月収の3割まで」と考えています。

>住宅ローンは10日以内に本審査の返答が来て6月から諸手続きに入り7月に着工です。

本審査が決まっていないのに、着工が決まっているの?
当然、「銀行融資が不可になった場合は、無条件で契約破棄」条項が契約書に入っていますよね?
時々、「着工したのに本審査に落ちた。どうしましよう?」という質問も多いですからね。
質問者さまの場合、こんな事は無いと思いますが。
素人の私でも、設計図と各見積書・建築予定地資料を基に先ず融資契約を行ないましたからね。
融資が決まってから、大工と正式契約を結び着工しました。

余談ですが・・・。
住宅ローン2400万円の借入は、旦那名義・旦那の収入だけですよね?
もしそうであれば、質問者さま単独で教育ローンを組む事は問題ないと思います。
合算収入での住宅ローン申込だと、厳しいかも知れません。
確実な事は、融資を申し込む金融機関でないと分かりませんがね。

>新たに大きな住宅ローン(2400万円)の借り入れをした場合教育ローンを借りることは難しくなるのでしょうか?

難しくなりますね。
住宅ローンと自動車ローンだと、双方とも「担保」がありますよね。
ですから、同時にローンを組むことは案外簡単なのです。
が、教育ローンは「無担保」ですよね。
「息子が卒業後は、借金返済まで無給で働きますからカネを貸してくだせぇ」とは、成りません。
一般的には、無担無目的ローンと同じ扱いなのです。

>住宅ローンを借りても教育ローンは借り入れることは可能で...続きを読む

Q国の教育ローンをブラックで申し込み

恥ずかしい話なのですが、銀行の教育ローンに申し込んでもダメで、
よくよく調べたら、CICに延滞情報が1件乗っていたブラックでした。

約5年前に、会社が倒産状態で給与の遅配により、払えなくなって、
延滞。その後、調停で、再度銀行引き落としで支払っていたのですが、
引き落としが止まったので、完済したと勝手に思い込んでしまい、
結局、残金が残った状態のまま、引越してしまったために、ブラックに
なっている事が判明しました。

現在、残金を支払う事で、話をしているのですが、ブラックが解消する
分けではないのですが、息子の進学資金の調達をする必要があり、
現在、公庫の教育ローンに申し込んでいます。

支払いという点では、家賃も、公共料金も、2年以上遅れてませんが、
やはり、ブラックの状態では無理でしょうか。

また、奨学金も申し込む予定ですが、入学金には出来そうにありません。

親がブラックでも、入学金を調達する方法がありましたら、ご教授いただけ
ないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には民間のブラックを公庫が鵜呑みにはしませんが、かなり厳しいです。
良くて入学金相当額しか借りられないと覚悟を。
授業料等は給費奨学金か徴収猶予を。
後ブラックは完済後5年間残ります。貸し倒れにしない分短縮されています。

Q利率の低い教育ローンを教えて下さい。

利率の低い教育ローンを教えて下さい。

貯金が足りないので300万円を
教育ローンで補いたいのですが

調べた中では、日本政策金融公庫の
利率2.65%が一番低いのです
(平成22年2月15日現在)

返済期間 5年で
保証料は 78,105円払います



他にもっと利率が低い教育ローンがあれば
教えていだけたらと思います。

ちなみに年収は480万円ぐらいで妻は120万円ぐらいです。

Aベストアンサー

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に限定されている大阪府医師信用組合の教育ローンも、年利1.775%(変動金利型。要不動産担保)でした。

多くの人が広く使えるという意味で、一番低いのは『国の教育ローン』でした。

少し前には、信販会社か保険会社の関係で、3.00%程度の金利のものを見かけたのですが、どちらの会社だったか忘れてしまいました。

ただし、民間金融機関等の教育ローンは、変動金利型の商品が多いんですよ。
そちらもやはり変動金利型でした。
ですが、『国の教育ローン』は固定金利型です。
利率だけではなく、「金利パターン」にも注意してみてください。

> 貯金が足りないので300万円を教育ローンで補いたい
民間金融機関の教育ローン商品では、「カードローンタイプ」のものがあったり、必要額の証明が必要なかったりします。

対して、『国の教育ローン』で借りることができるのは、「この先1年以内に必要な額」で、しかも「必要額の証明書類」の提出が必要だったりします。
『国の教育ローン』の場合、「大学の4年間で必要な額を、入学時にまとめて借りておこう」ということができないんですよ。

そういった「利便性」と「金利」を比較してみて、ご自身の「目的」にあったものを探されるとよろしいかと思います。
ですが、金利面だけの話で、多くの人が使える「教育ローン」限定のお話ならば、『国の教育ローン』が1番低いと思います。

