最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

前置詞の後ろには、名詞がくることが文法の前提だったと思いますが、
前置詞ばかりが続く文章をみかけることがあります。
次の文は、Websterのonline dictionaryのページでみつけました。

to obtain sight or knowledge of for the first time

2つだけでなく、まれに3つ、4つと前置詞がつながる場合がありますが、どういう場合に起こりえるのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

2/27のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問:
<どういう場合に起こりえるのでしょうか。>

以下のような場合です。

1.形容詞的用法の不定詞句内で、動詞句の一部と副詞句の並立:
例:
I have something to look for in the school.
(直訳)「学校に、探すべきものが、ある」
→(意訳)「学校に探し物がある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)look forは「~を探す」という動詞句で、forの後には本来something「物」が続きます。
例:look for something

(3)名詞somethingが前置しているために、動詞句look forが不定詞の後にそのまま後置されます。

(4)一方in the school「学校で」は、場所を表す前置詞句で、副詞句となって動詞haveを修飾しています。文脈によっては動詞look forを修飾している副詞句と考えることもできます。
例:
「学校に、探し物がある」
では、「学校に」はhave「ある」にかかっています。

「学校で探す物、がある」
では、「学校で」はlook for「探す」にかかっています。

(5)以上から、不定詞の後に後置されたlook forと、haveを修飾する副詞句in the schoolが「たまたま」並立した形になったのです。


2.形容詞的用法の不定詞句内で、副詞句の一部と別の副詞句の並立:
例:
I have something to write with in my pocket.
(直訳)「ポケットに、(それで)書くためのもの(ペンなど)がある」
→(意訳)「ポケットに書くものがある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)write withは「~で書く」という意味ですが動詞句の熟語ではなく、with+道具で手段を表す副詞句になります。

このwithは道具を表す名詞を伴い、「~で」というここでは書く手段を表す意味になります。
例:
write with a pen「ペンで書く」

ここでは、withの後には本来something「物」が続き、このsomethingは書くための道具となる「物」を指しています。
例:
write with something「何かで書く」

(3)名詞somethingだけが前置したために、with somethingという副詞句の一部であるwithが、動詞writeの後にそのまま残った形です。

(4)一方in my pocket「ポケットに」は、場所を表す前置詞句で、副詞句となって動詞haveを修飾しています。

(5)つまり、副詞句の一部となる名詞だけが不定詞の前に前置されたために、副詞句の一部である前置詞withが残り、それがhaveを修飾する副詞句in my pocketのinと「たまたま」並立した形になったのです。


3.受け身などで見られる、動詞句の一部と動作の主体を表す前置詞の並立:
例:
I was laughed at by my friends.
(直訳)「私は、友達に、笑われた」

(1)これは次の文の受動態です。
My friends laughed at me.
「友達が私(のこと)を笑った」

(2)このatは動詞句laugh at「~を笑う」の一部で、本来は笑う対象となる人・物が来ます。能動態の文では笑う対象はme「私」になっています。

(3)このmeを主語にして受動態の文を作ったのが例文です。この時、meだけが主語として主格になったので、動詞句be laughed atでは対象を表す前置詞atはそのまま残ります。

(4)一方受動態では、動作の主体となる名詞にbyをつけて「~によって・・・される」と表します。by my friends「友達によって」は動作の主体を表す前置詞句で、副詞句となって動詞was laughed atを修飾しています。

(5)つまり、受動態では目的語だけが主語になり、動詞句の一部が残ったために、それが動作の主体を表す副詞句by my friendsのbyと「たまたま」並立した形になったのです。

4.以上が、前置詞の並立するパターンとして代表的なものです。ご質問文は、上記の1のパターンで以下のように説明されます。

(1)to obtain sight or knowledge of for the first timeの前にsomethingなどの名詞があったものと推察されます。
例:
I had something to obtain sight or knowledge of for the first time.
(直訳)「はじめて、見つけ、知るべきことが、あった」
→(意訳)「初めてわかり、知ったことがある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)obtain sight or knowledge ofは、等位接続詞orを挟んで同じ語の反復を避け、 obtain sight of or obtain knowledge of を省略したものです。

(3)つまり、obtain sight of「~を見つける」、obtain knowledge of「~を知る」という2つの動詞句があり、ofの後には本来something「物」「事柄」が続きます。
例:
obtain sight of something「物を見つける」
obtain knowledge of something「物を知る」

(4)2つの動詞句に共通の名詞somethingが前置しているために、2つの動詞句obtain sight ofとobtain knowledge ofが不定詞の後にそのまま後置されます。Ofは2つの動詞句の共通の前置詞なので、1つだけ置かれた形です。

(5)一方for the first time 「初めて」は、頻度を表す前置詞句で、副詞句となって動詞句obtain sight of とobtain knowledge ofを修飾しています。

(6)以上から、不定詞の後に後置されたobtain sight or knowledge ofと、動詞を修飾する副詞句for the first timeが「たまたま」並立した形になったのです。


