ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

検索しても出てこなかったので質問させて頂きます。
カテゴリー:地理で質問しようかと思ったのですが、歴史の方が深い意見が聞けると思いましたので、こちらに投下致します。

国旗に五芒星が良く使われているのですが、
(イスラエル・ブルンジは六芒星、ヨルダン・オーストラリアは七芒星のようです)
このシェイプを国旗を作る要素の一つとして多くの国が選んでいます。

五芒星の解釈は国によって様々で、
・自国が所有する領土を表現する為のデザイン
 獲得した属州、本土と自治領、国土を構成する島、行政地区
・国家の体制
 社会主義やイスラム等。
・人物や政党
 初代大統領や政党
・主義以外の思想
 団結、協力、誇り、進歩、自由、独立、光明、国家と国民の発展、近隣諸国との有効
・各階層の人民
・星座そのもの(南十字星)
とあります。

ただ、デフォルメしたシェイプの中で、圧倒的に五芒星が多いのは何故でしょうか。
社会主義・イスラムは前提としてそれを書かざるを得ないというのは分かるのですが、
それ以外の国が領地・理想・個人・政党を表す時に五芒星が頻繁に使用される理由が
分かりません。
・書きやすいからでしょうか。
・デザイン的に格好が良いからでしょうか。
・遠くから見て分かりやすいからでしょうか。

普通に考えれば、これだけ星のマークの解釈が違うのであればもっと違うデザインに
分散しても良かろうかと思うのですが、五芒星に収斂する理由が分かりません。

イスラエルやオーストラリアのようにそれぞれ個別の意味があったとしても、三、四、六、七芒星でも良い訳です。
(他にも12,14,32,太陽そのものなんてのもありましたが、五芒星の比に及ばず)
日本は太陽を表していて○になったと思いますし、領地を表すのであれば、
○をいくつも書けばいいのかなとか思ったりするのです。
または△とか□とか*とかですね。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授頂きたく、宜しくお願いいたします。

余談)
マーシャル諸島の星のデザインはなかなか、と思っていたら実は太陽だったんですね。

また、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2012561.html
を見ると、
>五芒星形・六芒星形については元々自然発生的に作り易いデザインであり、同一のものがあっても結びつきが在るという根拠にはならないと言う事でしょう。
と回答されていますが、それではなぜ六芒星にならないのか、という疑問が沸いてきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

洋の東西を問わず、五芒星や六芒星は使われてはいました。


もちろん、意味合いも呪術的意味を中心に様々でした。
ただ、国旗に使われるようになったのは、やはり西洋文化が世界を席巻してからのようです。(つまり、19~20世紀)

その結果、「五芒星★」は、西洋において呪術的意味合いが薄れ、「大衆化」したことによって、世界でも「★=星」となり、「星」から連想するイメージとして様々な意味づけが成されていったようです。
そして、西洋文化が世界にばらまかれた結果、人々の心を掴み、国旗のデザインでも当たり前のように採用されたようです。
詳しく調べたわけではないので分りませんが、比較的新しい国に星のデザインを採用した国が多いようです。

http://homepage3.nifty.com/silver-moon/aster/isk …

↑のホームページを見ると、時代・地域によって所謂「天で光る星」というのは様々な形にシンボル化されていたのが分ります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
私が知りたい答えに一番近いように思います。

紹介いただいたサイトに
「星条旗は、☆が使われた最初の国旗でした。」
とあったのが衝撃でした。
アメリカは比較的若い国だと思っていたのに・・・。

補足日時:2008/03/07 05:28
    • good
    • 3

西洋紋章では中世の「星」印は6条で少しうねっていました。


5条のものは「拍車」で明確な区別がありました。
それがいつの間にか両者の区別はあいまいになってきました。
また古代エジプトの星も5条ですが「大」と言う形をしていました。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

拍車ですか。具象ではなく、抽象を現しているのですね。

補足日時:2008/03/07 05:34
    • good
    • 0

 バビロニアの時代から五芒星の各頂点に、古代から惑星として認識されていた「水星・金星・火星・木星・土星」を対応させていたそうですから、その辺が星としてのマークを選定する時に・・・。



