OCN光で最大124,800円おトク!

例えば
1300kgで130psの車と
800kgで80psの車は
同じパワーウエイトレシオですが(10kg/ps)
もしピーク時のエンジン回転数もほとんど同じであれば
この車の運動特性や体感スピードは
ほとんど同じということでしょうか

(それとは別な)トルクはどのように関与してくるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

同じとは言えませんね。



まず、エンジンの出力特性からして、ターボなのかNAなのかでも全然違います。
130馬力のNAと80馬力のターボの場合、ターボの方がトルクがあることが
考えられますからね。
ここで、絶対的な差が顕著に現れるはずです。

次に、トランスミッションのギア比がからんできます。
130馬力のエンジンにスープラの6速マニュアル+ファイナルギアを、
80馬力のエンジンにフィットのCVTを組み合わせたとします。
この場合、130馬力の方は、ハイギアードなのでなかなかダッシュすることが
できず、モタモタとした発進しかできません。反対に、80馬力の方は、最大出力
を発生する回転数を維持しながら連続してギア比が変わるので効率が良いと言えま
す。

他に、クルマの空気抵抗、タイヤの転がり抵抗など、様々な要素が複雑に絡み
合って、クルマの加速力は現れるので、一概に、パワーウエイトレシオだけで
加速が良いだとか、悪いと決めつけることはできません。

さらに、体感スピードは視線の高さ、インパネの形状などによって変化するので、
これは数値では表せるものではありません。車幅も関係してきますし・・・。
トラックに乗って100キロで走っている時と、ローダウンしてスポーツシートを
装着して視線を低くしたスポーツカーとでは、後者の方がスピード感が格段にあり
ます。

なので、パワーウエイトレシオやトルクウエイトレシオといったものは、
あくまでも参考までに見ておこう、と言ったとらえ方でいいでしょう。

少しは参考になりましたか?
    • good
    • 0

そもそもパワーウェイトレシオとは、その数字だけでどうこう言うものではなく、「速い」だとか「軽快」だとかを数字で表すとこうなります、程度のもの?ではないでしょうか。

これだけでその車の個性が決まるわけではないでしょ?
    • good
    • 0

他の方がおっしゃるようにこのデーターだけでどうなるかはわかりません。

エンジン特性がトルクなどを含めてすべて相似であるとしても、空気抵抗や走行抵抗による影響の小さな、低速時においてほぼ同等の加速性能を持ち得るといえる程度がせいぜいでしょう。実際には加速性能は、加速中の時点で駆動輪にどれだけ大きなトルクを伝えられるか、駆動輪がトルクを十分に伝達(スリップしない)できるか、シフト操作に要求される時間(この間はトルクの伝達がない)がどの程度であるか・・・とさまざまの要因が絡んできます。一般的に同程度のパワーウエイトレシオであればライトウエイトスポーツの方が低速・中速域での運動性のがよく、中速域以上の速度ではハイパワーな車種に軍配が上がるでしょう。

運動性能とは加速・減速・旋回などを含んだ性能なので単に動力性能(パワーウエイトレシオは動力性能の一部分を示すにすぎません)だけを捕らえても推測できかねます。旋回性能はシャッシやサスペンション・タイヤ・重心の位置などで決まるものでパワーウエイトレシオとはあまり関係ありませんし、減速に関してはブレーキ・タイヤ・サスペンションによる影響が大きいでしょう。

これらの不明な部分がすべて同じであると仮定すると、同じパワーウエイトレシオでも最高速度では130PSの車の方が上回ります。これは平坦路において最高速度を決めるのは、ほぼ空気抵抗と最高出力であるからです。車を走らせる上での抵抗はある速度以上では空気抵抗がそのほとんど占めるためです。ご存知かと思いますが空気抵抗は速度の2乗に比例して増加するのである程度の速度を超えたところから、この成分が占める割合が急激に大きくなるためです。これはある程度空力に配慮された車では、100PS程度でも150キロ程度は出るのに速度が倍の300キロになると同じ形状の車(ただしタイヤなどが抵抗に負けてスリップするようなことや車体が浮き上がることは無いと仮定する)では4倍の400PS必要なことになります。実際には他の条件も組み合わさるので、よほど空力が良い車体形状でない限りどんなに馬力があっても無理ですが・・・

体感速度についてはもっとほかの影響もありますね。たとえばエンジン音などです。たとえば3リッタークラスの乗用車で100キロ程度で走っていてもさほど速く感じませんが、軽自動車でその速度ではそれなりに早く感じます。これは加速においても同じで同程度の加速度を大排気量の車で行ったのと軽自動車ターボ付き(パワーウエイトレシオは大差ない、ただしトルクウエイトレシオはかなり違うが・・)で行ったのとではまったく違った感じになります。私は以前ホンダのビートに乗ったときに実際の速度よりかなり早く感じた経験があります。通常乗っているのが普通乗用車で視点の位置が異なることもありますが、背中から聞こえるエンジンの音がまるでバイクのような音を立てることが大きな要因だったかと思います。
    • good
    • 1

ご質問の設定では解かりません。



例えば、最高速なら、ギア比、前映投面積、空気抵抗係数、機関ロスが要ります。
加速ならエンジンのトルク特性表、全ギア比が必要です。

まして、運動特性や「体感」!スピード等は解かるよしもありません。

トルクは主に加速・登坂力にかかわります。(もちろん出力にもかかわります。)
    • good
    • 0

最高速は馬力に関係しますので一般的に考えて130psの車の方が早くなります。


ピーク時の回転数が同じならば130psと80psの差は純粋にトルクの差です。
(馬力=トルク×回転数/716.2)
加速に関しては駆動力(=トルク×減速比による増幅率)が走行抵抗を上回ることで加速を得ますので、パワーウェイトレシオだけからは考えられません。
走行抵抗は低速では車重が、高速域では空気抵抗が絡んできますのでご質問の条件だけでは判断しかねます。上で「一般的に」と書いたのはこのことです。ちなみに空気抵抗は速度の2乗で効いてきます。

以上のことからパワーウェイトレシオの同じ車だから運動特性や体感スピードが同じとは考えない方が良いと思います。
同じ車、同じエンジンでもギヤ比によっては違う車のようにもなりますしね。
    • good
    • 0

おはようございます。



他の要素が絡んでくるので、パワーウエイトレシオだけではなんともいえないでしょう。
他の要素とは、
運動特性:サスセッティング、「ボディ剛性」、「エンジン特性」、ブレーキ性能、「重量バランス」、空力特性など。
体感スピード:「ボディ剛性」、視界、「音」、「振動」、「エンジン特性」、「重量バランス」、空力特性など。
特に「」内のパラメータは、2車間で必ずしも「同一」に規程しにくいですね。

「1300kgで130psの車は全てほぼ同じ運動特性や体感スピードを持つ」とは言えません。
これも同じ理由からです。

では。
    • good
    • 0

多分、800キロの方は加速がよくて、1300キロの方は最高速が速いのではないですか。


一度動いたら、極端でなければ、あまり重さは関係ないとか聞いた事があります。
    • good
    • 0

運転手の重さも考慮に入れると、1300キログラムの車のほうが加速力に関しては余裕があると思います。

    • good
    • 1

車体は軽いほうが設計が軽快に動けるように設計されていればいわゆるスポーティな走りになります。

この場合、エンジンが動かさなければならない重さは同じになりますが、サスペンション、ブレーキなど足周りにかかる負担は違いますよね? コーナリング、ブレーキングがそういうわけで、まったく変わってきてしまいます。
体感速度に関しては、わかりません。車の設計の問題になってきます。また、車高や目線の高さなどとも関わってくるのでこればっかりは乗ってみないとわかりません。ハンドルにどれだけ路面情報が伝わってくるのかということも関係してくると思いますよ。
トルクは加速に関係してきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーウエイトレシオは絶対的なもの?

100馬力で総重量500キロ(ドライバー含む)の車と200馬力で同1000キロの車、400馬力で2000キロの車。どれもパワーウエイトレシオは5ですが実際はどの車が一番速いんでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

下の方々もおっしゃる様に、車の速さはパワーウエイトレシオで決まるものではありません。
質問の場合、タイヤの性能と駆動方式、それにトルク特性が重要です。
最終的に駆動力(車が進もうとする力)を路面に伝えるのはタイヤです、4輪2輪の各モータースポーツでは車のメーカー、チーム以外にタイヤメーカーの専門サービスもコンペティションに参加しています。

質問の回答ですが、
タイヤの性能と駆動方式、トルク特性、シャーシ構造、ドライバーの技量など全て同じ条件だと仮定すれば、
あとは物理学の話だけで済むので、答えは100馬力の車が総合的に一番早いです。

Qノンターボのレガシィの魅力って何でしょう?

レガシィ平成13年TXを中古で購入しようか検討中です。(後は判子を押すだけの段階)


レガシィ関連のHP等をみているとGT系がメインでNAの話題は乏しい様です‥

たしかにGTに比べて加速力は雲泥の差があると思いますがGTにはないNAの魅力を是非教えて下さい。

またNAでもボクサーサウンドはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

10年式(3代目の初期)のブライトンに14年まで乗ってました。TXと同じNAです。GTに比べた魅力というと大して無いのですが、レギュラーガソリンで済むので約1割燃費が経済的です。欠点は、加速が悪いこと。横道から街道に割り込むときや山登りで加速せずにあせったことが数回ありました。ただし、高速道路では特に困りません。日常の使用でも全く問題無しです。燃費がいい分、色々な場所に行けたので私はこれでいいかと思っています。
これはレガシー全体の魅力ですが、雨の日の高速道路と雪道では抜群の安定性です。重心の低さが影響しています。但し、アクセルを踏んでいれば抜群に安定しているのですが、ブレーキを踏んだ瞬間に普通の車のレベルに落ちるので、その落差が激しいです。ブライトンにもポテンザの様な高性能タイヤを履かせていたのは、この落差を少しでも埋めるためではないかと推測されます。友達のGTも知ってますがNAもいい車です。
音は、3代目も多少のボクサーサウンドがするのですが、私はあれが嫌いだったので・・・、コメント無し。

Q古いBMWはなぜ安い?

よろしくお願いします。
10年落ちのBMWの3シリーズとかって中古で20万前後くらいでよくありますよね?
なぜそんなに安いのですか?
「古いけど一応BMWでかっこもつくし、国産車買うよりいいじゃん。10万キロちかいのもあるけどBMWならまだ走れるんじゃないの。」
という考えが貧乏な若者には思い浮かぶのですが、浅はかな考えでしょうか?
やはり外車なので壊れるんですかね?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

これは正規ディーラーさんでも困っている話で、10年落ちしたあたりから、そもそも維持費以前に店頭に並べる前の基本メンテナンス費用だけで一般的な「その年式のBMW」の価格を軽く上回ってしまうのだとか。部品代が国産の2割増程度ですから初期整備で解消すべき内容で部品代は相当額になりますし(20万くらい軽く行きますね、部品だけで。故障してなくても)、さらにBMWは動力系の組み方が特殊で、ミッションやエンジンを下側からメンテナンスしようとすると工賃が他社よりかかる上、専用の工具を多く必要とするためディーラー以外だと余程の専門店でないとメンテは難しいそうです。故に商品にならず、ディーラーで下で取ったものの持て余したものを、つてのある中古車屋さんに流したり、という事例が多いそうです。

E36の方がそれ以降の3よりもデザイン素晴らしいですし、脚周り的にはE90に遠く及ばないにせよDSCが無い程度でE46には劣らないだけに、勿体無いのですけどね。…ATアッセンブリは酷いもんですが;
私がお世話になったディーラーさんでは、ストックヤードにメンテ入れればすぐにでも走りそうな850iなどたくさんの「ほんの少しのトラブルで売りに出せない車体」が眠っていました。いずれも前述の理由で眠っているそうです。

質問者さんの仰る通り、10年経ってもBMWはBMW、内装などの配慮で国産を突き放す部分は多いです。しかし、「この年式この車種に愛着がある!」でない場合は、残念ながらオススメはできません。
ちなみにガソリン代もかなり厳しいので、今このタイミングはますます厳しいと思います。

BMWは日本以外では「お金持ってるだけでは買えない車」ですので、本気でメンテもありかと思いますが、そのお金で他の車を買ったほうが多分幸せになれます。

これは正規ディーラーさんでも困っている話で、10年落ちしたあたりから、そもそも維持費以前に店頭に並べる前の基本メンテナンス費用だけで一般的な「その年式のBMW」の価格を軽く上回ってしまうのだとか。部品代が国産の2割増程度ですから初期整備で解消すべき内容で部品代は相当額になりますし(20万くらい軽く行きますね、部品だけで。故障してなくても)、さらにBMWは動力系の組み方が特殊で、ミッションやエンジンを下側からメンテナンスしようとすると工賃が他社よりかかる上、専用の工具を多く必要と...続きを読む

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む


人気Q&Aランキング