5.ちなみに、前置詞が3つ、4つと続くパターンは、動詞句が2つ以上の前置詞で構成される場合が、上記のようなパターンと結びつく場合にあり得ます。
例:
come up with「~に追いつく」

以上ご参考までに。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

今回もわかりやすい御説明をありがとうございました。
例外なのではなく、きちんと文法にのっとっているわけですね。
省略されてしまうと、文構造や内容そのものがつかみとれなくて
いつも四苦八苦しています。

お礼日時:2008/03/03 23:08

失礼



to obtain sight ofA

Aを見つける

to obtain sight or knowledge of something for the first time


自分自身を再発見するとは?
定義を見てみよう。
「発見する」の定義
まず第一に、「何か」を見つけ「それ」についての知識を得る
次に「それを」明らかに認識できるようにする
そして「それを」公開する
    • good
    • 1

to obtain sight or knowledge ofA


for the first time

obtain sight ofA

Aを知る

obtain knowledge of

Aの知識を得る

for the first time

第一に

Aの部分が省略されている形です。

ofと forはつながっていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前置詞の連続使用について

以下のような表現(前置詞を2回使う)はありますでしょうか?
I will disscuss it with clients with the estimateion.
この見積書で(を使用して)クライアントと協議します。
この場合は、「クライアントと」「この見積書で」と言う意味でwithを2回使用しています。
ネイティブは前置詞を2回連続で使用したりするのでしょうか?それとも重なりそうだった場合は、ちがう表現にしたりするのでしょうか?
日本語も連続で「の」を使うのを避けたりしますよね。
私の隣の家の犬の小屋の中に。。。とか。

Aベストアンサー

私はネイティブではありませんが、アメリカ人ネイティブが周りに沢山いる普段の感覚で答えさせてください。
アメリカ人の場合文法は一般的に弱く(自分でそう言っている人が沢山います)、特に口語英語ではあまりきちんとした英語を話さない人も多いので、例に出されている文章のようなものは割と気にせずに使っていると思います。文章で書くとこういうことって目立ちますが、その場で流してしまうような会話英語の場合は、恐らく気にする人の方が少ないと思います。
まあ敢えて違う言い方をするとすれば、“I will discuss it with clients using this estimation.”という感じでしょうか。

Q【結局のところ】前置詞が2個連続する場合【どうすれば?】

私たちが興味を持っている物を英語で勉強する。

to study something which we are interested in in English.

文法的にはこうなるような気がします。
inが2こ連続しますよね。
変な気がしますが、読むときにinterested in一呼吸in Englishってよめば普通な気がします。
いまwordで文章を書いているのですが、赤線が引かれてしまいました^^;
間違っているのでしょうか?
他にもいろいろな「前置詞+前置詞」みたいな質問がいろんな例文を交えありますが、結局出くわしたときどうたいしょすればいいでしょうか?
文法上問題なさそうであればOKなのでしょうか?
読む側にとっては読みにくくないんですかね?

もっといい例があればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。文章をこのまま使うとすれば、in English を something の後に持ってきて、
[To study/We study] something in English which we are interested in.
とすれば「英語で勉強する」という意味が間延びしなくていいかなと思いますが、他の方も使っておられたwhat を使うと、
[To study/We study] in English what we have an interest in.
というのもいいかなと思います。

Q前置詞が立て続けに2つある文

Reports are coming in of the forcible resettlement of villagers from the countryside into towns.
(村民を田舎から町に強制的に移住させているという報告が上がってきている。)

coming のあとにin of と、前置詞が2つ連続して重なっていますが、これはどういうことでしょうか。
inをどう訳して、ofをどう訳せばよいでしょうか?

Aベストアンサー

Please come in.「お入りください」
という表現にあるように,come in で in は副詞という扱い。
前置詞なら come into the room / come in the room
のように後に名詞が必ず来ます。

ここでは reports が主語で come in で「ニュースなどが入ってくる」
すなわち,「上がってくる」と用いています。

of ~は「~について,~のこと」で about のやや弱めの意味で,
主語 reports にかかっています。

述部があっさりしている場合には先にそれを持ってきてから,
後に of ~がくる形の方が自然です。

英語は後ろ後ろへと流れていき,自然にどこにかかるかは決まってきます。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q前置詞を2個重ねて使う事はできますか?

まず、The lion saw a rabbit under the tree.
この文はどんな意味でしょうか?

木の下にいるのは(1)ライオン、(2)ウサギ、(3)ライオンとウサギ?
あるネイティブに聞いたら、木の下にいるのはウサギで、この文は「(どこか他にいる)ライオンが木の下にいるウサギを見た」という意味だと言いました。

じゃあ、「木の下にいるライオンが、他の所にいるウサギを見た」という意味にするにはどうするのか、と聞いたら、The lion saw a rabbit from under the tree.ならいいと言いました。

しかし、これだとfromとunderの2つの前置詞が並んでしまいます。関係詞などを使った文で前置詞が後ろに残る場合、その後の副詞句の前置詞と重なる文はときどき見ますが、これはthe treeにfromとunderを重ねて使っています。前置詞の後ろは名詞または名詞相当句が原則だと思いますがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>The lion saw a rabbit under the tree.

 前置詞が導く句は近くにあるものを修飾することが原則です。この英文だと「ライオンが木の下にいるウサギを見た。」か「ライオンはウサギが木の下にいるのを見た。」という意味にしかなりません。

>The lion under the tree saw a rabbit.

 意味は通じると思います。でも「under the tree」の前に「lying」とか「sitting」を入れた方が文章が生き生きとした感じになります。

>The lion saw a rabbit from under the tree.

 これが一番自然な感じがします。「from under ...」という前置詞句が「AからBへ」という動きを感じさせますので、直前の名詞ではなく(たとえ離れていたとしても)動詞にかかります。

 前置詞が続く例としては「since before ...(・・・の前からずっと)」や「until after ...(・・・の後までずっと)」などもあります。「AからBへ」という動きがあることが「from under ...」などと共通しているような気がします。結構用いられますので覚えておくと便利です。

 ご参考になれば・・・。

>The lion saw a rabbit under the tree.

 前置詞が導く句は近くにあるものを修飾することが原則です。この英文だと「ライオンが木の下にいるウサギを見た。」か「ライオンはウサギが木の下にいるのを見た。」という意味にしかなりません。

>The lion under the tree saw a rabbit.

 意味は通じると思います。でも「under the tree」の前に「lying」とか「sitting」を入れた方が文章が生き生きとした感じになります。

>The lion saw a rabbit from under the tree.

 これが一番自然な感じが...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q前置詞句が複数並んだ場合の修飾関係

前置詞句が複数並んだ場合において、前置詞句の修飾について、比較的簡単な例を一例として質問します。

The architect built the houses for those people with a lot of volunteers.

という英文があります。このとき、前置詞句with a lot peopleは、意味的に
なんとなく builtを副詞的に修飾しているような気がします。そう考えると、

その建築家は、多数のボランティアと協力して、そのような人たちのための家を作った。

と訳するのがだとうなんじゃないかなーと思います。

しかし、ちょっとさっきの英文をいじくって例えば

The architect built the houses for those people with a lot of small children.
The architect built the houses for those people with white wall..

のようにした場合、with以下は、意味的に別のところを修飾するように思います。

このようなケースにおいて、意味を介さずに修飾関係を把握する、
あるいは、修飾関係を、明示するような手法について教えてください。


http://www.alc.co.jp/eng/grammar/kaisetsu/grammar29.html

まぁ、たとえば関係詞を使うとかいった方法を
ぐじぐじと使えばよいのでしょうが…。

前置詞句が複数並んだ場合において、前置詞句の修飾について、比較的簡単な例を一例として質問します。

The architect built the houses for those people with a lot of volunteers.

という英文があります。このとき、前置詞句with a lot peopleは、意味的に
なんとなく builtを副詞的に修飾しているような気がします。そう考えると、

その建築家は、多数のボランティアと協力して、そのような人たちのための家を作った。

と訳するのがだとうなんじゃないかなーと思います。

しかし、ちょっとさっきの英文...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1ですが、先ほどの例文に誤りがありました。
withをwithoutとしてください。

なお、これは「人が書いたものの解釈」の話であり、
自分が書く場合、誤解されないように書くほうがよいでしょう。
たとえば、

The architect built the houses for those people without municpal financial help.

(1)The architect built the houses without municpal financial help, for those people.
副詞的にbuiltにかかる。

(2) The architect built the houses for those people, who are without municpal financial help.
形容詞的にwho、すなわち意味的にはpeopleに対する補語とする。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

前置詞の後ろは形容詞には来ませんか?

Aベストアンサー

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなったものとあきらめる」

2 in general, of late, in short, in vain のような慣用句は日本の辞書では
general, late などを例外的にこの句の場合のみ名詞と扱っていますが,
英英辞典ではそのまま形容詞とみなしています。

3 from bad to worse のように相関的に用いる場合

これらはいずれも形容詞が名詞化したと考えることもできれば,
前置詞の後に形容詞がくると柔軟にみることもできます。

前置詞+形容詞+名詞のように,形容詞が名詞を修飾するのであれば,
形としては前置詞の後に形容詞がきます。

ご質問になっているのはこれとは別の場合だと思います。
いくつかのケースがあります。

1 regard A as B「A を B とみなす」のような as は前置詞とされますが,
B は補語のようなものであり,名詞の他,形容詞がきます。
これとよく似たケースが
take O for granted「O を当然のことと思う」も
for の後に形容詞(過去分詞)がきています。
同様に,give up ~ for lost「~をなくなっ...続きを読む

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング