NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

液体窒素でいろいろな物を凍らせている実験をよく見かけますが
ためしに液体窒素に次のようなものを入れたらどうなるんでしょうか?

・生きている金魚
・スライム
・生きているドジョウ
・こんにゃく
・PETボトルに入った未開封の炭酸飲料
・液体のり

こんなもの入れる人いないでしょうが・・・
どうなるか知ってる方、やったことある方
どうなるかを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

えっと, 少なくとも「液体窒素に金魚」はよくあったはずです.


そのあと水で戻すと, 「とりあえず生きている」ように泳ぎます.... が, すぐに死んでしまうらしいです.
    • good
    • 0

液体窒素の中に手を突っ込む実験(?)はしたことありますよ。


ほんの一瞬だけですけど、体温によって気化した窒素が手の表面をコーティングするらしく、低温火傷や凍傷はしないみたいです。

ただ、ずっと入れておくのは危険ですねww
    • good
    • 0

たぶん実験した人はいないんじゃないかな。


科学的な評価や商業的な目的がない限り予算ってなかなか付かないと思うので。
生きている金魚を凍らせて復活させるのはある種、デモンストレーション的な実験だったから。
あげられた項目を推察すると共通するのは水を含むこと。液体であれゲル状であれ凍ってしまえばコチコチになることは予想できそうです。
ただ生き物を凍らせて必ず金魚もドジョウも生き返るのかというと疑問です。(細胞が壊れる可能性があるから。)
液体窒素自体は不燃性で凍傷にさえ気をつければ比較的簡単に入手できますから、百聞は一見にしかず。買って実験してみては?
たぶんどこの研究機関もやらなさそうなものばかりですから。

参考URL:http://www.tech-jam.com/items/kn3318655.phtml,ht …
    • good
    • 0

金魚はやってるのを見たことがあります。

水に戻したら元気に泳いでました。でも、あれは体表面の水分が凍ってるだけで中身は凍ってないのかも。長時間液体窒素に入れて中まで凍らせると、細胞が破壊され死んじゃう予感。
大抵の物はカチカチに凍って、衝撃を与えたらバラバラになりそうですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液体窒素の価格

液体窒素(LGC 107㎥)を2~3本/週購入していますが、1㎥の価格が300円台後半は高いような気がするのですが、一般的な相場はどれくらいですか

Aベストアンサー

書き忘れましたが
窒素ガス常温1 m^3はLN2の1.55Lです。

Q液体窒素の実験

あるHPでポリ袋のなかに酸素をいれ輪ゴムで試験管とつなぎ、液体窒素に浸けその試験管に火のついた線香をいれたら激しく燃えるという実験を見たのですが、何故線香は激しく燃えるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

Parukaさんに質問ですが、最初にポリ袋の中に入れたのは酸素でしょうか、それとも空気でしょうか。実験としては酸素よりも空気の方が面白いので質問しました。

ポリ袋の中が酸素であればその酸素が試験管の中に移動し、その後試験管の中に線香を入れると激しく燃えます。

仮定として、もしポリ袋が空気の場合ですと、空気が試験管の中に移動しただけでは線香は激しく燃えませんよね。しかし、試験管を液体窒素の中に入れるとポリ袋中の空気に含まれている酸素が液化され(液体酸素になる)試験管の中に溜まります。ポリ袋を外し、その後試験管を液体窒素から出すと液体酸素が気化し試験管の中に酸素が充満し、線香を入れると激しく燃えると言う事になります。
しかし、別な考え方として、この仮定の場合ポリ袋を試験管にかぶせる必要があるのかと言う疑問が生じます。試験管の口が空気中にあれば空気が試験管の中に補充される事になりポリ袋をかぶせる意味が無いからです。

回答になっていませんが、面白い実験なので質問しました。

Q液体窒素

学校で液体窒素を勉強しました。

-196℃の液体窒素は手で一瞬、触れても大丈夫だと聞きました。
実際に僕も触れてみて平気でした。
理由は手の温度と液体窒素の温度の差が200℃以上あり、
触れた瞬間、蒸発してしまうそうです。

そこで疑問に思いました。
液体窒素で火を消すことはできるのでしょうか?
火に液体窒素をかけたら、蒸発して液体窒素がなくなってしまうのではないでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

> 火に液体窒素をかけたら、蒸発して液体窒素がなくなってしまうのではないでしょうか?
ある意味、その感覚は正しいと言えます。

そもそも、どんな物質でも火より冷たければ大なり小なり熱を奪いますので、可燃物でない限り何を使っても火は消せます。
問題はその効率です。

液体窒素は、水より10倍位簡単に蒸発します。(重量あたり蒸発熱での比較)
言い換えれば、蒸発するときに水の1/10しか熱を奪ってくれません。
また、比熱も水より小さいので、温度変化によって熱を奪う効果も小さいです。

というわけで、(他の様々な物質と同様)液体窒素でも火は消せますが、水より効率が悪いです。
水が使えないような火事では利用価値があるかもしれません。

Q液体窒素を使った実験

今度、近所の小中学生を対象に、科学に興味を持ってもらうことを目的として、デモンストレーションの実験を行う予定です。
そこで、液体窒素を使った何か面白い実験をしたいと考えているのですが、なかなかいい実験が思いつきません。
このような実験はどうかというアドバイスがあれば、教えてください。また、液体窒素を使ったものに限らず、面白い実験があれば、教えてください。

Aベストアンサー

「空気から液体酸素を取り出そう」なんて面白いと思います。

「気体」としてのイメージしか持たない酸素の液体の姿が見られるわけですから。
(空き缶に液体窒素を入れるだけでカン表面に出来ます。二酸化炭素はドライアイスになりますので)

後は花を凍結させて砕くなど。

金魚を凍結させて生き返らす・・・という実験も可能なようですが、失敗した時の小中学生へのショックを考えるとあまりふさわしくないかもしれません。

後は「液体窒素をさわってみよう(指をいれて瞬時に取り出す)」、「水銀を凍らせてみよう」などでしょうか。

電気や超伝導の実験が出来たかと思いますが、詳細は忘れてしまいました。

「液体窒素でなにかを凍らす」に似た実験としてはチオ硫酸ナトリウムを使った過冷却の実験も面白いかもしれません。

他の実験を考える参考にしたいのですが他に実験機材はどのようなものが可能でしょうか。
設備なども教えていただけると良いかもしれません。(企業や大学などのイベントでしょうか?)

Q液体窒素ボンベの圧力変化、温度変化について

普段から疑問に思っているのが、ボンベ中に蓄えられた液体窒素はどの位の賞味期限なのか、最後は臨界温度を超えて圧力が高くなったところで安定するのかです。
そこで以下の観点から質問したいと思います。
(1)液体窒素用のボンベは通常どの位の圧力で充填されているのか。恐らくその温度の飽和蒸気圧と思いますが。
(2)ボンベは2重構造の真空断熱でしょうか。
(3)ボンベには安全弁がついていて、ガス化したものを少しずつパージしているのでしょうか。また、その場合の安全弁噴出し圧力の考え方は。
(4)仮に液体窒素を高圧容器に封入していた場合、これが常温になるとどの位の圧力になるのでしょうか。等容変化で計算すればよろしいか。
(5)ボンベに充填するときの温度は沸点以下に過冷却しているのか。
(6)ボンベに貯蔵された液体窒素の賞味期限はどのくらいでしょうか。大きさにもよるでしょうが。
(7)ボンベの頭のところに氷が張っているのを見かけますが、ボンベ内への入熱はここのみからと考えて宜しいでしょうか。
以上厚かましい質問ですが、少しずつでもご回答宜しくお願いします。

普段から疑問に思っているのが、ボンベ中に蓄えられた液体窒素はどの位の賞味期限なのか、最後は臨界温度を超えて圧力が高くなったところで安定するのかです。
そこで以下の観点から質問したいと思います。
(1)液体窒素用のボンベは通常どの位の圧力で充填されているのか。恐らくその温度の飽和蒸気圧と思いますが。
(2)ボンベは2重構造の真空断熱でしょうか。
(3)ボンベには安全弁がついていて、ガス化したものを少しずつパージしているのでしょうか。また、その場合の安全弁噴出し圧力の考え方は。
(4)仮...続きを読む

Aベストアンサー

 いわゆる液体窒素ボンベは、セルファー(自加圧式容器)といって通常の高圧ボンベとは全く異なった構造になっています。

 このボンベはご推察のとおり二重構造の真空断熱になっています。内部に貯蔵された液体窒素から蒸発したガスをもう一度内部に戻す事により加圧し、液体窒素を押し下げることで底面近くまで差し込まれたチューブと接続された取り出し弁から液体を取り出す仕組みになっています。
 このガスを戻す経路に、ガス放出弁が取り付けられており、内圧を解放する仕組みになっています。
 氷が張るのは、この還流させる経路で露出している部分です。ここからの熱流入が大きいのはそうだとおもいますが、取り出し弁等、その他の部分からの流入もそれなりにあるのではないかと思います。
 充填温度は77Kだと思います。でなければ減圧ないし加圧用の特殊な設備が必要になりますが、それをする必然性がありませんので。
 セルファーに充填された液体窒素がどの程度持つのか知りませんが、私の研究室では頻繁に利用していても空になるまで数日はかかります。涼しい実験室内に置いておけばもっと持つでしょう。

 装置の詳しい構造などについては、下記のサイト(東北大学極低温科学センター)のテキストが詳しくわかりやすいのでご参照下さい。
 

参考URL:http://ltsd.imr.tohoku.ac.jp/

 いわゆる液体窒素ボンベは、セルファー(自加圧式容器)といって通常の高圧ボンベとは全く異なった構造になっています。

 このボンベはご推察のとおり二重構造の真空断熱になっています。内部に貯蔵された液体窒素から蒸発したガスをもう一度内部に戻す事により加圧し、液体窒素を押し下げることで底面近くまで差し込まれたチューブと接続された取り出し弁から液体を取り出す仕組みになっています。
 このガスを戻す経路に、ガス放出弁が取り付けられており、内圧を解放する仕組みになっています。
 氷...続きを読む

Q液体窒素の沸点前後で気泡が勢いよく発生するのはナゼですか?