 他にも各頂点に、四大元素「火・水・風・土」+「霊(神?)」を対応させる事をヨーロッパでは行われていたようです。

 中国の文化圏に有るところだと五行「木・火・土・金・水」の影響も有りますし。(万物の元素が5っなのは、古代中国が認識していた惑星が5個であったと言う説があります。)

 旧帝国陸軍がマークとして用いた、五芒星はあらゆる魔よけのお札として重宝された故事に習い、弾除け(多魔除け)の意味をかついで採用されていたなんて説も…。

 五芒星が星型正多角形で、簡単に一筆書き出来るなんてのも理由としては大きいかもしれませんが…。(六芒星は、星型多角形ですし、「クロウリーの六芒星」なんてのが有りますから、一筆書きが出来なくは無いですが、簡単とはいえませんし…。)

この回答への補足

回答ありがとうございます。呪術的要素があるから、という回答ですね。

補足日時:2008/03/07 05:27
    • good
    • 0

こんにちは。

これは私の個人的な考えですが。

五芒星の期限は人の形じゃないかと思います。
人が大の字になった形ではないかと。
だから人間にシッポがあったなら六芒星が主流だったのかもしれません。

この回答への補足

なるほど、興味深い回答を頂きありがとうございます。
確かに人の形に当てはまりますね。

補足日時:2008/03/07 05:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラエル人ってユダヤ人なの?

タイトルのとおりです。中東問題の番組をみてて気が付いたんですが、イスラエル国民について教えて下さい。

1.イスラエル国民=全員ユダヤ人ですか。
2.人種的には白人ですか、アラブ系ですか、基本的に。
3.宗教的には全員ユダヤ教の信者ですか。 イスラム教や仏教を信仰するイスラエル人っているんでしょうか。
4.ユダヤ人のために建国した国がどうしてユダヤって言葉を国名に使用しなかったでしょうか。
5.パレスチナ人って全員イスラム信者でしょうか。
6.よくパレスチナ難民っていいますが、彼らのパスポート発行はどこが行なっているんでしょうか。
7.パレスチナ人は、例えば漢民族とかクルド族とか一緒で、民族性でいえば全員同じ民族なんでしょうか。

HPをみても難しいので、簡単にご回答願えれば幸いです。

Aベストアンサー

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒を自認する集団でも、その奉ずる教義によってはイスラエル当局からスンナリとイスラエル国籍を付与されない場合があることだけを指摘しておきます。イスラエル当局のいう「ユダヤ教」とは、端的にいえば、神殿時代(以降)のユダヤ教を指しています。

現在、イスラエルは、ユダヤ教徒およびユダヤ人の母親から生まれた子供をユダヤ人と認め、国籍を付与しています。後者がユダヤ人とされる理由は、ユダヤ人女性は自分が生んだ子供をユダヤ教徒として養育する宗教的義務を負っていることにあります。よって、日本人も、ユダヤ教に改宗すればユダヤ人になることができます(教義や歴史に関する難しい試験や、宗教指導者による面接などがありますが)。

イスラエルには、ユダヤ人=ユダヤ教徒以外にも、キリスト教徒やイスラム教徒である国民が存在します。なぜなら、現在イスラエルの領土となっている土地には、古くからユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していたからです。しかし、現在では、ユダヤ人=ユダヤ教徒が圧倒的多数を占めていることは確かです。

人種構成はさまざまです。ユダヤ人=白人というイメージとは裏腹に、アフリカ系(黒人)やアジア系(黄色人種)のユダヤ人も存在します。なお、言語についても、公用語であるヘブライ語を解さず、出身地の言語しか話せないユダヤ人も多数存在します(特に、旧ソ連崩壊後に入国したロシア系ユダヤ人)。

イスラエルという国号についてはすでに回答されています。宗教的な意味のある国号です。

パレスチナ人とは、パレスチナ地方の住民を指す言葉です。すでに指摘したとおり、パレスチナ地方にはもともとユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していました。民族的には、アラブ人(アラビア語)、ユダヤ人(アラビア語・ヘブライ語)及びキリスト教系少数民族が存在しました。しかし、ユダヤ教徒であるパレスチナ人はイスラエルに迎え入れられたので、現在のパレスチナ人は多数のアラブ人とキリスト教系少数民族からなっています。

