いつもお世話になっております。今回もFXに関してなんですが
フォーランドフォレックスに口座を開こうと思っています。
はじめの証拠金が2万5千円で出来ると書いてありますが
2万5千円で米ドルやNZドル、ポンド・ユーロなど1万ドル買えるのでしょうか?
たった2万5千円で1万ドルを買い(あるいは売り)取引を始められるのでしょうか?どなたか教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ここにあるので、参考にしてください。

デモで十分練習してから、はじめたほうが言いと思います。

参考URL:http://www.foreland.co.jp/faq/detail-605.html
    • good
    • 0

通貨によって値段が違います。

ドル/円でしたら、25,000円です。ユーロは30,000円、ポンド/円45,000円、豪ドル/円でしたら20,000円という具合です。ただし通貨は(株でもそうですが、)値段の上げ下げがあるので、ドルを買うのにたった25,000円で始められるというわけではありません。

この回答への補足

>>値段の上げ下げがあるので、ドルを買うのにたった25,000円で始められるというわけではありません。

例えばドルが100円の場合が25000円で購入可能
      102円の場合が27000円
      110円の場合が35000円

こういう風な感じなのでしょうか?
フォーランドに電話をしたのですが説明が分かりづらく
電話の説明では中々分かりづらいです。

補足日時:2008/04/21 21:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

QFXについてです。 超簡単に言うと、 1ドル100円の時にドルを買って、 1ドル120円の時にドルを

FXについてです。
超簡単に言うと、

1ドル100円の時にドルを買って、
1ドル120円の時にドルを売れば
20円の利益が出るってことですよね?

Aベストアンサー

1ドル100円で買い、120円で売ると、20円得。
でも、
1ドル120円で買い、100円で売ると、20円損。

100円で買って、期限までに値が上がらないと、
損する値で売るしかない。
期限が来る前に、値が下がると、追加証拠金払わないといけない。

当てが外れると絶対に損が出る仕組みです。

Qドル円とユーロ円について

ドル円とユーロ円で過去のレートをみると2002年1月でドル円が134ぐらいのれーとでユーロ円が117ぐらいだッたと思うのですが、2002年まではドル円の方がレートがたかかッたのに現在はユーロ円のほうが高いレートですが、なんでぎゃくてんしてしまッたのですか?個人的にはドル円が高いほうがいいのですが、今後また逆転してドル円が高くなる可能性はありますか?

Aベストアンサー

答えは簡単
アメリカの経済が悪化した。
ヨーロッパの経済が良くなった(又は安定している)

アメリカ経済が良くなればまた上がると思います。

Qダウが上昇=ドル/円→ドル安。ユーロ/ドル→ドル安

こんにちは、みなさん!!

最近の為替相場を見ていると下記の流れがあるように思えますが、全く理解できません。
●ダウが上昇→ドル/円がドル安へ
疑問点:ダウが上昇すれば、米国の株を買う必要がある事から、ドルを買うのでは?

ダウが上昇→ユーロ/ドルがドル安へ
●疑問点:ダウが上昇すれば、米国株を買う必要があるので、ユーロを売って、ドルを買うのでは?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、ダウ採用銘柄を買うためにはドル買いの効果があります。しかし、為替相場に影響を与える要因が他にもたくさんあり、ダウを買う程度は他要因に飲み込まれてしまいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報