柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

建築関係者です。
教えてください。緑道は建築基準法の道路斜線制限の対象道路となるのでしょうか?
計画しているのは、一般事業者が一段の土地を買取り街づくりをしていて、戸建の分譲や分譲マンションが造られています。
いずれは市に移管するとのことなのですが、そういった場合、(1)事業者によって作られた緑道が道路斜線がかかってくるのか、(2)官公庁に移管したときに道路斜線が発生するようなことがあるのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>緑道は建築基準法の道路斜線制限の対象道路となるのでしょうか?


>現状バリケードがたっていて車は進入できない歩行者のみの通路となっています。
所轄の市役所建築住宅課に行って道路指定の確認をして下さい。
この方法が一番確実です。
>公図上別敷地となっていますが、その場合は隣地扱いとなり隣地斜線制限がかかってくるのでしょうか?
緑道に道路指定が無く、土地の所有者が違うのであるなら、隣地です。
またその緑道の部分が既に公園で市役所の市有地なら建築住宅課、都市計画課に行って確認が絶対に必要です。
結論
この件に関しては、市役所に行って確認を要します。
月曜日に行ってらしゃい!
こんな所で小出しにして聞くより確実です。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。確認してはっきりと状況を把握するようにします。ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/13 22:55

#1dyundyunさんの回答通りです。


団地などを計画する場合、緑道を建築基準法の道路にする、しないは、当事者の話し合いで決めます。
いずれは市に移管するとなると、計画者の設計士、移管する市の所轄職員、市の建築課職員との協議が必要です。
この協議で緑道を建築基準法の道路にすると決定した場合、道路申請する事となります。
道路指定を受ける事で、初めて道路斜線制限をうける対象道路となります。
緑道を建築基準法の道路にしない場合は、ただ単に敷地の一部分です。
普通、団地等の緑道は、歩行者専用で車両などを通行出来ないように計画してパブリックスペースとしますが
ご参考まで

この回答への補足

現状バリケードがたっていて車は進入できない歩行者のみの通路となっています。
歩行者専用通路でも道路指定を受ける対象道路となるのでしょうか?また<ただ単に敷地の一部分です とありますが、公図上別敷地となっていますが、その場合は隣地扱いとなり隣地斜線制限がかかってくるのでしょうか?

補足日時:2008/04/11 23:55
    • good
    • 1

緑道が建築基準法上の道路に該当するかどうかで変わります。


行政に確認してみてください。
多分公園的な扱いだと思いますが。。
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p …
道路扱いしなければ、斜線制限もかかりません。
当然(緑道に関しては)接道もしません。

ただ
>一段の土地を買取り街づくりをしていて。。
団地認定(建築基準法第86条・第86条の2)等されてると
接道条件の緩和などは、個別の事業毎にケースバイケースです
事業者・行政に確認してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
関係のありそうな法文を読んでもなかなか解決の糸口が見つけられなかったのは、ケースバイケースが多いからなんですね。
緑道の取り扱いに関して確認してみます。

お礼日時:2008/04/11 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築基準法上の道路幅員に歩道は含まれるか

仕事で建築基準法上の道路の幅員を測定しています。
その際、歩道の幅員は道路幅員に含まれるのでしょうか?
例えば、車道より1段高くなっているような遊歩道やガードレールで仕切られている歩道などを想定しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お礼の中の捕捉について、
歩道と車道の高低差は関係ありません。
並行していれば全て幅員とみなします。

  歩道--車道--歩道
幅 3m--8m--3m
高さ±0--±0--+1m
建築基準法の道路幅員は、3+8+3=14m

ご参考まで

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q真北の調べ方

こんにちは。住宅の新築にあたり、北川斜線の検討が必要です。検討すのに磁北ではなく真北で検討する必要があるのですが、手元には法務局の測量図はあります。この測量図の座標通りに入力してでた北は真北なのでしょうか、磁北なのでしょうか。また、磁北の場合、どうすれば真北が求められますか?役所で地図を購入すればよいのは分かっているのですが、平日役所まで行く時間が取れません。何か良い方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球上で北へ行けば行くほど真北と磁北はズレて来ます。
日本の地図上でどの場所はどれくらい真北からズレているかは下のURLで知ることが出来ます。国土地理院のHPです。
厳密には建築予定地その地点での偏角を計算しなければならないのでしょうが、役所提出するならご紹介した日本地図上の地域別に表示されている偏角で計算されれば良いと思います。

多分役所へ提出する図面はCADで描くと思いますから何度何分という偏角は簡単に図面に反映させることが出来ます。
また一般に役所の図面は磁北が記入されていると思います。

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/images/menu_04/henkakuitiran2000.jpg

Q高度斜線はどうなるの??

建築面積の1/8の塔屋(昇降機や昇降機ホール)は建物の高さに入らないとの事ですが、高度斜線(北側)にかかっても良いという解釈で宜しいのでしょうか??
教えて下さい。困っています。

Aベストアンサー

建築面積の1/8以下の塔屋(高さが12M以下)は、(1)道路斜線の場合には高さに算入されません=道路斜線にはかかりませんが、(2)北側斜線制限(高度地区における北側斜線制限の場合も含む)には高さに算入されます。=高度地区の北側斜線にかかってきます。(建築基準法第56条第1項第3号、同法第58条)

もちろん建築面積の1/8を超える塔屋は、階数と床面積にも含まれるので、道路斜線にもかかってきます。

Q採光計算 上部にバルコニーがある場合のD/H

3階建の戸建住宅を計画中ですが、一室有効採光がどうしてもとれない部屋があり困っております。

そこでふと思ったのですが、
たとえば、
1階の居室の窓の上部にバルコニーを出した場合。
水平距離(D)は小さくなります。
垂直距離(H)は、窓の中心からバルコニーの手摺天端までの距離となり、屋根先でとるよりも、短い距離となります。
このように考えてバランスさせれば有効採光がとれる状況にありますが、考え方としてあっているのでしょうか。
1階の壁面が出る訳では無いので、垂直距離(H)のとり方に不安が残ります。

Aベストアンサー

3階建と採光はいつも悩みますよね。狭小地に建つことがほとんどだし...

で、質問の答えとしましては、一般的に軒先とバルコニー等で
計算してみて厳しいほうを選択します。

分かりやすいPDFがありました。
http://www.ura410.com/00_ura410/syuppan/05_saikou.PDF

>有効採光がどうしてもとれない部屋が
ぶっちゃけ納(うわっ何をすqあwせdrftgyふじこlp

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Qスプリンクラーとドレンチャーの違い?教えて!

消火設備のスプリンクラーとドレンチャーの違いを教えて下さい。
(1)スプリンクラーは、一定の水源を常時確保しているもの
(2)ドレンチャーは、水源を外部からの補給水に依存するもので、隣接建物に向かって(自己建物の側壁等から)放水するもの・・・・・・
ということで、いいのでしょうか?お教え下さい。

Aベストアンサー

スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。
スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。

ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。

ドレンチャーの主な用途は、天井面に対して90度の角度で、水を膜状に散水する事により、シャッターや防火扉の替わりや補助をして、延焼拡大を防ぐ設備です。

私が見た限りでは、立体駐車場の窓の部分(通常は開放空間)や避難の為の防火区画の直前などについており、シャッターの代わりをするもの(水源は自前で自動起動)とか、危険物施設の壁面に配置して、耐火壁の補助として付いている所などがありました。
もちろん、延焼防止のために、自己建物の壁面の外側に放水するものも見たことがあります。

水源は自前のものもあり、このようなものの仕組みはスプリンクラーとまったく一緒です。場合によってはスプリンクラーに組み込まれているものもあるようです。

設置の基準が建築基準法ですので、消防の判断によって設置の可否や、設備の詳細が変わりますので、ドレンチャーは「壁状に水膜を作り建物を保護する」ものの総称で、いろいろな設備方式があるといえます。

スプリンクラーは水源を確保し、自動的に放水を開始する消防設備のことです。ちなみにスプリンクラーは消火設備とはいいません。他の消火設備(ガス消火など)と違い、消火よりも延焼防止が主目的だからです。
スプリンクラーでも自前の水源を持たずに、外部から送水するものもあり、連結散水設備といいます。

ドレンチャーは消防法では、明確に設備として規定されているわけではなく、建築基準法の防火扉・シャッターと同様な延焼防止のための設備として規定されています。

ドレンチャーの主な用途は、天...続きを読む

Q「見付け」と「見込み」

初歩的な質問ですいません。窓廻りの「見付け」と「見込み」の違いについてわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

「見付け」は「見付け部分」ともいい、
取り付けた際に外から見える部分のことです。
「見込み」というのは
サッシの奥行きのことで、壁の収まりの際に重要な寸法になります。
内部などに使う木製などの枠のあるのは「枠見込み」という表現になります。

Q10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

物置も今の法律では建築物の扱いです。確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。

Q柱付きの外廊下・外階段は建築面積に含まれますか?

木造共同住宅2階建て延べ床面積100m2以下で、幅90cmの柱付きの外廊下、柱付きの外階段は建築面積に含まれますか?

容積には算入されないと思いますが、建築面積に算入されてしまうと、1階のプランがその分大幅に縮小されてしまいます。

都内の共同住宅の計画なのですが、建ぺい率ぎりぎりなので、そこがはっきりしないとプランが詰められません。十分開放的なら算入されないと言う見解もあるようですが実際どうなのでしょうか。

詳しい方、ご教示ください。

Aベストアンサー

開放的で参入不要なのは床面積の算定です。

階段の段の部分は柱がなければ建築面積には入りません。
柱や壁それに代わるもので囲まれて屋根(下の階からみた床)があれば建築面積です。
たとえ床がスノコ状でも東京のある区では建築面積参入をいわれましたね。

共用廊下はありませんが、建築面積がいっぱいなので、私も今階段の上がったところをキャンテ(片持ち)で設計中です。その案件は再検討しなければいけないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報