パレスチナ地方は、その大部分がイスラエルに、一部がヨルダンに併合させました。ヨルダンが併合したのは、ヨルダン川東岸といわれる地域です。この地域に住んでいたパレスチナ人は、幸か不幸か、ヨルダン人としてヨルダンの旅券を所持することができます。

参考URL:http://homepage.mac.com/ceramic_tsuka/rekisipage.html

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒...続きを読む

Q世界の国旗には、太陽より星や月が入っているものが多い理由

日本の国旗には、ご存知の通り真ん中に太陽を示す赤い円がありますが、他国の国旗を見ると太陽より星や月など、太陽以外の天体を取り入れたものが多いようです。

太陽を国旗に取り入れているのは、アジアでは日本以外だとバングラデシュ、ネパール(国ではないですが台湾)しかなく、それ以外の地域でもアンチグア・バーブーダ、アルゼンチン、ウルグアイ、マケドニア、カザフスタン、キルギス、ナミビア、ニジェール、ルワンダ、ナウル、キリバス、マーシャル諸島くらいです。

こう書くとそれなりにあるようですが、ほとんどが小国であり、日本以外にそれなりの大国だといえるのはアルゼンチンくらいです(人口だとバングラデシュ、面積だとカザフスタンも大国かもしれませんが)。
そして、太陽を取り入れている国旗より星や月(特に星)を取り入れた国旗の方が圧倒的に多く、現代の超大国と言える米国と中国の国旗には双方とも星が入っています。
国旗のデザインとして、太陽よりも星や月の方が世界的に好まれている理由を教えてください。

Aベストアンサー

ナウルは太陽じゃなくて星だそうです。星に12本の光条を入れて12の部族を表しています。

国旗というか旗というのは、意味を分かりやすく表現したものです。三色旗だって、三色に分けることそのものに意味があります。また三色旗はフランスが共和国の旗印にして以来、民主主義的な旗としての意味合いも持つようになりました。

太陽は、太陽信仰をもつ国だったり、ひとつしかない太陽を「国家統合の象徴」として使う例があります。日本やアルゼンチン・マケドニアなどは太陽を国象徴とする伝統があるので国旗に太陽をあしらい、キリバスは日付変更線という太陽に由来する地理条件をもっているので太陽を国旗にあしらっています。

月をあしらう国はほぼ100%イスラム教です。特に三日月の意匠は新月旗といって、赤十字の変わりにイスラム教国で用いられるぐらいイスラムの象徴としてスタンダードです。

星は、太陽にくらべてたくさんあるため、それぞれに意味を持たせて、その数に意味があります。中国の国旗は五星紅旗とよび大きな星が共産党を表し、小さな4つの星がそれぞれ労働者・農民・小資産階級・愛国的資本家を表します。
 アメリカの星条旗は50個で州を表し、州が増えるごとに国旗の星の数も増えてきました。オーストラリアの国旗は、南半球の象徴である南十字星をあしらい、左に大きな7本の光条をもつ星を入れて、6州1準州を表しています。

以上のように太陽よりも星や月が好まれている、というのはちょっと違うような気がします。

太陽が象徴できる意味はそれほど多くなく、基本的には「太陽はひとつ=ひとつの国家」ということしか表しません。後は地理的に赤道付近で暑い国だとかそういう直接的なもの、または伝統的に太陽を国の象徴としてきた日本のような国が利用しています。

月はイスラム教のシンボルですから、たくさんあります。星は使いやすく、宗教色が無いので好まれる傾向はあるのでしょう。星ひとつひとつに意味をこめたり、数がたいせつだったり、光条で意味を持たせたりします。
特に「数」に注目すると、星ほど便利なものはないのでしょう。

ということで、世界的に見て星をあしらった国旗が多くなる、ということだと思います。

ナウルは太陽じゃなくて星だそうです。星に12本の光条を入れて12の部族を表しています。

国旗というか旗というのは、意味を分かりやすく表現したものです。三色旗だって、三色に分けることそのものに意味があります。また三色旗はフランスが共和国の旗印にして以来、民主主義的な旗としての意味合いも持つようになりました。

太陽は、太陽信仰をもつ国だったり、ひとつしかない太陽を「国家統合の象徴」として使う例があります。日本やアルゼンチン・マケドニアなどは太陽を国象徴とする伝統があるので国旗...続きを読む


人気Q&Aランキング