個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

 増築工事を計画中です。
述べ床面積=1000m2超(木造RCの混合,H=13m以下) 建物に、構造的に切り離して木造20m2を増築の予定です。 
 増築部分は、建築基準法施行令137条の2の2号(延べ面積1/20以下)に該当すると思われるのですが。
‘増築に係る部分’の構造については、建築基準法第36条の3項にある(軸組み等の計算)チェックでよろしいのでしょうか宜しくお願いいたします。



 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

増築部分が、既存部分の1/20かつ50m2以下より、既存建築物の既存遡及なし。


また、構造上別棟なので、構造耐力上危険性が増大しない。
とのことですね。

増築部分は、仕様規定(施行令3章3節)を満たす必要があります。
従って、令46条4項の軸組計算が必要ですが、除外規定があります。(同条同項の冒頭部分です)
その他、建告1460号とかも。
法20条1項1~3号には該当しないでしょうか?令81条以降に飛びますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今回の建築は、全体(1の建築物)で見ると1000m2超なので法20条3項にあたります。
 実は先日、事前相談に伺いました。
今回の場合は、全体が法20条3項にあたるので、やはりエキスパンションで区切った15m2の増築でも 15m2の部分についての構造計算が必要の様です。今日改めて構造担当に詳しく確認しようと思っております。
 
 

お礼日時:2008/04/02 08:27

条文も図面も見ず経験のみ、しかも駆け足で書きます、ご了承下さい。

(理由は最後に書きます)
ちょっと似た例が2年前に有りました。
3階建ての工場、増築、延べ2000m2位、6/20改正前でしたので母屋の増築はさらりと通りましたが、母屋にほぼ接して(構造上分割)不適格の木造通路が有り申請の取り直しを求められました。
20m2位、そうそう同規模のCBボイラー室にむりやりくっつけ屹立の安定を保っておりました。
結論;図面と仕上げ、求積図程度の提出で済みました、施工に当たってしっかり補強はしましたが。
あくまで2年前の話です。

さて、昨年の住宅着工激減を受けて県単位では6/20改正をうっちゃる、まあ独自の判断で緩和するところも出ています、新聞でも読みましたね。
地域によっては増築も難しくない場合がある。
で、質問者様も結局所轄の役所に聞くべきかと思われます。
私はかなりずっこけました、その緩和県における法改正後のS造増築があまりにも簡単でしたので。

以上です、老婆心ながら審査が仮に甘くともチェックは怠り無きよう。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速の回答ありがとうございました。
私も改正後に何件か事前相談をしたり、ほかの事務所の方に伺った話では・・・残念ながら私の県では増築にかんしては厳しいものがあるようです。
 今後もうすこし緩和される方向に進めばと思いますが、kaitikuさんのおっしやる通り建った建築に関しては責任を持った設計をしなければと感じます。
 

お礼日時:2008/03/28 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む


人気Q&Aランキング