液体窒素の沸点前後で気泡が勢いよく発生するのはナゼですか?

液体窒素で金属を冷やすときがあるのですが、金属に
液体窒素を注ぐと、最初は沸騰し、気泡が発生します。

で、液体窒素の沸点近くまで金属が冷却されると、金属の回りから
突然勢いよく気泡が発生します。それ以降は、気泡の発生はおとなし
くなるため、気泡が発生中に沸点以下に金属が冷やされたと考えました。


以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

沸点よりかなり高い金属が入ってきたときには、金属の周りに沸騰した窒素の膜が
次々でき液体の窒素との接触を妨げる為柔らかな沸騰になっているのではないでしょうか。

沸点近辺に金属が冷えてくると、金属表面の沸騰が落ち着いてきて、液体窒素との接触が
増えるようになり勢いよく気泡が出るようになる気がします。

もしかすると金属の熱伝導度の違いによって勢いよく気泡が発生する時期が違うかも
しれません。

予想ですのであくまでも参考まで

Q皮膚科で液体窒素で焼いてもらったのですが・・(シミ)

顔に突起のあるシミのようなものが出来てしまい、液体窒素を綿棒に付けて焼いてもらいました。
この方法は過去にも効果が出ており1ヶ月後くらいには、シミは綺麗に取れる(突起のあるもののみ)ので良いのですが、体質なのか、すぐに
また違う所に出来ます。

そこでドライアイスと液体窒素では効果に違いがあると思いますか?
もし、そう変わらなければドライアイスを手に入れて、自宅で試してみたいのですが・・・

また液体窒素とドライアイスの違いも分かればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えー、とりあえず危険なので必ず病院で治療してもらってください。

また液体窒素とドライアイスの違い>
冷たさがぜんぜん違います。まず、ドライアイスは、固体であり、この時の温度が-78.9℃ぐらいです。二酸化炭素で出来ています。
一方、液体窒素ですが、液体で、このときの温度が-195.8℃となります。窒素から出来ています。
この極低温で瞬時に冷却壊死もしくは凍結させて患部を除去するわけです。ドライアイスでは、冷却温度が足りなくて、時間が掛かり、その為、周辺の細胞を傷つけてしまうことになるはずです。凍傷の状態となると思います。

あと、液体窒素は比較的取り扱いが楽です。例えば体に掛かっても、服に染み込んだりしない限り、すぐに蒸発してしまい、凍結することはありません(もちろん量にもよりますが)。また、窒素ですので、体への影響もほとんどありません。(化学反応したり、まったく無害というわけではありませんが)

ただ、逆になにかに染み込ませたりすると(病院では、麺棒に染み込ませてるわけですが)その冷却能力を存分になく発揮します。そうすると、大変危険ですので、液体窒素を手に入れて自分で治療しようとはしないで下さい。

↓こんなページがありましたので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.chem.niihama-nct.ac.jp/events/2003/index2.html

えー、とりあえず危険なので必ず病院で治療してもらってください。

また液体窒素とドライアイスの違い>
冷たさがぜんぜん違います。まず、ドライアイスは、固体であり、この時の温度が-78.9℃ぐらいです。二酸化炭素で出来ています。
一方、液体窒素ですが、液体で、このときの温度が-195.8℃となります。窒素から出来ています。
この極低温で瞬時に冷却壊死もしくは凍結させて患部を除去するわけです。ドライアイスでは、冷却温度が足りなくて、時間が掛かり、その為、周辺の細胞を傷つけてしまうことになる...続きを読む

Q水を凍らせたら大きくなる実験

普通そのへんの液体(ロウとか)って固まる(固体になる)と、少し小さくなりますよね。
では、なんで水は固体になると大きくなるんですか?

Aベストアンサー

分散した小さい結晶の中に入り込んでいる液体が外に出て結晶するのでこの現象が続く間体積が大きくなります
といっても水分子自体は大きくなるのではなく逆に小さくなっているのです
分子の収縮よりも結晶の成長の方が早いのでそう見えるのです
これは約マイナス20度くらいまで続きます
このときになると全部の水が結晶していると思われ結晶は成長せず収縮を始めます
実際にマイナス50度くらいの氷は縮んでひびが入っています

Q液体窒素

液体窒素はどうやって購入出来ますか?
購入や取り扱いは危険物等の免許はいりますか?

Aベストアンサー

すみません、さっき調べてみたら70円/Lくらいになってたんですね。

場合によっては容器(高額)の貸出料金も含めた値段にしているところも多いそうですね。

Q水と熱湯をそれぞれ凍らせると、熱湯のほうが早く凍るの?

水と熱湯をそれぞれ凍らせると、熱湯のほうが早く凍るの?
もしもそうなのならば、なぜそうなるのかも教えてください。

自由研究で使うかもしれないので、早めにお願いします。

Aベストアンサー

ムペンバ効果ですね。

科学的根拠がまだありません、トンデモ科学と呼ばれているものの一つです、自由研究で解明出来ればいいですね。


人気Q&Aランキング