> 返済期間 5年で
> 保証料は 78,105円払います
ということは、据置期間なし、ボーナス返済なし…のパターンですね。

『国の教育ローン』で、教育資金融資保証基金の保証をご利用の場合、保証料を別途支払う必要はありません。
融資額から保証料が差し引かれて資金実行しますので。
ですから、「300万円借りたい」と思って、借入希望額を300万円として申し込まれても、お手元に300万円は入りませんので。

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に...続きを読む

Q奨学金 第2種不採用の理由

誰でも借りれると思っていた、日本学生支援機構の第2種奨学金が不採用になり、あせっています。
親になんて言えばいいのかわかりません。
理由を教えていただきたいです。
自分で思いあたることは・・・
・成績が悪い。(単位を2つ落としています)
・親が今年定年退職したので、退職金があると思われた
・共働き、一人っ子、国立
・ブラックリストに載っている(クレジットカードで300円の小物を買ったのですが、すっかり忘れていて載ってしまいました)

これくらいです。
特にクレジットの件が気になります。
これのせいで落とされたのなら、就職活動時などもブラックリスト照会されて、落とされてしまうのではないかな・・と。
わかる範囲でいいので教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 何度か学生の面接をしました。明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。

1 保護者の収入が多すぎた
 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。
 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。
 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。

2 単純に、希望者が多かった。
 以前は、枠が少なかったので、500万を超えると駄目な場合も。最近は1000万を越えても、兄弟姉妹3人が大学、なんぞだと本学ならOKです。

3 面接時に1種にこだわった。
 「1種はいるが、2種は不要」と返答した。これと同様で、「10万円必要では」と進めても、「3万円」とこだわった。『3万円でよいのなら、なくても』と感じたりする。

 ブラックリストは、関係ありません(大学は知りようが無い、知る気も無い)。
 また、2種では、成績は関係ありません。留年は、アウトです。が、申請のときに受け付けないでしょう。

 以前は、後期にも募集があったのですが。また、来年度も募集があるハズです。本学だと、2年生以上の枠がありました。

 何度か学生の面接をしました。明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。

1 保護者の収入が多すぎた
 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。
 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。
 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。

2 単純に、希望者が多かった。
 以前...続きを読む

Q国の教育ローン審査 必ず勤務先に電話がある?

子どもの大学入学の際に「国の教育ローン」を利用しようと思っていますが、融資審査の際に勤務先へ必ず確認の電話はありますか? 出張で社外に出ていることが多いので心配です。携帯電話にかけてくれるとありがたいのですが、そういったお願いはできるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>融資審査の際に勤務先へ必ず確認の電話はありますか?

今は、色々会社もうるさいので
健康保険証のコピーを添付して、書面の提出で済ませてくれる場合もあります
個人名での電話には、在籍の有無も返事をしない会社があるので、電話での確認ができないことも多いです
融資の申し込みの際に、伝えれば担当者が知恵を出してくれます

Q国の教育ローンの審査 公共料金について

国の教育ローンの審査で、半年分の公共料金の支払いが分かる通帳のコピーを提出するとのことですが、例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?

Aベストアンサー

以前『国の教育ローン』の審査を担当していたものです。

私が担当していた頃には、「住宅ローンまたは家賃および公共料金(電気、ガス、水道、電話など)の支払いを口座振替している預金通帳」の提示はなかったんですよね。
でも、住宅ローンの返済も家賃の支払いもなく、公共料金もクレジットカード払いになっていると、この通帳って提出のしようがないと思うんですが…。

> 例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?
影響させないものならば、わざわざ提出させないと思います。
また、「影響しません」とは、誰にも断言できないと思います。
『国の教育ローン』の返済は、昔から「生活資金の中から行うもの」という認識でいますので(国民金融公庫の時代から。だから、生計を一にする者は連帯保証人として認めていないんです。お金の「出所」が一緒になるから)、公共料金という生活に直結した料金の支払いについて認識が甘いというのは、「よくない」と判断されるでしょうね。
実際に審査を担当している人間と名乗って、その人が「関係ありませんよ。」と言ったところで、結果としてご質問者さまが「審査NG」になれば、質問した意味もありませんよね?
ご質問者さまが「審査OK」となっても、それは単に「結果オーライ」だったというだけの話です。

以前『国の教育ローン』の審査を担当していたものです。

私が担当していた頃には、「住宅ローンまたは家賃および公共料金(電気、ガス、水道、電話など)の支払いを口座振替している預金通帳」の提示はなかったんですよね。
でも、住宅ローンの返済も家賃の支払いもなく、公共料金もクレジットカード払いになっていると、この通帳って提出のしようがないと思うんですが…。

> 例えば月末支払いが残高不足で翌月月初めの2回目の引き落としで支払われているということがあると、審査に影響するのでしょうか?...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング