ここ2,3日前から、左手の親指が無意識に、ぴくぴく動きます。神経系の病気なのか不安です。ここずっとストレスがたまっている状態でしたので。どなたかどう対処すればいいのか教えてください。疑いのある病名もあればお願いします。血液が通って心臓が親指の内側の付け根にあるような感じです。痛みはありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

真っ先に思いつくのは、ストレス性の自律神経の興奮状態か、パーキンソン病です。



近所の大病院で、神経内科があるところを選びましょう。神経内科は神経科とは違う診療科で、神経を精神活動ではなく物理的臓器として診る専門家です。神経内科が見つからない場合、膠原病外来などのあるところも候補に入れましょう。

どこの診療科から診察すべきか窓口で相談することになります。病院によって体制が異なるためです。普通は整形外科から入ります。整形外科に通うことになった場合、ゴムハンマーで特定の箇所をたたくと手足が反射で跳ね上がるという現象を調べてもらいましょう。手足が常人のレベルを超えて、すさまじい勢いで跳ね上がった場合、整形外科が嫌がる「反射亢進」という現象が起きていることになります。非常に不気味な症状で、整形外科の範疇では対応できない可能性が高いからです。他方、反射の亢進が、上半身だけ現われるとか下半身だけ現われるというケースは整形外科の範疇になります。

整形外科が何も病気を見つけることが出来ず、ギブアップしても、大病院なら適宜、他の部署に回してくれます。

この回答への補足

土曜日にはじめて心療内科に行ってきましたが、かなりショックでした。診察室に入っていきなりまず親の職業を聴かれ、あとは一方的に事情徴収され、部屋の隅に一人女性がいて私の様子をメモしていました。一方的、強制的、機械的に質問され答えざる終えない状況で、話したくないこともはなし、苦しかったです。医者は私の家柄をパソコンに打ちながらこちら見ず淡々と質問して、それは答えなくていい、だとは話したくないことは話さなくて言いといった割には語気を強めて聞き出したりされました。嗚咽してなきました。最後帰り際、やっと肝心な指の振るえのことをこちらから聴けることがやっとできて聴いてみると、よくあることの一言で、必要であれば薬出しますがといわれました。その薬家で調べてみると、副作用の怖い精神病患者の薬でした。統合失調症の。飲みませんでした。まだ震えは続いています。心療内科はひとにも寄りけりなのでしょうが、私には傷つくだけというのが学べました。今度は神経内科のあつ大きな病院に直接行ってみます。

補足日時:2008/03/24 02:13
    • good
    • 46
この回答へのお礼

詳しい回答してくださって本当にありがとうございます。明日以前から知り合いに紹介していただいて予約している初診の心療内科・神経科のクリニックにまず行って、大病院の神経内科があるところを紹介してもらうようにしたいと思います。

お礼日時:2008/03/21 16:43

不随意運動の原因としては、神経のご病気、あるいは加齢に伴う振戦などの可能性があげられます。

    • good
    • 3

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWriters and Critics

Please introduce me the names of Japanese writers and critics whose passages are often used in the entrance examinations of universities and colleges in Japan.

Aベストアンサー

Well, times they are a-changing these days! I'm going introduce you the latest inclination of writers' list that have often appeared in the exam. Hope it's going to be your help.


http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200704180129.html

http://www.tezukayama.ac.jp/jhlib/2008daigakunyushihyoronbun.htm

Q最近まぶたと眉毛の間が勝手にぴくぴく動くのですがこれってストレスなどと関係しているのでしょうか?

最近まぶたと眉毛の間が勝手にぴくぴく動くのですがこれってストレスなどと関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ストレスか、もしくは、自分は「顔面の一部のピクピク」は寝不足でなることが多いです。

Qliterature professorがcriticsの結論は成立しない、なぜなら...に続く文で

literature professorがcriticsの結論は成立しない、なぜなら...に続く文で、
1. the claims made in support of this conclusion have not been shown to be correct
2. the claims made in support of this conclusion have not been shown to be relevant to it
おそらくすごく微妙な言葉遣いで正解か不正解が決まっているのだと思うのですが, どちらでもあっているような気がします。。

Aベストアンサー

Granting以下のところで、criticsのclaims(SaukはProvidenceを模倣しているが、政治的な考えはProvidenceと違っていたという議論)は正しいと認めています。
その上で、Saukの文章がProvidenceの文章より劣っているというconclusionは(criticsのclaimsによっては)証明されていないと言っています。

要するに、criticsのclaimsは正しい(correct)が、conclusionには関係がない(not relevant)ということ。

正解は2

Q左手親指の先端のしびれ

座り仕事のため慢性の腰痛(右側)を抱えています36歳の男性です。
ところが1週間くらい前に腰の痛みがすっかり消えて、代わりに左肩と首の付け根辺りが痛み始めました。
それに伴い五日くらい前から左手親指の先端がしびれています。
今は腰はスッキリしているのですが、親指のしびれが煩わしいです。
背骨とか骨盤のバランスが崩れたために起こったのかなと思うのですが、しびれは初めての経験で少し不安です。
改善策などはありますでしょうか?

Aベストアンサー

整形外科で、左手のどこかで、関節が神経を圧迫していないか、調べてもらうのが良いと思います。

30代だと、脳の病気を疑うには若いので、左右非対称のしびれば、ほとんどのケースで整形外科の領域です。

QThe performance review cycle

宜しく御願いします。
表題のThe performance review cycleとは、どのような物なのでしょうか?
また、以下の文のThe performance review cycleは同じ意味なのでようか。

The performance review cycle begins in January,
when employees decide on their performance targets for the year.

What is the time period for performance review?
The Performance Review cycle is on a calendar year, January 1 through December 31. The annual reviews are conducted between January and March for work performed in the previous calendar year.

Aベストアンサー

特別に決まった表現ではないと思います。そのためご指摘の文でも丁寧に注釈がありますのでそれを読んでみましょう。
The performance review cycleは1月に始まる。そのとき(=1月)に従業員はtheir performance targets for the year(1年間の業績目標)を決定する。

performance reviewの期間はどうなっているのか?
The Performance Review cycleはカレンダーどおり、1月1日から12月31日までである。The annual reviews(1年間のまとめ)は翌年の1月から3月の間に集計されます。

まぁ、1月に年間の業績の目標を設定して、12月までにそれが達成できたか評価する仕組みができるということですね。cycleというからにはそれをこれからもずっとやっていくつもりなんだと思います。そういうつもりで毎年自分で立てた業績目標は達成しましょう!ということだと思います。

Q左手親指下が痛いのですが・・・。

最近、洗い物などをしていて、左手親指下のあたりが痛くて、
押すと更に痛いのです。ツボを押すような感じで押すと痛いんです。
痛さとしては筋肉痛に似たような痛みなのですが、特に筋肉痛になるような事もしてないのです。
もし病院へ行くとしたら何科になるのでしょうか?
整形外科でしょうか?ツボが痛いという感じなんですが、何かの病気でしょうか・・・?

Aベストアンサー

ほぼ同じ症状が右手に出たことがあります。

我慢できないほどではなかったのですが
何となく気になり、整形外科へ。
手のX線撮影で異常がなく、次のことを診察されました。

・指はまっすぐ伸びるか?
 →伸びなければ腱が切れてる可能性。
・痛みの場所が赤みを持ったり腫れていないか?
 →リウマチなどの可能性。
・首を動かすとどうか?
 →私はここで異常反応があり、頚椎のX線撮影をしました。

このX線写真も異常がなかったのですが、
念のためにMRIを受けたところ、
首の脊髄に腫瘍が発見されました(頸髄腫瘍)。
この腫瘍は摘出しなければ将来的には
呼吸中枢を圧迫する可能性が高いそうで、
速攻で摘出手術になりました。

私の場合は、親指付根の痛みがこういう結果になりましたが、
ちょっとした痛みが大きな病気の予兆であることを知り、
今では少しの変調でも気にするようにはしてます。
時間のあるときにでも整形外科へ行ってみては?
家事など辛いでしょうが、ご無理なさらないように。

Qpeer-reviewed literatureって??

医学論文でよくpeer-reviewed literatureまたは、peer-reviewed paperというのを見かけますが、どのような意味なのでしょうか?
たぶん、peer-reviewedは「査読」の意味だと思うのですが、論文と呼ばれるものは、通常査読されているものと思っていたのですが、特にこのようにpeer-reviewedと呼ぶのには何かわけがあるのでしょうか?
ご存知のかた教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

 「論文」であれば,通常は査読されているはずです。が,お書きのものは「literature=文献」です。

 「文献」には査読された「論文」もあれば,通常査読されない「学会要旨」等も含まれます。また,一般の雑誌記事や新聞記事等も「文献」として扱われる場合もありますが,これらも通常査読はされていないと考えていいでしょう。

 さらに「医学論文」と言う事で頭に浮かぶのは「症例報告」です。これに査読が入るのかどうか知りませんが,通常の「論文」の様なものではないと思います。

 つまり,「peer-reviewed literature」は「査読の無い文献」ではなく,査読された文献(いわゆる「研究報告」)という事を言っていると思います。

Q左手親指及び周辺のしびれ(痛み)

5、6年前から右手親指のしびれを感じはじめ、町医者に通いましたが
首の牽引、電気治療を続けるも効果がなく、病院の整形外科で診察を
受けたところ、頸椎からの影響と診断されました。
ただこのままだと、耐えられず、麻酔科を紹介して頂き、星状神経節へのブロック注射を毎週受けて少し楽になったので、現在は1か月に1度
のブロックを受け就寝時に「トリプタノール、ランドセン、サイラゼバ
ム錠)の処方を受け日常生活上、耐えられる状況ですが、ある人から
針治療で治したと聞きました。針治療で現状より良くなるならと考えておりますが、何方か回答出来る方が居られれば、お願いします。

Aベストアンサー

No,1です。
補足ありがとうございます。


恐らく頚椎症ですかね?頚椎症は鍼灸の適応であります。医師の同意書が
あれば保険も使えると思います。

しかし、やってみなければ分からないというのが正直なところです。お
薬、リハビリなどどんな治療もそうですが、全ての人に同じ効果が出るわ
けではないからです。「この薬は効くけどこれは効かない」など人それぞ
れあります。だから同じ目的の薬でも何十種類もあります。鍼はこれが顕
著にでます。このように患者の個体差があります。

もう一つの理由は術者の腕ですね。治療法方や考え方は星の数ほどありま
す。一つのところで結論を出すのではなく、複数個所を二三回受けてみ
て、一番よさそうなところ選べば良いと思います。

治療としては薬、病院のリハビリはなるべく多く、週一回程度の鍼治療、
ウォーキングなどの適度な運動、正しいマクラです。“マクラは少し厚め
で、あらかじめ形がついていない平らな物”を選ぶようにしてください。

Qa copy for review

本に関する仕事をしております。

海外から、本の a copy を review のために送付してほしいと照会のメールが来ました。

簡単な単語なのに意味が釈然とせず、業界の知識がある方教えてくださいm(__)m

こういうときに使われるCopy は、原稿ではなく、本そのもの一冊という意味でしょうか?

買えばいいのにわざわざ、リクエストしてくるのは、review とあるので、書評でも書いてくれるのでしょうか。

差出人に聞けばいいのですが、業界共通の常識があり、よくあるメールなのかなと思いここに質問させていただきました。

Aベストアンサー

本の場合の copy とは普通その一冊という意味です。例えば
The novel/album has sold more than a million copies.
などと言います。

review とは本、演劇、製品などの質に関する意見を(紙の上で)述べることです。
Copies of the book were sent to critics for review. = Review copies of the book were sent to critics.

何故買わないで出版元に請求するかは専門的なことは私には分かりませんが、欧米では review というシステムは日本よりも重んじられていることは感じられます。論文誌上で専門学術的な review をときおり見かけるのですが、新しい分野なのによくこれだけの数の論文を読んで分厚くまとめるものだと感心することが多いですから。新しい分野だからこそ reviewer が必要なわけですが。

Q左手の親指がチリチリと痛いのですが・・

外傷はありません。昨夜から突然、左手の親指の肉厚部分が、モノをつかんだり、押してこすったりすると、瞬間的に針でつついたかのようなピリ!とかチク!と痛むようになりました。
これっていったい何でしょうか?気になっています。

自然に治ればいいのですが、痛みが続くようだと病院に行こうと思いますが、何科を受診したらいいかもわかりません。なんとなく神経系だと思うので、整形外科?整骨院?脳神経外科?・・でしょうか?
アドバイス頂きたいです。

Aベストアンサー

とりあえず整形外科ですね。

整骨院は病院ではありませんし、
ケガ以外の治療は出来ませんので問題外です。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性指痛を「指のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

とりあえず整形外科ですね。

整骨院は病院ではありませんし、
ケガ以外の治療は出来ませんので問題外です。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報